« ラスト・フレンズ 第10回 その3 | トップページ | ついでにベト7 »

2008年6月15日 (日)

なんとなく「のだめカンタービレ」を見た

あまり深く宗佑(「ラスト・フレンズ」)の死について考えてたんですが、いや、なんだか疲れちゃって(汗)

まあ、深く考えずにいつもの私のスタンス、まあ「なんとなく感じるがままに」見た方がいいんでしょうと思ったら楽になりました。

宗佑という「棘」が無くなった(というかホントに死んだんですよね?ハッキリとは言ってなかったけど)ので、もうあとはそれぞれがどう決着をつけるかが残されてる最終回だと思います。そしてあの第一回の冒頭に繋がるのでしょう。


で、今夜はなんとなく「のだめカンタービレ」モードで。

お手製の「のだめ出演シーン編集版」をパラパラと見ました。

特に最初の頃はのだめも悩むことなくw コメディ路線一直線なので、こちらも軽い気持ちで楽しめる。

そして、今更だが「のだめ」と「瑠可」を同一人物が演じていることの凄さをあらためて思い知ったw

1、2回はまだ試行錯誤?というかまだつかんでない感じがしますが、第3話あたりから急に「のだめ」になってる。それは顔も表情も口調も変わってて完全に「のだめ」だ。そういえば瑠可は最初から瑠可だった。最初に「めざまし」でベリーショートで現れて「見てねぇー!」なんて言ってたときはまだ「のだめ」が抜けてないなんて言われてたのに(あれは地なのか)なぁ。

2年くらいの差でこうも顔が変わるかな?というのは共通の出演者はみな同じだが(けっこう若く見えるw)、やはり樹里さんがものすごく変わった。ヘアスタイル以上に表情が違いすぎる。やはり「瑠可」はいつも険しいイメージしかない。無理矢理脳内でのだめの髪をベリーショートに変換すると、「あ、番宣とかで出てくる普段の顔だ」になるんですね。

|
|

« ラスト・フレンズ 第10回 その3 | トップページ | ついでにベト7 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラスト・フレンズ 第10回 その3 | トップページ | ついでにベト7 »