« ドラマ「絶対彼氏」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第8回 »

2008年5月29日 (木)

ドラマ「絶対彼氏」その2

人間型ロボットがもつ感情、ロボットに対する愛情みたいな話は、古くはもう鉄腕アトムからあったわけですが、愛着もわくし情も移るだろうな。それが恋愛となるとどうなんでしょうね。仮にあの会社が永久につぶれずにサポートしてくれると仮定して。
現実の話ではないけど、現実として考えると(?)最終的には恋人として選べない。たとえ1億払ったとしても・・・

なんて真面目に考えてもしょうがないかw でもラストはナイトとの切ない別れが待ってるかもしれませんね。ターミネーター2みたいな。そうなると浅元創志が恋人か?それとも1億払うんだから一生ナイトとつきあっていくのか?w しょせん家電製品なのか、感情を持った恋人なのか。SF的に考えるともしかしたら重いはなしなのかもしれませんが、そこはドタバタとライトにやり続けて欲しいなぁ。

浅元創志はアサモトの会社を辞めて、自分の理想のアサモトの店(元祖みたいな、手作りで素朴で味にこだわった店)を始めたらいいのに、なんて。


相武紗季さん、コミカルなドタバタ演技も面白いし可愛いし、18歳シリーズを彷彿とさせるところもあってとても見ていて楽しい。それとカメラの向こうからこちら側に話しかける「脱ドラマ演出」を久しぶりに見ましたね。

|
|

« ドラマ「絶対彼氏」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第8回 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「絶対彼氏」 | トップページ | ラスト・フレンズ 第8回 »