« QuickTime Player 7.2 | トップページ | PSE »

2007年7月17日 (火)

次世代DVDはすでに消耗戦?

ITmedia
次世代DVD、早くも乱売 実売15万円で激突

HD DVDのパソコンの陣営に「ハードメーカー」の名前が無いのもすごいですね。何を支持するんでしょう。MSのXbox360用外付けドライブはそれほど売れてないようです。東芝のプレイヤーの台数発表では「ゲーム機除く」で圧勝だが、各プレイヤーのディスク装填率(アタッチレート)で圧勝のデータには「ゲーム機含む」という、もう「数のマジック」的な発言はどうなんでしょうか。マスコミは対立をあおるばかりで、そういうところは全然突っ込まないです。

アメリカやヨーロッパの状況はよくは知りませんが(米のニールセンなどのデータでは7:3でBD優勢らしい)、国内に関しては、実際に大手の販売店に行くとわかります。録画ディスクや、映画などのソフトの売り場面積では圧倒的にBDです。(このあいだ都内有名店で探したらHD DVDディスクが置いてなかった・・・)

まあ、消耗戦なのは消費者にはありがたいことですが。PS3はゲームなので赤字なのはわかりますが、東芝が赤字なのはいいんでしょうか? 結局落としどころはマルチドライブに入れてもらっての引き分け狙い。それでもう「勝ったとは言わないが圧勝」という藤井社長のワンダー発言なんでしょうね。

検討しているHD DVDレコ−ダーの新製品は価格的にも対等なところにようやく届きましたが、BD陣営はより進化した2号機が登場する秋以降の年末商戦をすでに見据えているようです。

でも、RDファンが買い支えてる?RD-A600は、BDドライブだったら私も買っていたかもしれません。


まあ、それよりも、今はコピワンがコピテンになるかどうかが気になりますね。私はPCにコピーして編集したい派なので、それは全然関係ないのが残念です。もう3回も10回も変わらない気がしますが、しかしそうなると従来のコピワン機器は対応できないからと、買い控えをおきそうです。

早くPCでもデジタル放送が気軽に録画出来て、したいように編集出来て、BDにサクッと焼ける時代が
来て欲しいですね。DVDを焼くのも初期は何かと不便で面倒でしたが(2時間のMPEG2のエンコードが一晩かかるとか、編集がGOPでしかできない、AC3に対応しない、ドライブが1倍速とか)、今ではそんなことは誰も思いませんよね。

|
|

« QuickTime Player 7.2 | トップページ | PSE »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/15788720

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代DVDはすでに消耗戦?:

« QuickTime Player 7.2 | トップページ | PSE »