« 新MacBook Pro 登場 | トップページ | あさひが丘の大統領 »

2007年6月 6日 (水)

ロネッツ

以前録画してあった「ローリングストーン誌50年のベスト100」とかいうNHK BSの番組で流れた貴重な映像を、お気に入りの分だけPCに移動した。ストーンズやボブ・マーリー、他いろいろあったが、一番のお気に入りはザ・ロネッツの「Be My Baby」です。

大好きな歌だったんですが、動いている映像はもしかしたら初めて見たかも知れません。歌は口パクではなく本当に歌ってました(当時は口パクなんてないか?) 全員カツラをつけてるので、ちょっと頭がでかく見えるのだが、これが当時のアメリカの最先端のファッションだったのだろう。(そういえばティナ・ターナーとかもそうでした。)ボーカルの人はベロニカ・ベネットさんというらしく、とても歌がうまいのですが、それ以上に歌ってる表情がとても豊で凄くキュートでちょっとまいりました^_^ いや、もう何度もリピートして見ています!

歌ってる姿や歌声を聞いていて、なんとなく江利チエミさんを思い出してしまった。そんなに彼女のことに詳しくはないが、今まで見てきた映像とかの印象とかぶるのは気のせいか。

|
|

« 新MacBook Pro 登場 | トップページ | あさひが丘の大統領 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ロネッツのビー・マイ・ベイビーですか。これは本当に良い曲です。音が古いせいか幅が無い感がありますが、シュープリームス(本当の発音はサプリームスですよね)の前身のような感じもあります。マーサとバンデラスもそんな感じです。これも又良かったです。
映像は見たことありません。う、うらやましいー。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年6月 6日 (水) 21時15分

発音的には「スプリームス」?でしょうか(Wikipediaより) ダイアナロスですね。超有名曲ですけど「Stop! in the name of love」とか好きです。これも好きで映像も見たことがありますが、今回のロネッツのほうが魅力的でした! モータウンサウンドっていうんですか、この頃の音楽はシンプルだけどステキな曲が多くていいですよね。そういえばパーシー・スレッジという人の名曲「When a man loves a woman(男が女を愛するとき)」も初めて歌ってる人を見ました。曲はメチャクチャ有名なのに。このあたりのオムニバスCDみたいなのがあれば探してみようかな、と思います。

ロネッツをはじめ、ストーンズの無情の世界、ピストルズやイマジンなどテレビ初公開だとのことでした。貴重ですね(もちろん、なんらかの形で市販されたりしたものだと思いますが)

投稿: 鬼八郎 | 2007年6月 6日 (水) 23時17分

スプリームスは中学生の時に流行った「ラブ・チャイルド」が思い出があります。友だちは「恋はあせらず」で騒いでいました。
パーシー・スレッジを知っていましたか。「男が女を愛する時」これは当時から名曲としてほまれ高い曲でした。
無情の世界はフーじゃなかったですか?
ソウルミュージック・ベストヒット60(三枚組)に話題にした曲が殆ど入ってます。これは安物の店で買ったので今は無いんじゃないかな(1993 DAIITI KIKAKU)
あとレンタルでとったものが名曲のオンパレードです。ノック・オン・ウッド、スィート・ソウル・ミュージック、タイトン・アップ、ダンス天国(ウイルソン・ピケット)、マンズ・マンズ・ワールド、リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼアー等
三枚組はロック版もあります。これも馬鹿に出来ませんよ。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年6月 7日 (木) 09時12分

WHOは「無法の世界」ですね。
50年代〜60年代の曲は著作権がどうとかこうとかいろいろあって? 格安のオムニバス版のCDが駅の中で売ってたりしますよね。そこで「アンチェインド・メロディー」「ラストダンスは私に」「朝日のあたる家」など書ききれないほどの名曲の入った1枚を手に入れました。そこには友紀さんがマイコンサートで歌った「この世の果てまで」のオリジナルヴァージョンが入っていたから買ったんですが!! 他にもシリーズがあるようなので要チェックですね!

投稿: 鬼八郎 | 2007年6月 8日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/15328822

この記事へのトラックバック一覧です: ロネッツ:

« 新MacBook Pro 登場 | トップページ | あさひが丘の大統領 »