« カーリング3 | トップページ | 新デザインの一体型PC!? »

2006年2月24日 (金)

オーディオって

AVを趣味だというと、オタクっぽいイメージがまだあるかもしれない。最近はコンビニで売ってる売れてるグッズ系の雑誌にだってパソコンといっしょに大画面テレビやDVDレコーダーなどが並んでいるのを見ると時代は変わったなぁと思う。iPODのおかげでヘッドホンも最近は注目されてるし。

最近導入したPCがわりと音がいいので、深夜にヘッドフォンでMP3を聴くことが増えた。同じヘッドホンでもポータブルで聞くのと雲泥の差だ。また、デスクトップPCからUSBインターフェイスを通したり、ヘッドホンに凝っていくつか買い換えてみたりするとさらに差が出る。なぜそこまでするの? そんなにかわんないじゃん、と言われる。でもこんなのほんの入り口で、こだわってる人は・・・以下略。

よく聴いてみてください。音がいいというのはそもそも気持ちがいいものです。そして、友紀さんの声がとてもよく聞こえるのだ。「よく」というのは悪いものが良くなるわけではなくて(^^; 隅々まで、声の表情が聞き取れる。発声、あ、ちょっとふらついた、とか、ひとことひとこと大事に歌ってるとか。バックの演奏も変わって聞こえる。ベースラインがはっきりする、埋もれていて楽器が鮮明に聞こえる。

というわけで、今夜は大好きなアルバム3~5まであらためて聞きまくりました。では、おやすみなさい。

|
|

« カーリング3 | トップページ | 新デザインの一体型PC!? »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/8809622

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオって:

« カーリング3 | トップページ | 新デザインの一体型PC!? »