« 次世代DVDは今どうなの? | トップページ | 「ちい恋」で検索 »

2007年4月14日 (土)

おくさまは18歳を見る その6

いよいよ第15話「お夢は白い船の中」
は、やはりいいお話ですね。二人っきりになりたい飛鳥と哲也と、ここぞとせまる海沼先生と小山さん。二人の安住の地はやはりあの家しかないのか・・というお話。船上は寒くてキスどころでないところなどいいシーンがいっぱいです。船の向こうに見える富士山もとても綺麗です。
これでまで見てきたときはどちらかというと飛鳥視線で、小山さんたちが邪魔でしょうがなかったのですが、他の回でも書きましたが、今回シリーズを見ていてどうも海沼先生や小山さんのほうの心情も考えるようになっています。あの二人もいわば、秘密の犠牲者。可哀想に・・と思わせるシーンが多い。(だからこそ二人がお似合いに見えるのですが)

あの食事やダンスをしたときのドレスは貸衣装なんだろうか?

飛鳥の中では楽しくもあり悲しくもある新婚時代(高校時代)の想い出(?)になったであろう、あのスカンジナビア号は沈没してしまったそうです。私は一度も見たことも無いのですが、そう思っただけで残念でなりません。
スカンジナビア号を保存する会

|
|

« 次世代DVDは今どうなの? | トップページ | 「ちい恋」で検索 »

おくさまは18歳」カテゴリの記事

コメント

>海沼先生や小山さんのほうの心情も考えるように・・、
などからも鬼八郎さんの優しい心が伝わってきます。

友紀さんを好きになって、鬼八郎さんのHPに巡り会って、自分以外の何かを思いやる気持ちが増したような気がします。

友紀さんにはアイドルとして人を引きつける力と人を優しい気持ちにさせてくれる力があります。
(明日のスケッチを読んでそう思いました)

それにつけても早く飛鳥に会いたいなぁ。

投稿: YOHIYOHI | 2007年4月14日 (土) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/14671790

この記事へのトラックバック一覧です: おくさまは18歳を見る その6:

« 次世代DVDは今どうなの? | トップページ | 「ちい恋」で検索 »