« CEATECでは | トップページ | 俺たちの旅を録画し直す »

2007年10月10日 (水)

相棒でも面白くない話もある

タイトル通り。

ここまでずっと見てきましたが、つまらない話もチラホラあるんですが、今回の「Wの悲喜劇」は今まで見てきたなかで一番面白くなかった orz 

思いついたストーリー(太ってトイレの座椅子を割って、トイレにはまって抜けなくなった妻が餓死する殺人)をいかすために、ちょっと無理が。犯人が右京のいうとおりに料理して上げるのも不自然。最初の美和子スペシャルの話が面白かっただけにものすごく残念。見ていてイライラしてしまった。Wikiによると輿水泰弘さんの脚本だったようでなんだか残念。視聴率はかなり良かったようです。

まあ、相当数の話数があるので面白いもの、面白くないもの、いろいろあります。3以降はすごく面白いもの、面白くないものの差が激しいが、「いろいろある」のもまた相棒の魅力か。

|
|

« CEATECでは | トップページ | 俺たちの旅を録画し直す »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16722413

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒でも面白くない話もある:

« CEATECでは | トップページ | 俺たちの旅を録画し直す »