« 有閑倶楽部 | トップページ | ヒクソンひさしぶり »

2007年9月12日 (水)

SONYがBDレコーダー発表

Bdzx90


安倍総理が辞意というビッグニュースにかき消されそうですが(SONYの発表っていつもタイミング悪い気がする)、BDレコの新製品が発表になりました。

AV WATCH記事
IT Media記事

先日取り上げた本田雅一氏の記事通りにH.264のトランスコーダ内蔵モデル(記事とは違って全モデルで採用)で、今度はようやく2層のBDに対応です。まあ、カンタンに言うと高画質をある程度キープしたまま再エンコードして録画する「長時間モード」ですね。最長のモードでどのくらいの画質がキープできるのか興味津々ですが、期待したいものです。また、コピーワンスを9回までとなるらしい(あまり意味が無いことだと私は思う)CPRMには将来のアップデートで対応するようですが、先日発表された有機色素のBD-R LTH対応はどうなるんでしょうか? (といってもそれが出る頃には今の無機色素BD-Rのほうも安くなってる気がしますが、保存にはDVD-RAM、RWでも使ってる無機色素のほうがいいんでは?)

まあ、ここまではある程度予想どおりなんですが、ソニーはなんとすべてのラインナップをBDにするそうです(つまりすべて10万以上する!DVDレコの初期を思い出しますね)。それだけ、すでに次世代に本腰を入れるつもりなんでしょう。普及しだすのは来年以降かなと、思ってるんですが、それだけ現行のDVDレコーダーでは価格が下落しすぎて儲からないのかもしれません。

後は、ライバルの松下、シャープのBDレコーダーがどう出てくるかですね。

プレイヤーの価格下落真っ最中のHD DVDを推進している東芝も早くH.264エンコーダー搭載レコーダーを出さないといけませんね。RD-A600などは機能はいいのに東芝の期待通りには(やっぱり)売れてないようです。容量の少なさと参入メーカーの少なさから日本では厳しい状態なんでしょう。H.264エンコができれば容量的な問題もクリアされるので(これは発売前から言われていたことですが、ようやく目処がたつか・・・?)これは必須の機能ですから。これさえあれば弱点を完全克服とまではいいませんが(やっぱ基本は画質のいいTS録画がいいに決まってる!)、けっこう魅力的だと思うんです。個人的には他社製BDドライブ搭載のRDがいいな、とは思ってるし。しかし年内は間に合うんでしょうか。

結局パラマウントのHD DVD支持により北米では一時的に息を吹き返したようで、もうHD DVDが完全消滅することは無いのではないでしょうか。将来的には、容量が少なく発表どおりに価格が下がらないHD DVDの記録タイプはほぼ姿を消し、BD/HD DVD再生対応BD記録ドライブが主流になるんでは?(何年か後に東芝と松下で、お互いを採用せざるを得ないみたいな、DVD-RAMとDVD+Rみたいな状況がきそう)と私は予測してるんですが、数年後にはどうなるんでしょうね?

しかし、転送レートも再大容量も低い(立ち上げて間もないないフォーマットなのにすでにめいっぱいで足りない)次世代メディアを「安いから」という理由で選択する映画会社の姿勢ってどうなの?と思う。私は「市場を大切に育てる」と言った映画会社のほうが好きだなぁ(持ってる映画は別ですけどね)

|
|

« 有閑倶楽部 | トップページ | ヒクソンひさしぶり »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16424382

この記事へのトラックバック一覧です: SONYがBDレコーダー発表:

« 有閑倶楽部 | トップページ | ヒクソンひさしぶり »