« 「相棒」にはまる | トップページ | We'll be back soon! »

2007年8月 4日 (土)

阿久悠さんを偲ぶ

先日亡くなられた大作詞家阿久悠さんの特番がNHKでありましたので録画して見ました。

とにかく昭和歌謡の名曲のオンパレード。もう名曲と言われる歌は全部阿久悠さんが書いてたんじゃないかというくらいだった。

それでも特に印象に残ったのは、やはり特に大好きな2曲、ペドロ&カプリシャスの「ジョニィへの伝言」と堺正章さんの「街の灯り」だ。「ジョニィって誰? 外人?」みたいな昭和無国籍ポップスみたいな感じが大好きだ。いつもの紅白の映像だったが、当時の楽器の音の良さ(エレキギターの太いトーンが素晴らしい)と、謎のタンバリンの男がよくわからないけどカッコいいです。

阿久悠さんといえば、やはり歌詞の力強さが魅力だと思う。そういえば、言葉を繰り返すのも得意でしすよね。「ウララウララーウラウラデー」「ブ−メランブ−メランブ−メランブ−メラン」とか。友紀さんの歌でも大好きな愛々時代でも「アイアイアイアアイアイ」とかね。言葉遊びだとおもうんですけどそれがとても効果的。(そういえばLP「海岸通の喫茶店」も多くの曲を手がけてるんですね)

あと、阿久悠さんはシンガーソングライターについて「彼らは自分のまわり5mの中の事しか書かない」(そんな内容だったと記憶)とおっしゃってたそうだ。彼らは、それで良かっただろうし、それ以上望んでもなかっだろうが、さすが作詞のプロ中のプロの言葉だな、と思いました。

とにかく、凄い人だったんですね。

|
|

« 「相棒」にはまる | トップページ | We'll be back soon! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

阿久悠さんの秘蔵っ子って伊藤咲子さんだったんですね。この放送のことはサッコの公式ホームページに載っていました。
阿久悠さんは鬼八郎さんのおっしゃるとおり、ヒット曲は全部作詞していたんじゃないかと思うくらいです。

フォーク関係の批判はその通りです。当時、拓郎は自分のことしか歌ってないのを、今になってしりましたが、その時はそれが心地良かった思いがありました。ただそれが時間を経過したら色褪せたものになったということでしょう。
フォークルを今でも聴けるのは、あまり政治、社会批判しない音楽だったからでしょう。
歌謡曲はいつまでも聴ける内容で、長い目でみればこちらの方が上だったのかな。アイドルの方が上だったのかな。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年8月 4日 (土) 21時07分

伊藤咲子さんの歌のシーンもありましたね。曲名忘れましたが「君可愛いね〜♪」っていう歌。ハキハキしていて元気がよくて歌がうまくて好きですねぇ。 個人的には、フォークの歌詞もだめではなく、いい悪いではなく、好きなら歌謡曲だろうがなんでもいいと思います。自分のまわりのことだから共感した人も多いのでしょう。ただ、阿久悠さんの曲をいくつも見ていてプロってすごいな、と思いました。

関係ないですが、ロックのレコードやCDの日本盤についてくる訳詞でけっこうひどいものが多くて「なんなんだ?」と思います。別に私が英語ができる、ということではなく^^; 訳詞を読んでも意味がまったくわからないことですよ! そりゃ意訳も難しいでしょうが。外人ってこんな訳分けわからないこと歌ってるのか?と以前はマジで思ってましたが、実は本当にダメな歌詞なのかもしれないけどね!?

投稿: 鬼八郎 | 2007年8月 5日 (日) 01時52分

サッコの歌は「きみ可愛いね」です。記憶では一番ヒットした曲ですが、公式HP人気ランクでは五位で、一位は「乙女のワルツ」です。
友紀さんの人気ランクもみたいです。

訳詞は友紀さんはうまいですね。「サインはピース」はそういう詞だったのかと、もとの歌ではなく友紀さんの歌が好きになったし「この世の果てまで」も同様です。あのライブは友紀さん訳詞が多いですが、全部高水準です。

フォーク系は今の自分にはあわなくなって来ています。チョット表現がきつすぎました。反省!

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年8月 5日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/15997960

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久悠さんを偲ぶ:

« 「相棒」にはまる | トップページ | We'll be back soon! »