« 松下がブルーレイ・レコーダー新製品発表 | トップページ | 相棒でも面白くない話もある »

2007年10月 8日 (月)

CEATECでは

HD DVD対ブルーレイが相変わらず戦っているが、ブルーレイのほうが余裕があるように見えた(すでに国内では終戦というか、不戦勝発言もあったがw)。

相変わらず自分たちに都合のいい数字だけをならべている。HD DVDプレイヤーが圧勝で売れてアタッチレートは8倍もあるのに、なんでソフトの売り上げはブルーレイが勝ってるんだ??? HD DVDを支持してるグラフの中でブルーレイも支持してるメーカーが含まれていたりとか。

記者はなぜそういうところを突っ込まないんだろう?発表をそのまま掲載するのなら誰だってできそう。広告費とかもらえなくなるからかな?

期待の東芝DM社 藤井美英社長も今回は迷台詞無しで肩すかし。逆にちょっと自虐的なのか何なのか「パラマウントがHD DVDをエクスクルーシブ(独占)でサポートすることを表明し、BDをお買い求めいただいた方に申し訳ない。」「私は映画ファンでないが云々」という煽りのような問題発言はあったが、これダメでしょう?映画ファンを敵にしてますよ。

ニューヨークタイムズでの報道によると「お金」でパラマウントが動いたという話だそうだが、(否定したのはマイクロソフトのみだが、間接的にはサポートしてるのではないかという推測もあり、東芝は肯定も否定もしてなかったように思う。松下も、「そういうことがあったようだ」と認めたような発言があったらしいが、もちろんネット上の情報なので・・・)、もしそうなら、これほんと嫌な発言ですよね。

インプレスAV WATCH
CEATEC JAPAN 2007【HD DVD基調講演】
CEATEC JAPAN 2007【Blu-ray Disc基調講演】

BDAのメンバーはみんなDVDフォーラムのメンバーだということはどういうことなのか、逆に東芝に聞きたい。というか東芝も誘われたのに寸前で断ったそうじゃないか。結局DVD利権(?)から離れられない東芝と家電に食い込みたいMSと言われている図式が今後も続くんですか。東芝さんは、録画はHDDかフラッシュメモリと言い切ってるので、もうHD DVDはアメリカでROMだけ残ってくれれば良し、という筋書きでしょうか。


しかし、ハイビジョンラバーの麻倉怜士さん、相変わらずですね!もうさすがっ!
 藤井さんに変わって名言が出ました!

「ダビング10はコピーワンスが10回になっただけ。ダメが10倍になっただけ」

そのとおりだと思います。つまり、今録画した物は、あと10年、20年先にくるであろうブルーレイ、もしくはHD DVDの次の世代のメディアには移せない、機械が壊れたらもう見れないんですよ。VHSをDVDに移したようなことはもうできないんです。ちなみにHD DVDが売りにしているDVDからHD DVDに再エンコ無しの移動だって今現在コピワンがあったらできないし。将来コピワンを無視してムーブして良い(別のDRMが出てくる?)、という制度ができない限り、プレイヤーが無くなった時点でもうあきらめて捨てるしかないんです。

ダメなのはコピーではなくて、ネットにアップロードしたり、海賊品を売る行為であって、個人の範囲でバックアップやモバイル用のファイルを作る行為ではないと思う。さらにHDDからも録画補償金をとろうなんて話を持ち出してるのは一体誰なんだろう。


----------
(追記)
ユニバーサルが「豊富なカタログタイトルをアピール」としている画像の中にはスピルバーグ作品が含まれてますが、これらのタイトルがHD DVDで出る予定は無いようです。以前にもかってに発表して、スピルバーグ側からクレームが入ったのにも関わらず同じことを繰り返すのは、もう知っててわざとやってるとしか思えません。

しかし、松下の人のパラマウントへの一言(売れてなかったら影響は無いと)もどうかと思いますが、裏切られたことが相当頭にきたんでしょうね。ブルーレイは商売にならない、と認めてしまうような発言ともとれてしまう。パラマウントだって1年半後には帰ってくるかもしれないのに。寝耳に水だったパラマウントジャパンだってHD DVDなんか支持したくなかったと思いますよ。シェア5%しかないんじゃ。


(追記2)
デジタルでのコピーはダメですが、アナログ接続でのダビングは許可される方向のようですので、上記で「VHSをDVDに移したようなことはもうできないんです。」と言ったことは無くなるかも知れません。ただし、あくまでアナログ経由のSD品質へのダビングですので、ハイビジョンのままではダビングできません。D3端子やコンポーネント入力でHD録画出来る物が「基本的には」ないため。(一部PC用のキャプチャボードがありますが、グレーゾーン的)。また、元がSD品質のときは、それほど気にしなくてもいいのかもしれませんが、高いレートで録画しないと劣化が目につく可能性もあるということです。

しかし、コピーとダビングは似て非なるものなので、そこんところきちんと言葉を分けて欲しいんですが。

AV Watch「地デジ録画の新ルール名を「ダビング10」に統一 −アナログ出力は「コピー可」に」


-----------
(追記3)
全然訳分からないんですが、やっぱりアナログ経由でも孫は出来ないようです。
Phile WeB「JEITAに聞く「コピーナイン」の真実(前編)」

何がなんだかわかりません。こんなので運用して混乱は無いんですか?

もう何枚コピーが作れるかなんてどうでもよくて、孫を作って将来も見れるかどうかが重要なんですが、日本では放送局が許してくれるはずもないんですね。その点においてはもしかしたらVHSが最強かもしれません。

|
|

« 松下がブルーレイ・レコーダー新製品発表 | トップページ | 相棒でも面白くない話もある »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

今まであまり深く考えたことがなかったんですが、管理人さんの「VHSをDVDに移したようなことはもうできないんです」の言葉を見て納得。我が家もVHSをDVDに移しまくって、現在、我が家にVHSのテープは1本もありません。コピーワンスがだめだということが今初めて納得できました。ありがとうございます。コピーワンス反対!

投稿: Mr.S | 2007年10月 8日 (月) 03時28分

何か段々不便な世の中になっていく気がします。
テープでも今のDVDでも不自由はないと思いますよ。
映像もそんなに鮮明でなくてもいいんじゃないですか?
昔なんか白黒でも十分だったのですから。
贅沢過ぎるんじゃないですか。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年10月 8日 (月) 22時42分

毎日がYukiYukiさん、DVDでも結局2011年には地上アナログ波が無くなったらデジタル放送しかなくなりコピワンなわけで、不便は同じです。VHSを使い続けるのもどうかな、と思うし^^;

投稿: 鬼八郎 | 2007年10月 9日 (火) 21時22分

Mr.Sさんへ

コピーはダメですがアナログ入出力でのダビングは許可される方向のようですので、一応追記に入れておきました。訂正しておきます。

投稿: 鬼八郎 | 2007年10月10日 (水) 01時23分

>アナログ入出力でのダビングは許可される方向

この点、デジタル録画機器では以降の世代更新は認められないとされています。
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/column/20070823/1002183/
(アナログ接続経由のコピーは回数制限なし
複製先ではこれ以上コピー禁止)
つまり今の現行DVDといった、複製世代制限できるデジタル記録媒体の場合には、コピーワンス運用と何も変わらないと思います。

今回、新たなメリットであるかのように言われているのは、3in1機種で、デジタル放送を録画したHDD(コピーネバー扱い)から内蔵VHSへの、ダビング自体を禁じていた機種が結構あったのが理由です。

この実装には、DMR-EX200Vという例外がありましたから、実はルール変更する程では無い実装上の問題でしょう。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050901/pana1.htm
>デジタル放送の直接録画はできない。
>デジタル放送をHDDなどに録画し、
>ダビングでのみVHSに記録することができる。
>なお、その際はムーブではなくダビングとなり、
>HDDにコピーワンスコンテンツは残る。

投稿: TS | 2007年10月10日 (水) 01時54分

TSさん、ありがとうございます。私もなんだか混乱しています。「内蔵VHSへの、ダビング自体を禁じていた」なんて持ってなかったので知りませんでした。結局孫はできないというこで・・・・「ダメが10倍」というのは変わらないのですね。

投稿: 鬼八郎 | 2007年10月10日 (水) 18時18分

難しい話はよくわからないんですが、とにかく私たちの自由にならないということだけはわかります。いいものは大切にいつまでも残しておきたい、それだけのことなんですよね。

投稿: Mr.S | 2007年10月10日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16692640

この記事へのトラックバック一覧です: CEATECでは:

« 松下がブルーレイ・レコーダー新製品発表 | トップページ | 相棒でも面白くない話もある »