« のだめカンタービレ | トップページ | 花嫁 はしだのりひことクライマックス »

2008年1月 6日 (日)

米大手ワーナーがブルーレイのみに供給へ

米ワーナー、次世代DVDにブルーレイ採用 ソニー陣営優位に
IT Media
フォーマット戦争の「終わりの始まり」?——ワーナーがBlu-ray Discに一本化

噂にもなっていたようですが、両規格に作品を提供していたワーナー社がHD DVDへの供給を6月でやめ、ブルーレイ一本に絞るようです。これが来たらもう分裂も終わりと思われていたニュースだけにかなりの衝撃ですね。

ワーナーといえば最初はHD DVD支持だったはず。しかし、これで断然ブルーレイが有利になったと言えるでしょう。パラマウントをお金で陣営に取り入れたにも関わらず6:4、7:3くらいで売り上げシェア(ソフト部門)を取られていたんですから。しかも両規格に提供したワーナーは、確実にどちらが商売になるかわかっていたはずです。いくら安いプレイヤーが売れてると東芝が豪語しても、PS3の普及速度にはかなわなかった、ということになります。ゲームとしては苦戦と言われてますが、AV機器としての評価の方が先行してる(?)のもおかしな話ですね。

こうなると、当初からHD DVD一本だったユニバーサルがどうでるか(本田氏のコラムによると、すでに契約期間は切れてるというし)。ユニバーサルの出方によっては、パラマウントはあと一年以上辛抱の年が続くのでしょうが、パラマウントが目先の販売奨励金に目がくらんだ・・・ことが凶とでかかっています。また、東芝はワーナーを納得させる奨励金は払えなかったのかもしれません。(逆にブルーレイ側からの奨励金の噂は否定したらしい)

CMがバンバンと流れているHD DVDのRD-A301も苦戦が伝えられているようですし(ブルーレイのよなブレイクが見られないと、BCNなどのデータが出ています)、すでに日本では終戦モード(松下の人は「戦い自体が無かった」と発言!)、肝心な北米でのソフト競争でも負けるようでは、HD DVDは終焉に向かってると言えるのかもしれません。

|
|

« のだめカンタービレ | トップページ | 花嫁 はしだのりひことクライマックス »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/17592217

この記事へのトラックバック一覧です: 米大手ワーナーがブルーレイのみに供給へ:

« のだめカンタービレ | トップページ | 花嫁 はしだのりひことクライマックス »