« MacBookその後 | トップページ | デスクトップのスタイル »

2006年12月13日 (水)

風立ちぬ

「夜ヒット」松田聖子ウォッチャーの鬼八郎です。

今夜はついに「白いパラソル」「風立ちぬ」の名曲2曲の放送がありました。個人的にはこのあたりが「第一期松田聖子の最終章」と思っています。「白いパラソル」はもう何度も再放送されてる日のもでしたが、「風立ちぬ」は初登場ですね。

この頃の聖子さんは、髪が一番長く、聖子ヘアーも最大の大きさでヘルメットのようです。お得意の歌の間に首を右側に倒して可愛い子ぶったアイドルスマイルも最高です。「風立ちぬ」を歌う前に司会の方が触れてましたが、例の声がかれてる時期で「疲れて喉にきている」と言っていましたね。すでに「白いパラソル」頃にはキーが下がってるようですが、若干声が濁っているところがあります。「風立ちぬ」ではほとんど声が出ていません。当時の様子が思い出されます。

この後、勝手に私が第二期と読んでる時代に入ります。(髪を切ったあたりから「赤いスイートピー」、「天国のキッス」あたりが第二期)歌唱法が一本やりでなく、柔らかくなっていきます。

しかし、放送では、81年の秋ということで、私の好きな歌がたくさんでてきた2本でした。菅原進「琥珀色の日々」、クリエーション「LONELY HEART」、西田敏行 「もしもピアノが弾けたなら」(ヤコちゃんとミクちゃんのサプライズゲストあり)。さらにアリスが解散ということで、超ロングメドレーでした。「夜ヒット」では、誰かがやめるとき、けっこうこういった演出が多かったんですね。(放送当時はほとんど見ていなかったので知らなかった)

|
|

« MacBookその後 | トップページ | デスクトップのスタイル »

スカパー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/13061234

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:

« MacBookその後 | トップページ | デスクトップのスタイル »