« SONYがBDレコーダー発表 | トップページ | ドラマ「太陽の涙」がじれったい »

2007年9月17日 (月)

ヒクソンひさしぶり

今夜のHERO'Sは、けっこう面白かったですね。やはり視聴率狙いの素人よりも実力者が出てくると面白い。谷川プロデューサーも、今後は視聴率狙いでなく、格闘技の将来のためにも「PRIDE」のような実力者主義で行く、みたいなことを言っていたので期待が持てます。

さて、ヒクソンが弟子のセコンドとしてやってきました。あの船木戦からもう7年なんですね。はやいなぁ。日本人と試合してもいい(桜庭、船木あたりか)と前向きなようですが、当の桜庭選手相手に現役復活を果たした船木選手の立場は・・・・

ヒクソンは400戦無敗の伝説の人ですが(日本で数試合したらいつのまにか450戦に増えてて笑った)、いろいろオファーがあるでしょうが、やっぱり日本を選ぶでしょう。

まず、ヒクソンが柔術家として最強の人のひとりというのは誰もが認めることでしょう(あまり多彩な技を見たことはありませんが戦術や精神的にたけている)。しかし、彼のいない間に総合格闘技は進化し、グレイシー柔術は研究しつくされ過去の物になってしまったこと。このところ柔術ファイターが勝てないのを見てていてもわかります。今やストライカーを中心として寝技も出来る総合力が問われる時代になり(ヒョードルもそうだし、マットヒューズとか、今回のJZカルバンのような)、打撃が出来ないヒクソンがUFCで勝てる訳がない、と私は思いますし、本人も思ってるのではないでしょうか?

そこで、「安全パイ」でありながら自分の名声を守れて金が稼げる格闘大国ニッポンです。ヒクソンが今まで誰に勝ちましたか? 道場破りに来た200%男、まだ新米だった山本ヨシヒサさん、総合経験の浅い高田伸彦さん、船木選手です。前田選手とは体格が違いすぎて(?)契約寸前で戦いを避けたようですが。U系レスラーばかりで、総合で有名な人はいません。今回のグレイシーハンター桜庭選手との試合が決まったら楽しみですけど、一時の勢いはありませんから心配です。

しかし、弟子の選手のあのねちっこいガブリより戦法が、昔の「つまらない」グレーシーを思い出して、ちょっと懐かしかったです。最後なぜか打撃でいどんでミノワマンに負けてしまいましたが、あれ、大失敗でしょ? ミスをしたほうが負けるというヒクソンの教え通りです。

|
|

« SONYがBDレコーダー発表 | トップページ | ドラマ「太陽の涙」がじれったい »

格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16481681

この記事へのトラックバック一覧です: ヒクソンひさしぶり:

« SONYがBDレコーダー発表 | トップページ | ドラマ「太陽の涙」がじれったい »