« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月27日 (木)

インターネット先進ユーザーの会?

「『ダウンロード違法化』阻止、まだチャンスある」——MIAUがシンポジウム

ダウンロード違法化と戦う謎の集団w がいるらしい。というか、いつもの津田さんや小寺さんが中心のようですね。

また「編集する権利を売った覚えは無い」というあの人を呼んで反論してもらってください。

まあ、意見の内容はよくきくことが多いのですが、いろんな問題を内包したまま文化庁の「権利者優遇」が止まるのであれば応援したいです。


ところで、議論の中で出てきた「邦楽CDについて還流防止措置」(逆輸入CD禁止)の話で、ちょっと当時疑問というより、怒りに感じたことを思い出した。

国内よりも断然安くCD販売しておいて、それを逆輸入販売禁止とはどういうことか! それでいて国内は高い値段でCDを発売を続けて「売り上げが下がった」って・・・もうこの国は一体どうなってるですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポワロと相棒

名探偵ポワロをNHKのBSで見て以来ファンになり、ミステリーチャンネルで放送中のものを毎週録画して貯めていたのですが、いざ見るきっかけを失ったまま、どんどんHDDの肥やし化していたので、今晩2話ほど立て続けに見てみました。

なんで今まで見るのを後回しにしてたんだ...orz

やっぱり面白いですね。

で、気づいたんですが、ポワロには片腕というか、友人でありパートナーにヘイスティングス大尉という人物がいるのだが、役回りは、ドラマ「相棒」の亀山のソレと同じでした。推理の場面ではほぼ空気となりwまったく役に立たないが、ときどき重要な手がかりとなることを「偶然」言ったりやったりするわけです。相当影響を受けるのではないでしょうか。

またパートナーといえば、そういえばシャーロックホームズにも、ワトソンというパートナーがいましたよね。まあ、ミステリー好きな人には既に有名な話でしょうが、あまり詳しく無くてすみません。

あと、当たり前かもしれませんが、長編もの(90分)のほうが短編(50分)より圧倒的に面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月26日 (水)

「フランダースの犬」日本人だけ共感

「フランダースの犬」日本人だけ共感

という記事によると、「フランダースの犬」を名作と思ってるのは日本人だけで、欧米では「何それ?」「負け犬」というように評価を受けてないそうだが、なぜ日本人にはウケるのか?それは、日本人には「滅びの美学」があるのだそうだ。「ああ、なるほどね」と思ったのですが、でもちょっとひっかかります。

ずいぶん前の話ですが、私は「フランダースの犬」の物語には救いも希望も無く、貧乏人の正直者は馬鹿を見て死んでいくのが面白いのか?というようなことを書いたのですが
「世界名作劇場 赤毛のアン」(2006年4月 9日 のエントリ)

個人的な意見ですが、「フランダースの犬」には「滅びの美学」を感じない。そこにあるのは「ただ可哀想なだけ」だ。それがいいのだろう。

「懐かしのアニメ」的な番組で死んでゆくシーンばかりを取り上げすぎたせいで、ちょっとそのイメージが強すぎたせいだと思っています。

「負け犬の死」発言はちょっと可哀想ですが、欧米の人には「劇場版宇宙戦艦ヤマト さらば愛の戦士たち」で、地球や愛する者のために死んでゆく姿には共感できず、悲しむことはないんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年12月25日 (火)

フリーオ

最近では、デジタル放送のダビングを制限するコピワン(コピーワンス)批判と、それによる地上デジタル普及促進のため、規制を緩和してダビングを10回まで認める「ダビング10」にしないか?・・・という議論が行われている。

私が思うに、わけわからん代表者だけでかってに決めるな!とか思う訳です。(代表者はいるらしいが、それ自体だれ「誰?」)

そんなことを言い合ってる間に、「ダビング10? そんなの関係ねぇ(もうすぐ死語?)」という、その隙間から抜け道を探し出す人達はいろんなことをしているわけだ。SD品質にはなるが、「画質調整器」?なるものを通してダビングすると、コピワンがかからない装置は相変わらず売られてるし(「コピーガード除去装置」は違法になるそうです)、パソコンでは、D端子からハイビジョンをキャプチャーできる「PV4」という製品がPCショップで売られています。チューナーがあれば、ハイビジョンでPCに録画できるのです。そしてついに、台湾から「フリーオ」なる地デジチューナー入りの地上デジタルハイビジョンテレビアダプター が発売されています。これがあると、PCにコピワン信号を付加しない放送データをそのままPCに録画が可能です。いくらでもコピーできます、一切劣化がありません。

これが法的にどうなのか私にはわかりませんし、製品的に信頼出来るのかも定かではありませんが、普通に売ってるのです。どうなってるんでしょうね。大手の家電の特約店では、まあ、扱えないでしょうが、PV4のように、生産が多くなればPCショップでも手軽に変えるかも知れません。

見て消しなら、コピワンのDVDレコーダーで十分ですが、「好きなように編集したい」「将来にわたって保存したい」人には魅力的でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年12月23日 (日)

LED ZEPPELINがGyaoに登場していた

先日の再結成ライブが大好評だったLED ZEPPELIN。

今まで何度か再結成、もしくはユニット的なものを行ってきたが、決して評価は高く無かった。ジミー・ペイジギター弾けて無い、とかロバート・プラントの声が出てないとか。もっともペイジのギターは73年以降は大して弾けて無いので変わってないと思うが(汗)

しかし、今回は違うようだ。YouTubeなどで演奏の一部を見ることができたが、なかなか調子が良さそうだ。ぜひ来年は日本へ!

というわけで、今日気がついたのですが、Gyaoで、ZEPPELINの現役時代の超絶ライブパフォーマンスを堪能できます。「LED ZEPPELIN DVD」からの映像ですね。持ってる人には今更ですが、見たこと無い人は一度絶対見ておくべきものです。タダだから!

http://www.gyao.jp/music/zeppelin/

(2008年1月10日まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月21日 (金)

巨人も阪神も同類か?

巨人の恒例のオフシーズンでの大補強が始まっている記事をよくYAHOOヘッドラインのニュースで見かけます。

私は年間数試合程度、たまたま家に居た時、他に見るもの、刷る物がない時くらいしか野球は見ないのですが、それでも興味はなく無いわけです。

今年もラミレスにクルーンといった選手を補強したことがかなり批判されてます。ルールの上のこととはいえ、ここまで批判され続けてもファンも望んでるとは思えないのに毎年補強を続ける球団の偉い人はある意味凄い。(個人的には面白くなるならいくらでやってくれ、という意見です)。

さて、巨人批判といえば阪神ですが、岡田監督や赤星選手の批判記事を目にします。
選手会長も異例のG批判…タブー破って「打倒巨人」

しかし、この数年の阪神に巨人を批判する立場にないと思うがどうでしょう?

金本選手は元広島、今度は新井選手も獲得、浜中選手は放出、金が無かったから離脱したとはいえ福留選手にも手を出してましたよね。規模は違うかも知れませんけど、ほとんど同類だと思うのですが、それは許すのでしょうか?あまり変わらない気がします。

ますます、3強3弱に拍車がかかりそうで、なんだかなぁ。
やっぱり一回1リーグ制でやってみない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月20日 (木)

ドラマ有閑倶楽部が終了

いかがだったでしょうか。

原作ファンからはいろいろ言われたと思いますが。

ドラマの質としては高くはないと思いますが、そもそもそんなところ狙ってるとは思わないし、お祭り騒ぎ的なドラマで結構だったと思う。私はとても面白く見ました。有閑倶楽部のうち5人はすごく良かったと思うし、自分が主役の話ではとても魅力的なキャラに見えました。3人娘はいつも注目してましたよ!

平均12%程度というのは、テレビ局もガッカリだったでしょう。もっと行くと思っていたはずだし私も期待してました。まあ、近頃なら悪い数字だとも言えないわけですが)

結局最終回のつくりのように、このドラマは良くも悪くも主役の「赤西」さんなわけですね。原作者が了承しているとはいえ、松竹梅 魅録のキャラを無視して「赤西さん」本人をいかにカッコ良く見せるか、に絞られてるキャラですから。ファンにはたまらなくても、原作者ファンには苦痛だった人もいたでしょう。じゃ、どっちでもない人はどうだったんだろう。

私も、「赤西」さん抜きでも話題はあっただろうし、他の5人のガンバリがあったのに、それはないよな、というのが感想。「もっと良くなったのにな」と思えたのがちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月19日 (水)

相棒6 第9話 編集された殺人

いや、今夜の「相棒」は、まさに「相棒」らしいストーリーでした。深いテーマを織り込みつつ、最後に全員救われない、このやるせなさ。脚本家は第一話も手がけた櫻井武晴さんだったようでしたが、さすが、というか得意分野、といった感じ。

シーズン6は微妙な回と、傑作と半々くらいでやってくるため評価もしにくかったのですが、この数話はとても良かったし、ここでなんか吹き飛ばしてくれた感じです。視聴率も安定して15%前後をキープしてるようですし。

しかも、ようやくどんな感じなのか見えてきた春公開の劇場版は、大仕掛けありのなんとオールスターキャスト! そして恒例?の元旦スペシャルは、まさか愛川欽也さんが出てくるのでは?と思わされるような鉄道ミステリー? 今後もワクワクです!


・・・個人的にはまた輿水泰弘さんの脚本で一本お願いしたいところなんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

著作権

「DRMが普及し、補償金がなくなる未来」を文化庁が提示

最近著作権関係の話題がいくあるんですが、現行法では進化するネット(と言えばいいのか?)に対応できないので、それはいいことだと思うが、あまりに権利者を優遇していると批判も浴びてる。(彼らにはそんなことより金だろうが)

こんなことしてもCDの売り上げは上がらないことに気がつかない人達。

DRMがあるなら保証金は払いたくない。DRMがないのなら補償金は払っても良いのではないか?

個人的には、著作者には金を払うが「管理」者には払いたくない。なんとかそういうシステムにならないのかな?

「Mac Peaple」に津田委員のコラムがあり、海外では、ネットで販売を始めた有名ミュージシャンもいることが紹介されていた。すでに大物ミュージシャンもレコード会社離れが始まっているようだ。
レディオヘッド、新作はダウンロード販売 「価格はあなた次第」

またこういう動きも。
一青窈、クリスマス・プレゼントに新曲を無料配信

音楽というのは、広く、皆に広まっていくのが理想。たくさんの人に楽曲を聴いてもらう。そしてライブパフォーマンスで収益を得る。というやり方のようですが、どうも権利をたてに「囲い込み」たがる人が多すぎる。

自分で買ったCDの曲をiPodに入れるのに「金払え!」というのはミュージシャンの意見なのか?

権利者側の代表の日本芸能実演家団体協議会常任理事の椎名和夫氏というのは、有名なギタリストだそうです。でもこの人「CDを売っても編集する権利を売った覚えは無い」という発言を聞いて、絶対この人がギター弾いてるCDは買いたくないし聴きたくも無いと思いました。

そういえば、「録画したドラマからCMをカットして編集するのは著作権的に問題」といった発言をしたフジテレビ社長を思い出しました。

CPRM(コピワン)という著作権管理でコピー制限がないとテレビにコンテンツが集まらない、というテレビ局側の説がありますが、果たしてそうでしょうか。そんなこと言って出演拒否、映像の放送を拒否するものは排除すればいいのではないですか? そういうことに関係なく、テレビに出たい人はいくらでもいます。仮にジャニーズがテレビから消えても誰も困らないし、質が落ちるとも思えません。困るのは自分たちを表出する最大のメディアを失った権利者だけでしょう。

まあ、映画の放送や、最近はどんなに視聴率が悪くともDVD化するドラマが問題でしょうね。でもレンタルだってあるし。ドラマも「コピワンとか関係ない」という制作者や出演者も絶対いると思います。評論家の小寺さんによると、そもそも、コンテンツに関係なく一律にコピワンしてるのは、放送局側の「都合」なわけで、やろうと思えばニュースやワイドショー、バラエティなんてコピー制御無しだってできるそうですから。CMなんて「たくさん見てもらうためのもの」なのにコピーガードするのって変ですよね。

なぜ「日本だけが」こんなコピワンなんて続けているのか・・・??

| | コメント (3)
|

「スワンの馬鹿」が終わって

ドラマ「スワンの馬鹿〜こづかい3万円の恋」の最終回を見終えた。

打ち切りで一回減ったものの、あまりきになることはなかった。まあ、よくある話ではあるのだが、奥さん(田中美佐子さん)が主人の浮気、ではなく「よそ見」で夫婦について見つめ直すことになってしまう。小遣い3万円トリオも面白かった。ラストのキャンプ場に現れた美佐子さん、凄く綺麗だった。家庭に入った役だったのでメイクもあまり濃くなかったせいもあったかもしれないが、とにかく綺麗だったなぁ。森口瑤子さんもお綺麗な人だが(個人的には、「相棒」の元奥さん役は日テレの流れだけどこの人が良かった、と思ってる)、やっぱり田中美佐子さんだな! ってストーリー関係ない感想ですみません。

でもこういう、楽しいドラマならまた見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月14日 (金)

東芝RD-A301(HD DVD)本日発売

東芝の次世代DVDレコーダー(つーかもう次世代じゃないよね、BDもHD DVDも)の最新モデルRD-A301が本日発売開始!

東芝起死回生の?最新鋭機で、東芝DMI社長の藤井氏が「10万円を切っていただきたい!」と発表時に熱く語ったため、各報道では「東芝が10万を切る新型で巻き返しか」的な報道が多かったのですが、発売してみると128,800円程度でした。(ただし、ここから10%なり15%なり?ポイントが付くと思われます)・・・ということは原価でだいたい10万近いってことか orz この数年の東芝の発言はいつも実現することが少ないような気がして信用ならなくなってきてるのですが、きっと「10万を切る」報道を狙って他社を牽制した発言だったのでしょう。まあ、もうちょっとしたら(ポイント分差額の)実質で10万切るのかもしれません。

現状では松下のBDレコーダーがかなり品薄で手に入りづらいのと、SONYもフラッグシップのX90が2週間待ちらしいので、東芝は今がチャンス、グッドタイミングかも、ですね。というか松下は去年のBW200が品薄だったことをまったく教訓にできてない、読み間違いですよね。

私としては・・・RD-A301に松下製のBDドライブが載っていれば、SONYのBDレコなんて買わなかったと思います。もしくはBD なんてこの世に無ければ。 まあ、でも今はSONYレコにも慣れつつあり、快適にハイビジョン録画を満喫しております。前にも書きましたが、レートが低く過ぎるのが気になりますが、長時間録画が実用範囲であれば、DVD-Rに2時間録画として上手く攻めれば、98:2で負けてる現状でも10%以上までシェアがとれるかもしれません。

さて・・・
レンタルの試験が開始されたゲオでは、「HD DVD」陣営の米映画会社にBDソフトの発売を要望していくそうです。

また、海外で焦土作戦を展開中の東芝は、HD DVD関連事業で販促費の使い過ぎで400億近い赤字を出す可能性があると新聞記事が出たようです。終戦させないためにパラマウントを180億で買収の海外記事もまんざら嘘でもないのかも。まあ、199ドル程度のプレイヤーでどれだけ利益があるのか、またそのプレイヤーを買うとそれと同等の金額に匹敵するHD DVDの映画ROMが何枚ももらえたり・・・東芝一社で、どうしてここまで意地になるのかわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月12日 (水)

ブルーレイ・レコーダーを買った

T70
(※画像をクリックするとSONYホームページへ)


いろいろ次世代DVDについて取り上げてきましたが、結局ブルーレイディスク・レコーダーを買ってしまいました! これで私もハイビジョン生活です。何しろ見たい番組をやってる時間に家にいないことが多いので!

まあ、矢沢永吉さん「もったいない」と言われる前から、自分でも「もったいない」と思っていましたから。最初は、通常のレコーダーでも「とりあえずこれでもいけるでしょ」などと思っていましたが、やっぱモヤ〜っとした解像度に低い画面ではガッカリ感がありました。ハイビジョン対応DVDレコーダーでも、HDDからDVD に落としてしまうとハイビジョンじゃないし。

で、安くなりましたね、ブルーレイレコーダー。私が買ったのはSONYのBDZ-T70という安めのモデルですが以前、東芝のRD-XシリーズのDVDレコーダーを買っていた頃よりも安いか同等くらいです。ホント安くなりました。来年の主力モデルは普通に10万切ってるでしょうね。ディスクはまだ買ってないのですが^_^; 今だいたい1層で600〜900円程度ですか。DVD-Rが1200円時代から買ってる私にはどうってこと・・・ありますけどね。(今はそこまでして録画したいものが減ってるか)

けっこう使えるな、と思ったのはH.264を使ったAVC圧縮記録。SONYはDVD-R記録には対応しませんが、通常のドラマならあまり気にせず使えます。ちょっと解像度が落ちて、動きの速いところにノイズ感がありますが、地上デジタルなんで、オリジナルにノイズ乗ってることもあるし、言われないと「録画」とは気づかない人もいそうなくらい。ソースによってもちろん差はあるでしょうが、ハイビジョン品質の最長モードのLSRでも、見て消しのバラエティとかなら十分です。これなら、東芝が出すHD DVD機のHD RecでハイビジョンをDVDに2時間録画も、かなりレートは落ちるので微妙ですが期待していいのかもしれません。

カートリッジDVD-RAMに対応したパナソニックと迷ったんですが、iLink要らないし、AVCRecのDVD記録は他メーカーの動向次第で消える不安もあるし(そもそも「つなぎ」で、BDディスク自体が安くなっていってるし)、リモコンも使いにくかったし、何より番組表や設定画面が見づらい。SONYのあのクロスバーみたいなのも「イイ」とは思わないが、パナソニックよりは私に合っていました。実際購入後に自分で使ってみると、苦もなく使えて良かったです。

難をいえば、ディスクのドライブを閉じた後、パネルを手で閉めるというのはかなりガッカリ感。お気に入りジャンルを登録して、それを「おまかせ録画」しないよう初期設定したのに、勝手におまかせ予約録画がジャンジャン入ってしまったのはビックリした。いちいち再設定させられた・・あと買ってから気がついたんだけど、前面入力端子がないのはキツイなぁ。左下の小さな扉を開いたらB-CASカード入れるところだった orz  こんなもの抜き差しするのは最初だけなんだからこれこそ裏面でいいんじゃないか?

BDレコーダーを買うと、映画のBDを一枚もらえるキャンペーンをやってるのですが、特に欲しい物が無かった。さて、私の欲しいBDは出ているのかな? しかし、しばらくは地デジの見て消しだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月11日 (火)

掲示板の不具合

いるかねっとを利用させてもらっているホームページの掲示板ですが、この数日不具合で、見えたり、エラーで見れなかったりしてるようです。

いるかねっとからのメールでは明日の朝くらいまでには復旧するそうですが、どうなんですかねorz 最初はもう復旧してるはず(そう発表していたから)だったんですから。

スレッドや返信数に限りがあるのが難点ですが、使い慣れた掲示板なので変えたくはないのですが。

見れなくなってしまった方々、すみません。ページに案内を入れようかと思ったのですが、一応すぐ復旧するそうなので。別に閉じちゃったわけではわりません(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 9日 (日)

LeopardをiMacに入れ替えた

MacBook Pro に入れていたレパードさんを、iMacに入れ替えることにした。

使ってるうちに、これはやはりもっと大きな画面でFinder使った方が絶対使いやすいと思ったから。また、HDD容量もあって、動画のQuickLookや多くのファイルの管理をもっと楽しめそうなので。

で、Tigerに戻したMacBook Proは、あれ?こんなに見やすかったかな?という印象。液晶自体ははっきり言って今まで私が使った中でも最悪なんですがorz (MacBook以下だし)、レパードの画面は全体に暗いんですよ。で、MBPで輝度を上げるとまぶしくて、白い部分は「裏から光ってる」感が強い・・・明るさムラが激しくて首を動かすとムラが凄く気になります。で、Tigerのほうが割とその辺見やすい気がします。

逆に、iMacに入れてみたレパードなんですが・・・液晶のグレードが上がったため(20インチのIPS液晶)、ドッグが美しく描かれていて「こんなにリアルで美しかったんだ・・・」と一人で納得。

しかし、インストールをアップグレードで選んだためか、動作がややモッサリ。アプリの立ち上げや漢字変換でもたつく姿を初めて見ました。また、メモリが1GBのままだったのが足りないのかもしれません。今度2GBにアップしてみますが、それでもモッサリならば、クリーンインストールをしてみようかな、と思います。

まさかcore duo だから遅く感じる・・・わけではないと思う。


そういえば、1月にはMac Proとの新機種と、ウルトラポータブルMacBook(超薄型軽量の12、または13インチ)が出るのでは?という噂で持ち切りですが、出たらまた欲しくなるんだろうなぁ。物欲と戦うのは楽しいことだが、勝つ=買えない、ということなんですよね、トホホです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年12月 5日 (水)

ガンダムが・・・

ガンダムが三度の飯より好きな(言い方古いなorz)私も買おうかと思っている「ファーストガンダムのオリジナル音声版の映画三部作のDVD-BOX

私はこの三部作は、スターウォーズの100倍素晴らしい、邦画だけでなく、世界の映画史に残る傑作と常々公言してるバカなガンヲタなわけですが。

だが最近、発売を前にネット上でやたらと目につくようになってきたガンダムネタ。

とりあえずシャア専用って言っとけみたいな赤いグッズや携帯からバスローブまで何でもあり。

そしてこんなネタも・・・

ガンダムが日清どん兵衛と夢のコラボ

どっちも好きだが「夢の」とかつけるな!と一ファンの私は思う。

凄く面白いんだけど、ネタにされればされるほど複雑な気分もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 4日 (火)

スワンの馬鹿

視聴率的には7%台と低迷しているらしいこのドラマですが、私は毎週楽しみにしています。

確かに変なタイトルで、正直ネタっぽくて見る気が起こさせないし、私も出演者欄を見て「たまたま」見ただけなんですが。その出演者も多少地味かもしれませんが、私は好きな人ばかりなんですよね。
公式ホームページ

今回始めて見る女優さんで、ヒロインの中の人の芦名星さんは、かなり地味すぎて批判されてる部分もあるんですが、彼女は公式ページの画像のようにもっと明るいキャラのほうが綺麗さが生きるような気がします。ずっと悩んで苦しんでばかりだからどうもすっきりとしないし、ドアマのなかではマドンナというか「超美人」役なのに生きてない。ちなみに見るたびにこの人「中田英寿」さんに似てると思うがこれは余談です。

ベタながらも笑いのツボも押さえてるし、楽しく見れるドラマだと思うんですけどね。後ちょっとなんで打ち切りにならないことを祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »