« 「フランダースの犬」日本人だけ共感 | トップページ | インターネット先進ユーザーの会? »

2007年12月27日 (木)

ポワロと相棒

名探偵ポワロをNHKのBSで見て以来ファンになり、ミステリーチャンネルで放送中のものを毎週録画して貯めていたのですが、いざ見るきっかけを失ったまま、どんどんHDDの肥やし化していたので、今晩2話ほど立て続けに見てみました。

なんで今まで見るのを後回しにしてたんだ...orz

やっぱり面白いですね。

で、気づいたんですが、ポワロには片腕というか、友人でありパートナーにヘイスティングス大尉という人物がいるのだが、役回りは、ドラマ「相棒」の亀山のソレと同じでした。推理の場面ではほぼ空気となりwまったく役に立たないが、ときどき重要な手がかりとなることを「偶然」言ったりやったりするわけです。相当影響を受けるのではないでしょうか。

またパートナーといえば、そういえばシャーロックホームズにも、ワトソンというパートナーがいましたよね。まあ、ミステリー好きな人には既に有名な話でしょうが、あまり詳しく無くてすみません。

あと、当たり前かもしれませんが、長編もの(90分)のほうが短編(50分)より圧倒的に面白いのです。

|
|

« 「フランダースの犬」日本人だけ共感 | トップページ | インターネット先進ユーザーの会? »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/17489365

この記事へのトラックバック一覧です: ポワロと相棒:

« 「フランダースの犬」日本人だけ共感 | トップページ | インターネット先進ユーザーの会? »