« ああ、天コケ、ありがとう! | トップページ | いろいろと・・・ »

2006年3月14日 (火)

「天コケ」と出会って

これからもっとくらもち作品をできるだけ読んでみようと思ってますが、この「天コケ」は、私にとって特別な作品のひとつになるかもしれません。

「ちい恋」以来といっていいくらい頭がそよちゃんでいっぱいでした。他になければ並行してホームページを作って「このマンガが好きなんだ!」とやりたい気分です(すでに素晴らしいページがあるのでやりませんが)。

それで、天コケをおもっているうちになんだか自分自身のこと、いろいろと深く考えさせられました。

岡崎友紀さんに出会って、私にもうちこめる大切なものができましたが、今回も、また、私を変えるひとつのきっかけになりそうです。ただのマンガではありますが、大げさみたいですけど、そう感じています。

マンガってすごいですね。実写の映画やドラマにない魅力、素晴らしいアイデアと、人物やその舞台の緻密な書き込みと「間」の存在、そこにある空気、その中で生きているキャラクターと生きている街(村)。こんな作品を私に与えてくれたくらもちふさこ先生に感謝。

|
|

« ああ、天コケ、ありがとう! | トップページ | いろいろと・・・ »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/9081744

この記事へのトラックバック一覧です: 「天コケ」と出会って:

« ああ、天コケ、ありがとう! | トップページ | いろいろと・・・ »