« ラスト・フレンズ 第10回 その2 | トップページ | ラスト・フレンズ 第10回 その3 »

2008年6月13日 (金)

「iPodに補償金」9割が反対

「iPodに補償金」9割が反対 MIAUの調査、「ネット先進ユーザーの意見」

私が過疎ブログでネチネチ書かなくても多くの人が保証金に対して反対しており、私と同意見の方が多いようです。

特に多いのはやはり「購入したCDやダウンロードした楽曲を聞いているから、権利者の被害はない」(54.4%)というもので、まったくこの点を権利者は説明していません(してたとしても伝わっていない)。ただ売り上げが下がったのを勝手に理由づけてるようにしか思えません。

また、HDDレコーダーについても「地上放送は広告モデルの無料放送で、放送時点で収支はクリアされているから、いくら録画されても著作権者には経済的な打撃は少ないはず」(30.9%)、「アナログ放送とは違い、地上デジタル放送にはコピーワンス、ダビング10などのコピー制御が行われているので、補償金まで支払う必要はない」(24%)という私の主張と同じもの。放送を録画することで権利者がどれだけ損をしてるのか説明して欲しい。


次世代DVDの取材において第一人者の本田雅一さん(PC関連とAVライター)は以前AV Watchで「補償金制度拡大案への多くの疑問」というコラムを書いていますが、ブログにも興味深い記事があります。

(遅ればせながら)読売新聞のあまりにヒドイ社説について

その一言で、個人的にはさらに信用できなくなりました<私的録音録画補償金制度での権利者団体の主張について

-----(追記)-------

補償金制度への「さらに大きくなった」疑問

すべて代弁していただいてる感じです。

|
|

« ラスト・フレンズ 第10回 その2 | トップページ | ラスト・フレンズ 第10回 その3 »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラスト・フレンズ 第10回 その2 | トップページ | ラスト・フレンズ 第10回 その3 »