« ひとりごと | トップページ | アテンションプリーズ! »

2006年7月23日 (日)

池中玄太80キロ

4月だったと思うが、DVD-BOXを衝動買いし、あれから3ヶ月、時間があるときに少しずつ観てきたのだが、ようやく物語もPART2の半分くらいまできた。やっぱり泣けるねぇ。

家族で鶴を見に北海道へ行って、鶴の前で位牌を出したり、捨てられた光男を引き取って面倒見たり(涙)

PART2冒頭あたりからではそんな雰囲気ぜんぜん無かったアッコ(坂口良子さん)と玄太がなんかそういう雰囲気にいきなりなってくるのがなんか不思議だったが、弦太のかわりに娘たちの面倒を半年もみたくらいだからま、アッコ側にもそんな気も少しはあったということか。なんか見てると、周りがはやし立ててるうちにそんな気に・・・?って風にも見えたが、それってどっかできいた話(略)

それにしてもこの中の坂口良子さんは美しすぎる・・・・!

当時スケ番だった?という杉田かおるさんもすごいよねぇ。

それから、やはり名物なのは玄太と楠編集長(ナンコウさん=長門裕之さん)とヒデ(故三浦洋一さん)のやりとり。最高ですよね。あんな関係見ていてうらやましいかぎり(実際にはちょっとないだろうけど)。特にナンコウさんの演技が素晴らしく、とてもTBSの赤シリーズで悪役の人とは思えない!

放送しないCSに業を煮やし大枚(?)はたいて買ったDVDだが、買って悔いなし!!!!
宝物になった。

|
|

« ひとりごと | トップページ | アテンションプリーズ! »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/11064059

この記事へのトラックバック一覧です: 池中玄太80キロ:

« ひとりごと | トップページ | アテンションプリーズ! »