« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ちびまる子ちゃんドラマ版第2弾

期待どおりに楽しめましたが、いかがだったでしょうかー!?

私の記憶では、今回も3作とも原作にあったお話だったと思いますが、いいお話ですよね。最近はマンガのドラマ化でもガッカリすることが無くなってきたのは、慣れたせい?なんでしょうか。マンガ原作はドラマ化しやすくて、話に奥行きがありキャラクターもたってるしヒットもしやすいということで増えてるようですし。

美化されすぎた?母の若いときの国仲涼子さん、ドラマでのいいわけは「想い出は美しすぎる・・・」でした^^;

まる子のウナギのダンスが面白かったです。山本リンダさんの歌で家族で踊る時代だからその辺の影響でしょうね。あの「さくらももこ」さんのイラストみたいな変なTシャツもナイス。森迫永依ちゃんは、番組宣伝でバラエティに出たときも活発な子だな、と思いましたが、ひょうきんなところや鼻水流して号泣など、あの年にして凄い役者さんだなと思わず感心させられました。

嘘をつくたまちゃんも可愛らしくて、オリジナルのキャラクターをうまく再現していたように思う。

お姉ちゃん役の福田麻由子ちゃんは、ついこの前ドラマ「再会〜横田めぐみさんの願い」で拉致される横田めぐみさんの子供時代という難しい役柄を演じていた今注目の子役さんですね。あの壮絶なドラマも、自分の中でなんとなく風化しかけていたあの問題の悲惨さというものをリアルに思い知らされる凄い内容でした。来年に公開される、私の大好きな「小さな恋のメロディー」の日本版リメイクといわれる「Little DJ〜小さな恋の物語〜」という映画に出演されてるとのこと。これはかなり期待したいところです!

しかし、「ちびまる子ちゃん」実写版、もうこれはもう一回、第3弾をやるしかないでしょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月29日 (日)

「日本沈没」は今

盛り上がって参りました。いや主人公のモテモテぶりもなんだが^^;

九州の半分が沈み、今、北海道にも大異変が起こっています。

そこに暮らす人々の想いをいとも簡単に飲み込んでいく自然の猛威が圧巻でした。
(セット撮影が安いとか、そういうのも抜きにして、今日の北海道の若者たちも泣けた・・・)

このまま日本は全部無くなってしまうのだろうか?
自分はあらすじを知らないためハラハラしながら次回を待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月26日 (木)

ちびまる子実写版放送はもうすぐ!

さて、ずっとまってた「ちびまる子ちゃん」ドラマ第二弾の放送日が近づいてきました。

放送は10月31日19時です。

なお、第一弾の再放送も決まってるので見てない方、録画し忘れ方はお見逃し無く!
第一弾再放送 10月28日(土) 15:30〜

今日、番宣で、フジのバラエティー「はねるのトびら」の回転寿しのコーナーにまるちゃん(森迫永依ちゃん)とたまちゃん(美山加恋ちゃん)が出演してましたね。やっぱり二人とも、前よりちょっと大きくなったみたい。

あと、期待の若いときのお父さん(玉木宏)とお母さん(国仲涼子さん)、美化しすぎでは!? その他、出演者全員、よくぞ見つけました、よくぞ化けました!って感じでもうサイコーですね。期待もふくらみます!

ちびまる子ちゃんのファンはもちろん、知らない人でも楽しめるホームドラマですからね、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月25日 (水)

ラヴラヴライバルをパソコンへ

今週の第3話、第4話はいかがだったでしょうか。

挿入歌が入るとなんだか時代を感じさせますね。

ラブラブライバルもDVD-R, RW, RAMとすでに録画してある私だが、今回の放送もちゃんと録画している。そしてこれをレコーダーだけでなく、パソコンのHDDにも保存を始めた。まあ、手持ちのディスクから移動させてれば速いのだが、毎週少しづつやると面倒にならずに続けられるし、TBSのロゴが違う、というのも理由のひとつ。

さて、そのやり方ですが、
TOSHIBAのレコーダーでは録画モードをマニュアルで細かく設定できるため、1話(25分)をDVD1枚に5話ずつ入るよう設定して録画。スカパーでの古いドラマはこの程度で画質は充分だ。(もちろんすでに前出の通り最高画質モードで録画済みなのでできる)

録画したものをパソコン側にコピーする方法だが、いちいちDVDにダビングしてそれをPCにコピーするのでは意味がない(すでにDVDはあるし、DVD上のエラーとかも気になるから。神経質すぎるけど友紀さんのドラマだからね)ので、TOSHIBAレコーダー同士でLAN でネットワークをつないでコピーができる(ダビングではなくコピー)。この機能をPCで使えるよにしたのが「VirtualRD」というWindows用アプリ(フリーソフト)。これでパソコンを仮想RDレコーダーとしてネットワークでコピーできる。DVDに焼くほどスピードは出ないが、飯食ってるときとか勝手にやらせておけば簡単にコピー完了です。

(この機能、Macでも可能。「VRX」というフリーソフトで同様のことができる。ただ、ダビング後にできるファイルはVOB形式になります。また、TV録画機能のあるパソコンでやればてっとり速いわけですが、それよりも専用レコーダーのほうが自分にはいろいろ便利なので)

さて、コピーされたMPGファイル(mpeg2)だが、当然番組前後のCMやら本放送のときCMが挿入されていたところに入ってるTBSの映像が邪魔なのでカットしたい。しかし、RDレコーダー側で編集をやっておいても、形式がVRなので、実際にはフレーム単位で編集されておらず、パソコンで見ると前後にゴミ(不要な映像)が残ってしまう。残らないようにカットすると、ドラマ部分が数フレーム分カットされてしまう。たったコンマ数秒だけでもカットされるのは納得いかないから編集はパソコン側でやることにしています。

最近ではMPEG2の1フレーム単位での編集を、編集部分だけの必要最小限の再エンコードで画質を劣化させない「スマートレンダリング」ができるソフトが安く手に入るので便利。(DVD初期では考えられなかった!) ちなみに私はずっと「TMPEGEnc MPEG Editor」(現在は2.0)というのを使用しているが操作が簡単で軽快に作業できるのでずっと愛用しています。

これでフレーム単位で余計な部分を削除してしまえば、不要部分のない、必要部分だけの劣化のない完璧なMPEGファイルができあがるのだ! まあ、あとはこれをDVDに焼くこともできるし、私のようにハードディスクにためておいていつでも視聴できる環境にしておくのも便利で良いです。ちなみに1話が約800MB程度。最近は300GBのハードディスクだってかなり安くなったので全然問題ない!(このハードディスクには「おくさま」「なんたって」「ちい恋」「だから」が全話保存済み。「ママライ」はやりそびれたが、いつか「ニセモノ」といっしょになんとかやっておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月24日 (火)

MacBook Pro 新製品がキター!

いや、今日は寒い一日でしたね。11月下旬並みだそうで、いやですね〜。私は寒いより暑い方が好きな人間なのでー。

そんな今夜にHOTなニュースが!(お、この展開どう?^^;)

最新のインテルCPU「Core 2 Duo」搭載のMacBook Proが来ましたね!

Macbookpro

Apple
IT media +D

MacBookへの物欲と戦っていた私にまた新たな強敵が!^^

最大39%高速なんだって!(相変わらずのコピーですが)
前モデルで持っていた弱点は克服してくれたのかな?

もうデスクトップ要らないや! って思わせてくれる凄いマシンですね。


でも今の私にノートのここまでの性能は必要ではないし、つい先日やった、DV、MPEG編集で、自分にはWindowsデスクトップ環境の必要性を認識したばかりでしたので・・・・(iMovie HDが大活躍してくれたのだが、それ以外の面で)

でも、これで前のモデル(Core Duo)が安くなるかも。中古市場でも多少値が下がるのではないでしょうか。G4まで遡ると、旧OS環境との兼ね合い?で値が下がらないようですが、これならあきらかなさがつく訳ですから、期待できるかもしれません。そうなると下位モデルのMacBookとも近づいてくるのでまた悩まされることに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年10月18日 (水)

ラブラブライバル始まる!

ようやく始まりました、「ラブラブライバル」再放送。

ひさしぶりの、18歳シリーズの放送ということでなんだか不思議な感じ。ラブラブは、一番シリーズの中でも異色かな?と思える作品かなと、感じてます(特にBGMが)がいかがでしょう。前作から年齢層を上げ気味にしているようですがドタバタは相変わらず。今回も第一話ではなんか変わったかな・・・と思わせるのですが、第二話ではやっぱりこの路線?って感じました。特に出雲のおば様や社長がピーピーうるさい(^_^;

この時期まだヘアスタイルはママライ風?ですね。
第二話では時本さんのりきんだ演技より浜田さんの余裕の演技のほうが印象に残る。

いつも語る画質ですが・・・・前回tbsチャンネルで放送したときと同じだと思うのですが・・・・録画機材が新しくなったせいか、画質がいいように見えた。前回より録画のレートを落としたので、レコーダー側がアラがみえないようにのっぺりしてるのか? 気にしすぎか(^^; TBSのロゴが小さくなって下にきたので気になることが減った。 もっと前に放送したチャンネルNECOではもっと色は飛んでいたが黒白のメリハリはあった。ただしもう少しノイジーかな。差は好みの問題だが、今回の放送も「高画質」とはいえないが、現時点では最良のものなのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年10月17日 (火)

フェイセズとロッド・スチュアート

14日の夜にNHK BS2で黄金の洋楽ライブ「フェイセズとロッド・スチュアート」があった。この番組、海外の大物アーティストの貴重なライブ映像を放送してくれる(過去にも初期のイーグルスとかいろいろ)ので嬉しいのだが、解説にまったく関係なさそうな俳優、タレントが出てくる。これがまたNHKらしいと思うのだが、はっきりいって余計な演出&余計な出演料の出費だと思うのは全国で私だけであろうか?

フェイセズの演奏はカッコ良かった! メンバー全員がビッグネームな割にスーパーテクニシャンではないので(失礼だったらすみません)ものすごいプレイが聴ける訳ではないが、バンドサウンドとしてまとまり、ノリがあり(ロニーレインのベースが特に良かった)とても良かったと思う。いつも仲良さそうなバンドだ(そのわりにはあっさり解散したけど)。

この時期のロンウッドのギタープレイも好きなのだが、唯一嫌なのがギターの音。ゼマティスのギターといえばロンウッドというくらいの人だけど、アンプのせいかな? ジージーいってるだけであじけなく聴こえるのが残念だ。

若いロッドもすっげーカッコ良かったが、フェイセズの後に放送した数年後のソロのステージは曲の良さはあっても「バンドサウンド」っぽくなかったのがなんだか物足りない感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月13日 (金)

実写版「いたずらなKiss」放送中!

いや、すっかり見逃してました。今夜ラスト10分、EPGで発見して見てみました!!!!

あの少女漫画の名作「いたずらなKiss」の実写版が、BS-i (デジタルBS放送)で毎週木曜夜11時から放送中でした→BS-i

私が大好きなマンガのひとつで、残念ながら作者急死のため未完に終わってしまった、今でも根強いファンを持つ名作。このひとりごとブログでも以前とりあげたと思います。

このドラマ、実写版といっても、台湾制作の「華流」なので、もちろん俳優さんたちはあちらの方で字幕放送。なんと視聴率が台湾の2005年No.1とのこと! すげ~な~。そして嬉しいことに字幕上の名前はちゃんと原作に合わせてあり、金ちゃんなんかは字幕でも関西弁!という懲りよう。ファンを大切にしています。(つ~か、日本でもドラマ化やってくれ!)

果たしてあの「ざまあみろ!」名台詞のKissシーンもあるのでしょうか!?(このマンガ、キスシーンにとにかくこだわってるのだ!)

う~ん、吹き替えでいいからもう一回第1話から放送してください!TBSさん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月12日 (木)

MDをなんとかしたい!

そう、MD、MIni Discです。

私はそれまで使っていたDATから乗り換えで、MDにはもう創世記からすぐお世話になった口です(懐かしいあの頃・・・DCCは絶対だめだと思ったらやっぱり・・・)。ずっと家でもウォークマンでも愛用しておりました。パソコン買ってCD-Rが焼けるようになった当初もまだ愛用してましたね。だから、自分のCDを編集したベストものや、レンタルCDや当時契約していたStarDigioというスカパーのデジタルラジオをデジタルのまま録音しまくっていたので、今でも100枚くらいは残っています。

しかし21世紀になる頃にはすでにMDデッキはウォークマン専用ディスク製造機と化し、MP3対応のCDウォークマン購入ですぐにその座を追われ押し入れへと撤去されてしまいました。その後DMPに乗り換え、これだけパソコンでの音楽の扱いやすさになれてしまうと、なかなかMDで聴こうか、とはいかなくなってしまいました。

しかし、まだPCに取り込めてない名曲がMDの中にたくさん録音されています。しかし、いざPCに取り込むとなると、面倒な配線をして、実時間で「ダビング」をするという煩わしい作業がつきまといます。レコードのデジタル化のように私の忍耐力ならたぶん数枚が限度では・・・

そこで!!

MDからデジタルデータで転送できる「最後の(?)MDレコーダー」SONY MZ-RH1です!!!

これならCDをリッピングするようにMDからPCに取り込むことが可能になるようです!

Sony形式のATRAC方式のようですが(最新のSonicStageCPはAACにも対応したと思ったが、WAV以外MP3とかも使えるかは不明だけど)この際関係なし! なんか、予想以上に売れてるという情報もあるが、私と同じ考えの人や、リニアPCMで録音する人に人気なんだろう(今更MDでもないだろうし、実はコンパクトなデジタル録音機はEDIROLやSony他、実はかなり熱い市場なのだ!)。
MDにはSCMSというデジタルコピー制御があったはずだが、これは転送には関係ないと思っていいのかな?(まあ、CD-Rでいくらでもコピー作れる世の中で今更SCMSでもないか)


問題は・・・・価格です orz

そのために3万円超の予算は・・・・無い orz
コツコツとダビングしますか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年10月11日 (水)

Vista その後

どうやら開発者向けにはRC2が公開されてるそうですね。なんだか本当に来年初頭には発売されそう。

Core2もエラッタとかいうバグ?が解消されたものが出るそうなので、そのころがPCの買い時なんでしょうか。

ノートに入れたVistaはそんなに問題も起きず動いています。avast!とというフリーにアンチウィルスソフトも問題く動作してます。ただ、Gimpとか、一部のアプリのインストールができないものもありました。(XP対応だからといってなんでもOKではないんですね、あたりまえだけど)

Desktop_1

※デスクトップをキャプチャしてみました。

このノートはセレロンMの1.4G、メモリ1GB、HDDは5400回転、グラフィックはMobility radeon X600ですが、Vistaによるパフォーマンスの評価は、プロセッサ3.0、メモリ(RAM)4.1、グラフィックス4.1、ゲーム用グラフィックス3.7、プライマリハードディスク4.2だそうです。この数字がどの程度なのかよくわかりません。体感ではアニメーション効果がもっさりですが、特に不満を感じるようなことはありません。こんなものではないでしょうか? もう少し高速な最新CPUならサクサクなのかもしれませんが(雑誌では相当ハイスペックが必要だとあおってますが)、比べなければ、こんなものだと使えるレベルなんだな、と思いました。AeroGrassとかいうのもできてるようです。Windowは透明で、なんかいい雰囲気、ウィンドウの切り替えも3Dで、Tabキーでクルクルと入れ替わるのも楽しい。

さて、高速になったというデスクトップ検索ですが、CPUが遅いせいか、Macのスポットライトほど速くはありません・・・・。それでもXPまでのWindowsに比べれば劇的に速いのですが。それと、たくさん試したわけではなきのですが、一番最初にやってみた、Dドライブに保存してある動画やMP3が検索にかかりません(^_^;) なぜ??? これはダメじゃぁ・・・・・・ なんかやり方とかあるの?(その時点でダメだと思うが)

電源はWindows時代はいつも必ずシャットダウンしてましたが、Macではスリープが普通(ほんの数秒で立ち上がるので快適すぎる! スリープ中はまるでスヤスヤ眠ってるよう)。Vistaからはスリープ(スタンバイ)が普通になるそうです。使ってみても速度的には十分納得して使える速度。ただ、スリープ中でもノートの一部がほんのり温かいので電気はそれなりに消費してる模様・・・・。

Foruda_1アイコンを大きくすることができるのが気に入りました。なんだかポップで見やすいです。中身を画像でわかりやすくしてるため、例えばMP3ファイルを格納してるフォルダではジャケット画像で表示してくれるのも嬉しい。ただし、MP3はMacからのコピーファイルなので(?)画像があると思うのだが、WMP11では表示できてないものが多いので、なぜか連携できてないことになる。

とにかく、新しいGUIが新鮮で、おおー!と思って使ってみてましたが、その見た目も慣れてくると、やっぱり「Windows」なんだな、って感じです。基本的には変わらないのは当たり前なんですけど。
私は新鮮なGUIが好きだからいいのですが、安定したXP環境から、高いお金を出してまですぐに乗りかえる必要はない、という意見があるのももっともな気がしてます。メインで使うアプリの対応次第ですね。

参考ページ→ASCII24「ここが変わった Windows Vista 100連発」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月 9日 (月)

で、HERO'Sですが

いかがだったでしょうか?

今頃日本中の格闘技ファンブロガーが書き込んでるのでしょう。

私も一ファンとして感想。

秋山選手は素晴らしかったし、今大会のMVPだったと思う。相手の圧倒的なパワーにも負けず強かった。ただ、以前からPRIDEの吉田選手のときも気になったが、柔道家が柔道着を着ていいというルールはどうみても不公平だと思う。精神的なものかと思ってたら、不利なら脱ぐ訳だし・・・

宇野選手惜しかったですねぇ。悔しいです。両者ダメージ無しだし、宇野選手もさすがに上手かったけど、攻勢点では劣っていたように思いました。

話題の金子VS所戦ですが。
動きは素人のものではないし、一生懸命練習してきたことはわかります。ただ、まだもうちょっとそのレベルまでには差があるんじゃないでしょうか(本人も経験が必要とかいってたようですが)。もう少し、アマチュアとはいわないけど、いろいろな大会や小さな団体(でもみんな強い!)があるんですから、まずは「下積みと実績」じゃないですかねぇ。これからもずっとやっていくつもりならば。やはり「恵まれてる」とは誰の目から見てもそうなりますし。マサト選手と桜庭選手がコーチしてくれるんですからね。


相変わらず、話題性のある試合は番組冒頭から「この後XXXX戦」みたいなテロップが出るのですが、本当に放送されたのは結局1時間ぐらい経ってからでした。どうにかしてよ。そりゃ確かに「後」には違いないかもしれないけど。本当のネクストマッチのカードを表示してください。そういうひっぱりかったって大嫌いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 8日 (日)

明日はHERO'S

俳優を休業中の金子賢選手の出場でにわかに注目を浴びている(というかそればっかりになってしまったかのような・・・)今大会。谷川さんの思惑通りのようになってきた(?)のかもしれないが、それ以上になんだか注目なのがアキラ兄さん(前田日明SV)だ。

例の「芸能界引退してこい」「俺なら半殺し」(でしたっけ)発言ですっかりおなじみになってしまいましたが、そういえばPRIDEの高田総統ほど一般には知られていない人物なので不思議な感じです。

(前田さんと高田さんの関係はプロレス〜総合格闘技ファンでは知らない人はいないと思うんですけど・・・・興味のあるかたは「UWF」の3文字といっしょにググッてみてください!)

YAHOOのトップページのトピックス欄にまでその名前を見るなんて信じられませんよね。

HERO'Sは、いろんなことでなんだかRINGS的な雰囲気を持ちつつ、そこにオドオドしながらも谷川さんの色もあって、どこか一色触発?というか、PRIDEのようなどっしりした感じがしないのが逆に魅力でもある気がします。まだまだ始まったばかりなので選手それぞれのネームバリューにしたってこれからですが、明日(以降も)の試合も楽しみです。

さて、前田さん。知らない人には新鮮かもしれませんが、突然何言うのこの人!? 全部壊しちゃうの?みたいなところがあるので、そこがまた魅力だと思うんですが、なんだか危なっかしいところがファンとしてはドキドキしてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年10月 7日 (土)

Vista RC1 再び

時間があったので再びノートPCにVistaを入れ直した。

始めは快調に復活したXP環境のデザインやアイコンを変えたりしていたのだが、なんか物足りなくて、デュアルブートにしてみたが、結局そうなるとXPは動かさないので(重要なデータはデスクトップにすべて移してあるし)、結局もう一度HDDをフォーマットして、イチからVistaをクリーンインストールし直しました。(時間は計ってないが、XPより速いような・・・)

とりあえず、今夜は、またテスト用の動画とMP3をコピー。以前よりもわかりやすくなった「ミュージック」「ビデオ」「ピクチャ」の各フォルダと、「ダウンロード」という新しいフォルダ(XPでは自分で作っていたがVistaでは標準でユーザーフォルダ内にある)などを、Dドライブに関連づけ(参照?)し直した。個人的にはCドライブはシステムやアプリ系で、Dドライブは自分のファイルというふうに分けて使用しているため。

Firefox(これがすごく安定してて、慣れてるせいでIE7より使いやすい・・・これではテストにはならないけど)に、コーデックのDivXとか入れ直して、とりあえずの環境は作った。

前回WMP11にMP3ファイルを読み込ませるのに、「気が遠くなるほどの時間がかかった」と書いたが、それは音量チェックをしていたためで、それをしなければ割と速かった(ただし一度では全部取り込めなかったり、1枚のアルバムが分割されていたりと安定性には欠ける)。ビデオはコーデックさえあれば、WMP11内でインデックスというか映像の途中のワンカットが画像となって表示されるのでわかりやすい。タイトルもABCアイウエオ順で並ぶのは扱いやすい。(ただし今後ファイルが増えてくると管理は難しいだろうと思うが)

デスクトップのアニメーション表示も私は嫌いではない。ウィンドウを開くときも、ブアッと(わからないか・・)広がるように開くのもいいです。ただ、ウィンドウがいくつもあるとき3Dで斜めに並んで切り替える機能(AERO GRASSっていうのか?)は、やはりマックOSXのExposeのほうがいいなぁ。

今夜はここまで。

こういうのって、自分が書くと不満点ばかりになってしまうが、今度はもっといいことも書きたいな。

どうやらAvast!というアンチウィルスソフト(フリー版)がVista RC1に対応したそうだ(前のときはベータ版までだったのでエラーだったのだろう)。貧弱なノートPCでwinXPで使ったときはUPDATEのときHDDに負荷がかかったように重かったので印象はよくないのだが、とりあえず安心して使えそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 5日 (木)

愛のエプロン総決算?

今日のテレ朝のゴールデンのスペシャルがこの愛エプ。

7年間の総決算で頂点の料理人を決めるという。深夜時代からずっと見続けてきた私にとって、いささか「総決算」というには疑問符のみっつくらいつくメンバーだった。

テレ朝のゴールデンのバラエティーは、他局よりも深夜枠からの移行がとても多い気がする。深夜で実験し、よさそうなものを持ってくる「進出」とする手法だ。しかし、こうなるとゴールデン向きにアレンジされてしまうので古くからのファンにはちょっとついていけないところも出てくるんです。

深夜時代は、料理を知らないアイドルたちに料理をさせ、そのゲテモノ料理を試食する、この一点に絞られていたのが強力で魅力だった。

堀越のりさんやゆうこりんとか、梨花さんや井上和香さん(ゲテモノばかりからだんだん上手くなったと思ったら消えてしまった)といった卒業していった(?)人たちも見たかったな。

今の愛エプは青木さやかさんに頼りっきりみたいだが、ゴールデン移行した愛エプもわりと好きだ。ゴールデンらしく、出演者の幅がひろがっているのも、深夜ファンにはイヤだろうが、私はこれはこれで、番組の魅力は変わってしまったが、幅広い層で楽しめると思うし、違った見方で好きだ。

ただ、あまりに試食する人が増え、コメントがカットされてるのも目につく。料理をする場面がほとんど映らなくなったのも出演者と料理内容からして面白くないからカットされるんだろう。

頂上決戦路線なら、今後は梅沢富美男さんと泉ピン子さんの年配特エプ頂上決戦が見たい。絶対なさそうだから(^_^;)

しかし、あの人たちはいつ料理の勉強をしてるんだろうってくらい上手いようだが、やっぱりセンスなんだろうか。

さて、総決算のあとはシステムが変わるらしい。どうなるんだろう?司会の城島さんと武内アナの影がとにかく薄くなっていく一方なのが気になるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 2日 (月)

K-1GP

いやぁ、ジャッジが1対1になったときは、あせりましたが・・・(^_^;)

なかなかの好カードばかりで、熱戦が多かったし一回戦としては面白かったですね。ホンマンは、笑ってないで「勝つ」という気合いを見せて欲しかったです。やたらバンナがかっこよく見えてしまいました。

テレビを見ていて気になったのが武蔵戦。フジのアナウンサーも谷川さんも「日本人がドームに行く」ことをかなり重要視してるようで、その中継中の微妙な発言からもいろいろなことを思わせてくれます。

ではドームへ日本人が行かないことがそんなに大変なことなのか? 日本人がいないと視聴率や興行的にやばいのか?

私はそうは思わないです。K-1MAXとは違うし、すでにそのブランドは確立しており、各選手は有名だし、どうしても日本人が必要とは思えない。(古くは中島のいたF-1、メジャーのイチローマツイみたいな?)

確かに日本人ファイターが弱いことは残念ですが、それはそれ、やはり一番強いヤツを見る、ということが本来のK-1の魅力だと思うのですが。

それから何度も言うが、無駄な控え室の様子とか、入場シーンもいらないから、できるだけ全試合を放送してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »