« ガンダム芸人VS越中芸人 | トップページ | 三毛猫ホームズがキターーー! »

2007年1月27日 (土)

エライところに嫁いでしまった

ドラマ見るゾ宣言をして、今回のクールで選んだのがこのドラマでした。話題の「花男2」も「華麗なる一族」ももちろん候補にあったのですが、「笑える」から選んでみました。なにしろ「花男」はパート1でも2回で挫折していたので^^;

さて、目当てはやっぱり仲間由紀恵さんに決まってるわけですが、彼女のファンなら絶対見るべし!というところでしょうか。キャラ的には、「トリック」「ごくせん」となんら変わらず、あのあたりが好きな人にはいいでしょうね。まあ、大河ドラマやったりと、幅広いところを見せてはいますが、基本的に彼女はあの線が一番だしそれで押すべきと思っています。(それしかできない、のかもしれませんけど、まあ、まったくキャラが作れない、何を演じても同じな俳優さん、それも人気スタークラスなんていっぱいいるので関係ないですが。)

第3回まで見たのですが・・・・

確かに面白くて楽しめます。毎回同じシチュエーションで主人の実家に行って、そこの田舎ならではの「しきたり」で苦しめられるのですが、凄く面白いのと同時に、同じくらい見ていてイライラしてしまうことがあって、微妙な部分も多いのも事実です。

特に、あの旦那(磯次郎)にはかなりイライラさせられます。なんで結婚した?もう別れろ!とテレビの前で文句も言いたくなります。(それが狙いの脚本か?) 一応、ちょっと変わったポイントが好きになった原因だとは第一回にありましたけどね。あれはちょっと無いなぁ、と感じる。

まあ、ここまで見たのでもうちょっと見ておこうと思ってますが!


第一回では、披露宴で、花嫁の父役の平泉成さんと、花婿の母親の松坂慶子さんが登場。そう、「なんたって18歳!」ファンにはたまらない「宅丸と怜子」ですからね。なんだかちょっと嬉しかったです。

テレ朝
エライところに嫁いでしまった

|
|

« ガンダム芸人VS越中芸人 | トップページ | 三毛猫ホームズがキターーー! »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/13671738

この記事へのトラックバック一覧です: エライところに嫁いでしまった:

» 山村君子について [エラいところに嫁いでしまった!情報ブログ]
本職はフリーライター。大食いでズボラで大雑把、人からものを頼まれると断れない性格。しきたりをはじめとするあらゆる騒動にいつも巻き込まれている。しかし“ダメ男”である磯次郎のよき理解者でもあり、彼の本当のやさしさを知っている数少ない人物でもある。山本家の人間からは多くの誤解を受け窮地に立たされることもしばしば。大学を中退してフリーライターとなったことが第1話でわかった。... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 01時18分

« ガンダム芸人VS越中芸人 | トップページ | 三毛猫ホームズがキターーー! »