« 次期Mac OS 10.6に希望する機能 | トップページ | 動画共有サイト Stage6 »

2007年10月24日 (水)

有閑倶楽部

さて第二回まで終わりましたが・・・

いかがでしょうか。原作はファンの多い名作なだけに、ドラマ化なんて賛否両論でしょう。

私にも、なぜ主人公が松竹梅 魅録で、彼には喜怒哀楽の表情が無いのか?とか、菊正宗 清四郎がふけ顔でないので貫禄がなく、なんとなくひ弱そうな役が似合いそうとか、金髪美童がかなり和風テイストだとか、白鹿 野梨子の身長がやたら高いとか、いろいろいいたい事はありますよ。
ただ、「アイドルドラマ」として作ってるわけで、そこに突っ込んでもどうしようもなく(原作者もOK出したわけだし)。そこを分けてみることができるかどうかにかかってるようです。個人的にはいい配役(特に女性3人)だと思いますけど。まあ、これからもっと良くなると期待します。

話の内容は、まあ、原作自体あんな感じですので実写にしたらやばいかもって思える内容だから、実際見るとやっぱり懐かしの「月曜ドラマランド」風というかB級なつくりを今のドラマ風に飾ってある感じ。でもそれでいいんじゃないでしょうか。

さて、このドラマは「剣菱 悠理」にかかってると前回書きましたが、かなり私としては好評価! いろいろネット上の評判もよろしいようです。中の人は「美波」さんというハーフの女優さんらしいです(あまり知らないもので)ね。あの目の感じは、原作マンガの悠理の目の感じを出すのに合ってるように思う。一条ゆかりの書く目はいつも線が多く濃い縁取りになるので、ああなるんでしょう。ちょっとお顔が大人っぽ過ぎるのですが(まあこれは他数人もそう見える)、悠理がやってることは子供なのでなんとかおさまってる感じ。ただ、「食い過ぎだろ?」と実写にしちゃうと気になります。


さて、あのような展開に脱落してしまった原作ファンの方々が行き着くのは裏の「スワンの馬鹿〜小遣い3万円の恋〜」ではないでしょうか。

実は有閑倶楽部の裏でこちらも「なんとなく」録画しておいたのですが、意外といっては失礼ですが、面白いんです。内容は使い古された感じで、「こんなドラマ前にも何個か見たような・・・」といえるオーソドックスな中年サラリーマンのお話。妻子供がいて良きパパであり、昔はスポーツで栄光をつかんだこともある2枚目で、部下からの信望も熱いが、上司や仕事で苦労する。そこに若いステキなマドンナが現れ、関わっていく・・・という感じ。マドンナ役の人、もっとガンバレ!ってところもあるんですが、地味に面白いです。有閑倶楽部よりも次回が楽しみですね。(有閑倶楽部は見るのにちょっと勇気がいるのだ)

|
|

« 次期Mac OS 10.6に希望する機能 | トップページ | 動画共有サイト Stage6 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

スワン・・、私も観てます。
これ、おもしろいです。
今日(正確には昨日)も、大変に面白かった。
確かに、どこかで観たようなシチュエーションですが、

上川隆也さんは、仲代達也さんとの「大地の子」やキンキキッズ堂本剛さんとの「青の時代」での演技があまりに素晴らしくて記憶に残っている俳優さんです。

投稿: YOHIYOHI | 2007年10月24日 (水) 00時41分

YOHIYOHIさんもご覧になってますか^^ あの大人の男にも使えない大きなクリップはギャグでしょうか?^^; 本当に製品としてあるのかな?

投稿: 鬼八郎 | 2007年10月24日 (水) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/16854083

この記事へのトラックバック一覧です: 有閑倶楽部:

« 次期Mac OS 10.6に希望する機能 | トップページ | 動画共有サイト Stage6 »