« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

アップル新製品のウワサ2

26日に書いたipodの新製品はかなりガセっぽくて、よくできたジョーク?に一喜一憂させられたのかも。ただ、液晶をもうちょっと大きくして欲しいな、と思うのは私だけじゃないでしょ?

実際13、14インチワイド液晶のiBookとか、miniの後継とかのインテルがらみのものが普通に考えられるところだろうか。どうやらiBookはもうちょっと先でminiが有力らしいのだが。でもそれじゃちょっと面白くないんじゃない? まったく新しいラインもありえるのか?!

しかしこれほどアップルの新製品に注目したこともなかったな。世界中みんな好きなんだろうな。なんかやりそうだし。マイクロソフトにはそういう期待感はないからな。ipod対抗するみだけど・・・。

で、私はアップルがいうようにスイッチしたのかというと・・・

やっぱりWindowsをメインに使ってるんですよね。

最近はまた、デスクトップをかる~くカスタマイズして使ってます。なかなかいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月26日 (日)

アップル新製品のウワサ

28日に発表するといわれている新製品の情報だが、インテルMAC続編が熱いのかと思いきや、ipod次期製品のウワサが流れている。 ネタかどうかまったくわからないが、海外から画像とかが出回っているし。どうやらipodの全面がタッチビューの液晶になるみたい。操作はそのまま液晶上のホイールで行うようだ。本当だろうか?コレ。かなりガセっぽいのだが・・・。なんかPDAみたいだけど、大画面で映像に本腰をいれるつもりとなるとありえそうだが、問題はバッテリーだなぁ。 クイックタイムやサファリも動くみたいだし、ちょっと高そうだけど、マジでビデオipod買うか悩んでいた私にとって、(もし本当なら)かなり要注目の製品かもしれない・・・!

あと、前回書いたキーボード一体型PCはなんかありえそうかも。そんなウワサもあるらしい。ホンマカイナ・・・・ ウワサのウワサですか・・・。

検索したら、すでにパワーブックの液晶壊れてそういう使い方している人がいた!(^^; みんな考えることはいっしょですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月25日 (土)

新デザインの一体型PC!?

一体型PCで巨大な32インチとかの地上デジタル対応パソコンの記事を見た。この手の一体型(もっと小さいものも含む)パソコンを見るたびにそのデザインに「ピンとこないなぁ」と思ってしまう。

見た目というのは個人の好みの問題なので持ってるかた、気を悪くしないでくださいね(^^; たくさん発売されるということは人気があるということでしょうから、私のセンスが多少?ずれてるのだと思う。Win98時代から(もっと前も?)この手のものはあるが、「いい」と思ったことは無いなぁ。CRTの初代iMACとかもね。それこそSE/30くらいまでさかのぼれば・・・・って(^^;

一世代前のVAIOのタイプVは前から見たときはけっこういいなと思ったのだが、横から見るとかなりガッカリだった(-_-) で、今の液晶一体iMACがいいのか?といわれると、液晶の中に本体すべて入れてしまって薄型なのはいいのだが、あの液晶の下の「アゴ」と呼ばれる部分が自分には納得いかない。(^^;

そこで!いっそのこと、キーボードの中にCPU、HDDなどの本体を入れてしまったらどうだろう? ノートパソコンができるのだから簡単でしょ? くっついてる液晶を離しちゃうわけです。ノートだって外部ディスプレイ端子あるし。でもこれでデュアルにすると、増設分が正面じゃないから使いづらいと思うのだが?

だからいっそ、ノートPCの液晶をとっぱらって、下部分だけの「デスクトップ」として使うのだ。通常の液晶モニターをつなげるようにした、キーボード一体型PCなのだ!! どうコレ? いけるんじゃない? MAC MINI だって中身はノートそのまんまなんだし。設置面積はノートPC並み、大型液晶も選べる。いいぞー!( ̄ー ̄)ニヤリッ

以前、ノートPCを分解したとき、あ、ノートの液晶死んだら、別の液晶モニター(超薄型の小型のを持っている)を外付けして使えばいいのか?・・・ってそのとき思ったのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月24日 (金)

オーディオって

AVを趣味だというと、オタクっぽいイメージがまだあるかもしれない。最近はコンビニで売ってる売れてるグッズ系の雑誌にだってパソコンといっしょに大画面テレビやDVDレコーダーなどが並んでいるのを見ると時代は変わったなぁと思う。iPODのおかげでヘッドホンも最近は注目されてるし。

最近導入したPCがわりと音がいいので、深夜にヘッドフォンでMP3を聴くことが増えた。同じヘッドホンでもポータブルで聞くのと雲泥の差だ。また、デスクトップPCからUSBインターフェイスを通したり、ヘッドホンに凝っていくつか買い換えてみたりするとさらに差が出る。なぜそこまでするの? そんなにかわんないじゃん、と言われる。でもこんなのほんの入り口で、こだわってる人は・・・以下略。

よく聴いてみてください。音がいいというのはそもそも気持ちがいいものです。そして、友紀さんの声がとてもよく聞こえるのだ。「よく」というのは悪いものが良くなるわけではなくて(^^; 隅々まで、声の表情が聞き取れる。発声、あ、ちょっとふらついた、とか、ひとことひとこと大事に歌ってるとか。バックの演奏も変わって聞こえる。ベースラインがはっきりする、埋もれていて楽器が鮮明に聞こえる。

というわけで、今夜は大好きなアルバム3~5まであらためて聞きまくりました。では、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月23日 (木)

カーリング3

いや、負けちゃいましたね。カーリング女子。応援してたんだけどな・・・力及ばずって感じであっちは強すぎでした・・・。(>_<)

すっかり小野寺さんはじめ、林さん、本橋さんのファンになってました。NHKに出演してましたが、普段の彼女たちがみれて良かった。(・∀・) 小野寺さんは学生時代からモテたらしい(やっぱり!) 日本に帰ったらまたテレビに出て欲しいな、と思いながらも、マスコミに妙な祭り上げかたされたくもないけど・・・

おかげで、日本でのカーリング人気があがってるそうで嬉しそうでした。今後はゆっくり考えるとおっしゃってましたが、体力勝負な競技ではなさそうなので、まだまだ全然次もいける! 4年後も期待してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レッツゴー!シンガポール!

こちらはすっかり春めいてきたみたいですが、明日からまた寒いのかな? みなさんのところはいかがでしょうか。

さて、いよいよ今週は「なんたって」もシンガポール編でした。欧米ではないとはいえ、当時海外ロケをするなんて、30分ドラマとしてはかなりの予算をつぎ込んでそうですね(タイアップとはいえ)。それだけ絶好調だったんでしょう。

結局、2つのカップルはおさまるところに納まってしまったわけですが、何度見てもまどかを叩いた竜二がゆるせん!o(`ω´*)o 

ということはさておいといて、いよいよ来週が最終回ですね。「あっ」というラストは・・・まあ、もうみなさん知ってるからもういいか。それにしてもやっぱり、一週間に2話では速過ぎる。あっというまの半年でしたよ。ほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月21日 (火)

カーリング2

。・∀・)ノ゛いやぁ、カーリングおもしろいっすね!

このところの激戦での勝利を見るたびに前半の不調が悔しいですね。準決勝進出は微妙だががんばって欲しい。「青森のみんな!」って衛星生中継で呼びかける小野寺さんがなんかいい(^o^)

今回のオリンピックのヒロインは、モーグルでもスピードスケートでもフィギュアでもなく、彼女たちに決定だな(≧∇≦)b 私の中での話しですけど!

スポーツ観戦大好きの友紀さんも大画面でオリンピック観てるんだろうか?
たまには「ひとりごと」で感想くらい書いて欲しいな。
「昨日はすごかったね」とか「朝まで見てるから寝不足ぎみ!」とか
なんでもいいんです。
お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年2月19日 (日)

カーリング

今なら世界中のブロガーたちがオリンピックのことを書いてるだろうな。なかなか日本人のメダル獲得が遠くてみなさんやきもきしてるでしょうね。

見てわかりやすいスポーツはいいのだが、採点式の競技は見ていて優劣がわかりづらくてしかたがない。なぜ、これが?みたいなのがすっきりしないから。あと、こんなルールでいいの?みたいなのとか、競技としてどうなの?と考えてしまうものもある(^^;

今回一番の注目は女子のカーリングだ。氷上のチェスといわれてるそうだが(某フリーアナの「氷上のレレレのおじさん」とは失礼すぎ!)競技自体がかなり面白い!! レースのような一発勝負でなく、じっくりと観戦できるのもいいですよね。そして何より女性選手たちの、集中した表情が凛として美しいのが(・∀・)イイ!

結局そっちかい!というオチですみません!(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月16日 (木)

なんたって18歳!

今週は、まどかと竜二が急接近で、「青山はるかと恋人宣言!」までしてしまった竜二。一方、伶子と、めっきり影の薄い卓丸もからんでの恋愛混戦模様ということだが、すでに結果は見えてる感じですね。外国へ行く気がするといって英語を勉強していた卓丸ですが、まどかの予言どおり(^^;いよいよ舞台はシンガポールへ!

さて、いよいよ来週からはなぜかあのメリーも出ないシンガポール編。このシリーズはシンガポールがよく出てくるのは何かあるのでしょうか?当時のシンガポール航空がスポンサーだったのかな?


で、このたび「なんたって18歳!」全52話、「小さな恋のものがたり」全13話、「だから大好き!」全14話のPCへの取り込みが終了しました。一度にやると絶対挫折するので(^^; 毎週コツコツと移動していたのですがようやく終了。「見る用」は多少レートを落としていたので(一話約850MB~)ハードディスクの負担も少なくすみました。これで、DVDハイブリレコ、パソコンともいつでも視聴できるようになりました。(そんな暇がなくても「できる環境にある」ことが重要) MPEG2のままなので、ディスクの入れ替えも無く、「あ、あれ、どのシーンだっけ?」とかで検索とか、DVD焼き、別のHDDへのコピー、バックアップなど、いろいろ便利です。

さて、次はいよいよ「おくさまは18歳」の番ですね。ひさしぶりに(?)飛鳥漬けになりますか!(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月13日 (月)

マック

最近、以前の液晶imacが気になって仕方がないのだ。あ、今の液晶一体型でなく、通称「大福」と呼ばれる液晶がグリグリ動かせるやつですね。デザインは秀逸だと思うし、今の一体型よりはるかにかっこよく、コストもかかってそうだし、何より使いやすそうだ(今のは液晶の位置が高すぎないですか?)。最終モデルなら今の Mac mini 程度のスペックだったと思うし、20"モデル欲しいなぁと中古を検索してみたりしてます。ソフマップの店頭などで見るとみんな黄ばんじゃってるのね。白いマックはほとんどそうなっちゃうんだろうな・・・orz

「ソフトの多いWindows」「使って楽しいMac」というわけで、本当になんとかMacへの「Switch」を考えてるのだが、以前から指摘してるとおり、映像系が気がかりなのだ。これさえ、クリアしてくれれば・・・フリーソフトが充実してくれれば・・・ Safari(or Firefox)+QuicktimeでもGyaoとか動画配信が対応してくれれば・・・ TMPGEncがMacに対応してくれれば・・・・ いつでも移行できるのだが・・・てオイオイ、条件多すぎ?(^^;

miniではつらい「重い高画質映像」も、Intel Core (かG5)と高速なグラフィックカードをもったMacなら問題はないだろう。問題はAVIコンテナのWMV3がほぼ再生不可能?に近いことだ。これが結構作ってあるんで、また変換するのは面倒すぎる。

結局、動画用の母艦はPowerMacG5(か、もしくはIntel搭載の次世代デスクトップ)ではなくWindows(Vista?)にせざるを得ないのか・・・・と、すみません、いつもの結果でした・・・orz

とりあえず、半年たっても慣れないアップルキーボードの配列。コマンドキーの位置が微妙すぎて、コピペがやりづらくて仕方が無い。マカーな人たちはよくあれでスムースにいけるものだなぁと思う。結局、指使いが我慢しきれず、OSXの機能で、コマンドキーの位置をキャップスロックの位置(Windowsでいう「Ctrl」・・・一番角ね。)に変更した。ついでによく機能がわからなかった「control」キーの位置をPCと同じようにキャップスロックに変えた(ほとんど使わないのだが)。これで、普段一番使うコピペは不自由はないだろう。マックに負けたみたいで残念だが・・・・

でも、はっきりいって、純正キーボード、使いづらい!単純にキーの動きが安っぽくてタッチが硬い、おかしな逆カーブを描いていてスムースに指が移行できない、パームレストがないからさらに使いづらい等、私には合わない。こんなことなら、いっそオサレなPC用のキーボード探すか、などと思うのだが、それは「Mac」らしさから離れていくような気がして躊躇してしまうのでした(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

昭和歌謡黄金時代

NHK-BSで今夜放送だったこの番組を録画して見てみました。もちろん、タイトルから友紀さんの映像を少しでも期待してのことだが(^^; 内容はもっと古く昭和30年代(60年代)が中心だったのでちょっとがっかり。個人的には黄金時代は1970年代ではないか?と思うのだが、玉置宏さんをはじめ、名司会者さんたちは、高度経済成長期が一番だという。

この時代の音楽は、直撃世代にはもちろん、たまらないだろう。私は残念ながらはずれているのだが、その後紅白などテレビで何度も見ているから、ほとんどの曲は知っている。子供心にはつまらなかったが、今聴いてみると、それなりに理解はできるようになった。

この番組での私のハイライトは中尾ミエさんの「片思い」と奥村チヨさんの「終着駅」だ。中尾ミエさんのこの名曲を知ったのは7,8年前、スカパーのスターデジオでだったと思う。一回聴いて虜になってしまった。まさに名曲。「かわいいベイビー」しか本当に知らなかったが、こんなスゴイ曲があったなんて!というお気に入り。演歌でもなく、洋楽でもない、これが「日本の歌謡曲」ではないだろうか。歌が上手すぎ。

奥村チヨさんの映像もすごかった。アゴの細い小顔は、まさに今のアイドル系でかなり可愛い。キャシャな肩が印象的だった(今でも体型が変わってないというのが彼女の自慢でしたね)。彼女の独特の歌唱法だからこそ、と言えるこれも名曲。ちゃっかりPCにキャプチャしておきました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月12日 (日)

なんたって18歳!

「ねえ、ねえ、ねえ、みんな!」「あらぁ、もう始まってたのねぇ。」とまどかの挨拶も楽しい「なんたって18歳!」。いよいよラストスパートですね。竜二に秘密もばれちゃったし。

さて、絶好調の友紀さんの演技ですが、ややオーバーなところはさすが元祖大映ドラマって感じなのです。しかし、こういった演技は、ここ数年で「おもTV」をはじめとするテレビでのおおげさなしぐさや、ライブ、DVD「 FEEL AT EASE」のマダム・ニャンなどでみせてくれた演技とほとんど変わってないことがわかる。もともと本人がそういったキャラではないということだから、ゲバゲバや「18歳シリーズ」で身につけた友紀さんの芸の一面なんだろう。 しかし私が見ることができた、シリーズ後のドラマでは意図的に(?)封印されてしまって、初期のナチュラル志向(?)に戻したような気がする。というかそういう作品に出演してないからだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 8日 (水)

デスクトップ

といってもパソコンの形のことではなく、普段見ているPCの画面ですけど。

マックにはドックという、まあ、ショートカットを収納しておくところがあって、それをクリックするとアプリとか立ち上がるわけです。設定しだいで、カーソルを合わせるとグリグリ大きくなったり、起動中にテンテンと飛び跳ねたり可愛いものです。

Windowsにも、これを真似したランチャーソフトがあったり、メーカー製パソコンには最初からかっこよくデザインされプリインストールされたランチャーなどがあります。

以前はまだデスクトップがXGA(1024x768)とかせまかったので、このようなランチャーソフトはいらないなぁと、思っていたのですが、大画面化、ワイド化が進んだ現在では自分には必須になってきました。

ようするにただのデスクトップのショートカットでしかないのですが(^^; なぜか便利に感じます。なぜだろう??
基本的に右利きなので、右にあったほうが便利であることもあるでしょう(マックより後出しだったWinは、真似といわれたくないのであえてデフォでは左に並べてるそうだが・・・)。かっこいいデザインもあるかもしれません。私は何がどこにあるかわからないようにデスクトップにアイコンを並べるのが大嫌いな人間で、このノートもプリインストールされたランチャーを使い、デスクトップにはゴミ箱しかありません。

今まではわざわざ儀式のようにスタートボタンから立ち上げてました。しかし、たった1、2工程をはぶくだけでなんでこんなに便利に感じるんだろうなぁ。

そういえば、Macに対抗したWindowsが唯一いいなと思えることは、タスクバーがあることです。Macにはありません。切り替え方法はいくつかあるのですが、タスクバーのほうがよくできてると思います。Macが考えた当時はマルチタスクがあまりなかったからかなぁ。タスクバーの代わりにマックにあるのはメニューバー。しかし、大画面化が進んだ現在では使用しづらい気がします。メニューはウィンドウの中にあったほうが便利です。大画面で使用してるときメニューバーが遠く感じます。アップルは純正ではワイド液晶だからなおさらですよ!

Firefoxを私も愛用してますが、設定が便利で、テーマでスキンも変えられますが、一番いいなと思うのはブックマークツールフォルダに登録したブックマークが、メニューの下のアドレスの下に並んでいて、ワンクリックでそのページにいけることです。やっぱりワンクリックでラクチン。いちいちメニューから開く手間がいらないことがこんなに快適だなんて! あ、ちなみに、私はブラウザの左サイドバーを開いておいて、ブックマーク(お気に入り)や履歴を表示するのが嫌いです。ここになにか開いていると、メインのホームページ鑑賞(?)の邪魔に感じるから。Operaは便利そうですが、サイドバーの表示機能ががメインに感じるからどうもなじめません。

人のパソコン環境のこだわりなんて、他人にはどうでもいいことですよね(・ε・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 4日 (土)

青春ドラマ

このあいだは主題歌についてちょっと書いてみた「われら青春」、録画もしてあったし、もう何度も見たと思うが、今夜もやっぱり面白かった。いいねぇ青春ドラマは。

目つきの悪い中村雅俊さんの当時の演技は、デビュー作として力が入りすぎって感じだが、これが新米教師ということでありなんだろうな。そういえば、CS放送(アナログ時代)が開始して以来、ドラマチャンネルのメインコンテンツだった「青春とはなんだ」以来続々と続く青春ドラマだが、ここ数年見なくなった。あるのは雅俊さんがらみの「ど真ん中」「ゆうひが丘の総理大臣」くらいだろう。わたしとしてはこちらがドンピシャ(といってもまだ子供だった)だから嬉しいのだが、やはり白黒時代の布施明さん主題歌の入った第一作からもう一度見たい。というかDVDでまだ焼きなおしてないから(^^;

D111404490掲示板でリンク張っていただいたHPも興味深く見ていろいろと感じるところもありましたね。 青春ドラマとして、高校教師編ではないが、「俺たちの旅」は別格だろう。エンディング曲「ただおまえがいい」だけで十分泣ける(T_T) しかし今放送して欲しいのはその後の「俺たちの朝」なんですけど。DVD買えないし。松崎しげるさんの歌もまた泣けるのです。ああ、鎌倉へまた行きたいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 2日 (木)

あなたが寝てる間に

縁あってこの映画を見ました。ずいぶん前に見て以来二回目ですが、だいぶ記憶が違っていました(^^;

D111558445私は、見た目からは想像もつかないが、実はこういった心暖まるラブストーリーが大好きなのです。こんな可愛い素敵な女性がなんで孤独なのだろう?と思いつつ、アメリカの都会だってって日本みたいにそういった部分もあり、昔ながらの暖かいファミリーもあるんだなぁとか、そういったことも考えました。

私の記憶の中では、ピーター(命を助けた憧れの人)と結ばれるとばかり思っていたのですが(^^; あれ?って思いながら見たので、二回目でもとても楽しめました。

サンドラ・ブロック、いいですねぇ。この映画での彼女は実に可愛らしくて魅力的です。男はほっとけないでしょうねぇ。事実、この映画の中ではもててますけどね。

なお、画像をクリックしてもAmazonとかに飛びません! どういう映画?って思った方はググるといっぱい出てきますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 1日 (水)

続きはなし・・・

2月になったので、スカパでドラマを放送している各局の来月の放送予定をチェックしてみたが、友紀さんものも含め、私の気になる新番組はなさそうだった。

tbsチャンネルで放送中の「なんたって18歳!」も2月いっぱいで終了してしまう。ただ、3月のリストには入っているが、最終回の再放送が3月にまたがるせいと思われ、別にまた第一回からとか、一挙放送ではないんじゃないかなぁと・・・

絶対次は「ママはライバル」だと期待していただけに残念で仕方が無い。
(´・ω・`)

また、リクエストでもするしかないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんたって18歳!

今週の第43話、第44話は、いかがだったでしょうか。

あの「あ~たいしたもんだぁ」というのは流行語かなんかですか?

卓丸が最後月光剣士に切られるのは、わかっていたけどわらっちゃいましたね。
ここ数話は、ゲストも豪華だし、暴走ドラマ、ここに完成!って感じです。

さて、いよいよ残すところ、あと8話。
ストーリーもここから大詰め。
竜二の活躍?、千秋のちょっかい(出番が少なすぎ)と、
最終回に向けてついにラストスパートです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »