« HandBrake | トップページ | 瑠可への手紙を振り返る »

2008年6月 9日 (月)

やっぱり小寺さんだ

先日、いち消費者代表として勝手に「ダビング10なんていらない、コピワンは撤去で」という記事を書いたのですが、内容は違えど、あの小寺さんもたぶん結局は同じようなことを言ってるのだと思う。

ITmedeia 小寺信良の現象試考:
思い切って放送行政のちゃぶ台をひっくり返してみよう

だから、録画されるのがいやな実演家や権利者はテレビに出ない、出さなければ良いんじゃないでしょうか? 舞台や映画、ライブ、他いっぱいあるし。見たいものがブルーレイで出たら買うと思う。DRMのきいたメディアでがんばれ!

かまわない人はテレビに出ましょう。

それじゃぁテレビが面白くなくなる?

そうかも。ドラマとかアニメとかつまらなくなるかも。

でも他で面白いものがあればそっちを見るでしょう。バラエティやニュースはどっちでもいいでしょ?

テレビ局は面白くなるようがんばって! 逆に映画はもっと面白くなるかも!?

あ・・・結局同じこと書いちゃってますね^_^; すみません。


大岡越前さんに、権利者もテレビ局もメーカーも消費者もすべてがまるくおさまるようなお裁きをして欲しいです。




ドラマなどの公式サイトなどにある掲示板には「録画して何度も見ています!」という書き込みがあったりするが、制作者さん、テレビ局、役者さんは嬉しく思うのだろうか。それともちゃんと録画保証金払えよ!とでも思っているだろうか。

|
|

« HandBrake | トップページ | 瑠可への手紙を振り返る »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HandBrake | トップページ | 瑠可への手紙を振り返る »