« ドラマ「トップセールス」第2話 | トップページ | 裏相棒 »

2008年4月22日 (火)

ロスタイムライフ 特別編後半

上野樹里さん見たさに見始めたこのシリーズも最終回。かなり楽しめました。見て良かった。

特別編の前半でも書いたが、結局2話の結末とこの特別編が一番面白くなかった orz

温水さんオンステージを企画?したのでしょう。きっとあの長回しも、「どうだ!」という見せ所だったのでしょう。ただ私にはなんか舞台くささが鼻につき、ちょっとひいてしまったところがあります。特に温水さんの台詞口調がかなり厳しく、師匠と呼ぶ酒井さんの役のあり方とか(彼女自体は良かった)。ドラマと舞台は違う。なんかそんなことばかり気になって集中できなかったこと。ドラマ自体の展開があまりにお粗末だったこともあります。

特別編でありながら、結局今までのつながりも無視され、前半からのつながりもあっさりと消え(汚職事件やジャーナリストとスパイみたいな人)、なぜ先に審判やってたのか(時系列ではこれが先だったとすると「審判もした」というナレーションがおかしい)、笛が見えたり、謎だけを残して終わった。パート2とかやるつもりなのかはしれないけど、それじゃひど過ぎ。公式サイトのまとめのほうがまだましだった。

それでもやはり最後のシーンはちょっと胸に来ましたけどね。

というわけで、私のお気に入りは、1,4,5,8,9です。4と7が入れ替わっていたらさらによかったかな。自殺→清算→後悔→無かったことに(じゃなければ大怪我なはず)がもうちょっとわかりやすいとよかったな。

DVD-BOXが発売になるそうですが、(最近は映画だけでなくドラマもDVDにならなほうがおかしいくらいで、これでお金を回収するのだろう。)単品売りはないのか。どうせなら、とBOXもいいと思うが、私には樹里さん出演の第4節以外は録画で充分なんだけど、どうしよう。

|
|

« ドラマ「トップセールス」第2話 | トップページ | 裏相棒 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「トップセールス」第2話 | トップページ | 裏相棒 »