« のだめカンタービレ in ヨーロッパ DVD-BOX | トップページ | 「ごくせん」の原作 »

2008年5月16日 (金)

ラスト・フレンズ 第6回

今回もたくさんあって、見てすぐだと整理がつかないのですが。

瑠可は誰かに自分の秘密を話すことを医者に勧められていたので、思い切って今一番信頼できる「親友」のタケルに打ち明ける決心をしたが、そのタケルに、その話を遮らて、先に「好きだ」と告白されてしまった!!

切なすぎる・・

自分は男なんだと打ち明けようとした相手から、「女」として愛を打ち明けられてしまうとは。もうタケルにも本当の自分を話せなくなってしまうかもしれません。それどころか、またタケルにも壁を作ってしまうんでしょうか?


そのタケルが美知留を救おうとしたのも、半分は瑠可の気持ちがわかるから。そして瑠可と美知留を仲直りさせようとします。ホントにいい男だ、タケル。

でもタケルだって悩みを持っており、けっきょくあのシェアハウスの5人はどこかかみ合うこと無くちぐはぐで、深い底でもがいているようだった。

宗佑の嫌がらせは瑠可に及び、さらに酷くなっていくよう。どこまで瑠可の秘密を知っているのかはまだわかりませんが、ホントに許せない。しかし、子供に対しての彼の行動に嘘はないのだろう。そこが救いなのかもしれない。




頭の方で、オグリンにくってかかる瑠可が恐かった。樹里さん、男になりすぎ orz

|
|

« のだめカンタービレ in ヨーロッパ DVD-BOX | トップページ | 「ごくせん」の原作 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめカンタービレ in ヨーロッパ DVD-BOX | トップページ | 「ごくせん」の原作 »