« 最後まで一気読み! | トップページ | 今週のザ・テレヴィジョン「ラスト・フレンズ」 »

2008年4月 2日 (水)

その後のロス・タイム・ライフ途中経過

5話の幼なじみ編が美波さんの好演でとても良かったのですが、6節のヒーローショー編はストーリー自体はいいのですが、ロスタイムでなくていいじゃん、という。「死」を感じさせてくれる「切なさ」が無かったように感じました。7節もまた同様。

しかし、今度の8節「部長編」は好きですねぇ。真木よう子さん、素敵!

(樹里さんとは「サマータイムマシーンブルース」で共演して仲がいいらしい。今回で注目したい女優さんになりました)

ああやって出世して寝る間も惜しんで働いてる人を知ってるので(あそこまでひどくはないが)なんとなく感情移入しやすかったのもありますが、ズバッと言いたいことを部下や社長に言ってやったときは私も胸がスッキリ!

今回初めて「死」と「ロスタイム」を受け入れるというくだりがわかりやすかったように思う。やりたいことやってるみたいな。

温水さん、第4節の樹里さんに助けられて、競馬で万馬券当てて借金も返せるって。もしかして他のストーリーとキャラがつながったのって初めてですか?

最後の誕生日会、今まで付き合いが悪かったから誰も来てくれないのかと悲しかったが、彼女がいなくなってからたくさんかけつけてくれたのが嬉しかったし、悲しくもあった。昔の恋人の話とかもベタですが良かったし、そのときの選択に間違ってなかったからあえて合わなかったのだと思う。がんばって生きてきた人生に悔い無し、まさに「ロスタイムで清算」していた。

元カレのいるレストランで流れる私の大好きな「シェルブールの雨傘」のメロディーが美しくとても悲しかった。今回の実況、解説、コミカルな審判団もいい。ロスタイムを終え、審判団が引き上げていく姿が印象的でした。

私の「ロス・タイム・ライフ」の満足度では第5節と並ぶお気に入り。樹里さんの第4節と放送順を入れ替えて欲しかった気もするが(死因が自殺とはいえ延長戦はやっぱ反則気味)、そうすると温水さんの時系列がおかしくなるし、あの4節があってこの8節もあるとおもうと、ここでつながるのも嬉しい演出だった。

|
|

« 最後まで一気読み! | トップページ | 今週のザ・テレヴィジョン「ラスト・フレンズ」 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ドラマ「SP(Security Police)で真木よう子さんの存在を知りました。今週の週刊ポストの表紙にもなっています。すてきというか格好いいというか、魅力的な女性だと思います。これからもしっかりチェックしていこうと思っています。

投稿: Mr.S | 2008年4月 2日 (水) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後まで一気読み! | トップページ | 今週のザ・テレヴィジョン「ラスト・フレンズ」 »