« いよいよ明日「ラスト・フレンズ」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第1回その2 »

2008年4月11日 (金)

ラスト・フレンズ 第1回

何から書けばいいのか・・・・

青い空と青い海がとても綺麗だった。

美知留から瑠可への手紙を聞いてるだけでなぜか泣けてきた。

瑠可は死んだの?

あの恐ろしい出来事って?




幸せから一転、恐怖におびえる美知留。暴力を振るいながらもどうにもならない自分に悩んでいるかのような及川宗佑。女性と関わることに怯える水島タケル。滝川エリはまだその深い悩みはみえないが、みんないろいろな闇を抱えていた。

そして瑠可。

女であることを嫌い、性別というものを嫌い、美知留を愛してしまう。

そんな彼らがこの先シェアハウスに集まり、お互いを助け合い、求め合い暮らして行くのだろう。しかし何が起きるのか、まだわからない。

楽しそうに笑う5人の姿からは想像もつかない何かが待っているのか。




深夜になって帰ってきたので番宣も見ずにみることになりました。まだちょっと余韻をひきずってます。

オープニングの映像の素晴らしさに感動。

今落ち着いて振り返ってみると、皆素晴らしい演技で、ドラマの中にどっぷりと浸かっていました。



しかし・・・

上野樹里という女優の凄さにただただ驚嘆するばかりです。

この人は凄い、それしか言えない。すべてのシーンで彼女の表情に引き寄せられる。目が離せない。

|
|

« いよいよ明日「ラスト・フレンズ」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第1回その2 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

あの暴力のシーンがショックで涙が止めどなく出てしまった。
弱いものをいじめるなんて、男として許せない。
男は強いものに向かっていくものだ。
これを会社で実践しているので、やや辛い時もあるが。
長澤まさみは女っぽくて、しゃべり方にもあらわれている。
上野樹里は今回のようなサッパリした性格が本来だとおもう。
これは割と地で演技しているんじゃないかな。
「人間が怖い」というセリフにドキッとした。私と同じだから。
私の場合は皆が騒いでいる事に興味がないので、その中に入らないのですが。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2008年4月11日 (金) 16時47分

あの暴力のシーンと最後のキスシーンと一回目からかなり衝撃的な部分をしかけてきてましたね。「もうそれいじょうやったら死んじゃうよ」とか見てて思っちゃいました。

「男は強いものに向かっていくもの」
自分にはできてないことですね。できる人を尊敬し羨ましく思います。

投稿: 鬼八郎 | 2008年4月13日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ明日「ラスト・フレンズ」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第1回その2 »