« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

まるまるちびまる子ちゃん最終回

最後に名作きましたねー。

長いことかかさず見てきましたが、納得の最終回でした。

思えば、高い視聴率をたたき出した偉大なスペシャル版(主役:森迫永依)の後を受けて・・・という登場の仕方から、高いハードルをかせられたドラマでした。インパクトのあったSPと連ドラという差があったので苦しんでいろいろバラエティをおりまぜたりしてましたが。私も開始当初はなれないせいもありとまどいましたが、これはこれで良かったと思うから最後まで楽しめました。父ヒロシもいい味出してたし、綺麗すぎると評判のお母さんの酒井法子さんも、あったかいお母さんを好演しました(最終回の挿入歌「想い出がいっぱい」もGOOD!)。

何より、当初は半年といってたのがいつのまにか30話にまで到達した歴史が、今回の最終回の良さにつながっていました。私も見ていて子供の頃のことや、家を出たときのことを思い出してちょっとウルッときてしまいました。

期待の上野樹里さんの出番は想像以上に少なくorz ちょっとがっかりだんですが、でも短いなかでも「まる子」になりきっててすごく良かった!家を出ることの寂しさがよく伝わりました。 今回のほうが同窓会のときよりよかったように思う。どちらかというと「アニメ版」のオリジナル?まる子の大人バージョンというイメージにピッタリだった。


ところで、DVD-BOXには評判の「20年後の同窓会の巻」が収録されているという。手元に録画はあるが、これだけでも買っておいても損はないかもしれない。悩む・・・でもこの最終回が入ってないことを考えるとDVD-BOX2が出るに違いないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月28日 (木)

のだめカンタービレ 第120話

読むの忘れてたんですけど、もう発売されてたのね。

のだめがいつか千秋と共演しようと思っていた曲を孫Ruiと共演することになったのだが、孫Ruiの演奏はまるで千秋がのだめに求めていたものと方向が同じでとまどってしまう。できるならばやりたくないくらいだが、そんなことをいってられる身分の千秋でもない。

まさか千秋は孫Ruiに引かれていってしまうのか。

のだめは、というと今は絶望?みたいな暗い曲の没頭しており、千秋と会えない日々を重ねてたりしてる。その間を千秋の洗濯物の体臭で凌いでいたのだがwそれも底をつきてしまったようだ。そんなことしてていいのか?w

いつのまにか、千秋の夢ものだめとの共演になってるのかも。



ヨーロッパ編は、マンガとしては見応えある展開だが、ドラマで堪えられるほどドタバタしないしギャグも少ない。とてもスペシャルでは無理かもしれない。いっそ連ドラで復活のほうが作りやすいのではないだろうか?(ただし、国内編ほどの盛り上げる場面は無い)。やっぱドラマはドラマ、マンガはマンガと割り切るべきか。(でもドラマ新作みたい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月27日 (水)

映画「奈緒子」をみてきました!

ようやく「奈緒子」を見ることができました。
Naoko_pos


今までなら、去年の自分ならスルー、というかこういう映画があることにさえ気づかなかったかもしれません、今までの樹里さんの出演作を知らなかったくらいですから orz

ひさしぶりの映画館。いつも見終わった後は、「やっぱドラマとは違うよね」「家でDVD見てもダメ、映画は映画館で見るのが一番!」とか言いながら、なんだか足を運ばなくなってしまってました。

私が見に行った場所は、樹里さんが16日に舞台挨拶をした「シネ・リーブル池袋」です。

Naoko_cinelibre

※ケータイの写真ですが、クリックするとちょっと大きな画像がポップアップします。

会場が同じかどうかわからないのですが、(スクリーンをどけると舞台があるのか?)こんなすぐ近くで何日か前に樹里さんの舞台挨拶を見ることができたんだなぁ、と思うと残念でなりません。


さて、映画のほうですが、最初は樹里さんが映るだけで満足してたもののw どんどん物語に引き込まれてしまい、「吉崎君の激走」「雄介につなげ!」という仲間達の叫びに思わず涙してしまいました。(最近涙もろいんですみません)。

ラスト「雄介ぇ、勝てえぇぇぇ!」という奈緒子の叫びとともに奮い立つ雄介。黄金パターンとはいえ、感動的でした。

今から冷静に考えると、長い原作をあの短い時間に詰め込んだため、かなり原作とは違うと思います。物語としてはつっこみどころはあり、消化不良な部分もありますが、素晴らしい映画でした。つか、また「映画っていいな!」で終わっちゃいそうですね^^; 早急にDVD化、いやBD化希望です!


それにしても、スクリーンに映る樹里ちゃん。いいなぁw もうね、鼻の先っちょまで愛しくてたまんないですよ。happy02 どうしてこんな女性が生きてこの時代にいるんだ!?

黒髪がちょっと長くなってて、すごくストイックな女性みたい。奈緒子は恋愛とか全然知らない役らしく雄介にもそんな感情は無い。なんだか腕とかたくましい感じでしたね。走り込みのせい? 走る姿がとても美しかった! 奈緒子らしくないといえばちょっと大柄(といっても167cm)でときどき猫背?なクセは相変わらずw そこにはのだめの影も形もありませんでした。

樹里さんは役が「降りてくる」となかなか抜けないそうで(ドラマ番宣でもそのキャラになってる!)、ヘアスタイルを変えることで切り替えてるそうですね。このあたりは友紀さんんと同じかな。

映画ってひとつのイベントみたいで、監督と主役だけで撮ってるんじゃないんですよね。街ぐるみの壮大なイベントって感じ。その中心でいられるって主演女優は相当大変だけど、やりがいがあって、できたら楽しいに決まってますよね。樹里さんはドラマより映画が好きそうだけど、わかる気がしました。

「シネ・リーブル池袋」には、映画にまつわる展示品がありましたので、ぜひ行ってみてください!

これは絶対持って帰りたかった!(変態でスミマセン)
奈緒子の衣装デス。
Naoko_isyou
雄介のユニフォームもありましたが、個人的に興味なくw

駅伝で優勝した駒沢大学の方と挨拶したときのタスキのようです。
Naoko_tasuki

入り口のポスターにもサインが!
(これ終わったらどうすんだろ?俺にくれ!)
Naoko_poster


もちろんパンフレットも買いましたhappy01
600円でした。


駅伝いいですね! 正月の箱根駅伝とかまったく興味なかったんですが、ちょっと今後は見ようかな、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

のだめカンタービレ第8話は神

今夜のBSフジでの「のだめカンタービレ」再放送はいよいよ第8話でした。

第4話を神と呼ぶ人も多いですが、私も初めてドラマを見たときに変態の森にはまったのは第4話があったからでした。でも、全11話のなかで一番を選ぶとしたら第8話は外せません。

「妻だから(ハート)」とか「スーパーひとしくんでの激闘」とかもあるんですがw やはりR☆Sオケーケストラのデビュー公演でしょう。

のだめへの失恋によりコンクールで惨敗をした黒木の「皆の信頼に応える」オーボエ協奏曲の名演。これが素晴らしい。「ピンク色のモーツァルト」(のだめのイメージカラーは松田聖子さんの名曲から?)を見事に演奏してみせた黒木。これで私もオーボエという楽器が好きになりました。綺麗な曲ですね。会場の女性たちもウットリ・・でしたが、原作では、「期待に応えてみせる」というのは千秋への言葉ではなく、黒木の「心の声」だった。そして「恵ちゃんに恋をして彼女を想いながらながら吹いたこの曲は今も美しくボクの中で響いている」「だからそれはそのままに」「君は聞いていてくれるだろうか ボクのオーボエを」という台詞がすばらしくてすばらしくて、曲が聞こえないマンガでは素晴らしい表現になっていました。ぜひこの台詞もドラマに入れて欲しかった。これで私はクロキンのファンになり、ヨーロッパ編の再登場が嬉しかったんです。

山場はこの後、ブラームス交響曲第1番。常に絶望を背負っている千秋が魅せた素晴らしい指揮。

絶望から希望へ、歌え 歓喜の歌を!

ここで私は会場ののだめといっしょに号泣です・・・

何度見ても涙が出ます。

そしてうつむいたのだめは、千秋が「(音楽の)神様に(ヨーロッパへ)呼ばれているからいかなくちゃ(いけない)」ということを思い知らされます。

それは、ミルヒーが言ったように「もう今までのようにいっしょにいられない」ということを意味します。でも、彼のために催眠術で飛行機恐怖症を直して上げることを決意。(千秋はのだめに対して無防備だからカンタンに催眠術にかかってしまったのでしょうか。時計はミルヒーのだし。千秋母はのだめを「天使」と言っていたが、まさにこのとき神々しい光の挿入により天使か聖母マリアかのようなのだめが実にイイ)

そしてのだめは千秋に追いつこうと、いっしょにヨーロッパへ行こうと、ピアニストとしてコンクールへ出ることを選択します。


この回は原作がとにかく素晴らしいんですが、ドラマも見事でした。



樹里ちゃん。のだめとして、回を追うごとにどんどん可愛くなっていく。一話二話の頃からどんどん変わってるように見えるのは気のせいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月26日 (火)

新MacBookがキター! 我が家にはMacProキテルー!

といっても、MacBookはCPUやHDDとかのマイナーアップデートですが出ましたね!

まだ日本のサイトはWe'll Be Back Soonのままですが、USサイトが先に来ました!

だいたいが噂サイトの予想どおり。

いよいよMacBookは2.4GHzで2GBRAM/250HDD(ブラック)、MacBook Proは2.5GHzで、VRAMが512MBに到達。

MBPのマルチタッチも魅力です。サファリの「戻る」「進む」が出来るらしいし。これノートでトラックパッドでできないのが不便でしょうがないんですよね。(デスクトップでもマウスジェスチャーに対応して欲しいゾ!)

ここまでパワフルなノートは私には無縁で、初代MacBookのCore Duo1.83GHzで充分使えてるんですが、ここらでアップデートしとこうかな、って思うくらいよくできたノートですよ、MacBookは。マルチタッチ待った方が良さそうですけど。しかしもっと遅いCPUで価格を落とすことは考えないんですかねぇ。

巷では、MBPが無くなる(アルミでMacBookに統合される)なんて噂もありましたが、私も白いMBも可愛くていいのですが、軽いモデルになるなら絶対そのほうがいいと思います。とにかく売れ行きが良く無いMBPはおいといて、14.1か15インチのMacBookが出た方が商売的にもいいと思うんです。(13インチのMBPの夢はMBAの出現で消えましたから)。またアルミで軽くじゃっかんクロックやHDDを落としつつ価格を抑えたMacBookなら日本でももっと売れると思います! あと、10〜12インチクラスのゼロスピンドルが出たら神なのにMBAになっちゃったからね。

・・・ってひさしぶりのMacネタでした。

そうそう、実は私の環境が最近Mac Proに移行したんです。といっても、低予算なので旧型のアウトレットでしたのでひっそりとw しかも頭の中は上野樹里モードなのでブログも全部そっちが優先!w メモリとかHDD増設しただけで予算を軽くオーバーしてしまいヒーヒーいってます。高いよ、メモリ(涙目)!  まあ、旧型なのでインプレッションもないですからw

いまさら2.66GHzのクアッドなんてすでにクロックでMBPに追いつかれてますがorz 拡張性があって外部ディスプレイが活用できるのってコレしかないので・・・・34万も出して新型買っても8コアも要らないし、20万超で24インチiMacと比べても、モニター要らない私は安定してる旧型MacProでいいかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DivX、動画共有サービス「Stage6」が終了

STAGE6を訪れると「Stage6 to Shut Down on February 28」とでますので、すでにご存知の方も多いと思いますが、DivXが運営していた動画共有サービス「Stage6」が28日で終了します。

DivX、動画共有サービス「Stage6」を終了

高画質の共有サイトということで人気でしたが、運営には相当コストがかかったようです。

大変残念です。すでにアップロードはできないようですが、見たい動画は今のうちにダウンロードしておきましょうね! 

・・・どうせダウンロードするんでしょ?的にハナからダウンロードボタンがついていたのがナイスでした。

DivXは動画コーデックとしてはもう歴史も古く、その成り立ちはかなり灰色でしたがすでにPCで見るものとしてはWMV、新参もののH.264以上の普及率があります。特に、前出の2つより画質は多少劣るかも知れませんが、軽くて、エンコードも速いというのは個人的には使いやすいです。H.264のmp4は、ファイル名が長いとエラーを起こして見れなかったり(WindowsのQuicktime)するので、やっぱDivXにしておくか・・・と思うことが多いんです。でもあの拡張子「.divx」は無いですよね、やっぱ。.aviでいいじゃないですか。勝手に変換してもまったく支障はないし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

相棒6 #16悪女の証明

しばらく上野樹里モードが続いていたいたため、書きたいことも後回しになっていました。

相棒6も残すところあと3話。早いものですね。またしばらく見れないというのも寂しいです。

もう先週になってしまいましたが、第16話「悪女の証明」ではSeason3以来ひさしぶりに片山雛子議員が登場。緊張感のある推理と奥を読ませない心理戦を堪能できた(写真を送ったのが誰かはすぐにわかっちゃいましたが、そこは気にするところではないでしょう)。これぞ「相棒」ですね。彼女も武藤かおり弁護士のように今後にまた期待できるレギュラーゲストになるでしょうね。映画版にも出てるみたいだし。

ところで、名作と言われるSeason1第7話「殺しのカクテル」のバーテンダー三好倫太郎が、出所後の話となったSeason6第14話はかなり期待したのですが、最後は残念な話でした。何がって殺人犯が最後いっしょに笑顔でカクテルをいただくって、ちょっとありえなくないですか。あまりにおかしかったので、「殺しのカクテル」をもう見たく無い心境です。またSeason6第15話「20世紀からの復讐」もなかなか見応えがあったのですが、よーく考えてみると、カンタンにコンビニから逃げ出せる話じゃぁ・・・と思ったら急に熱が冷めました。

次回は私はあまり好きではなかったのですが、かなり評判の良い「Wの悲喜劇」の新作のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月24日 (日)

上野樹里の十番勝負をリクエスト

「ロス:タイム:ライフ」の興奮もおさまることは無い訳ですがw

何度もリプレイしてみてるんですがw やっぱ最後はロスタイムでがんばったからの奇跡なんだから、あの向いのビルの飛び降り男みたいに最後は何かにひっかかって落ちて「奇跡」として欲しかった気もします。あれでよく助かったよな、という疑問もちょっとあったからw

しかし、CM多すぎorz 1時間番組にしてくれorz などの不満もありましたが、いや永久保存がまたできましたよ。(しかしTSのままダイレクトに録画してCM込みで4.8GBじゃ、BD余り過ぎ!w)

やっぱ樹里ちゃんは「のだめ」だけじゃないんですよ。

まったく違う可愛さ、美しさもアップしてましたー!!


さて、今度の松永由紀子のように、いろんな仮面をかぶることができることで巷では彼女のことを「リアル北島マヤ」とも「日本のロバート・デ・ニーロ女性版」とも呼んでいます。

そこで、「ロス:タイム:ライフ」のような1話完結編のようなシリーズで、全話「主演:上野樹里」で作って欲しいーっ!!!!!

シリーズだから共通のお話や、つながってるところ、パラレルワールド、なんでもいいんですが、各話で主人公がまったく異なるのに全部樹里さんが演じる訳です。笑えるヤツ、泣けるヤツ、かなりの悪女から、お姫様、お嬢様、ダメ女に変態役もw
名付けて「上野樹里 炎の十番勝負」デス。

(馬場率いる全日本プロレスの期待の若手だったJ鶴田も三沢タイガーも、この大物レスラー達との十番勝負で鍛えられたのだった)

どうッスかねぇ。見てみたいんだけどなぁ。


まだハイビジョンで録画した「サマータイムマシーンブルース」も見ていないので、後でゆっくり見ようと思ってマス。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

感無量「ロス:タイム:ライフ」

生きてて良かった・・・・

って、俺のことです。

生きてこのドラマを見ることが出来て良かった。

とにかく上野樹里出演イコール歴史的名作としてしまう私には、ドラマのアレコレを評価する資格はないのですがw


公式ページを紹介しつつも、前もって情報を極力を入れないようにしてたし、「死ぬ間際のロスタイム」という設定上、本当に死ぬ物だと思って見ていたのですが(体重もゼロだったということは「霊」ということか)。

しかも、偶然見つけた「向いのビルから飛び降りた男が奇跡的に助かった」のを前フリではなく、やっぱり由紀子には奇跡は起きない・・・と思ってしまいました。

生きていて楽しいこと、美味しいこと、悔しいこと、いろいろあればあるほど、そして由紀子(樹里さん)が美しければ美しいほど、これ以上「命」が尊いと思うことはない。しかし、もう残り時間は無い・・・それを思うと、胸が締め付けられる思いで画面にかじりついていたのですが・・・

覚悟を決めて横たわる由紀子・・・


しかし試合は奇跡の延長戦へ・・・・


なんだかホッとして気が抜けました^^ 死んでたら、もう泣き崩れてただろうな、俺。

人間何があっても前を向いて生きていけばいいこときっとあるんですよね。
きっと由紀子は幸せになるでしょう!

ちなみに私も実はウニの見た目がダメで食べられない人間なのデス。共通点を見つけて嬉しかったのですが、あれだけ美味しそうに食べられたら私も食べるしかないじゃないですか!w




のだめじゃない樹里さんも良かったヨー!

ビンタの前、エスカレーターから降りたときの美しい笑顔のアップが忘れられない。もうなんと表現していいか言葉がみつからないけど

最高だぁ−!!

至福のひと時。生きてて良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月23日 (土)

樹里ちゃんのうた

前に「別にCDデビューしたりヒット曲歌う、とかそういうのはまったく私は期待してませんので。(というか、しなくていい)」 と書いたんですが、そうも言ってられなくなりました(?)

毎朝朝晩、「おなら体操」と「じーじのえてがみ」の2曲だけでヘヴィーローテーションしてるとさすがにもっと他の曲ももっと聞きたくなってきています。特に「じーじ」はいいですねぇ。声をきいてるだけでホッとします。

でも、デビューコンサートで武道館とかw そういうのって似合わないような気がするし。でも歌番組でも見たい気がします。本人「SPEEDになりたくて」芸能界に入ったそうだし!w でも今は女優モードだからありえないです。ただ私が、ずっと声をきいていたいだけです。

あ、女優なら歌手役とかでその歌でCD出すとか・・・(どこかにありましたね、そういうの)


樹里さんはどこまで仕事に希望を出すのかわかりませんが、すごく「樹里さんらしく」「次のタイミングがよく」考えて選ばれてるなぁと思います。所属事務所のスタッフががんばってるんですかね。樹里さんの魅力をわかっていて伸ばそうとしてるみたいな。

コメディドラマが続いたら、青春映画。そしてシリアスなドラマ。自然をテーマにしたドキュメンタリー、歌はヒット曲ではなく「みんなのうた」・・。いいなぁ、樹里ワールド。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年2月22日 (金)

まるまるちびまる子ちゃん最終回予告

フジの公式HP に来ていましたね。

私も第一回から見続けてきましたが(視聴率苦戦のためテコ入れしたバラエティ部分はスルーで)、ちょっとだけ寂しいです。しかも「上野まる子」見るのもこれで最後になるんですね。

こちらではロスタイムライフとともに次回予告の動画も見れます!


また、TBSの「アース・オデッセイ」のページも更新されているようです。

さあ!あしたはロスタイムライフでーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月21日 (木)

なりたいのは「スター」ではない

今日発売の「週間文春」を買いました。凄いペースで今までほとんど縁の無かった雑誌を買ってます^^

お目当てはもちろん「原色美女図鑑」で上野樹里さんの5ページのグラビアとインタビュー記事が載ってます。

写真のほうは、いろいろあって世の中恨んでそうな、ちょっと悪いことも経験しました、みたいな女の子を演じているのかな?

彼女の最近の言動は、「地球46億年冒険の旅 アース・オデッセイ“地球とは何だ!?”」(TBS 3/1放送)の撮影で行ったアフリカの大自然に圧倒された様子がよくわかります。今、自信のHPで更新している「juri art」でも、アフリカの絵を公開しています。


「見ている人にパワーや共感を与える女優でいたい」
「スターになりたいわけではない」
「美しさを磨くタイプじゃない」
「普通の生活感覚を大事に」
「自分にとって高価すぎる物は買わない」

売れっ子の女優ですから、スター扱いされたりするでしょうし、それなりに収入はあるでしょう。普通とは違う世界にいるんでしょう。

でもファン歴1ヶ月の私が言うのもなんですが、樹里さんが思ってること、やろうとしていることは充分伝わっていると思います。だからみんな応援してるんです。

美人だとか可愛いとかで女優の仕事をしてる人ではない。でも、演技の中でそのキャラになりきり、誰よりも最高に綺麗に見える女優なんです。

ああ、ブログで書くより、毎日樹里さんにメール送信したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月20日 (水)

上野樹里さんにメールした!

恐れ多くも上野樹里さんにメールしてしまいました!

直接のファンレターではなく、公式HPのフォームからですから、ご本人に見ていただけるかどうかはわかりませんが、ちょっとドキドキ!

ueno-juri.comの「juri-art」に樹里ちゃんの絵が5枚掲載されたので、思わず「メールするしかない!」と。でも、自分はクラシックも絵画も語る言葉を持ってなくて・・orz どう表現したらいいか言葉がでません。でも不思議と惹き付けれられる絵ですよね。

次にのだめSP2を見るときは、樹里さんの曲のイメージを思いながら見ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめSP第一夜を見る

以前にTVの連続ドラマ版を通しで見てからちょっと間があきましたが、今夜は時間があったのでまず第一夜をひさしぶりに通してみました(つまみぐいのようにところどころ何度も見てはいましたが)。

確かに、のだめの口調がさらに癖のあるものになってる気がしました。のだめの重要な話はないのですが、のだめと会っていい事ずくめ、日本にいる仲間との絆を感じて、連続ドラマとの流れを確認できます。のだめやターニャ、クロキンが活躍するお話は怒濤の第二夜へ。

しかし、このドラマは何度リピートしてみても飽きません。


毎晩コツコツと編集していた連続ドラマ版の「のだめの出演シーンだけ抜き出した」映像集がいよいよ完成しました! かなり苦労しましたよー^^; といっても主役のなのでほぼ出ているので、カットしてもだいたい1話30分くらいになってしまいますが。
これでいつでものだめ名場面を堪能出来ます。さらにM4V形式でもエンコードしておいたので、今度はiPodに入れて外で見てみようかと思っています。でもiTunesに取り込むとなぜかデフォで「ムービー」となってしまうのですが、最初からテレビ番組に登録する方法とかあるんでしょうか。iTunesでは番組名とかシーズン別に管理できるのでホント便利です。今のiPodは古いため動画を続けて見られるほどバッテリーが持たないのが難点ですが、毎晩充電して楽しみたいですね。

次は、SP第二夜を見終わったらまた編集版を作って、しばらく「のだめカンタービレ」から離れて別の樹里さんの出演作品を見てみようと思ってます。

キャリアは短いのにすでにかなりの作品に出られてるようですので、どれから見ようか悩み中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジェイヌードの記事

明日発行される「ジェイヌード」という雑誌の記事がホームページで読めます(内容が雑誌と同じかどうか不明)

Jnude200802221

インタビュー記事はこちらで読めます。

うーん、表紙が素敵だなぁ。明日は配布場所に行けそうも無いです orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東芝HD DVD撤退報道に思う

東芝の撤退報道が続いていますが株価が上昇ということで、市場も「負けだろ」と前から知っていたということでしょうか。

マイクロソフトはXBOX360に影響無し、としていますが、そりゃそうでしょう。本気で推進するなら本体に搭載したでしょうに、外付けオプションのままなんですから(PS3のBDのようにコスト問題が大きかったんでしょうが、そもそも「安く作れる」と言っていたのに)。いつでも引き上げOKじゃないですか。もしくはBDAに加盟してまた外付けオプションにするだけだし(詳しくはないが性能的にはギリギリ再生可能だとか)。

それからいつまでたってもSONY対東芝。もうSONY規格というほどSONY独自のものじゃないというのにね。松下さんもがんばってるんですよ!マスコミはいつまでたってもVHS対ベータですよ。何十年言ってるんですか? 東芝だってベータだったそうじゃないですかw もうベータなんて知識でしか知らない世代が多いんです。

規格戦争が「消費者不在」というのもひっかかります。確かに「負け規格」をつかまされた人は怒りますけど、まだ使えます。不思議と負けゲーム機を買った人は怒らないんですかね。も企業利益=消費者満足ですか。両方あるのが理想ですが、ソニーと東芝がまるで悪者のような報道です。じゃあ、仲良く結託して規格していいんですか?もうひとつ言えば、ワーナーとパラマウントがまだ両対応しているときにユニバーサルがBD加盟すれば勝負はほぼ終わってたんですよ。ハリウッドには問題ないんですか? そのユニバーサルは早々に撤退してBDを発売するそうですよ。

Universal Pictures、Blu-rayへ移行

市場がまだ立ち上がったばかりで小さいうちは東芝とMSの手厚いサポートを受けてHD DVD発売。終わったらさっさとBDのできあがった大きな市場に乗り換えでほとんど損無しでウマーです。

 個人的にはBDF(現BDA)が発足したときに「深夜にまで及ぶ交渉をけって」東芝が参加しなかった時点でアウトだった・・・と思いますけど、DVDフォーラムって何様ですか、BDFメンバーは皆DVDフォーラムメンバーですけど何か? 

消費者不在ならとりあえずコピワンとかなんとかしてください。すでに破られちゃってるようですが、そっちのほうがかなり「不在」だと思う。まさか「ダビング10」などというしろもので解決したとお考えですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

「週間朝日」と「週刊SPA!」を買った!

表紙を飾った「週間朝日」
Syukanasahi20080219_2

このスキッとした明るい笑顔がたまりませんね。見てるだけで癒されます^^
これで寝グセがあったらのだめそのものですねぇ。

こちらの記事には「持ち味の透明感で 変幻自在の天性女優」ということで、もう一枚グラビアがありましたが、彼女らしい素敵な写真。あとで切り抜いてスキャンしよう♪


「週刊SPA!」は1ページだけ樹里ちゃんの記事がありましたが、かなり不思議なヘアスタイルですねw

こちらも「コメディもシリアスも変幻自在。ストイックに女優道を努める、彼女の信念と高踏」
とありました。

ロケで海外に行っても楽しみは「仕事」。のだめのパリロケでもプライベートはホテルとその前にある雑貨屋を行き来したくらいだとか(もったいない)。

撮影に入る前に祖父を亡くしているが、劇中での泣くシーンも、祖父を思い出したりするわけではなく、奈緒子として泣いてるんだとか。のだめでもいつも泣いていましたが、女優ってすげえ!


スウィングガール、のだめカンタービレのコメディエンヌのイメージの強い彼女も、今回の「奈緒子」で何でもできることを証明してみせたということでしょう。前からやってはいたんですけどね^_^; タイミングとか、映画の規模(?)とかあるのかな。

奈緒子のPRでも本人が語っていましたが、やはりのだめイメージは大きいのだと思うし今後もつきまとうでしょう(私も続編期待してるしw)が、それだけの当たり役があることは素晴らしいことです。大物女優でも、じゃあ代表作は?と言われても「はて?」という人は多いんじゃないかな。とにかくがんばって!

不器用なくらいまっすぐに女優にひたすら没頭する彼女をこれからも応援していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月19日 (火)

東芝がHD DVD撤退を表明

まあ、ようやく決着したようです。
みなさん、安心してブルーレイを買ってください。ハイビジョンで残せることはいいものですから。

容量の多いBDを支持していた私にとっては、HD DVDを支持する理由がわからず、かたくなにHD DVDを続ける東芝の方針が理解出来なかったし、彼らががんばればがんばるほど市場は混乱することをこのブログで書いてきました。RD-X4のDVDドライブで地雷を踏んで痛い目にあった私も、東芝のドライブ製造の技術力の無さは知ってても(というかそれでDVDフォーラム幹事でHD DVD開発とかいう時点でアレだが)その後RD-X5を追加したくらいにレコーダーは東芝RD好きだったのに。

東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息に

本田雅一のAVTrends
次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡


誤解を承知でおおざっぱに書くと、
・DVDライセンスで旨味を知った東芝は次世代DVDもDVDフォーラムでなんとかしたかった。
・東芝以外は保護層0,1mmで行けると言ってるのに、東芝の技術者にはそれが不可能にしか見えなかった
 (意地をはった?)
・PS3と次世代ディスクを混乱させたいといわれるMSと提携した
・最終的にハリウッドの半分を抑えれば引き分け=コンパチ=勝利
ということですかね。

結局
・ゲームでは不振(というかWiiが凄すぎ)といわれたPS3の効果は想像通り大きかった
・価格競争しすぎて中国メーカーですらついてきてなかった
・安いハードは売れてもソフトは売れてなかった→ワーナー離脱
・BDの量産効果は予想通りで、安く作れるはずのHD DVDと差が出なかった
・レコーダーではH.264のHDエンコードチップの開発、低価格化が期待以上に遅かった
 (MPEG2のまま間引いても良かったのにな)
・わかっていたことだが店頭にはレコーダー自体のシェアの落ちている東芝しかない

ということでしょうか。


今後はBD生産の予定はないということですが(そりゃBDAに加盟してないし)、やはりHDDを中心としたレコーダーに「HD Rec」があればいいんじゃないでしょうか。DVD-R 2層ならけっこう録画出来そうだから他社も採用してもいいくらいなんだけど、BDに絞られていくと不要と判断されちゃいそうです。再生環境が普及しないものは使いたくないですからね。

次はパラマウントとユニバーサルのお話を待ちましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

追悼市川崑監督「犬神家の一族」

市川崑監督が作る「金田一耕助」シリーズが大好きだった私にとって監督が亡くなられたとは大変ショックでした。もう一作、「悪魔が来たり手笛を吹く」をぜひ監督の手で映画化したものをみたかったです。


さて、名作「犬神家の一族」をセルフリメイクした平成版が追悼番組として地デジで今夜放送されましたので録画しました。まだブルーレイなどでの映像は発売になってなかったと思うので貴重です。

実はファンだとかいいながら、やっぱりちょっと見るのが恐かったし、評価もイマイチだったので見てなかったため、後でゆっくり見ようと今回は冒頭数分だけチラ見しました。


確かに金田一耕助は老けました。60歳を過ぎてます。若さはありませんが、そう違和感があるものでもないですね。肝心の珠世のことを「えらい美人」と紹介するホテルの女中のほうがずっと美人で可愛いというわけのわからない状況(あくまで私の目線なのでファンの人すみません)。

女優を気に入るかどうかで評価が大きく変わる私ですが、30年前の珠世は、スクリーンの中で凛とした美しさがあった。新しい珠世の人について有名な人だと思うけど(この人を使うことが映画製作の条件だったという噂を見たことがある)ドラマとか見てないからよく知らないので、今回はどうなのか不安だが楽しめるだろうか。映画の最後の金田一耕助が去るシーンで「ああ、もう行っちゃうのか、寂しいな」と思えるかどうかが「市川金田一耕助」が良かったかどうかの私のバロメーターのひとつなのですが・・さて。

深田恭子さんは、いつでもどこでも深田恭子であって、他の誰でもないという特異な魅力を放つ女優さんだ。それはそれで貴重なことで、それに対して仕事があるんですよ。ある意味誰も真似出来ない。このままずっと行って欲しい。ドロンジョ様も期待しています。

後で編集してBDに焼いてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初日舞台挨拶動画あります

動画サイトで舞台挨拶や囲み取材の動画が公開されてますね。

春馬の筋肉はカチカチでコンコン!?

(MacやWindowsのFirefoxでは受け付けません orz)

報知エンタメ動画
動画直リンはこちら

カチカチのコンコンが元に戻って「素直な体デスネ」で話はおかしな方向へw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月18日 (月)

ラスト・フレンズ公式HP来てました

ドラマ「ラスト・フレンズ(仮)」の公式サイトがオープンしてますね。

「ラスト・フレンズ(仮)」

いつまで(仮)ってつけてるのかわからないんですが、ちょっと古い感じのタイトルですよね。内容もそういった感じかな? かなりドロドロした内容のドラマを予想してる人もいるようですが、あまり暗くならないで、学生ではない20歳を過ぎた友情系のちょっと熱いドラマだったらいいな、と思うんだけどどうなんでしょう。

「自分らしく前向きに生きていく」というところに期待。

関西の方の舞台挨拶で「思い切って髪を・・・」的な発言があったようですが、新ドラマで樹里ちゃんはボーイッシュな役なのでやっぱ髪を切るかも! (それもまた楽しみなのだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月17日 (日)

ueno-juri.comがなんだかスゴイことに

毎日チェックがかかせない樹里ちゃんの公式HP ですが、マネージャーレポートに初日舞台挨拶の様子がありましたね。4人で階段で撮った写真素敵です。

そしてなんと「juri art」のページに長文がアップされている!!


いつもは撮影した写真と一言二言なのに・・・。

もちろん「地球46億年冒険の旅 アース・オデッセイ“地球とは何だ!?”」はもの凄く楽しみにしているのに、さらに、これから長文のアップ宣言が。

とにかく樹里ちゃんが僕らファンに対して「とても語りたい」ことがあるようです。


「私の大切なファンの方々へ・・・」

くぅ〜、その中には自分も入ってるのかと思うとたまりません。キュンキュンです。


でも、何だろう・・・ちょっとドキドキ、楽しみでもありなんだか不安でもあり、ああ、もうどうにでもしてくれ!w

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ロス:タイム:ライフ次回予告キター!

今夜は予告だけで興奮して眠れません!

ついに待ちに待ってた樹里ちゃん主演のドラマ「ロス:タイム:ライフ」第4節の予告編が流れました!

ついでに公式ホームページも更新キターーーー!
フジテレビ「ロス:タイム:ライフ」
予告動画付き!(テレビと違う)

とにかくヤバいです。

ナースに弱い(?)私にもうどうしろというのかwwwww

温水さんがこんなにうらやましいとは!w


と思ってたら、フジテレビで23日2:50より映画「サマー・タイムマシーン・ブルース」をやります!

ハイビジョンで本当に良かった。
地デジで樹里ちゃんが見られる喜び!(感涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月16日 (土)

上野樹里「奈緒子」初日あいさつ

上野樹里:「全部脱ぎすてて演じた」 映画「奈緒子」初日あいさつ

今日は、映画「奈緒子」の初日ということで、いろんなところで舞台挨拶が取り上げられています。

中でも「全部脱ぎすてて演じた」という大胆発言w をタイトルにするところが多いようですね。

(個人的には、本当にそういうシーンは絶対あって欲しく無い!!)


ずっと「奈緒子」PRの映像を見てきて、「前髪長いなぁ、似合わないなぁ」と余計なお世話で思っていたのですが、先日の「いいとも」のときもでしたが、前髪はちょっと切ったのか、フワッとしたヘアスタイルになってGOOD!

いやこうして見ると大人だなぁ−と思うのは舞台向け?のメイクのせいですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

HD DVDよさらば?

あのWal-MartまでもがBlu-rayに一本化へ

東芝、間もなくHD DVDから撤退か

もういよいよ終焉が近づいてる気配がひしひしと伝わってきているようです。あのWal-Martにさえ見放されてしまっては最後の砦である北米で勝てるとは思えません。


今後の東芝には、BDには参入せず、大容量のHDD搭載レコーダーで、USB外付けHDDの使用可能(ムーブ可能、さらにVista環境のPCに接続してWMPでの視聴可能)といったウルトラC級のレコーダーを出してくれることを希望します。


---------
(追記)
NHKがニュースで「東芝の撤退で調整へ」について放送したようですね。

素人から見ても勝てる見込みの無かったHD DVDは、結局MSとともに市場を混乱させるだけさせて、ベータほど普及はしてないものの「買った人はどうするんですか?」という感じになってしまった。正直、東芝ががんばればがんばるほど市場も消費者(あくまでBD側からとなるが、シェアが違う)も迷惑だったことはずっと書いてきたが、こうなると、もうね、ことばありません。


東芝、HD−DVD撤退へ BD勝利で規格争い決着

東芝撤退、HD買った人は? 規格戦争で消費者置き去り
<東芝>HD撤退へ ブルーレイ支持広がり、継続困難に東芝の損失は数百億円に上る見通し。

“東芝、HD DVD撤退で調整へ”報道を読み解く

ちょっと前にBDを離脱していたパラマウントさんは、結局損はしてないかもしれないが、会社としての姿勢に疑問を持つことになった。ここまで読んでたとは思えません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年2月15日 (金)

樹里ちゃんの出ない日

ここんとこ毎日のように「奈緒子」のPRでいろんな情報番組、バラエティ番組に出演されていて、それを帰ってきて、何回も見て、さらに出演シーンを抜き出して、Macに保存するという日が続いていたが、それも今日は無し。

公式ページで確認しても、中部、関西方面に集中していてこちらではしばらく放送がない(あるのかどうかわからない)ので、なんだかぽっかりと穴があいたような寂しい夜です。

ネットで探していろいろ集めてみたものの、これって「いつでも見られる」と思うと意外と繰り返し見ないものなんですよね。自分でリアルタイムに録画したものほど見てる気がする。それでも玉木宏さんと共演したNECのPCのCMはいいなぁ。ちょっとだけのだめ入ってるときもあるけど、ほとんど別人。玉木さんもまったく千秋っぽくないんだ。



 あ、ここんとこ意識して「樹里ちゃん」と呼ばせてもらってます。すみません^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里 in 笑っていいとも!

やっほー! バレンタインスペシャルでコーナーゲストで最後に紹介されて登場!

いきなり挨拶もなく定位置につこうするあたり、バラエティ慣れしてない感じw

会場から「可愛いーっ」の声がかかる!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

もっと樹里ちゃんを映してくれヨー!!


カメラ何やってんの!(怒)

もう樹里ちゃん専用カメラで常時ワイプでぬいてくれるくらいしてくれw


クイズ自体は「ニューハーフ美人の整形費代順に5人を並べる」というものだったのですが、樹里さんの質問は「昔、男性芸能人の誰に似ていたか?」ということだった。「何聞いてるんだ?」と思ったけど、考え直したら、これかなり的確な質問じゃね?

緊張とかしてんのかな?と思ったんですけど、結構楽しんでたみたい!

今度はテレフォンショッキングで出演してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里さんスジナシ予告

これは見たいゾーッ!!

スジナシ次回予告

なんとかなりませんか orz

上野樹里さんの女優魂全開じゃないですか?

仰天ファンタジーの完成ですよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月14日 (木)

上野樹里 in 情熱大陸

けっこう出演するのってステイタス?なこの番組に、上野樹里さんが2007年5月に出演されていたことを、今日いろいろ検索したことで知った。

彼女は早くに母親を亡していたことは知っていたが、今では生まれ育った家も亡く(映像では家のあった跡地の空き地へ行ってた)、「帰る場所が無くなった」と言う彼女の家族はバラバラに暮らしてるとか。私にも想像できない、とてもつらい時代を乗り越えて今があるんだね。

いろいろ、そのときの番組について語っているブログとか読んでるうちに、胸が締め付けられてしまい、彼女のことをもっと好きになってしまった。

女優として有名人となった今、成人式で一番後ろの席に静かに座ったそうだが、スターになった彼女は今どんな気分でいるのだろう。いつまでも初心を忘れずにいて欲しい。


ずっとテレビは限られた物しか見ておらず、今年に入るまで彼女のことを知らなかったことが悔やまれる。どうしてもっと早く知っていなかったのかと。(スウィングガールズやのだめカンタービレがヒットして話題になっていたことは知っていたが興味が沸かず、主演の人までは知らなかったし、同じ人ということさえ・・・)
TBSさん、なんとかDVDで発売してくれませんか? BS-iやTBSチャンネルの再放送でもいいですから!

----------
個人的判断により一部文章を訂正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里さんの動画をダウンロード

私がいつもWEB上にある動画をダウンロードするのに使用してるのが Windows用のアプリで「Orbit」というものです。

オリコンさんのページとかYohooとか、動画が公開されるとストリーミングしかできませんが、これだどカンタンにダウンロードができます。WMVやFlashとか対応してるっぽい。

オリコンさんのページでは右クリックが禁止なのでブラウザのオプションからJava scriptをオフにすると右クリックからダウンロード可能でした。

以下、のだめカンタービレの今ではプレミアのついているDVD-BOXの初回限定版をPRする、のだめこと上野樹里さんので動画です。


なお、Macの場合は、特に何をするでもなく、WMV用プラグインFlip4MacWMVをインストールしてあれば、ブラウザからWMV動画をQuicktime形式で保存は可能ですよね。(ただし、拡張子がなく、wmvコーデックのQuictimeという特殊なファイルのせいか、Windowsでは再生できないもよう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月13日 (水)

樹里さんの雑誌をチェック

いつも買ってるTVガイドに [ロス:タイム:ライフ] のナース姿があって、さっそく切り抜いてしまったんですがw ザ・テレビジョンにも記事が載っており、こちらは2ページで3月1日に放送されるTBS系「地球46億年冒険の旅 アース・オデッセイ“地球とは何だ!?”」もあったのでこちらもかぶってしまうけど買ってしまった!

ナース姿は公式HPにもあったのですが、TVガイドのほうが良かった!

人が死ぬ間際にもしサッカーのような「ロスタイム」があったら・・というユニークな発想のドラマで、樹里さんは自殺するナース役のようです。暗くならないようだといいんですが、あまり泣かされるのも困ります^_^;

いやぁ楽しみですねぇ。


「TOKYO★1週間」という雑誌の表紙も飾っていたんですが、「表紙だけか・・・」とスルーしてしまった私はファン失格ですか orz

Tokyo1week



実は先日「Gyao Magazine」も買ってあったんですが、グラビア4ページも嬉しいことながら、その記事の内容が良かった。

Gyao

「自分で役を選ぶなんてそんな自信はない」「やってみなきゃわからないし、自分で出会いを狭めることになる」「奈緒子で走ることに感じた共通点は没頭すること」「自然も動物も人間もシンプルに生きることに没頭する」「自分にとってそれは演じることに没頭する、役者をがんばること」だそうです。

なんだかのだめカンタービレの「音楽に没頭する、音楽に真剣に正面から向き合わないと本当に心から楽しめない」というミルヒーの言葉を思い出しました。

今、演じることが楽しくてしょうがないんでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

上野樹里PHOTO BOOK「A PIACERE」

ついに見ました! 開けてみましたよ!

せっかく買ったんだし。

でも開ける時、手を洗ってないことを激しく後悔 orz orz orz

全ページで上野樹里さんの魅力が爆発デス!

やばいですよ、コレ。

私がのだめ再放送で樹里さんのことを知る前の2005-2006の19から20歳くらいにかけて撮られてるんだけど、もう輝いてますよね!カメラマンも上手いんだろうけど、被写体が格別最高!
 今のほうがやっぱりちょっと大人っぽいんだけど、やっぱ成功する女優というのは別の生き物かもしれない。(こういう言い方は樹里さんはイヤかもしれないけどね)

なんだかテーマを持って演じながら撮影してたらしいけど、どれも樹里さんそのものに見えるなぁー。


仕事でもプライベートでも樹里さんといっしょにいられる人は幸せだよ。一緒にいたら楽しいだろうし、ずっと見ていたいと思う。


誰か、これスキャンしてくれないかな。
有料でもいいからデスクトップピクチャーとして公式に公開してくれるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

樹里さん「男おばさん」に出演

「男おばさん」と「男おばさん特盛」にVTRで出演。

デジカム探訪HYPERで、笠井信輔アナがデジカムを持ってインタビュー。笠井信輔アナはこの「奈緒子」を絶賛でした。イスを並べての撮影なのですが、デジカムでギリギリ近くまで寄るので、樹里さんが少し引き気味で体が斜めになってるのがおかしかった。

あのよく流れる「給水を雄介が拒否するシーン」は、あれだけでなんと一日かけて撮影したエピソードを披露。こだわりのシーンで何テイクもとって全部OKだったのにエキストラ(ファン)からはNGばかりだと思われていたそうです。

個人的に趣味で余計なお世話ですが、ちょっと前髪長過ぎ? 


もう、追いかけるのが整理つかなくて、疲れるくらいさまざまな番組に登場(VTR)する上野樹里さん。

こっちがそうだから本人もかなりお疲れだと思う。がんばって!


といってるそばから、公式HPによると、あの「笑っていいとも!」に明日14日出演されるそう。どうやらテレフォンショッキングではなく(それも見たいけど)コーナーにゲストで登場するようです。木曜日は鶴瓶師匠もいるようですからね。要チェックです! はっちゃける樹里さんが見られるかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

樹里さん用のブログ

検討中。

特にテーマはなく、思いついたことを書き続けた雑記状態のこのブログでしたが、上野樹里さんとの出会いによってw ほとんど樹里さんのことしか書いてない。というか家にいる少ない時間(仕事中もだが!)そのことしか考えていないので仕方がないんですけど、今しばらくは続きそうなので、思い切って別のところに引っ越そうかな、と思う。

ところで私も「樹里ちゃん」とか「樹里っぺ」って読んでいいですか?^_^;

ちょっと恐れ多いんで「さん」で読んでるけど、親しそうに読んでみたい!
三浦君が「樹里ちゃん」と読んでるのを聞いて「いいなー」と思う反面、オマエ年下なのに!と嫉妬する私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CD-DVD「じーじの絵手紙」を買った!

やっぱり買いましたよ!

Jiji


録画したものから抜き出した音声ではやっぱり納得出来なくて、

「もっといい音で聴きたい!」

と思って。

いまや「おなら体操」とともにiPodでヘヴィーローテ−ション。「おなら」→「じーじ」とつながるところがナイスなのですw

やさしくていい声ですよね!

おなら体操と全然違うんだけどw
こんな樹里さんらしい企画なら多いに結構! また何かお願い!

でも別にCDデビューしたりヒット曲歌う、とかそういうのはまったく私は期待してませんので。(というか、しなくていい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月12日 (火)

出川ナイト in アメトーーク

ちょっと古い話で恐縮ですが、先週のアメトーークの録画を今日ようやく見ました。

なんと2週に渡って「出川ナイト」だとか。

アメトーークでの出川さんは浮いてて、いつも噛んだことの揚げ足取りばかりであまり好きではないが、つーかそういうふうに持っていってるわけですけどね。学生時代からの友人でもある「チェン」ことウッチャンの出川いじりのほうが上手くて「笑いの神」がいつも降りてくるから好きなんだな。

で、出演者があの「ウリナリ」のメンバーとだいぶかぶってるのが嬉しかった。ひさしぶりに集まってる姿が懐かしくて、あのメンバーでまた何かやってくんないかな。CSでいいからウリナリまた見たいなぁーと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

樹里さん、めざにゅ〜に出演

「奈緒子」のPRも終盤?になり、早朝の「めざにゅ〜」にVTR出演。指人形の忍者のインタビューに「が・・・がんばります」と返し「やりづらいんだ」と三浦君のツッコミ。

歩いていった近所の温泉の帰りに雨に降られ、ホテルの隣に住むおばちゃんに車で送ってもらい、その家にご飯に呼ばれたエピソードを披露(初?)。陸上部の娘さんと盛り上がり、「のだめカンタービレ」のビデオ見たり、ピアノ弾いたり、親戚や近所の人が連絡網で集まってきて撮影会になったりして、楽しかったそうです。

つーか、俺も呼ばれてぇー! 何、その至福のひととき!

めちゃくちゃウラヤマシス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

HD DVDは終焉か

いわゆる「ワーナーショック」で、次世代DVDはBD(ブルーレイディスク)の勝ちという見方が強まっている。ネットでも雑誌媒体でも。いままでHD DVDが主張してき数字のマジックも通用せず(これは不意いい社長もあれはマジックと認めている)、結局は立ち上げ前の予測通りPS3が圧倒的な牽引力になったようです。HD DVDは激安プレイヤーの焦土作戦も仲間を拒絶するばかりで、肝心のソフトが売れないんでは意味がありません。ただの高性能DVDプレイヤーでしかなかった、ということになります。

だいぶ前ですが、AV界の海原雄山こと麻倉怜士氏のコラム

個人的にはDVDとの差を意識せず使え、MPEG-TSのDR録画でさえDVDに記録してしまえるHD DVDと、HD Recの規格は良かったと思っています(値段がまだ高いだけに実際に地デジなどの番組によっては25GBのBDが多すぎでもったいないと思うことがありますから)。ただし、やはりこれは「録画」「記録」するマニア向け。映画コンテンツの販売では意味が無く最近は2層50GBがあたりまえ、また記録するなら、コストで負けなかったBDの大容量に劣ります。それとあまりにDVDの規格を拡張しすぎて、もうマニアでもだんだんわからない、どっちでもいいよ状態になりかねない状況を、松下の人が言っていた「BDでいったん整理する」という意味がわかりますね。(とかいいながら松下も独自のAVCRecとかやっちゃいましたが)

ハリウッドがBDがいいと言ったら止めるというようなことを藤井社長は言っていたにも関わらず、パラマウントをお金で抑え、盟友ワーナーが去った後も継続する発言はもう開いた口が塞がりません。といってもそろそろ引き際というか整理を考えてるかもしれませんが。

やはり、あの「統一交渉」を蹴ってしまったのは痛かったですよね。ほとんど統一に向かっていたのに日経のすっぱ抜きでメンツ丸つぶれで意固地になったように見えたのもマイナスだった。あそこで統一していれば一層の容量がもう少し増えて(30GB)いた可能性もあったらしく、またいまのHD Recのような方法もBDでできたかもしれないと思えるのが私としては残念です。東芝の当初のもくろみでもあったハイビジョンをH.264でエンコードできるチップが安くなるのがもう少し速かったら・・・もう少しいい勝負をしていたかもしれませんが、それは「分裂」が解消されないことも意味するか。


--------------
(追記)
アメリカ大手の小売りBEST BUYがブルーレイを選択

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モバイル動画プレイヤーを物色中

ずっと「こんなの出たらいいなぁ」と思っていたのに、いざ出始めの頃は高いし(VAIO関連とかビックリするくらい)、バッテリーもたないし、「こんなの売れねぇ」なんて言ってたんですが、いよいよ欲しくなってまいりました!

もちろん上野樹里さんの動画、音楽などいろいろ、電車の中でニヤニヤしながら見ようかと思ってるんですが、今までまったく眼中になかったのでどれを選べばいいのか全然わかりません。

VIDEO再生対応のiPodを使ってるんですが、中古で買ってからも長い間使ってきたのでもうバッテリーが持ちません。これは部屋でのBGM用として小さなスピーカーを用意して隠居させようかなーなんて構想も。

PSPの液晶がでかくて、ゲームは・・しないかもしれないけど、オプションでワンセグもできるし、なんだかいろいろできそうですね。「メモリースティックナンタラが高いよ!」と知り合いに聞いたのですが、どうなんでしょう?
そういえば、ワンセグ対応のウォークマンもありましたね。iPodを新調してもいいのですが、できたら大きな液晶が・・・それともケータイで見るか。またアジア系のメーカーで安いプレイヤーとかあるのか? どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里さんスジナシに出演

スジナシとは、鶴瓶さんの番組で、まったく台本がない即興のドラマを演じるという。それってかなり役者にとってハードな番組じゃないですか!? 下手な人は出られないでしょ、それじゃ。

「奈緒子」での共演で縁ができた鶴瓶師匠のこの番組に上野樹里さんが出演されたようです。もちろんPRも兼ねてるでしょうけど。他の掲示板で情報が出ていましたが、公式HPにもようやく載りました。

現場の雰囲気で役作りをするという彼女の本領発揮かも! 観覧した人の話では関西弁で話してたという情報もあるのでそれも楽しみ!

しかぁし! これ中部地方でしか見られないってホント?

TBSチャンネルで忘れた頃に放送中らしいのですが、なんとかならんのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月11日 (月)

髪を縛った上野樹里さんも素敵

今日は「日本映画専門チャンネル」の「シネマホリック」に映画「奈緒子」のPRで出演されてるのを見ることができました。

髪を縛った樹里さんもいいね! 可愛い!

ところでいつ撮影したんですか?というくらい樹里さんが薄着だったんですが、のだめばりにお色気で勝負でしょうか?^_^;

しかしこれだけインタビューがあると聞かれることはいつも同じなので自然と答えも同じにならざるを得ないでしょ? まあ、私のように視聴可能な出演番組をすべて見ていると、同じ答えを聞く回数も増えますよ。でもいいんです。髪を縛った彼女を見ただけで得した気分。


それにしても公式サイトの情報を見ただけでも出演番組の多さ、雑誌媒体、ラジオなど、すごいスケジュール。PR活動も大変だなぁ。樹里さんお疲れサマ!


ところで私はこの番組スカパーで見たのですが、ワイドの映像になっていました。4:3の映像なので上下に黒帯がついているから有効な画面は小さくなるわけですが、これってスカパーe2とかで見ると、16:9のワイドで見れるんでしょうか? まさかHD映像・・・?じゃないですよね? うーん、どうなってるだ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめカンタービレ #119

KISSが発売されていたので読んでみたのですが、なんだか話がわかりませんorz

どんな展開だったかを思い出すのに一苦労。

やっぱ単行本で一気読みのほうがいいなぁ。

とにかく、千秋とのだめの間にはなんだかすきま風?というか、すれ違いのようなものができはじめていて心配だ。孫Ruiもからんでいるし、どうなるんだぁ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月10日 (日)

今週のビッグコミックスピリッツを衝動買い

もう何年もまったく読んでなかったんですよ。

でも表紙になってるからと、コンビニへ・・・・。

表紙を見るなり、山の下から抜き取りレジへまっしぐらw

もうコレ買うしか無いッショ!

Spirits_20080225_2


中のグラビア&インタビュー 最強の8ページ!

特にお気に入りは2ページ目の優しそうな笑み。これは神だぁ〜、いや女神か!


「奈緒子」をやるのは運命だっかかもしれない、とありました。

奈緒子という役が彼女にいい影響を与えたのでしょう。


樹里さんは自分で役を選んだことはないそうだ。事務所が持ってくる仕事をこなしてるらしい。
そこに新しい出会いがあるのが楽しみなんだとか。

いい感じで成長してると思う。
事務所の人今後もよろしく!がんばって!


そういえば、まだ写真集開けてなかった!

10代の頃の水着のやつもあるようなので今度買おう! でも今の樹里さんはもっとシュテキ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里PHOTO BOOK「A PIACERE」

Piacere


を買いました!^_^

でもまだ開けていません!

なんだかもったいなくて!

開けるのにとても勇気がいります。


裏表紙の樹里さんの画像が綺麗すぎです!

それだけでも満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 9日 (土)

「奈緒子」テレビPR

毎日家に帰って上野樹里さんの映像や記事をチェックするのが日課となり、それだけが楽しみで生きている。

今、映画「奈緒子」のプロモーションでたくさんのワイドショーなどに出演されているので、「出る」とわかれば必ず録画し、それを切り出して保存しています。

このあいだはチャンネルNECOで出てましたが、大竹まことさんのラジオ番組や、昨日今日と朝の「めざましテレビ」で試写会の会見の様子や、日テレの「スッキリ!!」のスッタメのコーナーにインタビューに出演されていました。

しかし「スッキリ!!」では樹里さんほとんど映画の話ではなく鶴瓶さんの話で、あれで良かったんだろうか?^^;

で、ここで超お宝映像! 必ずゲストは「スッキリ!」のポーズをするのですが、樹里さん、ポーズを決めた後にちょっと照れちゃって、その表情が超可愛い!!

とても自分のHPで、おかしなタスキリレーの爆笑画像を公開してる人には見えませんが!^_^


しかし、相変わらずアップになるとそのソバカス(?)のお顔なんですが、それでも最近の映像はどれもキラキラ輝いてますね!さすがスター!という感じ。彼女は自分らしく自然体でいることを大切にしているように思えるのですが、「人から注目される」というのは人をここまで輝かせるものなんですねぇ。


明日は「知っとこ!」VTR出演予定デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 6日 (水)

アニメ版のだめカンタービレ

ドラマを見終えた後SP版に行かずあえて「アニメ」を選んで、時間があれば一気に見ています。もうこればっかり。前23話らしいのでどこまであるのかな?と思ったのですが、30分アニメだとサッサと終わっちゃうんで多分ドラマと同じところで、まあ、いいところで終了というところじゃないでしょうか。

何カ所か飛ばしている(時間的?内容的に?)ところもあったけど、基本的に「原作に忠実に」作られているようです。

しかし、テンポというか間(ま)というか、もうひとつスムースではない感じが当初はしました。マンガのアニメ化っていつもこの「コマとコマのあいだ」をどう埋めるかがテーマなんですが、これが上手いかどうかで決まっちゃうんですよね。だいぶ見続けているとだんだんと自分が慣れたのか、作品がテンポを掴めたのか違和感は薄れてきました。のだめの声の人も、樹里さんほど癖がなく(あのしゃべり方で駄目だった人もいたと思う)最初は物足りなかったけど、今はとてもいいと思う。

それにしても演奏シーンがほとんど止め絵なのはどうなんですかねぇ。オーケストラが動かないアニメーションにはちょっとガッカリ。(ピアノの手元やバイオリン演奏のシーンはCGみたにきれいに動いてはいるんですが)

まあ、マンガどおりなので「必須」ではないかもしれないレベルですが、押さえておいて損は無いです。それと、原作どおりなので続編のヨーロッパ編も作りやすそうですが、企画はでないんでしょうか。

これ終わったら原作で確認をまたしちゃいそう。


---------------
(追記)
ピアノやドラムにYAMAHAの文字がよく出てくるんですが、どうやらスポンサーだったみたいです。さすが日本の楽器メーカーといえばヤマハですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

フジ4月ドラマ「ラスト・フレンズ」に出演!

なんと、上野樹里さんがフジテレビの4月の木10ドラマに出演することが発表されました!

長澤まさみ殴られる!親からもいじめられ彼氏からはDV…

長澤まさみがDV!さわやかキャラ一転、フジ系ドラマで新境地

残念ながら主役は長澤まさみさんで樹里さんではありませんが、「難易度の高い役どころ」と絶大な信頼を寄せられた「実力派」ということで起用されたそうです。さすが!

「のだめカンタービレ」以降、のだめの印象が強すぎて定着しちゃってそういったコメディーばかりになりそうなところを、「奈緒子」や今回のボーイッシュな「瑠可」というところで、いろいろな役をこなせる実力を見せてほしいところです。いろんなオファーがあると思いますが、役を選ぶバランスもいいなーと思います。でも「のだめの続編」も待ってますよ!

また瑛太さんとの共演も多いですね。主役の長澤まさみさんには今までまったく興味がわかなかったのですが、このドラマで見方がかわるかもしれません。(でも視線は樹里さんから離れないと思う)

とにかくとても楽しみ!

他の某掲示板では、設定から想像してDVの長澤さん、セックス恐怖症の瑛太さん、で、樹里さんは「性同一障害」の役ではないか?との予測もありましたがなるほど。そうなると瑛太さんの奪い合いではなく、長澤さんのほうか!?^^; どうなんでしょうね。なんか気になってしまうー。
オードリー・ヘプバーンとシャーリー・マクレーンの「噂の二人」を参考に持ち出す人がいて、すごいな、みんな。言い得て妙。もちろんシャーリー・マクレーンが樹里さんにあたると思うのですが、それも合ってる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奈緒子 neco特番

チャンネルNECOで「奈緒子」特番、そして「おすぎのシネバラ!」、スカイビジョン「V-Stage」を放映中なので録画してみた。もちろん「奈緒子」のPRのためのVTR出演。

すっごく面白そうじゃ無いですか!「奈緒子」!

ちょっと地味なので超ヒット中!なんてことにはならないのかもしれませんが、良作の予感。

本人も「ギリギリ」と言ってましたが、そういえば樹里さんはもう21歳。高校生役もギリギリなのかもしれませんが、結構に合ってましたね。いろいろ調べて見ると十代のうちに奥さん役とかやってたりw けっこう老け顔?だったのだろうかw 

とにかく映像の中の彼女はまったく「のだめ」には見えなかった。顔つきが違うし。メイクやヘア、演技でまったく違うキャラになれるんだね。こういう演技もいいなぁ。

それにしても、このインタビューも永久保存版的に可愛い映像ですのでファンは絶対必見ですヨ!(DVDにこういう映像が収録されるとはかぎらないですからね)

あと、公式HPによると出演番組がなぜか関西方面に集中している orz なぜだー! 関西出身なのはわかるけど、映画は全国で公開するのなら関東でもやってくれェー!


しかし、どんどん綺麗になっていくなぁー。いろいろ検索してみる以前の彼女は、特に今のヘアスタイルになる前(10代)はまだホント垢抜けた感じがしなくて、とてもフジの月9に出るような女優さんとは思えないデスヨ(スミマセン)。「亀は意外と速く泳ぐ」の地味なことw(そういう平凡な役らしい)。眉毛太いし。「笑う大天使」と同時期とも思えません。録画したけどDVDを買う決意をしたんでちゃんと見てませんが。


ちなみに私のお気に入りのお顔がこんなところにありましたのでご紹介。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080101/tnr0801011233003-n1.htm
のだめのスカーレットオハラw みたいにお化粧したお顔もすごく可愛かったのですが、ナチュラルメイク(?)な彼女もGOOD。特に2枚目の画像なんか見つめていると「あへ〜(ハート)」デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 3日 (日)

メレンゲ見たー!

いいよー!樹里チャン(あえて) 樹里アナ東京w

しゃべってないでじっと話を聞いてる姿は「おとなっぽくなったなぁ」なんて思わせて、しゃべりだすと「あら?」とくずれる感じw あそこから、のだめやまる子、奈緒子が出てくるのか、と思うと面白い! あと、考えるとき必ずデッカイ目で空中を見るクセがあるんだね。

もっと家の様子を見たかったよー。マンガ「奈緒子」揃えていたんだけど、「のだめカンタービレ」も見せて欲しかった。けど、「奈緒子」のPRなんだからそれが正解。

で、樹里さんが紹介していた「どろ焼き」という美味しい食べ物が池袋にあるらしい。絶対行きマス!

公式HPでも海外旅行の様子らしきマネージャーのブログ?みたいなのがあるんですが、旅行好きなんですね。その話かと思ったら「近畿一周!」とはw

それから小泉今日子さん、グッジョブ! 彼女の主演の「少女に何が起こったか」以来の2度目のグッッジョブー!
「樹里ちゃんはすごい年上の人がいいんじゃないか!」と言ってたんだって! 


「変態の森」ではない、不思議な「樹里ワールド」を持つ上野樹里さんでした。


地デジハイビジョン。ブルーレイ買って本当によかったデス。
その後、アナログ録画見たらガックリでした。


「チャンネルNECO」にて『奈緒子』特番も放映予定。
なんと16日には舞台挨拶があるようだが、「登壇者は予告なく変更する場合がございます。」って、どうしたらいいんですか! というか仕事で行けないorz  チクショー!ナマ樹里ちゃんのチャンスがー! シクシク・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 2日 (土)

メレンゲが見れない

ウワァー 恐くて見れない。見たいんだけど、やっぱ見れない。

ドキドキしちゃってどうしようもありません。

なんだか、樹里さんのぶっちゃけ恋愛トークらしいのですが・・・どうしよう

登場シーンだけ見たのですが、樹里さん可愛い!(ちょっと大人っぽい?)

とりあえず気を落ち着かせるために(?)K-1MAXを見ています。元ボクシングチャンピオンの前田選手が素晴らしかったのに残念でした。ベストバウドかも。

残りの試合を見て・・・それから風呂に入って・・・もう寝ちゃうかも。

どうしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またまたのだめ最終回を終えて

途中いろいろつまみ食いのように繰り返し見ているので(PCで見るからカンタンにシークバーで見たいところへ移動できる)、何回と数えるのも変なんですけど、毎晩見続けて、一応通して最後まで見ました。いや、でもあのサラッとした原作をよくここまで盛り上げるよなぁ−と、原作を知ってからなお感心。そして千秋様もいいし、あと真澄ちゃんの人、「うる星やつら」でメガネを演じてた千葉なんとかさんに声とか似てる!瑛太っていう人といい、若いのにいい役者さんばっかりだよー。

さすがにいろいろ内容を知っているので最初のときのような感動は薄れてると思いますが、やはりこみ上げるものがあります。それでも冷静に細かいところにも気がつくようになっていました。「のだめカンタービレ」を扱ってるファンサイトやWikiなどありますが、やっぱりいつか自分なりにまとめてみたいドラマです。

今度は続けてスペシャルを見るぞー!

あまり続けてみるとなんだかもっと薄まるみたいでもったいないので、これが終わったらアニメ版とまたマンガを一から読みかえすのもいいかもしれません。ドラマへの気持ちは新鮮なままとっておきたい。

続編を信じて待つ。レンタルやオークション、中古ではDVDが売れた記録にはならないから、これから買う人は絶対新品を買ってくだサイ! それが続編への第一歩かも!?・・デス。



※明日の「メレンゲの気持ち」に上野樹里さんが(映画のPR兼ねて)出演予定です!今から凄く楽しみデス!

※この閑散としたブログに昨日はとんでもないヒット数がありました。その検索ワードは「奈緒子」です。みんな大注目ですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年2月 1日 (金)

DVD-BOX

SPのパリ編がDVD化されるとうことで、いったんは冷めかかっていた「DVD-BOX初回限定版」への物欲が沸々と沸いてきて抑えが利かなくなってきている orz

Nodamesyokai


今プレミアがついて、販売店では5万円台、オークションでも4万円台で取引されているようです。

5万あったら何が買えるか?と考えただけで恐ろしい・・・

しかし、おまけグッズは無くてかまわないが、「特典ディスク」だけは永久保存盤として手元に置いておきたい・・・しかし・・・

それ1枚のために大枚ははたけない。でもDVD-Rとかはいずれ見れなく日がくるかもしれないが、プレスの正規版のほうなら一生の宝になりそうな気がする。なんだか「のだめ愛」を試されてるような気がしてきているw

すっかり乗り遅れた自分が悪いのだが・・・なんとかBDで発売してくれんかのー。フジテレビさん!

考えただけで頭が変になりそう。ああ、ポチッとしそうで恐い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »