« MacとWin・・・Win? | トップページ | CrossOver Mac を試す 再挑戦 »

2007年6月19日 (火)

アメリカ大手のレンタル会社がBlu-ray支持表明

ITmedia Newsやその他のニュースサイトによると、米Blockbusterというアメリカ最大手のレンタルビデオ屋さんが、今後はBlu-ray取扱店を拡大していくと発表したようです。(既存のHD DVD取り扱い店はそのまま継続) 次世代DVDのレンタルでは70%以上がBDとのことで、これはニールセンなどが発表している売り上げ比とだいたい同じくらいの比率でしょうか。レンタルが始まる=普及する(している)ともとれる話なので、ちょっと注目です。

ちなみに日本の最大手のTSUTAYAではまだどちらもレンタルを開始していませんが、BDの販売を行ってるそうです。

保護層が薄くて傷が恐いし、レンタルに向かない、と主張する人も昔はいましたねぇ。ハードコードがあれば回避出来るようですが、一方ではBDの内部が腐食したディスクが出てきたというニュースもあります。昔のLDみたい。どれだけでてきたのか、まだブログ段階?のようで公式にはなんのお話もないようですが・・・

HD DVDは安売りでプレイヤーが売れてるとか(ディスク5枚もらえたり)、装着率では上だとかという話もありましたが、どうなんでしょうねぇ。あまり東芝だけ安くても、それが基準になったら他メーカーが参入しづらいんじゃないでしょうか。また安売りではハードメーカーは立ち上げからDVDと同じことを繰り返すことになりかねません。コンパチもまだまだ高いし。東芝は自分の技術で作り上げたHD DVD だからハードがもうからなくてもいいようにできてるのでしょうか?


ところで、SONYがVAIOやPS3にBDドライブを採用して普及を図っていますが、東芝も得意のノートPC全機種にHD DVDドライブを利用可能して、普及をめざすもようです。(日経ニュース

VAIOのニュ−スでも思いましたが、確かに今デスクトップPCは売れておらず、ノートPCが主流になってきてますが、15.4インチ程度(17も増えたが)でわざわざ次世代DVDを見てもなぁ・・・という人は多いような気がします。確かに綺麗かもしれませんが、DVDでも充分なサイズですよね。その分のコストにお金を出すかというと・・・・まだまだわかりませんねぇ。とりえず、全PCには今更アナログのOUT端子は要らない、絶対要らないのでHDMI端子を必須にしていただきたいと思います。

|
|

« MacとWin・・・Win? | トップページ | CrossOver Mac を試す 再挑戦 »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/15489490

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大手のレンタル会社がBlu-ray支持表明:

« MacとWin・・・Win? | トップページ | CrossOver Mac を試す 再挑戦 »