« 無理な恋愛 第2話 | トップページ | Mac互換デスクトップ »

2008年4月16日 (水)

のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地MAP 完全版

Nodameparismap


ようやく見ることができました。

すでに頭の中は「瑠可」一色になってるので、どうかなぁ・・・なんて自分で思っていたのですが、ジャケットを見て、再生してみて、すぐに「のだめワールド(別名:変態の森)」に引き込まれました。

私の中では、同じ樹里さんでありながら「のだめ」と「瑠可」は別物として認識されてるようです。


とりあえず見たのは通常版全部と特典分。樹里ちゃんと監督さん、プロデューサー3人による「コメンタリー」はまた後のお楽しみで。

といってもこのディスク自体が本編の特典みたいなものなのに、盛りだくさんすぎて一度に見れない! 本編の特典はどれだけ盛りだくさんなんだ!?

さすがにテレビ番宣用の特番に無かった部分がたくさん入っていて大満足。

撮影の合間もハイテンションで楽しんでる樹里ちゃんを見ることができます。ピアノ練習風景とか苦労したりしてる暗いほうの映像は無いので、そちらは本編にあるのでしょうか。

あれだけのドラマでしたから、ドラマの制作の大変さを知らない素人から見てもわかるぐらいにもっと大変だったんだろうなぁ、なんて思います。

第一夜最初のほうのカフェでのフランス語レッスンシーンなどは「フランス語上手くなってきてるからもっと崩せ」という指示が出てた。すごい。

また千秋と片平のダブルの白目は名シーンだと思うが、確か放送時は提供のバックになっていたように記憶してる。残念。

樹里ちゃん一押しのハッチャケ・シーンでもあるカタイラとのバトルシーンがドラマ本編ではほとんど入っていなかったのは残念でなりませんね。

ヨーロッパの美しい映像を見て思うのは、こういうところだからクラシック音楽が根付いているのだろうと思う。日本家屋や富士山を背景にベートーベンやモーツァルトじゃないだろう。NHKなどのクラシック音楽の番組もそうだし。なんか歴史が違う。「本場」とかそういう次元じゃないです。

とにかく、このDVD収録の「上野樹里ロングインタビュー」はドラマ版のだめカンタービレのファンは必見の内容でしょう。樹里さんが「のだめ」というキャラについて熱く語ってくれます。(あの連ドラより濃い演技は監督の意向みたいですね)


さて、このDVDでもっとも気になるのは、やはり樹里ちゃん涙のクランクアップシーンで「映画」の話題を出しているところでしょう! 

樹「これはこれで、ホップ、ステップ来たと思うので、次はジャンプできるよう、また映画でみなさんと会えたらいいなと願っています。」

また、特典のロングインタビューでも「これから、できるかはわからないけど、(のだめの「凛」としたところを)出したいな」という発言をしてましたので、次の構想はすでにあるのかもしれません。実現するといいですね! だって、千秋はプロへの第一歩を踏み出してるけど、のだめは何も達成できてないんですから。樹里ちゃんはとりあえずやる気満々ということで!

前にも書きましたが、映画化よりはどちらかというと連ドラのほうがより深く表現できるような気もしますが、ヨーロッパ編は地味ですので、映画で盛り上げるのもありかな。でも2時間の尺では絶対収まりませんので、できるだけはしょること無く、前後編の2部作を希望します。来年春くらいで?

|
|

« 無理な恋愛 第2話 | トップページ | Mac互換デスクトップ »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/40898000

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地MAP 完全版:

« 無理な恋愛 第2話 | トップページ | Mac互換デスクトップ »