« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

樹里さんの演技がギャラクシー賞の月間賞

またまた、りきいぬさんからの情報によりますと樹里さんがギャラクシー賞の月間賞を受賞されたそうです!

http://www.houkon.jp/galaxy/gekkan.html

おめでとう!樹里さん!

ギャラクシー賞というのがよくわかりませんが^^; Wikiによると「日本国内のテレビ番組作りの最高の栄誉」ということ(大賞が)らしいので、月間賞といってもかなりの評価といっていいんでしょう。

「瑠可」にめぐり会えてほんとうに良かった!


と思って検索してたら「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」が1月にも月間賞とってたんでしたっけ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年7月29日 (火)

「虹の女神」の録画失敗(号泣)

楽しみにして家に帰ってみると、「エラー」のメッーセージが... orz

な、なにーっ!!

(号泣)


上野樹里カテゴリーなので、PC系、AV系の深い話題はできるだけなしでお話しますと・・・

先日からD4のアナログでPC録画できるPV4を導入。
これでハイビジョン画質でPCに映像を残すことができます。

この間も樹里さんの「めざましテレビ」映像をHDの高画質のままPCに保存したところです。


これまで何度も成功してたので、何の問題もなく予約しておいたのですが、PCIの帯域不足エラーで録画停止のメッセージが出ていました。20分程度で止まっています。まあ、ようするにPCのスペックがフルハイビジョンに対してちょっと不足してる?ということのようです。

「樹里さん+BSデジタル」とうことで1920x1080で録画したのが失敗の原因か?
1440x1080でも充分な画質ですが欲張ってしまいました(今まで失敗がなかったので)。

いろいろ勉強してみたのですが、私のPCではこれ以上の改善は難しく、今後もいつこんなことがおきるかわかりません。

まあ、かなりアレもんの機器なんでこんなものかと...


もうハイビジョンでの放送はないかもしれないと思うと悔しくて悔しくて・・・

もっと勉強しておくんだった・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年7月28日 (月)

iTunesに参った

最近MacBook Proで使ってたiTunesのファイルをMacBookに移動したんですが、困った問題が起きてます。

iTunesを起動し聞いてる分には何も問題は起こってないように見えたのですが、フッと気がついたのは、「再生するたびに文字化けしていく日本語の曲がある」ということ。

曲から推測すると、どうやら随分昔にWindows環境で作ったMP3ではないかと思う。

Mac環境に引っ越ししたときも文字化けを起こしていたのをたくさん直したのを覚えているが、今度はMac間のコピーであるにも関わらず。

最近の日本向けのiTunesには、「再生する曲の英語のジャンルを片っ端から勝手にカタカナに変えていく」という、ありがた迷惑、じゃなく、超迷惑でしかない新機能を搭載中。
例えば「Rock」を→「ロック」みたいに。

そして、どうやらそこの変換時に悪さをしてるようで、いっしょにジャンル名も文字化けしてるw


iTunesの持ってる機能で文字コードを変換してみてるんですが、IDタグだったり、ASCII Latin-1だったり均一じゃないし、もう何だかわかりません。

とりあえずもう全曲IDタグ変換してみましたが、どうなるでしょう?


WindowsとMacの文字コードの違いがここまで尾を引くとは思いませんでした。

アップルは両プラットフォームで商売をしてるのですから、この問題は解決してもらわないと困ります。


とりあえずあの無断変換機能をオフにしたいんですが・・・


-------(追記)----------
結果、なぜか入力してあった曲名などを消去して「track1」とか一番最初に曲名さえ入れてなかった頃の「ファイル名」に戻されてるものがあった!
そしてさらに恐ろしいことにユーザーが設定したものでiTunesが変換できないカテゴリーは自動的に「その他」になっていた。信じられない!

とりあえずバックアップファイルを探してみます。ファイルの移動方法を間違ってるかもしれません。一から読み込み直しさせれば上手く行くのだろうか。


-------(追記2)----------
移動する時に使ったバックアップファイルがまだ残っていたので、コピーし直しました。前回は確か「iThens」のフォルダをまるごとコピーして「置き換えた」と思いましたが、今回はそのフォルダをiTunesにドラッグ&ドロップで「取り込んで」みました。
やはり文字化けしてしまうファイルがあったのですがそれほど多くはなく、「ISO Latine-1からACIIへ」ですぐに修正ができます。
カテゴリーを勝手に変換する機能は、「なっちゃうとき」と「ならないとき」があってよくわからないが文字化けは今のところ無い(おかげで変換されたものと英語日本語でゴチャゴチャなのでまた設定し直す必要はある)。
やはりコピーの仕方を間違っていたようですが、どっちのやり方でも認識してくれそうだと思った私が悪かったのか。
イマイチ安心できないが、まともに管理してくれるアプリはこれしか無いし、iPodならほとんど必須だから黙って使うしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月27日 (日)

男女七人夏物語から22年

今夜から明日にかけてフジテレビの「27時間テレビ」はひさしぶりに明石家さんまさんが司会。

それにともなってゲストもさんまさんに由来の人というこことで年齢層も高め、視聴者も子供向けというよりは30代以上の人に向いてるのでは?と思う。


で、今夜はいいもの見させてもらいました!

さんま&しのぶ(&鶴瓶)の夢の共演w

3人のトークにはホント笑わせてもらいました!


男女七人夏、秋物語に深い思い入れのある私のような人間にはたまらないひと時でした。

未だに地方へ行くと「もう一度(復縁しないの?)」と言われてる、としのぶさんが言ってましたが、それだけ二人の関係は認められてるわけです。

何なんでしょうね。
この感覚。


ドラマから22年。
今でも二人揃うと、自分にとって「良介と桃子」なんです。


蒼井優さんが、ドラマは「今を描く」と同時に「今を消費するもの」という感覚を持たれたそうですけど、意味は違うかもしれませんが、私はきっとあの二人を死ぬまで良介と桃子だと思っていると思う。ドラマだって「何十年経っても残る」ものもあるはずです。私とっては「男女七人」もそう、「なんたって18歳」も「のだめカンタービレ」もそう。


・・・て書いてたら、「中居くんのコーナー」にもしのぶさんがあの名曲とともに再登場!

いや、本当、今夜は最高!


ちなみに随分前ですがお世話になったファンサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月26日 (土)

樹里ちゃん めざましファミリーにw

いいねぇ。

いいねえー!

すっごくいいねぇ、今度のヘアスタイルも! すごく似合ってます。


いきなりのアップから入っても目線がちょっとさだまらない?樹里ちゃんw(緊張してんのかな?)

今日の「めざましテレビ」に「わんこ THE MOVIE 2」のプロモーションで生出演です。
めざましには5回目の出演とか。
軽部さんも相変わらずで、きっとお気に入りなんでしょうw

さっそくハイビジョンのままPCに録画w

相変わらず、仕事に全力投球の樹里さん。プロだからあたりまえなんでしょうが、それが確かに伝わってくる人ですね。

猫とか犬とか動物づいてる樹里さんですが、確かどちらか飼ってるんじゃなかったでしたっけ?

「めざましファミリー」は和気あいあいとしていいファミリーだと思いました。


しかしこれは、これから出る雑誌も要チェックですね。イイ!実にイイ!あの髪で一本ドラマか映画もお願いします。(もうちょっと伸ばせばのだめもできる?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年7月25日 (金)

「スウィングガールズ」を見た!

というわけで、予告編を見ているうちにムショーに見たくなってしまったので、「笑う大天使」を急遽予定変更して、BD発売を待つまでもなく、樹里さんの代表作のひとつ「Swing Girls」を見ました!


Swinggirls


楽器始めるまでは「何なんだコイツラ!」なんて思って見てたんですが、楽器の楽しさ、JAZZの楽しさを知って、ドンドンと練習して、苦労して、演奏会で大成功。最後は演奏会の会場全体でスウイング!

・・・とまあ、こういう感じ。個人的にはツッコミたいところもいくつもあったし、空振りしてるギャグもありましたけど、そんなことは最後は気にしない楽しい気分にさせられました!

メインの5人がそれぞれ個性を発揮していて良かったです。特に演技についてどうこう言いたくなる映画でもないですね。
個人的にはあれが樹里さんの一番「地」に近いキャラなのかな?なんて勝手に思ってますがちょっとテンション高過ぎですか?w あのハジケっぷりも見事でした。

雪合戦の途中で、友子が横になって拓雄を見つめる(だます?)シーンには、拓雄じゃないけど私もドキッっとする可愛さでした。


「すべての人間は2種類に分けられる。スウィングする者としない者」

私はどちらかというと「しない」ほうだったかもしれないが、ちょっとしてみようかな?と思わせてくれる映画でしたw

この映画で全国的に管楽器に興味をもった女子中高生が増えたとかw あとガールズはいろいろ演奏旅行に出たりライブのDVD出したりとどんどんと映画を飛び出して活躍したようですね。それもこの映画の楽しさがあってのことでしょう!



まだこれから特典DVDや、オーディオコメンタリーなんてのも残ってるんで楽しみですが(スペシャルエディションだったので)、BDも出たら欲しいな。

綺麗な映像って、やっぱ見てるだけで気分がいいし、癒される。DVDを大画面で見ると、どうしても絵がぼけて見えるんです。
それと、我が家はDTSサラウンドの環境がありますので彼女達の演奏もとても楽しめたのですが、なかなかどうしても大音響で、とはいきません。これはやっぱ映画館であの演奏を聴きたかったな、と思います。
DVDが出るから・・・ではなく、やっぱ映画はTVじゃなく映画館で見たいですね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年7月24日 (木)

明日は「めざまし」出演

ジュリちゃんファンさんからいただいた情報ですが、明日のフジテレビの「めざましテレビ」に「わんこ THE MOVIE 2」DVDのプロモーションで出演予定だそうです!

そういえば「きょうのわんこ」ってこの番組の名物コーナーでしたね。

公式サイトの「report」には「グーグーだって猫である」の取材を受ける樹里さんの写真がのってるんですが、やっぱ髪伸びましたね!

私の今の壁紙は子犬みたいな顔した樹里さんですが、耳も出てるし、後ろ髪も短いですから。


しばらく樹里さんがテレビから遠ざかっていたので、今の樹里さんを見るのが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年7月23日 (水)

祝!スウィングガールズがBlu-Rayで!

Swinggirs_bd


樹里さんの出世作(?)にして代表作のひとつ、あの映画「スウィングガールズ」がなんと早くもブルーレイディスクで発売が決定した模様。

amazonや楽天で予約を受け付けてるようで、発売は10月24日。


今更語る必要もない名作の映画ですが、私、見てないので語れません^_^;


何ヶ月も前に「スペシャルエディション」を買ったまま飾ってあります^_^;

さて、そろそろ・・・と思った矢先だったんですが、やっぱ待ちきれないから先にDVDで予習しますかw 特典も少ないみたいですから。

ただし! 画質の方はかなり期待できそうです。新たにテレシネを行っており、音声もよくなってるらしいので、これは「買い」ではないでしょうか。

今更ですが、予告編はこちらで。
http://www.apple.com/jp/quicktime/trailers/toho/swinggirls_large.html

※要Quicktime。ちなみに、Pro版にしてなくても、Firefoxに拡張プラグインの「Downloadhelper」を入れてあれば.mov形式の動画も簡単にダウンロードできちゃいました。


さて、そろそろ「笑う大天使」の予約をしますか.....

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年7月22日 (火)

ドラマ「ヤスコとケンジ」

夏ドラマでとりあえず気に入って見てるドラマのひとつがこれです。

ヤスコとケンジ

これもマンガ原作なんですね。

特にお目当ての女優さんが・・というわけではなくストーリー自体に興味があったので見始めました。

内容は、かなりありがちな展開が多いのですが、私は単純にこういったコメディーが好きなんです。

演技もちょっと気合い入り過ぎ?と思うこともありますけどねw まあ、そこはドラマならではのデフォルメということでw

しかしなんといっても毎回ヤスコ役の多部未華子チャンを応援しちゃうドラマなんですヨwww 過保護な元暴走族総長で少女漫画家の兄から逃れうと必死w

話題は多分広末涼子さんが元ヤンキーということかと思うんですが、いつ以来この人を見てないだろう?というくらいひさしぶりにテレビで見ました。


それから脇ですが、山口紗弥加さんも元ヤンキー役でいい味出してマス。出番をもっと増やして欲しいゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月20日 (日)

複合機に負けた

先日複合機を導入して、CD/DVDのレーベル印刷の試運転をなんとかできてたので、さあ、これからいっぱい印刷しようと思ったらなぜか出来なくなっていた。

なぜだかわからないけど、これだけで数時間悩んで結局タイムアウト。

まったく理解不能。

説明書通りの同じ手順なのに。

通常のA4普通紙にはプリントできるのですが、CD/DVDレーベルに限ってできない。レーベルって基本的に専用ソフトじゃないとレイアウトとかあって多分対応できないと思うんですよ。

ドライバーのせいか?と思って何度も最新にものや付属のものをインストール。でも駄目。

正確に言うと、「epson multi-printquicker」という付属ソフトから印刷しようとすると「印刷」ボタンがグレイアウトしちゃってて押せないのです。

いろいろ取り説、F&Q、ネットをいろいろ検索してもいい答えは見つからない。(Windows用の答えはあるがMacには関係なさそう)

正直疲れ果てました。

今度サポートにゴラー電しようかと思いますが(・・・繋がればの話デス)、BootCampでWindowsからプリントしたら意外に問題無かったりして。

巨大なただの邪魔物と化した複合機を見ていると哀しくなります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年7月19日 (土)

映画「フラガール」

Hulagirl_2


ついでに同じくWOWOWハイビジョン放送「フラガール」。

映画公式サイトはこちら


公開時にも見る事は無く、以前にも放送されていたのを録画してたのですが、見る前にHDDがいっぱいになってしまったのでやむを得ず消去していました orz

日本アカデミー賞最優秀作品賞も受賞した名作なので、話題が今更で恐縮だとは思いますけど、やっぱ最後のフラダンスシーンが素晴らしくて思わず涙・・・そこまでも凄く大変だっただけにね。これってほぼ実話なんでしょ?

主役の松雪泰子さん、助演の蒼井優さん、富司純子さんの女優三人が特に素晴らしかったんですが、やはり賞を総なめにした蒼井優さんでしょう。スターになるかも!なんて夢をみてた田舎の少女が成長して最後は本当に輝いていた。演技もダンスも素晴らしく「天才」と言われるのもわかるし、努力も相当なものでしょうね。

彼女の演技は「おせん」ではじめて見たのですが、やはりこちらのほうが断然いい。おせんは可愛く撮ろうとしていて綺麗なアップも多めだったけど、谷川紀美子のほうが魅力的。役者が輝くには本人の努力だけではどうしようもない、のかな?

とにかく、もう彼女を褒める言葉が見つからないのですが、この映画みたら絶対ファンになるしかないっしょ!w
(おせぇよ!と言われてるだろうけど)
映画もドラマも目を離せない女優さんの一人です。



常々めにつく俳優さんばかり褒めてる私ですが、裏方さんの苦労って見えないけど、それって映像の中に見えちゃいけないものだし(そういうのはDVD特典程度で)、でも美術さんとか撮影とかほんと大変なんだろうな、と思う。CGで何でもできそうだけど、やっぱセットとか小道具とか大変なんだろう。


「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」という故水野晴郎さんの名台詞を何度も口にしてしまう今日この頃です。


それにしても子供の頃から「常磐ハワイアンセンター」って名前は知ってても行ったことがない、行ってみたところではあった(現スパリゾートハワイアンズ)けど、そもそもなぜ「福島にハワイ?」という謎はこの映画でもわからなかった。憧れのハワイ・・・なんだろうが、温泉との関係は?w その発想は誰がいったいどこから? そしてそれを40年前に実現しようと思ったこともしちゃったこともまた凄いw

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2008年7月18日 (金)

映画「天然コケッコー」

Tenkoke_wp


くらもちふさこの漫画で育った(?)私も後追いですっかりファンになったマンガ「天然コケッコー」。

昨年公開されて高い評価を受けた映画版が、WOWOWでHD放送されたので、この機会についに拝見しました。

映画版公式サイト

いままで自分の悪いクセでどうしても見るのを躊躇していたのですが、ハイビジョンならきっと美しい映像で堪能できるだろうと。



・・・これ、名作ですね。

いい映画、みさせていただきました。


なぜ今ままで見てなかったのか悔やまれます。原作ファンとして。

確かにもっといろんなエピソードもあるんだけど、2時間の中に「天コケ」の一番美味しいところがギューッって詰まってた。(あんなに海に泳ぎにいくのに時間をかけなくても・・・とは思いましたがw)

きっと主人公の右田そよだけに集中したのがよかったかもしれない。他もみんなオリジナルにちゃんと似せてるしいい味出してるんだけど、そよ意外はみんな完全に脇、美しい風景と同じ、そよのまわりの「空気」みたいな感じ。
だけど、それがいい。



「もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう」

日本の原風景ともいうべき木村の村もそう、小さな村の学校もそう、家族、友達との会話、今いる時間、空間すべてが流れて消えていく。

意識しないと気づかない。

大人になるとそのことの大切さがもっとわかる。


高校生になったそよは、その大切なものをずっと持ってるんだけど、まだ振り向いてばかりじゃないんだよね。




ぜひ、ちょっぴり成長した高校篇も夏帆さんがそよを演じられる間に映画化して欲しいなと、思うのは私だけだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「奈緒子」DVD

映画「奈緒子」のDVDをようやく購入できました。

Naoko_dvd


もう公開から時間が経ってますし、決してヒットしたとか高く評価されたという話もないためあまり話題になっていませんが、私には年始の「のだめ祭りw」に続くイベントだったので、かなり思い入れのある映画です。

主役二人の演技は良かったのですが、なぜ夏の映画を真冬に公開?とか、原作は良作かもしれないが映画に向いていたのか?とか、樹里さんにとって重要な出会いだった鶴瓶師匠のキャスティングの賛否とか、いろいろ意見はあると思います。

もう一度見直すことで、「奈緒子」を自分の中で完結させておきたいと思います。

私のコレクションも見ることもなく増え続けてるわけですw 

今は28日のBSジャパンの「虹の女神 Rainbow song」ハイビジョン放送に備えるのみ・・・ですが、我が家はBSが映らなくなってしまったためケーブルに頼らざるを得ません。なのでブルーレイに録画できないのでハイビジョン録画はPCでのD4アナログキャプチャするしかありません。性能的にちょと厳しいのですが、いろいろ模索中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月17日 (木)

VAIOノートの力作

ソニーから新しいノートPCが発表になってます。

16インチ級(!)のAVノートとか、なんだかすごいなぁーなんて思ってみてたのですが、やはり気になるのは13インチクラスのモバイル「type Z」ですね。

Vgnz90


デザイン的には旧Type SとType Tの間みたいで嫌いじゃない。
いやしかしその性能がすごいなぁーと。

SSD RAIDが圧巻の最上級モバイルノート——「VAIO type Z」

SSD RAIDってどんなに速いんだ?www

価格もスゲーw

9時間持つとか、13.1インチ液晶で解像度が1600×900ドット(文字小っさ!)。
キーボードは生で見たこと無いけどMacBookみたいな感じかな?


MacBook使って思うのは、13インチって中途半端で、モバイルには大きいし、メインで使うには小さい・・・とずっと思ってきました。モバイルなら11〜12、メインなら15〜だろうと。でも最近13インチクラスも見直してるんですよー。結局なんだかんだいって一番使いやすいサイズ。どっちつかずだけど、逆にどっちもイケル。(MacBookは重いのでモバイルはちょっとツライが) だから各メーカーも気合いが入ってるんだろう。


最近インテルのCentrino2発表で次期MacBookの噂が絶えませんが、アップルもそろそろ、小型でパワフルなMacBook Proを出してください!(12インチのPowerBookみたいなの)「Air」もいいけど私にはちょっと妥協しなきゃいけないところが多すぎる。

13インチはまずないと思うので、12インチ以下なら1またはゼロスピンドルがいいな!内部アクセスが簡単で。 薄いLEDバックライト液晶で1.5kg以下、6時間以上バッテリーが持つくらいが理想。


どうでもいいけど、そろそろMSもWindowsのGUIデザインはOEM先に自由にやらせてくれればいいのに。そうしたらもっと各社いろいろデザインして面白くなると思うけど、今は結局どこのメーカーでも何をするにも「Windows」だから。

ところでみなさん、Vistaのフリップ3Dなんて忘れちゃってませんか?(私は最近まで忘れてましたスミマセン)
Flip3d

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月13日 (日)

iPohoneとネットブック

巷ではiPhone狂想曲といった感じでマスコミにも取り上げられたりでお祭り状態です。

Safari20080609

私も「できたら欲しい」けど、騒動のなかで会社休んで並んで買おうとまでは決心はつきませんでしたw

また今ソフトバンクじゃないし、乗り換えると違約金がまだいくらかかかる状況だし、何しろ月々8千円超です。しかも、今の性能のまま2年我慢するということが自分にできるかな?と。もしかして年末にでも容量アップでさらにお買い得!なんてことになったら〜などと妄想。(これって永遠に買えないパターン)


実際には「電話はケータイがあるのでいらない」から3Gだけ対応の電話無しiPhoneが欲しいです、って前にも書いたような気がしますが、つまりiPod touch 3G(?)ですね。電話いらなけど通信は思いっきりしたいという。高速な無線LANもいいのですが、どこでもできるわけでもないので、エリアをできるだけ気にせずSafariとかを使いたい、デス。Softbankさんには、そんな新ホワイトプランを希望w

まあ、落ち着いた頃にまた考えます。


ところで、iPhoneなんてどうでもいい人種には並んで買いたいもうひとつの裏アイテム「アスースのネットブック Eee PC」の最新モデルがありますよね!


Eeepc901

新型Eee PCが発売に、イー・モバイルセットは1.5万円

MacBook Airが出た時に、本当はアップル製のネットブックを日本人は待ってたんじゃないですか?的なことを書きましたが、今急激にモバイルが欲しくなってます。

Eee PC最大の弱点はMac OSじゃないことw 

無理矢理入れた強者もいますが^_^;
「MSI Wind Note」にMac OSX Leopardをインストール」

そこで! やっぱMacBook Airですよ! デカイとはいえ薄くて軽い。MacBookじゃ重いし、頼りないことを思うとやっぱりね。

ただし、Airを1台でEee PCが4台買える値段はどうなの?w 中古のAirでも3台に相当ですよ。ルックスとOSで妥協すればかなり面白い買い物になると思いますが、やっぱAirも捨てがたいですねぇ


相変わらず物欲と戦い続ける日々ですw

PSPくらいの液晶サイズで3G + Wi-FiのiPod touch 3G(80GGB HDD)が出たら有給とってでも並ぶんですが!w
それとも「こういうの」にしとくのが無難?(高いけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月12日 (土)

髪伸びるの速くね?

樹里さん公式HPがエライことに!w


樹里さんの沖縄行きはダイビングだったようですが、いいですねぇ。ダイビングに夕日が沈むまで釣りですかぁ。沖縄を満喫ですね!


って、しかし!

写真の様子ではナント!黒髪に!!

しかも髪伸びてるし!

もう瑠可の面影無し!

10代に戻ったみたい。


髪を伸ばして、すでに次の役作りに入ってるのかもしれません。


そして・・・


なんと! 

樹里さん本人がメールでメッセージへの返信をしてくれてるそうです!

今頃は新規のメッセージが殺到してることでしょうw

私はずいぶんと送っていなかったので多分こないと思いますが、届いた方は幸せ者ですね。




・・・今となってはもう少し、あのショートの姿も見ていたかった気もしますw


------(追記)------
8月に樹里さんが掲載される雑誌がかなり多いんですが、「グーグーだって猫である」のプロモーションなのか、他のお仕事なのか気になりますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年7月11日 (金)

のだめカンタービレ 第125話

ミルヒーの元へ行ったのだめ(ところでミルヒーって73歳だったのね)。やっぱりミルヒーはオクレール先生のことを知ってたみたいでショックを受けていたのですが、いったい過去に何がw


一方学校を長期間休み(行方不明)をとっているために千秋は心配でそこら中に電話しまくるが、なんと懐かしい日本のメンバー達も!(今でも真澄ちゃんとチャット仲間だったのかw) 実家にまで電話するあたり、千秋も相当焦っている様子。そのせいでジャンに仕事とられそうだし。

しかしなんだか、オールキャラ総出演的な出番は終わりが近いのかな?とも思える感じでしたね。


千秋との思い出を「昔の恋」と言ったのだめにちょっとビックリだったんですが(もう終わった恋なのかと・・・)、きっとそのときの片思い時代とは立場も違うし成長しているからなのだろうと思う。たぶん演奏する曲がそういったテーマなんだろうけど、私にはよくわからないのが残念。誰か解説してー

実際ほとんど初見でエリーゼを関心させるくらいに成長したのだめは、オケとの初顔合わせでも自分から「こうしてくれ」とリクエストするあたりもう大物ぶりを発揮!?(中学生と間違えられたがw)


のだめはいきなりスター?になったりするのか?(失敗するとは思えないし) このままだと退学にもなりかねないし、ヨーダのレッスンはどうする? コンクールはどうする? やっぱああいう世界は権威あるコンクールで優勝とかしないとプロでは厳しいんではないでしょうか?

そしてどうも千秋とうまくかみあっていないように思うのですが、次回が待ちきれません!

・・・つーか実質月一の連載になっちゃってもう、もの凄く物足りない!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ハチワンダイバーの影響で将棋を指す

ドラマ「ハチワンダイバー」が佳境に入っていますが、途中から原作を離れオリジナルストーリーになっている。もちろんサンドウィッチマンや安田美沙子さん、木下優樹菜さんを使ったオリジナルキャラもいますが、当初は大筋で同じ形だったのが、鬼将会がらみの話から完全に原作から少し横へそれました。

主人公の妹が鬼将会にいたり、受け師さんが鬼将会のトップの娘だった、とかドラマ用の設定も登場。原作がまだ続いていますので、ここは割り切って設定されてるのでしょう。


まあ、ドラマはさておいて、その影響で将棋をたまに指し始めました。

といっても相手はコンピューター。ずいぶん前に買ってあったけど全然使ってなかった「最強 東大将棋4」。なぜ東大なのかはわかりませんがなぜか強そうですw

Syogi

女流棋士さんが棋譜読み上げしてくれるのが何とも嬉しいw


今ならもっと優秀なソフトがあるのかもしれませんが、大昔にプレステ(1ね)なんかで戦ったのとはレベルが違うw スッゲー強い。(2001年に世界選手権優勝らしい)

ちなみに通常対決では棋力が「よちよち」「ビギナー」「初級」「中級」「上級」「マスター」とあります。で、私の実力は、ビギナーになら勝てますが、よちよちには完勝、初級には買ったり負けたりで、良い勝負。中級には全敗。マスターにいたっては序盤からひねりつぶされるありさまwww

将棋の何が好きかというと、美しく自分の陣形ができたときが好きなんです。美濃囲いとか、金矢倉とか。だからそこまでは好きなんだけど、そこからどう攻めるか考えるのが嫌になってしまうんですよね。

今の私の弱点は「3手先以上ほとんど読んでない」というw 考えればもう少しマシな結果が出そうですが、感だけで指してるし。子供の頃はもっとちゃんと何手先までも考えて指してたんだけどなぁ。長いことやってなかったし、大人になるともう頭使うのダメかもしれませんw 
で、自分の攻めばかりで相手のことは全然考えてないことにこのあいだ気づきましたw たまに王手飛車取りみたいな大技にひっかかります。

今度はもっと頭を使って中級にいどもうと思います。


※Windows専用ですがCrossover Macでも動作します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

複合機導入

Pma920


というわけで、プリンターが壊れたので複合機を買いました。2,3世代前(2006年10月の製品らしい)のアウトレット品ということで爆安。普通のプリンターの安い方という価格だった。相場に詳しくはないが、自分なりに「安い」と思えましたのでそこは良し、です。(ただし、すでにインクが入っていて少し使われていました。まあ、アウトレットだし... しかも、「準備篇」の説明書が欠品で、最初は意味不明なエラーが出て立ち上がらずorz 結局HPからDLして調べましたヨ! 販売店さん(メーカーさん?)ちゃんとやってくれ!)

しかし、いつになってもこの手のものってMac対応がイマイチな気がしますが、Macな方いかがですか?

当初はCanon製のプリンターをWindowsで使っていてドライバー、ソフトともに問題はなかったのですが、Mac完全移行にともないMacにつないだのですが、付属ソフトの機能は減り、ドライバーがダメダメで、毎回使う時一度必ずエラーを起こす。毎度リセットをかけるという面倒さ。

しかしそのプリンターも壊れたのでEPSONの複合機になったのですが・・・

デカすぎ!w やたらとデカイ。これが一番失敗だったw
すべての機材で一番デカイ。形が違うけどMacProよりもデカイ(そう感じる)。

まあ、大きいことは知ってて買ったんですがw 部屋に置くと、やっぱりね orz

そして、ドライバーは付属ではなく、わざわざメーカーHPから最新のものを入れたんですが、Canonもそうだったように思いますが、なんでいつも「OS9ですか?」みたいなインストール画面なんだ??w

そして、一番使うであろう「CD/DVDディスクのレーベル印刷」するソフトがダメダメ・・・orz

慣れてないと、そういうレベルではなく、画面上の文字が滲んだようにガタガタで悲惨(印刷した文字は問題ない)。画像も一定の大きさまでしか縮小できず。またコピペで貼ってたら別の画像が貼った画像と同じ絵になってしまうこと数回(バグか?)。

仕方なく、以前使ってたCanonのソフトならいいだろうと思ったんですが、他社のソフトから印刷しようとするとレーベル印刷ができないので断念。もしかすると純正以外対応できないかもしれません。

まあ、使って慣れていくしかないのかもしれませんが、Windowだったらこんなことは無いんでしょうか。こんどやってみてガックリしないか心配です。

これでラストフレンズのBDのレーベル作ると思ったのに。

スキャナが良くなったので、雑誌の取り込みには重宝する・・・・と思うがどうなることやら^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年7月 9日 (水)

B-CASってナンダ?

地上デジタル放送を見ている人ならみんな知ってるB-CASカード。これがないと見ることができないわけですが、なぜこんなものがあるのでしょうか。

B-CAS (Wikipedia)

↑ gigazineさんのいうとおり、Wikipediaさんでは、なんだか「批判がある」とかそんな文章が多い。


その存在自体まあ、そういうもんなのか、と思って気にも留めてない人も多くないですか?私も最初にBSデジタルを導入したときはその一人・・・でした。

B—CASカード会社、財務内容公表せず 会社法違反


「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました

何してんだろう、いったいorz


Ascii.jp 池田信夫氏「ダビング10 そもそもおかしい6つの疑問」


B-CASって・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 7日 (月)

最も話題だったのは「ラスト・フレンズ」

2008年上半期ブログで最も話題だったのは「ラスト・フレンズ」

なんと、ドラマ部門ではなく、総合部門のようです。

スゴイ!

私もその中にほんのちょっとだけ貢献しましたw

まあ、良い話題も悪い話題もあるでしょうが、それだけ注目されたということですねぇー。

ドラマが終わった今でも「ラスト・フレンズ」で検索してこのブログへ来ていただいてる方もいらっしゃいますし。

このドラマが発表になったときは、楽しみなのと同時にテーマ的になんとなく不安もあったのを思い出しましたがが、樹里さん、出て良かったですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

The Whoが来るーーー!

来るんですよ、あの The Whoが!

たった二人になってしまったとはいえ、The Who単独ですよーーーー!!!!

Who


以前は2004年の夏フェスみたいなので一度だけ来てましたが、今度はついに単独。
11月にさいたまアリーナと武道館。

いや参った!


The Whoといえば、私にとってストーンズ、David Bowieと並ぶ「3大神様」。

念願かないました。

電撃ベースのジョン・エントウィッスルが死んじゃったのが残念でなりませんが、ドラムはジャック・スターキーが来てくれるのかな?

しかし、今になって気づくなんて・・・・

時、既に遅しorz


いや、すでに先行始まってるようなのでいいところ残ってなさそう(泣く)

この手にニュースに疎いのでぇ

でも今からすっげー楽しみ!!


▲音量注意

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 6日 (日)

壁紙にしてみた

樹里さんのニュースがないのですが、みなさんいかがお過ごしですか?w

何かしようと思ってなんとなく樹里さんをデスクトップピクチャーにしてますw

アイドル(女優さん)を壁紙に・・・って10年前とあまりやってることが変わらない私orz


Desk2

Desk1

並べてみたらどちらも横顔だ!

そうか、私は意外にも横顔が気に入ってたのかぁ。


実は先日3年使ったプリンターが壊れてしまったので、修理するより最新モデル買った方が得かな、と思って買いにいったんですが、今はもう複合機の時代なんですね。アウトレットでメチャ安でした。信じられないくらい。

大昔に買ったスキャナーもお役御免になりました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年7月 5日 (土)

ダビング10 本日スタート

噂のダビング10が本日(4日)よりスタートしました。

といっても、対応するレコーダーなどはかなり限られていますので、私の持ってるものではSONYのBDレコーダーだけが対象。それより前から持ってるDVDレコーダーは関係ありません。

我が家も、無事に自動アップデートを完了しており、今日録画されたものには 「10」という表示がされていました(今までは「1」だった)。
いろんなレビュー記事があると思いますが、ダビングするたびにこの数字が減っていくのでしょう。

いよいよスタートした「ダビング10」を体験する

まあ、同じ番組を何度もディスクに焼く私のような人間や、PSPなどでおでかけ転送して楽しむ人はそうはいないと思いますので、その機能をありがたいと思う人がどれだけいるか・・・

そして、そんな私も、それほど嬉しくは思っていない。結局「駄目が10倍」の名言どおり、孫が作れないダビング10は、前よりはほんの少しだけ便利になっただけで、有り難さはほんのわずかしかない。

知らない人が多いせいか、知ってて買ってるのか、意味がないと思ってるのか、レコーダー売り上げにも影響無し、というニュースもありましたね。録画補償金をがっぽりとるんなら好きなだけコピーさせて欲しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年7月 4日 (金)

ドラマ「イタズラなKiss」96年版

まだ見たことのなかった1996年に放送されたドラマ版「イタズラなKiss」の第一回の放送がテレ朝チャンネルでありましたのでさっそく見てみました。

まあ、ストーリーは知り尽くしてるわけですが、多少の変更があるようです。Wikiのデータからして、ストーリーを高校時代にしぼっている(放送時期はおそらく女子大生か看護学校時代で、連載は続いていた時期)ために、松本裕子が同級生として登場していたりします。また第一回では、テスト100番以内なのに、同点だったので掲示板に載らないとか、二人の写真が入ったお守りを落としてしまう、などという変更点がありました。

まあ、別にそういうところに駄目出しするつもりもないですし、かなり作りにB級感がありますがこの当時の学園ものってまだこんな感じかな。いやでも意外に(失礼)といってはアレですが、かなり楽しめました!

入江君役の柏原崇さんもけっこうハマってます。意外な配役の浅田美代子さん(入江ママ)も、個人的にはお気に入り。入江パパが太めじゃないのはどうなの?w 肝心の琴子役の佐藤藍子さんですが、演技とかに不満もないですし、アニメ声でないのも別にいいんですが、ただ一点、大柄に見えるんですよ。髪も短いし。164cmだから決して大きい人ではないんですが、スラッと細身のせいかな。琴子とイメージがかぶらない。エンディングでは原作者のイラストと実写を重ね合わせたりしてるんですけど・・・ これって原作マニアが陥りやすい勝手なイメージづけなんですけどね。

元のストーリーが面白いからそのまま見れちゃうし問題ないんですが、変更されてるオリジナル部分がどうなるか、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 3日 (木)

「こんな企業サイトはイヤだ」ベスト20

日頃ネットでいろんなサイトを見ていて、嫌いな作り方をしているページにあたることがありますが、それをランキング化したデータがありました。

CNET JAPAN「こんな企業サイトはイヤだ」ベスト20

上位3つはあまり気にすることはありませんが、4位「リンク先がPDFファイル」は本当にガッカリすることがあります。特にWindowのブラウザ上で開こうとするときにアクロバットReaderが固まってしまって他の操作を受け付けないことがよくあるんです。そうなるとブラウザを強制終了するしかありません。

5位「トップページからオールFlash」もそうですね。カっコいいデザインを見て欲しいのかもしれませんが、こちらはデザインが見たいのではなく情報が欲しいのです。待ってるのもイライラするしSKIPがあれば必ず押します、私w。Flashで作ったナビも使いづらいものが多い気がします。

「ブラウザのサイズを勝手に変えられる」もそうですね。見る側のほうを強制的に操作されるのは気分が悪いです。おそらくそのサイズで見るとちょうど良いようにデザインしてるのでしょうが、基本的にはどのサイズでもちゃんと見れるようにしてほしいですね。(必ずJava script設定で切っています)。

「全体的に文字が小さい」は、海外サイトで多く見られます。そこまで小さくしなくても・・というくらい小さい。また海外はFlashも多いような気が。

そして、このブログでよく書かせてもらってる「右クリック禁止」のサイト。 ホント私は嫌です。なぜかというとマウスジェスチャーが使えないから。


テレビ局のサイトのホームは情報がどこも情報が多過ぎて、必要な情報を探すのが大変なところばかりのような気がしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年7月 2日 (水)

ananを買った!

おそらく人生初w

Anan20080702

表紙だけなら買ってなかったと思う。

「Happyキャラ」ということで4ページほど写真と記事がありましたので、これなら350円は惜しくないと。

特に26ページの写真のお気に入りw これは載せられないが残念なくらい素敵な写真です。横顔が美しいィィィ!

映画監督の犬童一心さん、瑛太さん、中野利幸さん(ラスト・フレンズのプロデューサー)からの「上野樹里が幸運キャラな理由」というメッセージを贈られていました。彼女の仕事への取り組み方の素晴らしさ、才能、繊細なやさしさ、人を幸せにする樹里ワールドについて語られています。

記事では「今は凄く幸せな環境にいる」「みんなの元気が連鎖して、大きな幸せになる」「人からパワーをもらいそれを芝居で還元する」「良い出会いや発見があるように常に動いていたい、自由な気持ちでいろんなものに接したい」というような感じのインタビューや記事です。

これを読んでると、樹里さんは私とは正反対の世界にいる、自分にはできない生き方が出来る人なんだな、と思います、そこが惹かれる大きな理由なんでしょう。


ちなみに6月23日には「Spring」という雑誌にも出てるんですが、買いそびれてしまいましたorz

Spring2006623

もうキラキラ輝いてますね!

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »