« ドラマのブルーレイ化の可能性 | トップページ | 瀕死のハードディスク »

2008年4月20日 (日)

イタズラなKISS アニメ第3話

なぜか夏休みの話を次回に持ち越して、先に体育祭のお話。最近は体育祭って春によるものなの?

入江家の将来を画策する両親のお話などは飛ばしてしまったようだ。リレーの練習なんかもカット。ひとつのテーマにそって、時間に合わせるようそぎ落として行くようだ。でもなぜかリレーのバトンのとき、入江君に飛びつこうとして金ちゃんと倒れるというのはアニメのオリジナル。原作ではそのまま入江君にバトンを渡してしまう。ギャグとしては原作の方が良かった。「リレーの最中」という時間的なことを考えるとアニメ版は時間を食い過ぎ、あまりにスピードの差がない限りB組を抜くのは至難の業と思われ、入江君は走りも天才(テニスも練習しなくても上手いし)。

順番が変わったため、体育祭の後の期末試験とクリスマスの話が続かないようです。夏休みの後はどうなるんだろう?

何度も見返してるうちに、ようやくエンディングの曲のメロディーがわかってきたw わざと落としどころをはずしてるのか。映像は割と好きなんだけどね。

それにしても1話以降、かなり絵がひどくなったような気がします。予算や時間の都合とかいろいろあると思いますが、主要人物以外の「顔が無い」のはいかがなものか。そりゃ「周囲の人たち」まで書き込むのは大変かもしれないけど、そこが気になってしまってちょっと萎えます。

|
|

« ドラマのブルーレイ化の可能性 | トップページ | 瀕死のハードディスク »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマのブルーレイ化の可能性 | トップページ | 瀕死のハードディスク »