« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

マックとWMV

風邪をひいてしまいグダグダです(´・ω・`)ショボーン
鼻水が止まりません。

さて、そんなときでも物欲は止まらず、インテルマックが気になりすぎているのですが、まだまだ環境がそろった感じがせず、自分にここは「待ち」だといいきかせております。

Windowsのデスクトップの母艦も、もう買い替え時期といってもいいのだが、中途半歩に高性能なため、どうしても買い換えなければならない必然性はない。ただ、自分が最新のものを欲しいだけだ・・orz しかし、ここも新CPUや、新OS待ち(遅れる・・・?年内大丈夫?)だと自分に言い聞かせております。

ところで、マック環境(最低のmini)ではWindowsMediaの再生は厳しいことを以前に旧「ひとりごと」で書いていたが、それはマイクロソフトが開発をやめていたプレイヤー(WMP for mac OSX)が駄目だったからなのかもしれない。ちょっと大きな映像だと、とたんにコマ落ち、カクカクしてしまう。しかもMSは、すでに開発はストップしていたプレイヤーの、開発継続はしないという宣言がついに出てしまいました( TДT)

そのかわり、「Flip4mac」というQUICKTIMEでWMVを再生するプラグインが無償で提供されるようになったので、そっちが推奨(?)らしい。さっそく入れてみたが、なるほど、快適。WMPで苦労した640x480程度の映像はなんなく再生が可能だった! うん、これなら実用的だ。(・∀・) QTで再生できるなら。(ただし、まだ試してはないがAVI形式はだめじゃないだろうか?)

ただ、あいかわらず720PのHD品質は駄目ですね。ほとんどカクカク。話にならない。画質は悪いがDivX6のデモのほうがサクサク動く。ただ、H264のHD品質もきちんと再生できないので、これはもうG4のCPUが遅いのか、グラフィック系が力不足なのか(おそらく両方)、内部は一世代前と言われる mac mini にはハードルが高すぎるのだろう。
そうなるとiMACG5とかが欲しくなってくるのだが・・・・

そのQUICKTIME、お気に入り機能みたなのはあるのですが、そうじゃなくてドラッグドロップでの簡易プレイリスト機能が欲しい(Win版WMPみたいに) もうちょっと映像系に使えるソフトが欲しいです。あ、あと、Flip4macなんですが、WMVのストリーミングももちろんQUICKTIMEと同様ブラウザ上で再生できるのですが、なんと!その再生中に保存が手軽にできてしまうんです!(Windowsでは特殊なソフトが必要) これにはびっくり。前から落としたかった無料配信のサンプルを試したらあっさりできました。しかしできたファイルには拡張子もなく、WindowsPCにコピーしたら再生不可でした orz なんだコレ???

もうちょっと使えると、Firewire外付けの大容量HDD(7200回転)にOSXを入れなおして、高速で動かせるようにするんだが・・・。 今でも、iLIFEとか全然使わないんで、OS再インストールで、Tigerにバージョンアップするときクリーンインストールにしちゃいましたよ。このほうがHDD容量無駄に消費せずいいかんじ(初期設定のままだと10GBとかあっという間に使ってた!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月26日 (木)

掲示板

掲示板にあった書き込みを、書き込んでいただいた方には大変申し訳ありませんが、一件削除しました。原則としてダビング関連の話題は禁止させていただいております。リンク入り口には注意書きしてありますが、直接掲示板に入られると見ることができないんですよね(書くとこないみたい)。

書き込んでいただいた方のお気持ち、人それぞれ思い入れが深く、見たい、手に入れたいということはよくわかります。私自身も、見たくても見れないものもたくさんありますから・・・。

このようなHPをやっていて、そういうことにうるさく言いたい訳でも、言える人間でもありませんが、野放しにしていい問題でもありません。これからもうしばらくこのHPを続けるためでもありますので、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月25日 (水)

ロケ地

ついこのあいだ、ドラマ「愛と誠」に使われている学校は「おくさまは18歳」の北辰学園でしょう、と書き込んだばかりですが、また発見です。

「サボテンとマシュマロ」の第2話に出てくる田村先生という画家の家は、なんと「なんたって18歳!」のあの青木家でした! 広いお庭と丸い玄関などのデザイン、印象的な屋根、間違いありません。

そこへ行く為のメモにははっきりと「調布市浅瀬町2-15」と書いてあったのですが、現在そういう住所はないようです(>_<) でも電話番号もはっきり0424-84-XXXXと書かれていたので、検索してみると、東京都調布市深大寺南町2丁目あたりであることがわかりました。 実際そうかどうかはわかりませんが、わりとそのあたりなんでしょうか。(そういえば、どこか掲示板かブログで近所に住んでたという書き込みを見たことがあるのですが・・・)

さて、今週の「なんたって18歳」はいかがだったでしょうか。今週の2本とも、傑作ぞろいのこのドラマの中でも私が大好きなお話だったんです。

そういえば、確かに、青山はるかは、チッチに比べて化粧が濃い(^-^;) ということが見ていてわかりましたね。あと、あたりまえだが、チッチが痩せれば青山はるかも痩せる(^o^) 番組当初よりスッキリしたように見えますね。

41話は、思わずまどかも「実は娘なんです!」と告白しちゃったんですが、誰もそんなこと真に受けず・・・飛鳥もおんなじことありましたけど、あっちはもうちょっとウェットだったんですけど、まどかの場合は「アララ・・」で終わりなのがこのドラマらしい。

42話ではまどかのデタラメ外国語が炸裂。お遊びもシリーズ中最高に盛り込まれた感じのお話でした! 

しかし「なんたって」は、毎回見てる顔がニヤケてることに途中でいつも気が付くのですが(^^; どのお話もあまりにテンポが良すぎて、「あ、もう終わり?」てさらっとしてしまうことが唯一の不満なところかなぁ。

さて、来週「第43話 剣豪まどか」も傑作のひとつだと思ってる作品です。(・∀・)b
お楽しみに~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年1月24日 (火)

「ちい恋」に思う

掲示板で、黄色い船さんやタキオンさんにいろいろと意見をいただいたので、自分も思ってることを一部書かせてもらったが、ようやく「ちい恋」を思い返すことができるようになった(まだ9話以降の映像を見る勇気はないが)。

個人的にはあと、もう一話分だけ欲しかった。最終回をもうちょっとじっくり描いて欲しかった。急遽作ったドラマにそこまで求めるのは酷でしょうけど、結果的にはとてもいいドラマになったんだから。

放送当時の反響ってどうだったんでしょうね。ハッピーエンドじゃない分、「え?これで終わり?」って感じの人が多かったかもしれません。岡崎友紀さんのファンでなければこうして見返すこともないほど世間では忘れらてるドラマになってしまったのか。

いろんなところで何度も書いてますが、「大人になってわかる、感じる」部分もあるんだなと思う。当時バリバリ売れっ子の市川森一さんの脚本の凄さもありますよね。1クールの短いドラマでしたが、きちんと起承転結ができていて、いろんな要素が詰め込まれて描かれているから、チッチが一生懸命駆け抜けた高3の夏があまりにも素晴らしい・・・

それにしても「小さな恋のものがたり」 ・・・タイトルがすごくイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月22日 (日)

顔文字

さて、ひとりごとがブログに移行してから、けっこうがんばって書いてますが(^^; それもやはり、どのパソコンからでもブラウザさえ立ち上がっててればすぐ書けるというのは楽だから、というのもあります。

で、知り合いに教わった「顔文字メーカー」っていうフリーソフトを面白そうだから入れてみました。これ、登録した顔文字をボタン一発で書き込めるわけです。(^o^)/ こんなふうにポンッ・・・ってわからないですよね。(^^; 以前、辞書とかにテキストでひろったファイルをそのまま登録したら変換が大変なことになったことがあるのですが、今回のは登録数は少ないですがある意味便利かもしれません。感情表現方法(?)にはいいと思うし、文字だけでは伝わらないニュアンスもありますからね。

オッサンが顔文字使ってもいいじゃないかー!( TДT)

という具合です。・・しかし、自分にはタグを書くほうが面倒なんですけど。そっちを登録したほうがいいかも・・・orz

これで
Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン とか
(・∀・) とか
∩( ・ω・)∩ とか
(・ε・) とか
すぐに書き込めますよ!(≧∇≦)b イエイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月20日 (金)

なにかを思い出す

iPODシャッフルに入れた5thディメンションの「Aquarius~Let's The Sunshine In」(このグループについて詳しいわけではないが、耳に残ってずっと聞きたかった歌です。すっげぇかっこいいです。)を聞いていて、ふと違う曲を思い出した。いずみたくシンガーズの「帰らざる日のために」だ。今もファミ劇で絶賛再放送中の青春ドラマ「われら青春」の主題歌ですね。あ、説明不要ですか(^^;「なみだは心の汗だ~♪」ってあれです。なんか似てません? 気のせいかな?(^^;

あと、「はちのムサシは死んだのさ」という歌とか歌ってたグループを以前、映像としてちゃんと見ることができたのですが、イメージは、なんとなく「ママス&パパス」なんですが、この意見はいかがでしょうか?(^^; 西海岸ヒッピー&フォークロックって感じ。もしかして今更?

今までアルバム中心に聞いていた友紀さんの曲を、テレビ主題歌やシングルヒットなどを聞きなおしてみました。けっこうひさしぶり(!)で逆に新鮮!(みなさんとは逆かな?) あと、やっぱり再生装置って重要で、いくらヘッドフォンに凝ったって、元が悪いとやっぱダメ。最近買ったこのノートPCで聞くとかなり音が良くてびっくりするくらい新鮮だった(付属のソフトが優秀だからだろう) 携帯プレイヤーの限界を見た感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月18日 (水)

スカパー日記

「だから」の後番組で「サボテンとマシュマロ」の再放送が始まりました。前回は見てなかったので今回は見てみようと思って第一回を見ました。吉沢京子さんは当時友紀さんのライバルと言われていたそうですが(ですよね?)、もっとおっとりした役柄かと思いきや、けっこう明るい、がんばりやさん役なんですね。とても魅力的でした。相手役が沖さんということもあり、自分にはどこか友紀さんに置き換えてしまうところがあるのはいけないなと・・・。まだ始まったばかりで、どうこう言うほどの内容ではなかったので今後を楽しみにしています。

「愛と誠」もまだ始まったばかり。デビュー間もない池上季実子さんに演技力を求めるのはコクですが、もっと華やかさが欲しい気がする。原作どおり暗いし(^^; 70年代の原作付き映画みたいなB級な魅力満載。こちらも期待してみたい。

「夜ヒット」での軽妙な井上順さんの司会が楽しい。78~79年くらいとなると、私も好きな曲が多く、「たそがれマイラブ」とか数え切れない。西城秀樹さんもネタになりそうなアイドル時代初期の歌ではなく、「ブルースカイブルー」「遥かなる恋人へ」と名曲を連発、「ヤングマン」へと続く絶頂期(と勝手に思ってる)だし、郷ひろみさんも男の色気が出てきてかっこいい(今と全然かわらいのがすごい!)。ツイスト、ゴダイゴも登場し、ようやく私の中でも盛り上がってきました! あ、出るたびに順さんにネタにされてしまう、太めで健康的な榊原郁恵さんも可愛い。いつも笑顔なのがイイ!「微笑日記」は名曲だ!

といっても私の中ではせいぜい81年くらいまで。コレ以降の歌謡曲はなんだか暖かみを失ってどこかつまらないんですよね。やっぱ自分には70年代だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんたって18歳!

というわけで、現在楽しみなのはこのドラマだけになってしまったのですが、30話すぎたあたりからのこのドラマはとにかくさらにどんどんと面白くなってくると私は思ってます。

今週放送の39話も大好きなお話で、大変楽しめました。岡田さんも面白かったし、演技もテンポもいい。もちろん脱ドラマ演出もいいし、まどかは、恋もすればお仕事もガンバル。でもまだまだ憧れのものかなぁ。そういえばtbsチャンネルの番宣でもここから映像が使われていましたね。犬のドロンに「ドロンしようか?」と聞いているのに犬語のフランス語で返され、カメラに向かって「なんて言ってるの?」ととぼけた表情の友紀さんが最高! まどかの夢で出てくる「中世風」のやりとりでのカツラも似合ってる。どうして彼女はああいった衣装やカツラが似合うんでしょうか?(^^) 

さて、第40話はいってんして私が気に入らなかったお話なんですが、今夜見返してみたらけっこう楽しめました。まどかの間抜けっぷりは相変わらず最悪なので、その点が気に入らないのですが、あの二人組みの泥棒のおかげかな。

ちょうどこの時期は「だから大好き」とかぶってるわけですが、この後の「ちい恋」といい、72年の夏の友紀さんは、この後もっと大人になった顔より、ずっと現在の友紀さんのお顔に一番近いと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月16日 (月)

ipodとチッチ

去年買った ipodシャッフルをいまだに使ってるのですが、さすがに512MBでは少ないなと思うようになった。私は、どのOS、アプリでも使えるようにMP3を使用しているため、音質が落ちるのを圧縮レートを上げることで(160~256程度)カバーしようとしているためどうしても1曲の容量が大きくなってしまうから。

そりゃあ、AACや、WMA、ATRAC3のほうが容量小さくしても音質がいいのはわかっているが、再生ソフトをいろいろ使い分けているから仕方が無い。wmp、itune、Sonicstage、どれも一長一短、決められない。AAC(それ以外でも)にするってことは、一生iTUNEとつきあっていくわけ?って思ってしまうのだ。(結局全部のアプリに全曲登録している)

あ、でipodシャッフルだが、挙動がおかしい。電源投入後に、切る前に聞いていた曲とは全然違う曲の途中から(リジューム)再生が始まってしまうことが多い。あと、収録曲が少ないせいもあるのかもしれないが、自慢のシャッフル機能で、いつも同じ曲ばかりがローテーションのように繰り返されてるように思えて仕方がない。あの曲も入ってるはずのに・・・と思ってもずっと出てこないで前きいた曲が出てくることが多い・・・orz 結局曲順に聴かないと出てこない曲があるように思えるのですけど、そんなもんなのか? アルゴリズムがおかしいと思わされてしまう。

で、買い換えようかなと思うのですが。基本的にヒット商品が嫌いなひねくれ者の私は、通常なら第一にipodは候補からはずす人間なのだが(^^; 価格と性能を比べると現時点ではコレ以外の選択肢がない(!)

最初は容量と価格、重量のバランスからNanoしかないだろ!と思っていたのですが、最近はその上のipod(ビデオ再生対応のHDDタイプ)もいいなと思うようになりました。せっかく買うのだから、あとちょっとの出費で大容量&ビデオ・・・とまんまとアップルの術中にはまりそうです(^^; 身に付けるわけじゃないので別に重くてもいいし。

しかし、34800円はデカイ。いろんなものが買えるぞ? あとちょっと足すと牛丼パソコンさえ買える。ただのMP3再生機なのに高くないか?と自問自答するも、やはり大容量を上回る魅力は「ビデオ再生」だ。数年前から移動中にビデオが見れたらなぁと思い続けていたが、実際には当初の製品が5万以上と高すぎたし、テレビを録画してまで外で見ようとは思わなくなったので・・・

しかし、自分には友紀さまの映像があったのです! そう、いろいろキャプチャした映像をサクッと変換し持ち出せます!

これで電車の中でもチッチや、青山はるかと会える! 

電車の中で、iPod見ながらニヤニヤしたり涙ぐむ(?)おかしなオッチャンがいてもいいぢゃないか!(^^; 仕事で疲れたらチッチの歌う「ノアの箱舟」でも見て癒されるのも悪くなかろう! 何しろ「映像付き」だ! そう思うと急速に欲しくなってしまうのであった! さてそんな金をどこから搾り出すか・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月14日 (土)

マウス

ノートPCを変えてから、初めてワイヤレスマウスを使ってるんですけど(PCに付属してた)、なかなか快適ですね。コードでつながってないってこんなにいいとは思いませんでした。電池が入ってるからちょっと重いんですけど、使用してるときはそんなに気になるものでもありませんね。(気にすると気になるけどね)

しかし、いつも電源切り忘れてしまうので24時間ずっと入れっぱなし・・・・。気がついて切ると、今度は使おうかと思ったときにカーソルが動かない・・・orz たとえば連続入れっぱなしでいったいどれぐらい電池は持つのだろう? 一ヶ月くらい持つのなら入れっぱなしでもいいかなと思うけど。切れ始めたらどんな症状になるのかもまだ、わかりません。動いたり動かなかったり?

マックで使ってるマイティマウスはけっこう可愛いヤツで、スクロール用の小さいボールの感触がとても気持ちが良い。360度動かすことは必要ないなぁ。横スクロールってあまりしないし。ずっと使ってるとスクロールホイール部分がすぐに駄目になるという報告がネット上にけっこうありますが、まだ我が家では症状なし。しかしいずれは・・? でも、これもワイヤレスにしてくれなかなぁ。あ、自分のMac mini はワイヤレス仕様じゃないか・・・orz

これって横のスイッチが使い道無いんだけど、みんなどうしてるのだろう? なんか、いろいろアサインできるみたいだけど、これといって魅力無いんですが・・・。ブラウザ(サファリ)とかの「戻るボタン」にならないのかな?あるとすっげぇー便利なんだけど、それとも自分がやり方知らないだけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月12日 (木)

いまだに抜け出せない夜

ずっとひきずったままの鬼八郎です。
まだそんなこと言ってるの?とか言わないでくださいね。

なんとなく考えてしまうのです。PCにキャプチャしたチッチの映像を繰り返し、繰り返し見ています。

チッチは四国へ行って幸せになれたのだろうか。子供の頃はどんな子だったのだろうか。四国で友達はできたのだろうか。四国で一生暮らしていくのだろうか。卒業したら、もう一度サリーのいる東京へは行かないのだろうか。誰か素敵な男性と結婚して今は幸せに暮らしてるのだろうか。やっぱり、一生懸命アタックしたのかな。子供は何人いるのだろうか。

チッチのこと、そんなことばかり考えています。

ずっと思っていても彼女には届きません。インターネットなら世界中に届くはずなのに。

ひとりのキャラにここまでのめりこむのも変ですよね。やっぱり。だけど、彼女が見せてくれた姿が私には強烈すぎたから。5年前に見たときよりもずっと。


淋しがってばかりいてもしょうがないので、「なんたって18歳!」を見ます。財津一郎さんでガハハと笑う。千秋も登場して秘密がバレてしまった・・・ ああ、やっぱりどこまでも元気印の青木まどかこそ、岡崎友紀さんだな、と思う。チッチは誰なんだろう。本当はこっちが友紀さんなのか?

ともかく「なんたって」ももうすぐ40話というところまで来ましたね。これからさらにどんどんと面白くなっていくから楽しみです。

明日は「あの人は今」的な番組があるようだから見ようと思う。同窓会企画が嬉しいが、どうせなら「なんたって」メンバーの同窓会が見たい!とにかく現場が楽しかったというあのメンバーで。でも、どこか、そういう番組では見たくない気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西遊記

この1月の話題のドラマといえば月9の「西遊記」。堺正章バージョンを子供の頃大好きだった私はゴダイゴのわけわからん英語を聞いたままカタカナで歌ってましたっけ。90年代のリメイク(唐沢版)は興味なかったんでチラッとしか見てないんですよ。

というわけで、今日になって見てみたのですが、なんかフジの「かくし芸」そのままの雰囲気に見えた(^^; のほほーんとしていた堺版の孫悟空とは違って、ギャーギャーを煩い悪ガキの猿をがんばってるという印象でしたね。三蔵法師の深津絵里さん、いいですねぇ。大好きな女優さんなんですけど、三蔵はなぜか女性がいいんでしょうか。なんだか、師匠でなくてもお供したい感じですよね。そうしないと男の三蔵についていく3人の男ではむさくるしくてみていられません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2006年1月11日 (水)

intel mac!

すでに一部では大騒ぎと思うが、ついに出ましたね! 日本時間の2時から基調講演だというから待っていましたが。(けっこうアップルのサイト重かった) それも予想されてた mac mini や iBook ではなく、新ノートとして、今人気のサイズで(imacは興味ないんで) 白い12インチくらいのワイド液晶のibookなんていいな、と思っていたのですが新製品・・・・!? (しかし4倍のスピードって、いくらヨナでもG4の立場は?)

intel core duo はかなり高速だというから私はデスクトップに使いたいくらいだと思っておりましたが、Windowsはメインが長く使ってる機種ではあるが年末にはOSが変わるので「待ち」かなと思ったのですが、けっこうきましたね~。先に安い大型ノートなんて買うんじゃなかった・・・orz さっそく処分して買い替えか?(^^;

さあ、はたしてこの新製品 MacBook Pro にはWindowsがインストールできて、デュアルで使えるのか?その方法は?

いけるんならホントにホッシー!  情報早くたのむ!

個人的にマックは「使って楽しいOS、使いたいOS」ではあるが、Winに慣らされたこの体では「使いたいソフト」が少なすぎるし、映像面では快適なプレイヤーがないのが不満なんです。しかもwmvだとやたら重いしMSやる気ナシだし。(逆にWinは仕方なく使ってる、というか、ソフトを使いたいが、OSを使いたいわけじゃない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「愛と誠」

新番組が始まってしまい、「ああ、ちい恋は終わってしまったんだな」と毎週録画設定がそのままだったので、思い知らされました orz しかし、幸か不幸か、この「愛と誠」は私も見てみようかと思っていたドラマだったのでラッキー。

CS初らしいが、私も見たことがなかった。74年の製作なので主演の夏夕介さんは24才、2年前には「ママはライバル」で教師役だったのに・・! そしてなんとトンコも出演中! ENGINE ROOM 掲示板でも聞いていた人がいたが、あのロケに使われていた学校は、私も「北辰学園」だと思う。製作は大映ではないが、あのあたりはロケに最適(便利)な地域なんでしょう。

ところで、ハードディスクに溜まった「ちい恋」映像をDVDに移動していたのだが、RAMにも、RWにも、ーRにも移動してもまだバックアップが足りないように思えてしかたがない。実は最高高画質モードのほか、一層DVDに5話入るレートでも2重で録画していたのですが、どちらも結局消せないよー・・・orz(早く公式にDVD-BOXさえ出れば・・・)  「なんたって」とかと同様、今度はPCにも移して、いつでも見れるようにしようと思うが、たぶん、なかなか全部は見れなくて「ちらっとだけ」だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 9日 (月)

会津若松

チャンネルNECOでは今、水谷豊さん主演の「地方記者立花陽介シリーズ」を一挙放送中です。このシリーズのことは前にも「ひとりごと」で書いたように思いますが、日テレの火曜サスペンスの人気シリーズで、古くは「浅見光彦シリーズ」「朝比奈周平シリーズ」と20年近くも続くヒットシリーズで、私も大好きで何度も見てます(だいたいのストーリーはなんとなく覚えてたりしてしまう・・・)。

昨日見た第8回は「会津若松」が舞台だったのですが、そう、サリーの故郷ですね。御薬園が映ったときは「あ、あそこ!」とつい嬉しくなってしまいました。う~ん、あの頃は良かったなぁ。としみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

次世代DVD

CESで話題の次世代DVDですが、まだ私が必要なレコーダー系の詳細が出てこないのでなんともいえない段階です。プレイヤーが出てもレコーダー待ちなので。日本市場は北米とちがってやはりレコーダーが商売の中心になるとメーカーは読んでいるようです。しかしBDドライブ、記録できるからって恐ろしく高い!10万くらいするの? orz

で、プレイヤーが激安で話題沸騰のHD DVDです。東芝さんはマイクロソフトという強い味方を得て、ついにPS3対抗で勝負に出ました。499ドルのプレイヤーなら買ってもいいかな!って思える価格です。ハードも安く、メディアも安い(らしい)。ROMはわからんですが、ハリウッド系がイマイチ乗ってこないのは気になります。

DVDで儲からないことを反省して立ち上げたBDは高級路線で、貧乏な私にはまだまだしばらくは高くてとても買えませんが、なんだか「次世代メディア」って感じ。シェア勝負で当初から激安プレイヤーで出たため、これが「基本」となってしまい、HD DVDはまたメーカーの儲からない商売へ?(消費者はバンザイ!)。しかもアジア系の激安プレイヤーがすぐにでもやってきそうです。なんだか、次世代というよりDVD拡張規格みたいで魅力はイマイチ。S-VHS、D-VHS、S-VHS-DA、ED-BETA、Hi-MD、MUSE-LD、SACDみたいで印象はよくない(これらはみんな失敗してきたから)です。もうちょっといい名前が欲しかったです(^^;

まあ、このあたりはまだこれからが勝負というところなんでしょうが、それよりも東芝さんの偉い人が今回のまったく儲けのない?499ドル激安勝負に出たことで、「年末になって値段が下がったりしたら高く買ってくれた人に・・・云々」のような発言をされていました。もうそういう消費者の見方みたいな奇麗ごと発言はちょっとどうかと思います。またかって感じ。 じゃあ、新製品買って3ヶ月もしないうちに値崩れが急降下でやってくるRDシリーズ愛用者には何かしてくれるんでしょうか?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 6日 (金)

AVとパソコン

コンシューマエレクトロニクス最大の展示会「2006 International CES」が米国ラスベガスで行われています。いまやPC=AVという形となり、ただのマニアしか興味がなかったAVもなんだか一般的になった気がしてちょっと複雑です。そこでは次世代DVDが盛り上がっており、HD DVD vs ブルレイが盛り上がるのはいいのですが、つまりそれは分裂のままということですね。結局マルチドライブに期待か?(^^; 何年か先には実現するのだろうか? プレイヤーよりレコーダーが早く現実的な価格で出て欲しいです。

PC関係でも魅力的なものが出てきて困ります。新しいヨナとかコンロー?とかのCPUとか、もう結局いつまでも次期モデルの話題はつきることがないのでどこかで買うしかないのですが、物欲ばかりで金がおいつきません orz

でも今、デスクトップを新しくすると、一年以内にはWindowsの新しいVistaになるなら待ったほうがいいのか、と躊躇してしまう。また、ヨナとかいう高性能CPUのB5ノートも欲しいが使い道がないので(!)我慢するしかないorz  また、今年はその「インテル入ってる」(古~!)マックが発売されるので、その Mac mini とか iBOOK も良さそうだし・・・ まあ、貧乏人は5年位前の中古ノート買っとくか(^^; 古いノートも結構使えるんですよね。って実際6年前のものをまだ使ってるし。処分するつもりでもなんとなく愛着あると処分できない。当時ものすごくノートは高かったから無理して買ったが、今は古いものは高値もつかないし。使えないわけじゃないし、出番は少ないが、たまに使ってやるとキーボードとか結構コストのかっかったいいものだし、「うむ、かわいいヤツじゃ」って気分になり、結局処分できず、増え続けていくのでした。

というのも、唐突ですが、実はデスクノートとも言われる大画面ノートPCを買いました。中古で。パソコン中古でしか買えません(^^; けっこう安かったです。 1年くらい前のモデルなのでスペックもまあ、最高ではないけれど、というか今なら最低ラインかもしれないけど、でかい液晶とそこそこ動く性能があれば、古いデスクトップを処分できるなと思ったんです。見た目も中古?って見えないほど綺麗でした。やっぱ、最近のはCPUのクロックの数字はそこそこでも他がいいからなのか不満はぜんぜんありません。動画エンコもしないし。メモリーも中古で買ったのですが、最近のメモリーって安いんですね(^^; (古いタイプのほうが高いんだ) おかげで安く1GB積めました。デカイ液晶もわりと綺麗です。しかし、でかすぎて重いから全然動かせないですよ、コレ。閉じたときの面積もデスクトップ並み(^^; ああ、もうワンクラス小さくしとくべきだったかも(そっちがカッコよかったので迷った)。ほんとにデスクトップと変わらない。拡張性がないだけか。動画、ネット、メール、そしてブログを書くには十分すぎです(^^; いやあ、ノートPCは夜中でも静かでいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年1月 4日 (水)

動画エンコで遊ぶはずが・・

今夜はひさしぶりに動画のエンコード実験を行っってみました。時間もなく、巨大なハードディスクを導入した今となっては、それほど取り込んだMPEG2から圧縮したりする意味もないのですが。

試したのは「Videora iPod Converter」と「携帯動画変換君」です。その筋の人にはかなり「今さら」なんですが、簡単に言うと、公式にメーカーが出してるアプリをつかわずにフリーソフトで、ビデオiPOD用の動画(H264、MP4)が作れるのです(後者はPSPや携帯電話にも対応)。私はビデオ対応のiPODもPSPも持ってないのですが(^^; とりあえず美しく小さくなればいいなと思って。後、どうもAVIやWMVの動画の再生環境が良くないMACにはやはり、QUICKTIMEが標準で対応しているMP4形式の方がいいだろうと思って。

さて、先に結果からですが、だいたい元のMPEG2の7~10分の1くらいのサイズになった。PCで見る限りではいかにH264が優れた次世代コーデックであっても、320x240で、kなり小さく(600~800kbps)程度では、こんなものですか?と言う感じ。フリーのコーデックだから、アップル純正ソフトに比べ落ちるのかもしれない。まだWMVでいいんじゃね?というところだが、MACはそれじゃ困るんで・・・ 画面は白っぽいしノイズも多い。iPOD程度の小さい液晶なら問題ないんだろうけど。

先に結果を書いたが、そんなことより、実験で使った映像がまずかった・・・。「ちい恋」最終回のサリーの
回想に出てくる「雨の日の出会いのシーン」の映像を使ったのですが、

このシーンの友紀チャンは最強の美しさだったから!!

「ちい恋」はどのシーンもそれはそれはいいんですが、このシーンだけは別格です。地上最強かもしれません。

「おーっ!!!」と、圧縮結果の映像を見返すたびに、あの映像を繰り返し繰り返し見ているうちに、また頭が「ちい恋」モードに突入。だって音声でサリーがチッチにゴメンネって誤ってたりするし。悲しくなりすぎないうちにやめてしまいました。

まいりましたよ、今夜も。だってチッチ可愛いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年1月 3日 (火)

木綿のハンカチーフ

朝、早く(?)起きたらテレ朝で昭和の懐メロをやっていました。昭和の歌謡曲、フォーク、など70年代のものは好きだし、最近は演歌も聞けるようになりました。(好んで聞くわけじゃないですが) 和洋問わず当時の音楽が好きなんです。ただ、こういった番組で、歌ってもらったときにちょっと自分で物足りないのは「今の歌」になっていて、当時の空気がそこにないこと。あたりまえなんだけど。自分は「懐かしむ」より、「その頃の空気、暖かみのある音」を感じたいというとわかりにくいでしょうか。
だから、時には生より当時の映像とレコードの音でも良いんです。

時間がなかったので数曲しか見てなかったのですが、太田裕美さんがこの名曲をアコースティックバージョンで歌っていました。(どうやらアコースティック中心のツアーとかしてるらしい) ああ、今バージョンか、とか思ったのですが、ひさしぶりにじっくりと歌詞を聞いていましたが、やっぱりいいんですよね。当時の「遠距離恋愛」の物語なんですがすごく心に染みました。 いやぁ、遠距離恋愛というと「ちい恋」も思い起こしてしまうし(実際にはそうならなかったけど・・) やっぱなんだかそういうことに感じやすくなってきてるかもしれませんね。そのうち飲んでるとすぐジワっと来て泣き出すような人(先輩にいるんですが)に自分もなるかもしれません(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2006年1月 2日 (月)

格闘技イベント

ファンは待ってた年末恒例の2大イベントいかがだったでしょうか。相変わらずの疑惑のK-1ジャッジあり、話題のみの素人登場などが印象に残ってしまいました。なんだかなぁ。通常の興行のほうが良かったような気がします。

五味さん、強いねぇ。たぶん神の子より、クラスで世界一強いんじゃないかと思う(しかしレフリー止めるの速過ぎ!)。決着つけて欲しいけど、交わることはしばらくないんだろうな。あと、ついに柔道着を脱いだ吉田選手。着てる間は応援できないと以前書いたが、そりゃ、今回は脱ぐでしょう。相手は柔道家なんだから(^^; 武器にしてたのに今度は逆になっちゃうからなぁ・・。アナウンサーもなんかわざわざ肯定するように言ってたけど、次からはどうするんだろう? 最後空気呼んでハッスルしてほしかったです。

総合ルールでは、技術がどんどん完成してきたことにより、いつのまにか関節、柔術よりも、ストラカー、ポジションどりからのパウンドが主流となってしまい、寝技系にはつらい時代になってきたように思います。グレイシーの没落がまさにそんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »