« 脱力感 | トップページ | ドラマ「おせん」 最終回 »

2008年6月25日 (水)

ドラマ「絶対彼氏」最終回

泣けました・・・

おもいっきり。

ナイト、いい奴だった。
もう二人が幸せになればなるほど、きっと二人に哀しい別れがくるんだろうな、と思えて切なくてみていられなかった。最後に焼けたチップとなって、そして最後の「梨衣子へのメセージ」にもう涙が止まりませんでした。ナイトに残されたメモリーの中の梨衣子はとても可愛くて幸せそうで、ナイトの喜びが伝わります。


ロボットと一生暮らしてく。
考えてみると無理としか思えないけど、梨衣子はそれを選んだ。夢ではなく、現実にそれが一番幸せだったから。普通じゃないけど。人に知られたら変な人にしか見えないかもしれないけど。


でもロボットだから。

最後はきっと事故か何かから梨衣子を守って壊れていく・・・

そんな結末を予想したりしてたんですが、そんな悲しい結末じゃなくて、ロボットとして生まれて、だけどプログラムじゃなく人間のように恋をして、幸せになれたナイト。

だけどシステムに負荷がかかり、チップは焼けてしまいました。
あの発熱はそのせいか・・・
しかし冷静に考えると発熱してる機械をベッドで寝かしたら余計に熱を持って危険だと思うんですがw(PCならありえない)でもナイトだから、優しい梨衣子にはそれが当然だったんだろう。


結局、梨衣子のキスで奇跡が起きたのではなく、チップが機能停止しはじめたから一時的に温度が下がって「直った」ように見えていたのか。ナミキリさんもわからないところで動きだしていたのだから、仕方がないんだろうな。

でもそのダメ押ししちゃったキスが、たぶん初めての「梨衣子からのキス」で(初期化するためじゃなく)ナイトにとっては最高の瞬間だったのかもしれない。


最後は自分が機能停止することを知っていたナイト。それでも最高に幸せになれた。手編みのマフラーのプレゼントなんて重いだけ、なんてドラマの最初のほうにありましたが、でもナイトは幸せそうにマフラーを巻いて旅だっていきました・・・。


もうナイトの心は焼けこげたチップになってしまったけど、梨衣子はナイトの分も幸せになって欲しい。



って、ブログを書くためドラマを思い出してるだけで胸が詰まってきてしまいます。
最初は、なんか面白いコメディだな、なんて軽く見てたのですが、途中からドンドン面白くなって、最後はもう泣かされてしまいました。私の心に残る名作のひとつになりました。

創志もナイトと言っていましたが、梨衣子は、怒ったり喜んだり、笑ったり悲しんだり、クルクルと表情が変わり、そして元気になれる幸せになれる笑顔。ナイトのように「ずっと見ていたい笑顔」でした。

相武紗季さんも、今までのイメージ(ドラマは知らないのですがテレビや雑誌でみかける)以上に魅力的な女性で、人気もうなづける。きっと先に「のだめカンタービレ」を見ていなかったら、このブログは「相武紗季さんを応援するブログ」になっていたと思うw


早くDVD-BOX(Blu-RayならなおOK)が買いたい!
権利者さんもテレビ局も、DVDを売りたかったら、コピワンにしたりしないでドラマが終わったらすぐにDVD-BOXを出す。感動が覚めないうちに。それこそ最終回が終わったらすぐ告知。それが最も売れるやり方だと思うw でもそうすると放送ギリギリじゃなくもっと早くドラマ作っておく必要がありますね。

|
|

« 脱力感 | トップページ | ドラマ「おせん」 最終回 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本当にいいドラマだった!わたしも最後は泣けてきましたよ。『歌姫』での相武紗季さんに魅かれて見始めたのですが、最高に相武紗季さんの魅力が発揮されていたと思います。これからもしっかりチェックしていきたい女優さんです。

管理人さんのおっしゃるとおり、すぐにDVDが出れば、わたしもすぐに買ってしまいそうです。

投稿: Mr.S | 2008年6月25日 (水) 19時38分

いや、ほんとそう思いますよね。なぜテレビ局は「冷却期間」を置くのかとw 感動が続く間に売ればいいのに。次のドラマが始まって、またその次の・・・って続いたら、そういえばあのドラマも面白かったよねぇ、なんて言って録画やレンタルでいいや、という人もいると思いますよw

投稿: 鬼八郎 | 2008年6月26日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/41641921

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「絶対彼氏」最終回:

« 脱力感 | トップページ | ドラマ「おせん」 最終回 »