« ケータイを替えた | トップページ | ドラマ「太陽の涙」 »

2007年8月28日 (火)

ハイジ また会える日まで

ようやく、最終回に到達しました。まあ、時間はあったのですが、なんとなく見るのをためらっていたので。

例の「クララが立った!」シーンはどちらかというと冷めた目で見てしまったのは、やはり「懐かしのアニメ〜名場面集」的な番組で繰り返し放送されすぎたせいかもしれません。最終回で、パパやおばあさまの前で歩いてみせたときのほうが数百倍感動。さらに別れの場面。クララが山や丸い窓、樅の木に別れを告げ、そして来年の春に再会を約束して別れるハイジとペーターとクララ・・・。やっぱりちょっとウルッときました。

クララがアルムにきてからは、話がクララ中心でハイジの活躍が少ない気がしますので、どちらかというとフランクフルト編と、帰ってきた頃や冬のお話のほうが好きでした。


この後は・・・どうなったかはわかりません。その後の話は、原作者と違う人が書いてるようですね。
詳しくはファンサイト(深いです)にいろいろ情報がありました。
ハイジ大百科
HEIDI PAGE
ハイジは1880年生まれだから生きていたらもう130歳近いんですね。

地元の人が見ても違和感なく作られていたという念密な描写と、大自然に生きるハイジの魅力が素晴らしかった。原作にあった宗教観は排除されていたらしいが、なんとなく感じとれる気がしたというか、人として大切な物が学べる作品だったように思う。すごいな、名作劇場は。


3年前に放送された「BSアニメ夜話」を見直しました。みんな溶けるヤギのチーズが好きらしい。オタク評論家の岡田斗司夫さんも私と同じように考えていた(懐かしの〜的な番組の影響とか)。

5年前に放送された「世界ふしぎ発見」も見ました。舞台になったスイスからクエスチョン。観光地?となってるハイジが暮らしたアルムの山の映像が見物です。ミステリーハンターのお姉さん同様、ハイジの世界が架空の物語(しかもアニメ)ということを忘れます。
(写真は上記のファンサイトにもあります)

|
|

« ケータイを替えた | トップページ | ドラマ「太陽の涙」 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16266275

この記事へのトラックバック一覧です: ハイジ また会える日まで:

« ケータイを替えた | トップページ | ドラマ「太陽の涙」 »