« 【想ひ出写真館】上野樹里 | トップページ | 流星の絆 »

2008年9月17日 (水)

「グーグーだって猫である」を見てきました。

見てきました。

「グーグーだって猫である」

「グーグーだって猫である」スペシャルブログ


以下、ネタばれもチョットです(公開から時間経ってるからいいよね)


小泉今日子さん、「少女に何がおこったか」の頃からは想像もできないほど演技上手かったw
(古いネタでスマン)
アイドル時代はあまり興味がなかったんですが、今の方がずっと魅力的ですねー。

映画全体が不思議なぽわーんとした空間のようで、これが犬童ワールドっていうんでしょうかね。でもその空間を作ってたのはグーグーと小泉さん、加瀬さんかな。
樹里さん演じるナオミはその世界の中でのびのびと、そして意外と地に足付けて生きてるっていうか。


グーグーが可愛くて猫好きにはたまらない癒しの映画ですが、実はサバも重要だったんですね。

最初のサバの死がいきなり見ていてツラくて、これでお別れかよ!っておもってたんだけど、麻子の中にはずーっと残っていて(グーグーを呼び間違えたりね)、逆にグーグーの立場は!?て思って。
だけどグーグーは生きてるから。サバの分と2倍可愛がってもらえてるんだったな。

なぜかやたら吉祥寺を語るところが多くw ファンタジックなところもあり、いろいろと導線はってあったり、たぶん何度も見返すともっと味わえる作品なんだと思う。すっごく不思議な映画。

ストーリーとしてはおおきな動きはない、いやガンになっちゃうけどそれもまた生きていく上での通過点みたいな、吉祥寺に済むマンガ家とその仲間達の物語、みたいな感じでさらっと終わるの。

感動度では「奈緒子」のほうが上だけど映画としてはこちらが断然上だった。

ただ、楳図かずおさんが笑いのアクセントになっていたかどうかはコメントを控えさせていただきますw
小林亜星さんはいい味出してましたよ!トラックのシーンなんかなくてはならない。


いや、それが今日はレディースデーだったので7、いや8割くらいが女性でした。
樹里さんも小泉さんも女性からの支持が高いそうですし。

女性が安くなるのはそれはいいんですが、
なぜメンズデーがないのか!(# ゚Д゚)
男は最近損してませんか?

|
|

« 【想ひ出写真館】上野樹里 | トップページ | 流星の絆 »

上野樹里映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんわです^^
グーグーは途中笑えるところもあり、感動もあり、またもう一回見てみると感じ方がかわるのかなって感じでした^^
吉祥寺はラストフレンズもグーグーでも舞台だったので、今注目ですね!
今度ロケ地めぐりでもしてみようかと思います!
九州からですが(笑)

投稿: kana | 2008年9月19日 (金) 21時01分

ロケ地めぐりはu3さんのところで盛り上がってますね。私もその日は行けないけれど、いつか行きたいなと思ってます。都内なのでまあ時間さえあれば( ̄▽ ̄)
特に井の頭公演へ天気のいい日に。春の桜の季節は遠いけど。

投稿: 鬼八郎 | 2008年9月20日 (土) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/42510737

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーグーだって猫である」を見てきました。:

» 楳図かずおさん [ちんぺいの日記]
おろち 楳図かずおさんのマンガの大ファンです。その昔、繰り返し読んでました。な... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 00時44分

« 【想ひ出写真館】上野樹里 | トップページ | 流星の絆 »