« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

アルプスの少女ハイジにはまる

Gyaoで放送?中の「アルプスの少女ハイジ」にすっかりはまってしまい、毎週木曜日の更新が楽しみでなりません。

DVDのBOXを買ってもってるんですが、DVD創世記といってもいいくらい昔に発売されたもので、はっきり言って画質がそれほど良くないです。VHSのような眠たい画質で1層ディスク。フィルム上のゴミ?のようなものもそのままです。初期のDVDの質の低さが思い出されます。Gyaoのほうはさすがに圧縮ノイズは多く、赤や暗い画面は厳しいですが、比較的解像感が高くはっきりした画質です。

さて、お話の方は、あれから叔母のデーテにだまされてフランクフルトに連れてこられて、クララのいるゼーゼマン家に預けられました。・・・まあ、お話は誰でも知ってると思うので書きませんが、今は親切にしてくれたおばあさまが家を去り、ハイジはまた山のことを思い出して泣いています・・・
素晴らしい自然に囲まれたアルムでの生活から一転、石の建物に囲まれ山も見えず、厳しいしつけをされる毎日。最初の16話を使った山での地味ながら正確な生活描写(視聴率が当初はふるわなかった→文部省推薦?だかなんかで次第に上がったらしい)でハイジの成長と自然と生きることの素晴らしさを描いたことが、ここで生きてきています!

ハイジというと、あの「クララが立った!」というシーンばかりが取り上げられますが、このおばあさんとの別れのシーンもグッとくるものがありましたね。

「クララが立った!」のイメージは、90年代にほとんど毎月のように放送された「懐かしのアニメ」番組のせいだと思います。クライマックスシーンの同じシーンだけを毎回放送してましたから。ハイジの場合はクララが立ったシーンばかり。なんなんだったんでしょうね、あれは。ちなみにフランダースの犬では最後の死ぬシーンばかり。フランダースの犬が名作だ、などと言われてますが、このシーンばかり放送したせいではないかな?などとも思います。個人的には好きじゃないんですよ、救われないし希望も無いから。


ハイジの続きが気になって仕方がないのでDVDを見ようかどうか悩んでます。まだ20話くらい残ってるんですが。


なお、絵コンテには当時様々な作品で数々の絵コンテを切っていたというガンダムの富野喜幸監督が参加しており、脚本では友紀さんの18歳シリーズで尾馴染みの佐々木守さんがメーンで書かれていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月23日 (月)

VMware Fusion

いてもたってもいられず、とりあえずもうすぐ正式版が出る予定のVMware FusionのRC1版をDLしてさっそく試してみることにしました。

で、第一印象ですが・・・気のせいかもしれないが、起動が速く、また操作もキビキビしていてかなり快適だ。想像以上のできばえにビックリ。Parallelsよりもグッと好印象!

Parallels と同様にOSX上にあたかもWindowsが動いてるように見せる「Unity」モードもなかなかです。CPUもCore 2 Duoとして認識している。普段もっさりしたWindowsばかり使ってるから、こういうクリーンインストールされた環境だと余計に感じるのかもしれないが、とにかく速い!という印象。それとBootCampパーテーションを開くよりイメージから開いたほうが速い気がする。すぐに比べられるわけではないので感覚でしかないが。

肝心のMPEG2の動画だが、ffdshow+MPCでも快適だった。ただし、全画面モードにしたりすると、とたんにファンが回りだす。また画質も、綺麗に補完されず、編み目のようなガタガタな画質になってしまうのはParalles同様だったが、VMwareのほうが見やすかった。Parallelsの場合は画面の描写がリアルタイムでついてこれず切れ目のようなノイズが出てしまう。明らかに「力不足」だ。

動画はメインには使えないかもしれないが、これならMac OSX上で動くアプリのひとつとしてWindowsを使うのも悪くない。いや、こんなことして遊べるのも今のインテルMacのおかげです。今ならVMware Fusionは安く予約できるので英語版しかないが買いたくなってきた。FireWireの外付けHDDとか用意してそこにイメージファイルを置いて使うのがいいかもしれない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月22日 (日)

MacBook Proを液晶テレビにつなぐ

というわけでやってみました。外部出力用のDVI端子をHDMIに変換して接続。特に問題もなく、綺麗にMacのデスクトップが1920x1080でドットバイドットで映し出されました。ま、すでにWindowsで使っていたので感動は薄いですが、OSXの綺麗なデスクトップはやはりいいですね。OSXの外部ディスプレイの設定は実に簡単で、素人でも悩みません。Windowsはプライマリの設定とかすぐにできなくて一苦労しました。

(余談ですが、Vistaのネットワークは曲者で、今までのXPとはちょっと違ってあせりました。)

試しつでにBootCampのWindowsに切り替えてみたら問題発生。windows側は1920x1080で認識していて、テレビ側も1080Pの信号で受け取ってるのはOSXのときと変わらないのですが、表示がドットバイドットになっておらず、画面の四方が黒く縁取られています。だいたい1440x900で表示してるのか(勝手な予測)???テレビ側の設定で画面をフルに広げることはできるのですが、ドットバイドットではないため、文字などが綺麗に出ません。

なぜだろう? もともとテレビのHDMI端子はDVIを正式にサポートしていないのですが、WindowsデスクトップでもMacでも問題なかったのになぁ。X1600のドライバーの相性なのだろうか?


大画面につないだMacのVLCで見るMPEG2映像は、ノンインターレス設定しないとコーミングノイズが目立って、動きの速いシーンでは見れたものじゃない。デフォではインターレスのままで、ファイルを開くたびに毎回ノンインターレス設定をするのは面倒だし、第一なぜノンインターレス設定を保持できないのか理解に苦しむ。やり方を間違ってるのか? といっても検索しても答えは見つからず。VLCってWindowsでも満足に動かないのだが、これに頼るしかないMac環境もかなり厳しい。

結局使いたいOSもハードもMacなのに、使いたいアプリはwindowsのほうがまだ多い。Bootcampは面倒だし、Parallelsなどはグラフィック環境が弱すぎる(大画面ではMPEG2の映像がきちんと見られなかった)。まだまだWindowsのお世話になるしかないのか・・・・orz CrossOver Macはまだまだのようだし、そういえばVMwareはどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月20日 (金)

AppleとSONYとWindows

Appleファンのサイト、ブログでは、最近のSONYの凋落失敗ネタはだいたいいつも取り上げられている。そしてWalkmanのAAC対応や、iPod対応を発表するとだいたい「敗北宣言?」と取り上げている。

じゃあ、BootCampやWindows対応のSafariやiTunesはアップルのMSに対する敗北宣言ですか?ときいてみたい。(ちょっと「戦略」自体が違うのはわかるけど)

なんとなくそういうネタを読むたびにアップルファンはSONYに何かコンプレックスでもあるのかと思わせるのですが、なんか理由でもあるのだろうか? その関係はなんだか阪神ファンと巨人みたいだ。SONYを好きな人とアップルを好きな人ってどこか近いのかもしれませんね。どちらも説明しづらい魅力があって、興味ない人にはなぜそんな人がいるのか理解できない企業。そんな感じ。


さて、Vistaの普及がなかなか伸びないうちにOSXが知らず知らず少々シェアを伸ばしていたという情報は先日チラリと取り上げましたが、その理由に「Vista」の肥大化を上げてる人がいました。強力な最新スペックを要求されるからと。

そうでしょうか?

ちょっと違うような気もしますね。確かに私も何度か試してみてますが、4年前のペン4の3GHz+GeForce6200では動画でだけちょっと役不足です。しかし、セレロンM1.3/X300/1GBRAM程度の2年前?のノートでは特に不満無く動いてましたよ。で、マックはどうかというと、G4では10.3ではけっこう快適でしたが、10.4Tigerではすでに重くてかなりモッサリでしたよね。Intel化したので高速になりましたが、古いMacでの以降は正直キツイです。さらにメモリにいたってはVistaでは最低1GBで、2GBないと快適じゃないというほどメモリを食う・・なんて話で、金かかるなぁなんていう話題もありますが、でもそれってOSXのTigerとまったく同じこと言ってますから。

では、自分がなぜVistaに完全移行しなかった(実は最近ちょくちょく使っている)か、というと、値段が高いからです。それに見合う進化がない。今まで使ったアプリがすぐに動く気配がなかった。余計なアニメや効果、そしてこれでもかと許可を求めるセキュリティのウザさが主な理由です。まあ、Mac使ってるというのが一番の理由かもしれませんが! レパードのようなワクワク感もなかったんですよね。

まあ、Macは、iPodのハロー効果?もあって、「なんか良くね?」的なノリもあるような気がしますね。そんなんでシェアがあがってもな、とMacファンとしては思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月19日 (木)

MacBook Pro

Macbookpro_1


最近、ようやく日本でもじゃっかんではあるがMacのシェアが上がったという情報が!

で、実は今我が家になんとMacBook Proさんが居たりします^_^ このブログもMacBook Proで書いてます。

早ければ来月にも新デザインのiMacが来ると言われているのに我慢できず・・・! 次期OSのレパードを迎えるべく、64bit対応のCore 2 Duoマシンが欲しかったのです!(その効果が私に必要かどうかはこの際後回し)とともに、とにかくこのシンプルでカッコいい姿はいつか欲しかった!MacBookはどうもオモチャっぽく見えるんですよね。13インチだとやや画面が狭いしそれでいてモバイルとしては重い・・

アップルさんのおかげでとんだ散財なんですが、もちろん新品など買えるほど裕福ではないので、一世代前のしかも整備済み品(つまりB級品)。運が良ければ新品?と思えるものや、表示スペック以上のカスタマイズされたものが来ることもあるそうですが、今回のは標準スペックで使った後がわかりました。(電源部のところにわずかに傷があり、トラクパッドにもかすかながら微妙にテカリ)orz いわゆるハズレっぽいんですよ。前のMacBookのときは箱以外新品にしか見えなかったですけどね。

でもまあ、整備済みを選んだ時点で、中古としても安くあがった(ちょっとだけ思わぬ臨時収入!と値引きクーポンもあった)ので文句はないんですが、とにかく格好良さとともに製品として多少の不満点も。

整備済み品のせいか?HDDがガリガリと煩いです。これはかなり気になって仕方がない!(MacBookはメチャクチャ静か!) まあ、HDDの問題で仕方がないですが、静かなものに替えたくなってきました。それと、液晶は最悪ですね。とても「Pro」とは思えない。どの角度で見てもコントラストが上辺と中央で違っていてかなり気になる。顔の位置が少しずれるだけで、色ムラが移動するから気になって仕方がない。また白い部分では「裏からライトあたってます」みたいな透け方なんで安っぽく感じます。Mac系の雑誌でも散々言われてますが、これは値段からすると確かにちょっとひどい。これは店頭では「欲しいゾ」モードで気になりませんでしたが、いざ購入してみるとかなり気になってしまう。整備品だからとは思えず、あまりいい印象のなかったMacBookの液晶のほうが断然良く見えますよorz

キーボードはストロークが短く、タッチはかなり軽い。これも好みや慣れだと思いますが、アップルキーボードやMacBookとも全然違う。

さて、デスクトップも真っ青のCore2 Duoなんですが、ちょっと重い作業に入るとファンが全開!ゴーゴーと回りだしてとてもうるさい! まあ、ノートだし、超薄型デザインのせいもあって、ある程度は仕方がないんだけどね。相変わらず動画では気が散るし、BootCampでWindowsを試したら、起動したときから全開に回ってるのはWindowsらしいかも^^;

不満点ばかりのようですが、まあ、それだけ気に入ってるので小さなことも気になるのです。メモリも安いので2GB入れときました。個人的には、FireWire800なんて要らないのでUSBがもう一個欲しいな。

結論としては・・・モバイルするなら最高のマシンのひとつだけど(サイズ重量除く)・・・・モバイル用途でなければ絶対 iMac 買っとけ!ということでしょう。静かで速い。そして安い。20以上なら液晶も綺麗で不満点はほとんどない!(しいて言えばアゴくらいか) 

さて、そのアゴも無くなるらしい「新iMac」どうしよかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月18日 (水)

PSE

PSE法が施行されてしばらくたちましたね。いろいろ言いたいことがあったわけですが、結局こんな結果に・・・

ITmedia「国のミスに振り回された中古店」

結局、年金の問題もそうですが、彼らはミスしても何にもないんですね。ボーナスももらえるし。今回は謝罪しただけいいかもしれない。誰が見てもおかしいことを上塗りするようにどんどんミスを犯す。何かあったら税金で解決。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年7月17日 (火)

次世代DVDはすでに消耗戦?

ITmedia
次世代DVD、早くも乱売 実売15万円で激突

HD DVDのパソコンの陣営に「ハードメーカー」の名前が無いのもすごいですね。何を支持するんでしょう。MSのXbox360用外付けドライブはそれほど売れてないようです。東芝のプレイヤーの台数発表では「ゲーム機除く」で圧勝だが、各プレイヤーのディスク装填率(アタッチレート)で圧勝のデータには「ゲーム機含む」という、もう「数のマジック」的な発言はどうなんでしょうか。マスコミは対立をあおるばかりで、そういうところは全然突っ込まないです。

アメリカやヨーロッパの状況はよくは知りませんが(米のニールセンなどのデータでは7:3でBD優勢らしい)、国内に関しては、実際に大手の販売店に行くとわかります。録画ディスクや、映画などのソフトの売り場面積では圧倒的にBDです。(このあいだ都内有名店で探したらHD DVDディスクが置いてなかった・・・)

まあ、消耗戦なのは消費者にはありがたいことですが。PS3はゲームなので赤字なのはわかりますが、東芝が赤字なのはいいんでしょうか? 結局落としどころはマルチドライブに入れてもらっての引き分け狙い。それでもう「勝ったとは言わないが圧勝」という藤井社長のワンダー発言なんでしょうね。

検討しているHD DVDレコ−ダーの新製品は価格的にも対等なところにようやく届きましたが、BD陣営はより進化した2号機が登場する秋以降の年末商戦をすでに見据えているようです。

でも、RDファンが買い支えてる?RD-A600は、BDドライブだったら私も買っていたかもしれません。


まあ、それよりも、今はコピワンがコピテンになるかどうかが気になりますね。私はPCにコピーして編集したい派なので、それは全然関係ないのが残念です。もう3回も10回も変わらない気がしますが、しかしそうなると従来のコピワン機器は対応できないからと、買い控えをおきそうです。

早くPCでもデジタル放送が気軽に録画出来て、したいように編集出来て、BDにサクッと焼ける時代が
来て欲しいですね。DVDを焼くのも初期は何かと不便で面倒でしたが(2時間のMPEG2のエンコードが一晩かかるとか、編集がGOPでしかできない、AC3に対応しない、ドライブが1倍速とか)、今ではそんなことは誰も思いませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月14日 (土)

QuickTime Player 7.2

QuickTime Player が7.2にヴァージョンンアップし、ようやく無料版で「全画面表示」に対応しました。

WIndowsのようにウィンドウ自体が全画面になる必要はこの大画面時代にまったく必要とは思わないが、映像プレイヤーには必須だったと思う。けどアップルさんは全然対応してくれず、そのためには金を払え、という始末でした。

ま、そんなことだけで金を払う人などいないし、このままではWindowsの世界でも「使えない」レッテルを貼られたままになりそうだったので、ここでようやく対応してくれたのかもしれません。・・・というのはちょっとうがった見方でしょうか。まあ、「重いけどH.264のMP4再生のため」くらいしか取り柄もなく、H.264ならffdshow+MPCとか、QuickTimeファイルに便利な「QuickTime Alternative」というMPC用プラグインがある(Pro版でもないのにファイルのダウンロードにも対応する)ので、Windowsユ−ザーにとっては「iTunesのおまけ」「携帯動画変換くんに必須」くらいの価値かもしれません。

ただ、Macに関しては、これ以上に使えるプレイヤーが無いといってもいいくらいで、動作も軽快で、PerianとかFlip4Macがあればほぼ他の必要性を感じません。ただひとつの欠点・・・何度も言って恐縮ですが・・・AC3音声のMPEG2に対応できないことだけです(iDVDがインストールされてるにも関わらずコーデックを呼び出さない)。

個人的には、iTunesともっと連動し、動画ファイル管理機能が充実し、MSのWMP11以上の機能を追加して欲しいと思います。ファイルのダブルクリックからはQuickTimeで軽快に起動、管理はiTunesという具合で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月11日 (水)

ハイジと、映画の動画配信

Gyao(BANDAI Kids)でハイジを見るのがなんとなく楽しみなんですが、本当に面白い。見るのは何年ぶりかわからず、細かい記憶もあいまいです。スイスの山小屋での日常の描写(私が見たところはまだフランクフルトに行ってないので)がどうしてこんなに面白いのか。貧しくても自然に囲まれてけなげに暮らすハイジが泣かせる。今見ると話の中ではあえて省略されてるアルムおんじの過去や、原作にあった宗教観などをwikiで知りました。

他に何か面白い物はないか探しているとniftyの動画では、「風と共に去りぬ」「汚名」「 誰がために鐘は鳴る」「カサブランカ」といった、誰も知ってる名画を無料で配信中だった。すごいなぁ、無料だなんて。古い映画は著作権とか安いんだろうか。

なんだかネットの世界は動画動画と、いつのまにかすごいことになってきてるのかもしれないなぁ。YouTubeに始まり、自分で動画をアップできるサイトはものすごく増えているし、こうやって動画配信で映画やアニメが見れる(ドラマはなぜかたいした物が無いのは高くつくからだろうか)。

それにしてもMacで対応しないのは相変わらずだが、WindowsでもInternet Exporerしか対応しない(Firefoxでは見れない)のはどうにかなりませんか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Gyaoで今

ルパン三世1stシリ−ズと、アルプスの少女ハイジという、昭和の2大名作アニメを放送中だ。

めったにGyaoとか見ないんですが(Macだとそのまま見れないし)、たまに寝る前とか、時間があいたときにふとWindowsで開いてみたらこんな名作をタダで配信中でした^^

やはり私にとってルパンといえば山田さんの声でグリーンのジャケットの1stシリーズが最高!

また、ハイジは何度見てもあのドラマの中に引き込まれるのが不思議でならない。

この二つの作品は未来永劫、受け継がれていって欲しい。

どちらもDVDあるのに、改めて画質の悪いストリーミングで見てしまう。なぜだろう? 放送とか配信とかと、コレクションを見るのと何が違うのかわからないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月10日 (火)

地獄の沙汰もヨメ次第

予告を見て「ダブルキッチン」みたいなもの?って思って録画しておいたのですが、ようやく今夜第一話を見たのですが・・・・・見たら「ダブルキッチン」そのもの。検索してみたら、脚本家が同じとか。

主役以外の主要な出演者もほぼ同じだった。

あえて、今これをセルフリメイクする意味は?

山口智子さんてって凄く魅力的だったなぁと思い出される・・・・


ひさしぶりに見ていて腹が立つ内容(リメイクかどうかとは別問題で、姑のやり方に)だったので思わず途中で見るのを止めて消去してしまいました orz

ああいうキャラって大嫌いで見ていてムカついちゃうんですよ。そこが多分このドラマの面白いところなんでしょうが、自分には合いませんでした。ドラマでストレス貯めたくないのでそうそうにリタイアです。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月 4日 (水)

西村京太郎トラベルミステリー

「西村京太郎トラベルミステリー」といえば、ドラえもん刑事こと、愛川 欽也さん演じる亀井刑事がメインのテレビ朝日の土曜ワイド劇場。ちなみにおなじくらい長寿シリーズとなっているTBSの「西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ」もありますね。渡瀬恒彦さん演じる十津川警部は大変魅力的なのですが、最初のほうから見てなかったため、自然と自分の「見るリスト」から外してしまって、ほとんど見てないんですよね。もったいなかったですね。今後は注目していこうかな、と思いますが。

さて、テレ朝チャンネルで放送中の西村京太郎トラベルミステリー」。このシリーズは大好きでほとんど欠かさず見ているような気がします。再放送開始の1〜3作までは以前見たのですが、かなり今と雰囲気が違いますね。森本レオさん演じる西本刑事もいなかったし。なんかこう、暗い^^; 81年放送開始ということで、記憶の中では、70年代くらいからやってそうな印象でした。

今夜見たのは、第11作 阿蘇殺人ルート(1987年7月4日)。山口果林さんがとても美しく、ちょっとやられました。ステキな女優さんでしたが、こんなに色っぽくて綺麗な人でしたっけ?とちょっと興奮! 思わず、犯人なのに助けてあげたくなってしまいました。そんな登場人物もいましたは、まさに「この人のためなら!」という不幸で美しい人。いや、見て良かったです。DVDにとっておこうと思います。

(※あと、シリーズにかかせないおなじみのレギュラー山村紅葉さんが、若くて初々しい!しかもかなり痩せてる!これにはかなりビックリしてしまいました。すみません!)

必ず、犯人は想い出の地「ふるさと」とかの観光名所で最後の告白をするのはサスペンスの定番。自殺させてあげてよ、と思わず亀井刑事にお願いしたいところだが、この手のサスペンスはだいたい最後は観念して自白して捕まるのが定番。金田一耕助シリーズが最後は自害して終わるのが多いのと対照的です。

このシリーズはいつも亀井刑事の粘り強い捜査と、犯人の過去からくる犯罪に暖かい心で告白させていくところが見所。しかし愛川さんが高齢になって、メインを高橋英樹さん演じる十津川警部に移ってからはそのあたりが無くなってしまい残念。一時期は、鉄道を使ったトリックも影を潜めてしまって、「これ本当に十津川警部ドラマ?」と思わせるものも多かったのですが、最近は再びその辺は戻っているので楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »