« 追悼市川崑監督「犬神家の一族」 | トップページ | 「週間朝日」と「週刊SPA!」を買った! »

2008年2月19日 (火)

東芝がHD DVD撤退を表明

まあ、ようやく決着したようです。
みなさん、安心してブルーレイを買ってください。ハイビジョンで残せることはいいものですから。

容量の多いBDを支持していた私にとっては、HD DVDを支持する理由がわからず、かたくなにHD DVDを続ける東芝の方針が理解出来なかったし、彼らががんばればがんばるほど市場は混乱することをこのブログで書いてきました。RD-X4のDVDドライブで地雷を踏んで痛い目にあった私も、東芝のドライブ製造の技術力の無さは知ってても(というかそれでDVDフォーラム幹事でHD DVD開発とかいう時点でアレだが)その後RD-X5を追加したくらいにレコーダーは東芝RD好きだったのに。

東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息に

本田雅一のAVTrends
次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡


誤解を承知でおおざっぱに書くと、
・DVDライセンスで旨味を知った東芝は次世代DVDもDVDフォーラムでなんとかしたかった。
・東芝以外は保護層0,1mmで行けると言ってるのに、東芝の技術者にはそれが不可能にしか見えなかった
 (意地をはった?)
・PS3と次世代ディスクを混乱させたいといわれるMSと提携した
・最終的にハリウッドの半分を抑えれば引き分け=コンパチ=勝利
ということですかね。

結局
・ゲームでは不振(というかWiiが凄すぎ)といわれたPS3の効果は想像通り大きかった
・価格競争しすぎて中国メーカーですらついてきてなかった
・安いハードは売れてもソフトは売れてなかった→ワーナー離脱
・BDの量産効果は予想通りで、安く作れるはずのHD DVDと差が出なかった
・レコーダーではH.264のHDエンコードチップの開発、低価格化が期待以上に遅かった
 (MPEG2のまま間引いても良かったのにな)
・わかっていたことだが店頭にはレコーダー自体のシェアの落ちている東芝しかない

ということでしょうか。


今後はBD生産の予定はないということですが(そりゃBDAに加盟してないし)、やはりHDDを中心としたレコーダーに「HD Rec」があればいいんじゃないでしょうか。DVD-R 2層ならけっこう録画出来そうだから他社も採用してもいいくらいなんだけど、BDに絞られていくと不要と判断されちゃいそうです。再生環境が普及しないものは使いたくないですからね。

次はパラマウントとユニバーサルのお話を待ちましょう。

|
|

« 追悼市川崑監督「犬神家の一族」 | トップページ | 「週間朝日」と「週刊SPA!」を買った! »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

東芝技術陣がハイビジョン光ディスクの保護層0.1mmに強行に反対したのは、自社内で自社技術の範囲で試験した結果が駄目だったからだと推測しています。

根拠は、一時東芝も0.1mmを検討したとされている事、東芝の記録型光学ドライブ(特に書き換え型)は設計・量産不良が多発した(SD-W3002は、RD-XS31発売遅延要因とみられるが、それでも後に全機種に搭載され、更なる大過を招いた。)事、山田氏は個人的には0.6mm懐疑論者を排除していなかったとのコメント、この3点があります(なおコメントは、当時まだ公開個人blogコメント欄に書き込んでいた、本田氏と名乗っていたコメントです。)。

加えるなら、「ワンダー」発言とされている藤井氏の「戦艦大和」発言も、根拠となります。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060331/toshiba2.htm
>0.1mmについては、「間違いなく多層化は難しい。
>50GBが100GBが、いつできるのか明確に説明する責任がある。
>HD DVDは、PRMLやプラスチックレンズなどを作りだし、
>既存の構造の中で30GBにするための努力をしてきた。
>BDは単に新しい分厚いレンズを使っていて、
>言ってみれば戦艦大和。我々こそ新しい技術を満載している

これは、レンズの焦点距離を浅くすれば1層目の大容量化がたやすいことは承知している。だが、それでは2層メディアとドライブピックアップレンズの量産に難が出るとの主張でした。
この主張を背景に、短焦点に依存=大口径砲に依存=戦艦大和と皮肉ったのでしょう。

とはいえ、その後の歴史は、主にPanasonicの卓越した光学ドライブ実装・メディア量産技術により、2層50GB/スリムドライブとも量産実用化にBD側が先に成功しました。

すなわち、西田社長の終息会見コメントで再度公言された、「技術的にも、自信は変わっていない。」事が、東芝規格自ら終息の重要要因だったと言えると思います。

加えて、DM社長はHD DVD-ROM中心に商品企画を考え、最後の切り札で表に出てきた片岡氏は、逆にHD DVD-VR論理層にこだわっていました。そこには、自社で難易度の高い次世代・記録型光学ドライブを、ものにしようという政策意思が、最初から希薄だったと言わざるを得ません。

片岡氏は、「BD 陣営の方々は“光ディスクに魂を引かれた人々”」とも公言したそうですが、それに擬えるなら、「”芝ドライブにはPanaソを突破する性能はない、気の毒だが。”」と答える事が出来るでしょう。

投稿: TS | 2008年2月21日 (木) 02時10分

本田氏の「次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡【後編】東芝の意図とハリウッドの選択」が来ていますね。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080222/avt020.htm

東芝がいかにして分裂を選択して勝とうと考えていたがわかりやすく書かれていました。山田氏には交渉の場に来て欲しく無かったというのがw

光ディスクところか「DVDに魂を引かれた」東芝の、ガンヲタを巻き込みたがるレコーダーのコードネームとか「光ディスクに魂を引かれた人々」(たぶんZガンダムの「引力に・・」の名言からだと思う)を見ると、ガンダムファンからみて「見てる方が恥ずかしくなるからいいかげんにしてください」と思うのですが。HD Rec自体はいい規格だと思いましたけど、片岡神の神通力もここまでかな、と寂しく記事を読んだ覚えがあります。

投稿: 鬼八郎 | 2008年2月22日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/40188646

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝がHD DVD撤退を表明:

« 追悼市川崑監督「犬神家の一族」 | トップページ | 「週間朝日」と「週刊SPA!」を買った! »