« 松田聖子「風立ちぬ」時代 | トップページ | アルプスの少女ハイジ メモリアルボックス »

2007年11月13日 (火)

松田聖子「Pineapple」と「Candy」

Pineapple
「Pineapple」

「風立ちぬ」に続くアルバムはこの「Pineapple」。完全に歌が初期の力技ではなく、やさしく表情を大切にした歌唱法をモノにしていますね。アルバムの1曲目というの大事だ、といろんなところで書いてるのですが、この「 P・R・E・S・E・N・T」のイントロの爽やかさといったら無い! 近年のライブでもオープニングに使われたらしいが、これは盛り上がるでしょう。ライン録りのギターが、当時の最先端のスタジオ録音らしくて、今聴くと古く感じるというか、逆に新鮮かもしれません。

全体には、楽曲的にはあまり新しさを感じないのだが、全体が暖かくゆったりとしていて心地よい曲が多いのが特徴かもしれません。「Love Song」などは以前の彼女には歌えなかったかも。「ピンクのスクーター」「レモネードの夏」などの可愛らしい曲が私の好み。「水色の朝」「Sunset Beach」といった名曲もあり、ちょっと大人になったのかな、と思わせてくれる。そういえば、トレードマークの聖子ちゃんカットも止めて短くしたんだっけ。


Candy
「Candy」

前作「Pineapple」が夏なら、これは冬。だいたい「Pineapple」と路線は同じです。いつも発売する季節に合わせたアルバム作りを行っているのはスタッフの好みかな? 一曲目「星空のドライブ」のイントロからかっこいい!まさに「キターー!!!」という感じだ。「未来の花嫁」の歌詞には当時まだガキだった自分もドキッとさせられたものだった。「ブルージュの鐘」は隠れた名曲。私の好きな歌です。とにかく、絶好調聖子において、豪華作曲陣、そしてなぜか女性の世界を書くのが上手い松本隆氏の歌詞と、恵まれすぎてる。

個人的に次の「ユートピア」までいってしまうと、マンネリというか、だんだんと輝きを失ってきてしまったように感じてしまい、あまり聴くことが少なくなってしまってます。


「風立ちぬ」と「Pineapple」と「Candy」の3枚から、さらにお気に入りの曲を抜き出して作った私のマイ・オリジナル・ベストアルバム「SEIKO GOLDEN YEARS」(と命名)は死ぬまで聴き続けるだろうと思う。

|
|

« 松田聖子「風立ちぬ」時代 | トップページ | アルプスの少女ハイジ メモリアルボックス »

MyFavorite 邦楽編」カテゴリの記事

コメント

私、あまり聖子さんのレコードはありませんが、誕生日が同じこともあり、マークしていました。
風立ちぬは声が出ない箇所があって痛々しいのですが、聖子さんの節目であり私も大好きです。
Pineappleは明るくてサウンドも私好みで大好きなアルバムです。
それにしても聖子さんの過去のアルバムが「えっ」と思うくらいの値段になっています。古くても良いものは同じ価値だと思いますが(買うとすると逆に嬉しいですが)

投稿: 毎日がYukiYuki | 2007年11月13日 (火) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/17059162

この記事へのトラックバック一覧です: 松田聖子「Pineapple」と「Candy」:

« 松田聖子「風立ちぬ」時代 | トップページ | アルプスの少女ハイジ メモリアルボックス »