« ドラマ「絶対彼氏」その3 | トップページ | ラスト・フレンズ 第9回 »

2008年6月 4日 (水)

ウルトラマン 第一話 「ウルトラ作戦第一号」

というわけで、さっそく視聴w

ウルトラマン 第一話 「ウルトラ作戦第一号」

記事を掲載したお昼の時点ではまだ再生数は200程度でしたが、今見たら軽く20,000を超えていました。さすが「ウルトラマン」!

ウルトラマンWiki

さすがに第1回ということで気合いの入った映像。ベムラーを攻撃するビートルの視点が斜め上からで迫力の映像。特撮もかなりの迫力となっています。怪獣の造形、メカのデザインもセブンとともに素晴らしい!カラータイマーの設定(生き物なのにタイマーって)が今見ても面白いが、それを台詞で説明するところも見事。ラスト、主人公が「おーい!」といって何事も無かったように現れるのはシリーズの最初からだった!

ところどころ突っ込みどころはあるものの、さすが名作シリーズの原点。


↓突っ込みどころ

○星野君って誰だよ!
お偉いさんの息子?科学特捜隊といえば当時は多分国家的な組織だったと思うが、一般の少年が簡単に出入りし、ビートルに乗って出動するとかワガママ言ってる。当時の子供向け(今もか?)番組には同世代の出演者が必須で、アニメでも子供が活躍してたという背景ではないかと推測するが、それにしても誰だよ!?

○ウルトラマンの名前は・・・ハヤタのその場の思いつき?
演技でとぼけたとは思えない。本名が実はあるのか。

○宇宙船が故障で帰れない?
演技でとぼけたのかも。ベムラーに逃げらときに壊されたのかもしれない。M78星雲から自分で飛んでくるのは無理だと思うので実はワープ機能付き宇宙船があるのではないだろうか。後のシリーズではみんな自力で飛んできてるようなのだがw マッハ5程度では光の国からくるのには何万年かかるかわからない。ウルトラマン全員にワープ能力があれば別だ。

○水中のベムラーのサイズと立ち上がったときのサイズで考えると湖の水深がおかしい


一番の謎、「シュワッチ」「ジェア!」、ピンチだと「アワッ!」とか誰が考えたんだろう? 不思議だ、あれを決めたセンスが。宇宙人だからか。あの声も魅力のひとつではあるはずなんですけど、どういう経緯で「こうしよう」と決まったんでしょうね。
(Wikiによると解説する本があるらしい。声の人はもう亡くなられていました)

|
|

« ドラマ「絶対彼氏」その3 | トップページ | ラスト・フレンズ 第9回 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「絶対彼氏」その3 | トップページ | ラスト・フレンズ 第9回 »