« イタズラなKISS マンガ22巻まで読んだ | トップページ | 劇場版「相棒」が大ヒット »

2008年5月 2日 (金)

ラスト・フレンズ 第4回

もう寝ないといけない時間なのですが、今週は内容盛りだくさんで何から書いたらいいのか整理がつかないです。

どうも瑠可が男臭いので、エリ(水川さん)いいよねぇ、綺麗だし明るくってぇ、タイプだなぁ、などと思ってたら、いきなり瑠可の涙にやられました・・・・

もうやられちゃいました。あの表情は・・・どっと心の奥底からこみ上げてくる悲しさというか悔しさを抑えきれない・・・。

やっぱ樹里さんスゴイワとしか、またそれしか言えない。


瑠可は美知留を守るため、だけじゃなく自分のために強くなろうとしているのに、それができない自分が悲しい。信頼する先輩からも女としか見られていないのか。心が男だからあのキスは許せなかったのでしょう。

だけど、タケルのことは恐くない。タケルはちょっとは違うが同じような苦しみを知っている。だからなにか通じるのだろう。彼は優しすぎるが、いい男だ。

いつか宗佑に美知留のことがバレるのかとハラハラしてみていたが、最後は宗佑の粘り勝ちみたいになった。美知留は宗佑のことを気にしてばかりいたからきっと宗佑の元に戻るに違いないと思ってたが、意外に速かったです。宗佑にも彼の苦しみがあるのだろうが、それを克服しない限り暴力は続くだろう。美知留はわかっているのだろうか?宗佑の孤独を救えるのか?また自分が泣くだけじゃないのか?

美知留はもうほっておくしかない。
そうでないと今度は逆に傷ついた瑠可が破綻しそうだ。

|
|

« イタズラなKISS マンガ22巻まで読んだ | トップページ | 劇場版「相棒」が大ヒット »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタズラなKISS マンガ22巻まで読んだ | トップページ | 劇場版「相棒」が大ヒット »