« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

Vogue Women of the yearがテレビで?

今日BDレコーダーの「おまかせ録画」の予定を見てみたら「U・LA・LA」という謎の番組が録画予定になっていたので調べてみたら、TOKYO MXテレビの芸能情報番組らしい。

「芸能U・LA・LA」

30日の11時オンエアです。関東ローカル?でスミマセン。

番組情報で「Vogue Nippon Women of the year 2008 上野樹里」というところで「上野樹里」のキーワードがひっかかったために「おまかせ録画」に登録されてました。

どれだけ放送してくれるのかはわかりませんが、ちょっとだけ期待(◎´∀`)ノ

(ちらっとしか映らなかったらゴメンナサイ!)

もう、いろいろネットで動画がたくさんアップされてるので、見慣れたものになりますが、できるだけ高画質で保存できたらいいなと思います。
MTVでも確か放送するんですよね。私契約してないけどorz


今夜の「未来創造堂」ではSMILE! LIFE編とSMILE! PASTEL編の2連発でおもわず「オッ!」って言ってしまいましたw 前は圧縮して録画したためノイズが目立ちましたので今回はDRモード(圧縮無し)で録画し直し完了!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

流星の絆 その7

全10回ということで、いよいよ大詰め。おかしなギャグも陰を潜めw盛り上がってまいりましたね。

戸神を追いつめればおいつめるほど、今度は自分たちがやばくなってきそう。
あんな誘導ではすぐにバレそうな気もするが、予告で「誘導されてる」って言葉が聞こえたように思います。

静奈の恋をめぐって兄妹の中もなんとなく気まずい感じだし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年11月27日 (木)

Vogueをめざましで確認する

Woman of The Year 2008 の授賞式の模様をやるだろうと思って「めざましテレビ」と「ズームインSUPER」を録画したんですが、「めざまし」はさすがですね!まあ、樹里さんは「フジッ子」といっていいくらいフジであたってるわけだし(ラスフレも)、めざましファミリーの一員だしw それに比べ「ズームイン」の扱いの低さといったら・・・orz

この写真さすがというか綺麗ですね。
http://woty.vogue.co.jp/02_ueno/index.html

樹里さんの今回の衣装(春を先取りしすぎw)ではその「美脚」が話題になってるようですが、もうそれはSGの友子のときからそうですよね。より色気が出てきたってことかな?
(* ̄ー ̄*)

美脚だけでなく私の想像以上に小顔なのもよくわかりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月26日 (水)

ホンダ SMILE! LIFE編

PASTEL編というのを第二弾としていましたが、今夜の相棒を見ていて「SMILE! LIFE」編というのが流れたので、全部で3作あるのがわかりました。

Honda|ライフ|CMギャラリー

ゴリラは子供のときだけ笑うけど大人になると笑わなくなる・・・大人こそ笑わなきゃ!

どうも映像的には「登場編」とかぶっているとこもあるようだが、誕生編の15秒バージョンではないです。ですから実際には4作あることになりますね。

「LIFE(G)」「PASTEL」ときたということは、次は「ディーバ編」というのがあるんじゃないでしょうか!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

樹里ちゃんVOGUEが選ぶ『2008年の女性の顔』に!

なりました!ヽ(´▽`)/

VOGUEが選ぶ『2008年の女性の顔』に“W上野”や“篤姫・宮崎”ら9人

ヴォーグ:圧倒的な活躍した女性に“篤姫”宮崎あおい、“金”上野投手ら9人 ウーマン・オブ・ザ・イヤー

「さまざまな分野で“圧倒的な活躍”をみせた女性」が受賞するということで、VOGUEという雑誌は良く知りませんが(スミマセン!)大変おめでたいこと。

公式サイトの記事はこちら
樹里さんインタビュー動画

2008振り返ってみると、やはり「のだめ巴里編」と「ラストフレンズ」での演技を評価して、ということになるんでしょうね。だいたい今年前半のことのようだった気もしますが、他にもいろいろと話題をまいていましたしね。そういえば私も1月からファンとして樹里さんをおいかけてきてもうすぐ1年になろうとしています(* ̄ー ̄*) そして今年の締めもまた「のだめ」になりそうです!

今年を感じ1文字で表すと樹里さんは「今年はアフリカに行ったり、企画したDVDを出せたので“遊”」とのこと。女優のほうの仕事ではないんだw

しかぁし!
「W上野」ってΣ( ̄ロ ̄lll)
なんですか、そのくくりはw
私的には「宮崎あおい」さんと「佐藤あおい」で「Wあおい」なんだが!w
確かにオリンピックで「上野、上野」と連呼されるとどうしても樹里さんをうかべてしまいましたけど!

毎日JPの「その他」ってのも・・ もうちょっと記事書いてくださいよー(・_・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホンダ SMILE! PASTEL編

おかげさまで、今夜ようやく第二弾みることができました!!

と思ったら、ホンダライフの公式サイトにも高画質の動画あがってました^_^;

ホンダ SMILE! PASTEL編

樹里さんが便利なバックモニターを使って駐車してました( ̄▽ ̄)

しかしあのゴリラの子供は人形?それとも演技なんですか?VFXなんでしょうか?よくわかりません!


ところで公式にあるくらいだからこのバージョンに30秒バージョンはないんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

セレブと貧乏太郎

今夜の「セレブ〜」はちょっと詐欺師とゴーストライターが入れ替わるあたりはもう見ててイライラする嫌いな展開だったんですが、緑(三浦理恵子さん)のメイド姿で「にゃん」が見れたから嫌な部分も忘れました( ^ω^)

アリスを裏切ったはずの元社員たちが何もなかったかのように会社に戻っていることが不思議で、きっと多くの人が「?」と思ったことでしょう。アリスの味方の鬼八郎wとしてはもうあんな社員いなくて結構!というところだが、それではドラマにもならないので、きっとジェシカと和解したのだろう。アリスも「どっちでもいいから好きにしたら」的なw ただししっかりと安田幸子とは差をつけられているようだ( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、太郎のアリスへの気持ちがどうのということより、後藤田とアリス、そしてあのラスボスの継母とが今後どうなるか気になる!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月25日 (火)

のだめカンタービレ第8話は神

という記事を書こうとしたら、すでに2月にも書いていた(* ̄ー ̄*)

今夜のBSフジの再放送をきっかにちょっと見返していたんですが、やっぱ8話は凄い。

今でもこう、こみ上げてくるものがあります。


結局書いてることは2月に書いたことといっしょなので止めますが(;・∀・)
このドラマは自分の中に永遠に残ることは間違いないな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月23日 (日)

流星の絆 その6

本当にあの戸神のオヤジが犯人なんだろうか?

なんだか最後にどんでん返しがあるような気がしてなりません。


静奈が本当の兄妹ではない、ということを静奈に知られてしまってショックな功一が店に戻ったらサギがそこで歌ってた・・・ってあれはギャグだったんですか? すっかり画面に食いついていたところをいきなり突き放されてぽかーんとしちゃいましたけど・・・。


泰輔が矢崎の奥さんをはめようとしていた(バレてた)んですが、もう物語の展開上、ああいうライトなシーンは余計に感じた。核心に迫ってきて盛り上がってきたのにちょっとどうなの?と思わせる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年11月22日 (土)

ホンダLIFE 2本目いまだ見れず

風邪を引いてしまった鬼八郎です。こんばんは。

もう鼻はグズグズ、喉もいたくて悪寒がします。

11月にしてはやたらと寒くないですか?
そんな感じで油断していたというか、まだ11月なんで厚着したり暖房強くしたら負けだ!とか自分にしかわからないこだわりを見せてたら思いっきり引いちゃいましたw

みなさんは気をつけてください。


昨日あたりから HONDA LIFE の2作目「パステル編」とやらがすでに流れてるらしいのですが、まだ見ることができません orz

昨日の「未来創造堂」も前の登場編だったし。さっき録画した「イロモネア」を見ようとしたら、録画の冒頭に残り数秒だけ新作が映ってました orz それで、他にもないかCMだけ見てたんですがw 「登場編」しかやらなかったんでもうガッカリ
(´・ω・`)ショボーン

まあ、いつかお目にすることはできるとは思うんで待ってます。

※22日現在、まだ公式サイトにもありませんね。
ホンダ |ライフ | CMギャラリー

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年11月21日 (金)

キラー・ヴァージンロードがクランクアップ

したそうです(公式サイトより)。

いつのまにか、タイトルが「デッドヒートヴァージンロード(仮)」から「キラー・ヴァージンロード」になっていましたw

いや、タイトルだけならかなり刺激的なんですが、そのヴァージンロードはどん尻ビリ子さんが歩くんですよね?w


公開まで1年あるわけで、もう忘れた頃にやってくるみたいですが、さて、次は何をやってくれるんでしょう。ゆっくりした後はまたビックリするようなことをしてくれそうな気がします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月20日 (木)

スウィングガールズ コメンタリー

そういえばコメンタリーだけ聞いてないのを思い出し、これはもったいない!とばかりに試聴開始。

画面は綺麗なBDで、もう一台のDVDレコで音声を再生するという特殊技術でw
(途中でなぜか音声がずれたりしたけど)

いや、樹里ちゃんしゃべりっぱなしでw 矢口監督からも樹里ちゃんは鈴木友子そのものとか言われてたけど、本人は監督と会うとすぐに友子になっちゃうと言っていましたね。オーディションを受けたときから友子そのものと言われただけにw

そう思うと素顔の樹里さんって、友子とあおいの中間くらいなんじゃないかなーって勝手に想像したりしてます。

内容はもう、これを聞くとまたスウィングガールズが2倍楽しめる!ヽ(´▽`)/
よくみかける「鼻ほじり」のエピソードとかもここからですか。

とにかく元気元気の友子ですが、あの雪合戦でちょっといい表情になったとき「ジョゼっぽく」「告白する」みたいな(あ、ちょっとわすれちゃったんでこんな感じ)顔をリクエストされたけど、樹里さんは「友子にそれはない」と思ってたとか。でもいい表情でしたね。
あと、ギャグのシーンなんですが、球場でほっぺにご飯粒をつけたままだったところにカメラが寄っていくんですが、もう最高に可愛いお気に入りのお顔。ご飯粒より唇のほうをどうしても見てしまうのでした(* ̄ー ̄*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

笑う大天使 再び

見返しました。

今度はちょっと余裕あるし、原作も目を通したしw


最初のミカエルの伝説がそのままこのストーリーの根幹なんですね。こんな当たり前のことをスルーしてる私ってorz

原作でもけっこう強引な不思議な力を得るシーン(原作ではいろんな薬品の科学反応の副産物的)、あれ、映画ではダミアンが火を消すときに謎の白い容器を持ってきてるのがわかったw 原作では脇キャラのダミアンが、映画ではいろんなところで3人を誘導してる、「ミカエル」の化身ということか(りきいぬさんのいうとおり最後には羽がチラッと・・)。そして人質となってしまった生徒達の祈りで奇跡のハイパー化した史緒に(ダンバインかw)。


ところで史緒が焚き火で食べていたのはアジの開きだったのが映画ではチキンラーメン。ラーメンは今後も出てくる重要なアイテムですが、焚き火でお湯を沸かしてラーメンというのもどうなんだろうw


とにかく監督のインタビューにもありますが、90分の中にどうおさめるかに苦労したと思う。また本当は番外編の3作が好きだということで、話を時間の都合で史緒一本にしぼった結果ああなったのではないかと。アクションシーンは・・・ないと映画にならなかったかもしれませんね。ただ、原作本編の持っていた雰囲気とはまったく違った映画になったことは残念ではあります。VFXは園内の緑化だけでよかったのではないかと。

どうなんですかね? 実写化して面白いマンガと面白くないマンガとあると思うんですが、もしどんなものでも原作イメージどおりに面白く出来るという監督やスタッフがいたら全然違った名作になったんでしょうか?


それにしても、「ベルサイユへいらっしゃい」が「ベルサイユへ来んかい!」になってたところ、原作ファンは「なぜそこで言う」と納得いかないところかもしれないけど、私にはどっちも意味がよくわかりませんが。ベルバラの名セリフなんでしょう。

コスプレしてこってりメイク出来上がったてた樹里さんがやたら綺麗なのが印象的。普段みせないからなおさら。あと全体でランニングしてるときの凛々しいお顔も素敵。同級生からも好かれるのはわかるw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

The Who Live at 武道館

行ってきました武道館!

The_who_2008

絶対に来ることは一生無いとあきらめていたThe Whoの単独公演!


ちなみに・・私がどうThe Whoのことを思っているか・・・

ロックが好きだという人に「The Whoは?」と訪ねたとします。もし返事が「知らない」「あまり好きじゃない」だとしたら、きっとその人は「ロックが好きなんじゃなくて、ロックっぽい、ロック調の曲が好きな人なんだ、そうなんだ」と解釈することにしてます。

私にとってロック=The Who

ちなみに、もうひとつ「Velvet Undergroundがアリかナシか?」というのもありますw


さて、肝心のライブは初っぱなの「I Can't Explain」からもう全開! バックにキースムーンの映像が流れるのですが、もうWhoと演奏するのは10年くらいになるザック・スターキーの演奏する姿がキース・ムーンに見えてしまい、もうその時点で私の目はウルウル状態に(´;ω;`)ウウ・・・

ピートのウィンドミル奏法(大車輪のように右腕をグルグル回してギターをかき鳴らす)が出るたびに客席は大盛り上がり。あれは近くで見ても遠くでも見ても判りやすいパフォーマンスだな、と改めて思う。

やっぱこの10年のWhoはザック・スターキーのおかげですね。怒濤の演奏スタイルは行儀のいいキースムーンという感じかw もっともっと評価されるべきドラマーだと思う。
ベースの人も参加してかなり時間がたってるせいで馴染んでるようですが、個人的には「電撃感」が足りないw 「ここで来るな!」と思てても来ないんです。あのゴリゴリしたアタックが無いんだよね。


とにかく前評判どおりもの凄い演奏が続く。この曲ってこんなにカッコ良かったんだ、と思わせる演奏ばかり。「The Seeker」「Who Are You」、そしてピートのフィードバックするギターとザックの手数足数の組み合わせが決まった「Anyway Anyhow Anywhere」。ス、スゴイ・・・

大合唱となった「Behind Blue Eyes」では再び私の目にも涙が・・

もうあとはヒットパレードってなもんで「Baba O'Riley」「You Better You Bet」「Won't Get Fooled Again」「My Generation」「Love Reign O'er Me」・・・

さすがのロジャーの声も最終日とあってかすれ気味だったが、絶叫部分は我々観客も大絶叫なわけでwもうその一体感が凄い。

そしてアンコールはロックオペラ「TOMMY」から「Pinball Wizard」「Amazing Journey〜Sparks」「See Me Feel Me〜Listening To You」。

この日のライブは100点満点で採点すると99万点でしょうかw あと1万点で100万点だったのですがw 足りない分は「Listening To You」が短かったこと orz もっともっと歌いたかった!!!!

最後にピートのアコギ一本でロジャーが歌う「Tea And Theatre」で静かに幕を閉じたのが逆にまたカッコ良かったのですが、「ああ、The Whoはもう二人だけなんだな」とちょっと悲しかった。

しかし、お二人はも60代半ばなはず。
もう4人揃ってて全盛期だったライブはもうどんだけ凄かったんだ?と想像ができないほどド迫力の演奏。こんなに興奮したのはストーンズの初来日(90年)以来か?

とにかく今夜の出来事は一生の思い出になることは間違いない。
あの「The Who」をこの目で見てしまったんです。


なお、22日から渋谷で「The Who : Amazing Jorney」がロードショー(「ライブ・アット・キルバーン」も公開中)。こちらも見逃せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月19日 (水)

「笑う大天使」の原作

原作のマンガのほうが手に入ったので一気に読み切ってしまった!

Michael


これは・・・面白い!

そして・・・泣ける!


絵は、もう懐かしの昭和の香りがする「ザ・少女マンガ」。なんとなく絵柄と作者の名前は覚えていたので、なにか別の話を読んだことがあったかもしれませんが、そこは記憶無しです。


映画版はだいたい本編のストーリーの部分といえる部分と、短編の「夢だっていいじゃない」からできあがっていました。

なぜ、3人のお嬢様が特別な能力を身につけたのかはもうギャグのような話なんですが、いや、これは不思議な世界。この独特の感覚が原作者の川原泉先生の持ち味でしょうか。読んだ人にしかわからない、私には上手く説明がつきません。ほのぼのとしたタッチで、お嬢様学園と3人の猫かぶりの主役のギャップを楽しめる。そして最後はなぜか例の誘拐事件と偶然手にした(神から授かった)力で事件を解決するんですが、映画のような大立ち回りがまったくないのが逆にお見事。いや、ほんと上手く魅力を語れません。すみません。


特に秀逸なのが、短編集の三作。史緒が主役の「夢だっていいじゃない」は映画でも取り上げられていた兄と心通わせるお話。

そして傑作が柚子がロレンス先生とロンドンの実家に行く「オペラ座の怪人」。先生の友人のオペラ歌手とテディベアの話は先は少し読めたがそれでも最後は涙無しには読めなかった。

最後3人は聖ミカエル学園を卒業していくのだが、「卒業」を扱うマンガに私は特に弱い。自分もそういう学生時代の思い出に浸る年なのかもしれないが、その後の3人についてを読んでいるうちに三人の一生における学生時代の素晴らしさがさらに輝いて見えてきてしまい、もう号泣です。こういうの弱いんですよ、私。


さて、原作を読んでみると、正直言って・・・この映画は原作ファンにはチト厳しかったかもしれませんね。確かにところどころ「ああ、映画化するのにここをこう使うわけね」というのはわかるが、アクションとVFXというこの原作においては一切必要がないものが映像化するにあたって大前提にあったというのはどうも・・・ね。それが目玉だったのに。樹里さんの「夢だっていいじゃない」部分がなかったらどうなっていたことかw 私は映画から入ったので見方は違うとは思いますが。

しかし、原作を知って、映画の中のいろんな仕掛けもまた、発見できるような気がします。特典で監督が語っていたとことかも確認できるし。やっぱもう一回見てみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

A PIACERE

Wp081118

ちょっと「A PIACERE」の表紙を壁紙にしてみた(* ̄ー ̄*)


じっと見てるだけ和む。

もうね、髪の先端までもが愛しい。


笑顔もいいけど、こういう自然体の樹里さんもまた良し。

「A PIACERE」は2005年から2006年にかけて美しく成長していく樹里さんを捉えた貴重な記録。一生の宝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月17日 (月)

梅田の樹里さんSMILE ! LIFE!ポスター

梅田のほうで豪快に並べられた樹里さんのポスター「SMILE ! LIFE!」ですが、某巨大掲示板でアップされていたものが例のBaiduでもアップされていました。いいのか悪いのかよくわかりませんが。

あの掲示板が嫌いな方はこちらがいいかもしれませんね。ほとんど見ることができました。

渋谷ではクリアパネルで蛍光灯が反射してしまってたので、こちらのほうが見やすいですね。

http://tieba.baidu.com/%C9%CF%D2%B0%CA%F7%C0%EF/tupian

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

YouTubeがさらに高画質化してた!?

してたんですよ!

もう巷では神画質と呼ばれてるそうなw

YouTubeを1280×720のHDで鑑賞するキーワード


まずはこちらのほうをご覧ください。
JVC GZ-HD6 DEMO PAL - 03rd Upload downscale to 1280 x 720 WMV!

かなり画質がいいことに気づくと思いますが、さらにダウンロードしてみると、解像度が上がってることがわかります。

以前、URLの末尾に「&fmt=18」をつけるとH.264で480x360のMP4動画になるということは報じられていましたが(実際の元動画が高画質の場合は「高画質で見る」というリンクが表示される)、さらに「&fmt=22」と入れることで、1280x720サイズのHD品質のMP4ファイルがダウンロードできます。

「1280 x 720」や「HDTV」「HD画質」など、高画質をキーワードで検索してみるとポツポツとヒットすると思われますのでお試しください。

まあ、アップロードする人が高画質で上げない限り意味は無いのは従来どおりでしょうが、なんか仕様とか決まってるんでしょうか、これって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月15日 (土)

流星の絆 その5

今回が一番面白かった!!


静奈はやはり戸神行成を好きになりかけている。「親の敵」の息子なのに・・・と思ったら、犯人は矢崎信郎(静奈の実父)だと奥さんが名乗り出てきたり・・・

刑事二人もすごくいい感じで、面白くなってきましたね!

ちょっとどうなるか私などには予測ができない展開です。


それにしても妄想係長 高山久伸はもう出ないんだろうかw
二度も死んだしw
復活とか逆襲とか期待してます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

笑う大天使(ミカエル) メイキング

「笑う大天使(ミカエル)」のDVD特典のメイキングやその他が盛りだくさんで、本編は92分なのに特典映像が208分もあるw

とりあえず、体重のことは忘れて今夜の夜食はもちろん「チキンラーメン」ですw


このDVDは特典でもっと楽しめる!というのも失礼かもしれませんが、かなり面白かった!

VFXで冬の撮影が春になったり。


あとアクションシーン凄かったなぁ、と思ったんですけど、かなりがんばったみたいですね。

この練習風景だけでも樹里ちゃんファンは必見でしょう!(* ̄ー ̄*)
キリッとした凛々しさもイイ!
メイク中で目を閉じる樹里さんのアップを見て画面に吸い込まれそうになったw
アブナイ、アブナイw

インタビュー見てて思ったんですが、ちょっとこの頃はお顔がふっくらとしてますね。10代から二十歳頃になるまでの女性ってそうかなっていう。


こうなったらもう樹里ちゃんの映画とか全部見てやろう!と思ってまずは「笑う大天使」からみてみたところだったんですが。
でも、やっぱどの映画も何度も見返すことで細かい気づかなかったこととか見つかってもっとわかってくると楽しめることも多い。この映画を始めスウィングガールズもそうだし。虹の女神はもっとそうだろう。
先に進むか、もう一度見直すか、そんなことで悩んでますw

樹里酔いから抜け出せず、そんな毎日( ^ω^ )

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年11月14日 (金)

アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」6

第6話が終わりましたが、今回が一番面白かったですね!

ギャグも良かったし。

また最低のオケからスタートすることになった千秋。

のだめ最大のライバル(?)孫Ruiの登場!

あの飛びついてがぶっと噛み付いたり、子やぎが出てくるところとか原作どおりでサイコー!

ちょっと残念なのは「ヤキトリオ」結成と名前の決定のシーンが無かったことかな。


今回の巴里編は、オープニングもエンディングも好きです。特にエンディングがちょっと巴里風?な感じで、柔らかい感じで好き。

オープニングのほうは最初気がつかなかったんですが、ゴスペラーズだったんですね。彼らには今までまったく興味が持てなかったんですが、なかなか爽やかな感じでこれもなかなかいい曲ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢をかなえるゾウ

だんだんと盛り上がってきました「夢をかなえるゾウ」

くだらないけど好きです、このドラマ!
でも神様のいうことはぜんぜんくだらなくはないんですよw

あすか役の水川あさみが、ずっとハイテンションでギャーギャーとうるさいんだけどw
ガネーシャ役の古田新太さんも、相変わらず上手くて面白い。さすがだな。

プロポーズされたり、会社に復帰出来たりと前途は洋々のようだけどはたして?
来週はなんと生瀬さんも出るらしいので楽しみですね。
なんで視聴率悪いんだろう。といってもなんとなくわかるけど、そこが私にはぜんぜんおっけーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月13日 (木)

笑う大天使(ミカエル)

笑う大天使(ミカエル)を見ました!

Waraumichael


「笑う大天使」公式サイト


本当はまた「虹の女神」を見ようと思ってたんですが、今夜はもっと軽い気持ちで見れるものにしようかなと。


とりあえず

「樹里ちゃん、可愛いなぁー」ヽ(´▽`)/

で見続けてしまったんですが!

原作を知らないんですけど・・・けっこう楽しく見させていただいたんですが、樹里さん、これならジャッキーとも共演できるんじゃ!とか思ったり。


でも、ちょっとわからないところが多いです。あの巨大な樹里ちゃんとかw

・なぜ3人は超人的な能力を持ったのか?
ストーリーではいっしょにチキンラーメンを食べたからwじゃなくて焚き火に何かかけたせい?のようなんですが。

なぜかあの外国の誘拐犯も同等の能力もってるし。

・あの黒い犬ダミアンの正体は?
最初CGでできてるので、限られた能力者にだけ見える謎の生物で、物語のキーにでもなるのかと思ったけど、あれって只の犬ですか?

広川太一郎さんのナレーションってやっぱり上手いんですが、私なんかがきくともう広川太一郎の世界でしか無くなっちゃいますね。


現実離れしすぎてるし、何を伝えたいのかまったくわからない映画だったんですが、史緒(樹里ちゃん)と兄の心情だけでも伝わったので良しとしますw


いや、樹里ちゃん、かわい〜わ。
あの変わったデザインの黒い制服も肩から胸元あたりがちょっとドキドキ(* ̄ー ̄*)

樹里ちゃんの関西弁も好き!

もう、それだけで満足w


原作に興味を持ったのと、おチキンおラーメンが無性に食べたくなってきましたw

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

BDレコーダー週間販売数、DVDを初めて上回る

BDレコーダー週間販売数、DVDを初めて上回る

と、いろんな情報サイトで報道されています。

今までは40%くらいだったのが、ここにきてますます増加、DVDレコーダー普及のスピードよりも速いとのこと。HD DVD撤退からもの凄く普及が進んでいるようですね。(だから最初からBD一本でいってれば・・・)

東芝などでは「超解像度技術」をその置き換えに考えてるようですが、所詮はSDのアップコンバート。実際にVARDIAのBD搭載機を欲しいと思ってる人がかなり多くいるということを考えてくれてもいいと思いますけどね、維持張ってないでw 商売としてはどっちが正しいのでしょう?


持ってない人には「DVDで充分」という意見もありますが、すでに地デジをハイビジョンでそれも30を超える大型でご覧いただいてる方、にはわかると思いますが。
せっかくハイビジョンで見たドラマをなぜマッタリと解像度の甘い映像のDVDを買わなくちゃいけないのかと・・・。そりゃ、売り上げ落ちるんじゃないですか?録画したほうがいいんだもの。

ちなみに国産BD-Rは400円程度にまで落ちており、また高い高いと思っていた2層BD-Rは1000円を大幅に切っており(秋葉で見ました)やBD-RE(書き換え)も一頃のBD-R並の射程範囲にまで値下がりしています


最近、スウィングガールズ、LED ZEPPELINの映画をDVD持ってるのにBDを買っちゃいました。(今度 THE WHOの貴重な映像がDVD化されますが、私は迷わずBD版を予約しました)BDは画像は大変素晴らしいのですが、これではなんだか今年買ったばかりのDVDがもったいない。だから、これから「DVDが発売!」と言われても相当に欲しいもの、今買っときゃないと将来ないかも、というものでないと「BDが出るまで待たないと損かな」と思うこともしばしば。
早くBDが浸透して、BDでの発売が増えるといいなぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月12日 (水)

渋谷駅が樹里さんで SMILE! LIFE!

渋谷駅へ行ってきました!!

もう渋谷駅のホームは樹里さんの笑顔でいっぱい!!!

Jurilifeshibuya01 Jurilifeshibuya02

Jurilifeshibuya03 Jurilifeshibuya04

Jurilifeshibuya05 Jurilifeshibuya06


場所は、山手線外回り(新宿池袋方面)のホームの端から端まで、壁にビッシリと!

あと、上り下りする階段の壁にもありますので要注意。あと、内回りはホームにはないけど階段にありますのでお見逃し無く。数えたんでたぶん全部見たと思うけど・・・34枚もあるとどれがどれだかわからなくなってしまいますw なんだか同じのもあったみたいなので、もしかしたら見つけてないものがあったかもしれません。


渋谷駅はとにかく人が多くて、すぐに電車は来てしまうし、焦って写真撮ったので、今見たらピンボケのもあって超ガッカリ orz
ケータイとはいえ、手ぶれ防止機能ついてるのにボケるって、相当あせったんだろうな、オレw
あと、ホームにあるのはクリアパネルに入ってるのが多くあって、これは蛍光灯とかバッチリ反射しちゃってるのが残念。


キモメンが写真とりまくってて、「上野樹里ファンってキモ!」とか思われてたら、私はいいけど樹里さんに申し訳ない!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


しかし「SMILE」というキーワードで、樹里さんを選んだホンダがとにかく
チョーーー(*^ー゚)bグッジョブ!!

うちのオヤジもずっとホンダの車だったヨ!

しかし、本人が望まなくっても、やっぱ彼女はスターなんだよな、と改めて思うのでした。

期間過ぎたら撤去なんてあまりにもったいない!
パネルください!c(>ω<)ゞ

アミューズさん、これは写真集として売るべきです!私、買います!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

ファンとしての幸せ

残業で遅くなって、「あー、疲れた」と帰ろうとした瞬間にも樹里さんのことを思い出し「帰ってアレやろうっと!」なんて思うと、なんとなく心が軽くなってちょとウキウキしてしまう。あー早く帰るゾーっと。

もちろん、そのとき顔はニヤケないように我慢してるんだけど( ̄ー ̄)ニヤリ


いや、別にこれから直に会えるわけでもないし、遅いから映画見るでもないんだけどね。ただ情報集めたり、ちらっと動画見たりするくらいで。
それで帰り道、とりあえず「じーじ」の歌聴いてみたりしてw


なんなんですかね、この感覚は(* ̄ー ̄*)


「虹の女神」で佐藤あおいに出会ってから、また症状が酷くなってる。

樹里酔いがまったく抜ける気配もなく。


「あおい」は樹里さんに通じるものがある(原作のあおいはかなり自分に近いらしい的なコメントがあるとか)らしいが、自分も今はどこか重ねて見てるとこがある気もする。前はのだめを重ねてたけどw  夢(仕事)が一番で、恋愛にはちょっと不器用なのかな、とか。役に命が吹き込まれる時にはそこに樹里さんの一部が入ってるから重ねちゃうんだろう。こういう感覚をもつのはやっぱいい映画だったという証拠だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

渋谷駅が樹里さんで埋め尽くされる!

なんだか渋谷駅が凄いことになってるらしい。

ueno-juri.com report


こ、これは・・・!

いや、ヤバイでしょ!

HONDA「ライフ」のポスターが全部で34種類だそうですが、

全部持って帰りたい!


せめてネットででも公開してほしいですねえー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新MacBookのキートップ壊れる

先の記事を書き込んでる途中で事件が・・・・

なんと、買ったばかりの新MacBookのキートップの一個がはずれちゃったんですよ。

で、裏をみたら、ひっかける爪が一個折れてるんです。


はっきりいって・・・

ほとんどこのキーボード使ってないのに( ´;ω;`)ブワッ


正直、新MacBookのキーボードは今まで使ってきたMacの中では私には一番打ちにくいかな、と思ってて、めったにキーボード使ってなかったんですよ。ネットの検索くらいですか。

打ち込み始めが重くて、「パクン」という感じですか。他に比べてストロークが長く感じる(実際にはほとんど差はないかもしれないが)。そして、何より表面がツルツルというかスベスベしてて滑る感じがあるんですね。

私にはサブで使うだけのものだったのでキーボードの重要性はなかったんで特に問題視してなかったんですが、「たまにはこれでブログでも」なんて思って使ったてみたらこんなことに orz


あーあ。いきなりのハズレだったみたい。゜゜(´□`。)°゜。

とりあえず、買った店かApple Storeにでも相談しますか・・・


--------(追記)-------------------

購入したショップに相談したところ、「購入してまだ1ヶ月経ってませんので、よろしかったら新品交換いたします」とのこと。おおー!( ̄▽ ̄)

いや、そこまでは期待してなかったし、破損なんて保証外かな、とも思ってたんですが、そもそも破損するような使い方してないし(ちょっとタイプしただけ、ミスって角を押したらペコっと浮いちゃっておかしいなと思ったら一個爪が折れてたという)、なんて太っ腹な対応。

話を聞いたところ、規定で一ヶ月以内は「初期不良対応」という決まり(もちろん状況による)だそうで、キートップだけなのか、その下に問題があるか判断しかねるので交換がよろしいのでは?とのこと。パーツだけ取り寄せてつけるか、お預かりしてアップルで修理もできるが・・ということでしたが、待ってられないので交換を希望しました。アップルストアに持ち込んだ方が速いかな?、キートップ代くらいだったら有償でも、なんて覚悟してただけにね。

HDDの中身はどうなるんですか?との問いに「それは保証できません」ということだったので「MacならHDDをそっくり入れ替えるだけでは?」「いえ、そのような対応はいたしかねますので」ということだったので、まあ、サブ機で重要なものはないので、簡単にバックアップをとってOSを再インストール。しかしなぜか後9分でフリーズしてしまうハプニング! しかたなくHDDの消去だけしてショップへ持って行きました。

新MacBookの入った元箱はあまりにコンパクトなので、普段の通勤用のバッグに入ってしまったw
(まあ、ノートPC運べるものなのだが)
しかし、やっぱ箱丸ごとでは重くて疲れましたが、お店でもすぐに対応してくれて満足。


おかげで、開封の儀式が2回もできることに!( ^ω^ )

こういう顧客満足度が商売では重要だよね、なんて納得してしまいました。
特にショップ名は書きませんが、SGの中村拓雄似wの担当の人ありがとう。
(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

セレブと貧乏太郎 その5

今夜も上戸彩さんがウェディングドレス姿で大活躍!

ファンにはもうたまらない映像満載(◎´∀`)ノ


あのドレスは幸子(国仲さん)がデザインしたものなんですね。「どこのブランド?」なんて聞いていたので、相当デザインが優れてるんでしょう(私にはよくわからん)。そのあたりが来週のお話に続くのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月10日 (月)

流星の絆 その4

いよいよ、予想通りの展開に。というか、あれだけ振ってれば、私にだって多少はわかります。

とがみ亭の原点というハヤシライスの味が、アリアケのハヤシライスの味だったこと、そして目撃どおり味を盗んだと思われる戸神社長が犯人? という流れ。

でも! このまま戸神社長が犯人になってしまったらサスペンスでもなんでもなくなっちゃうんで、他に犯人がいそうなものだが、今のところそれらしき情報というか登場人物がいないし。そこも気になる。
ただ、まだ全部をみせていない気がする。特に三浦友和さん演じるベテラン刑事柏原とか、訳あり風の林ジョージとか、まだまだいろいろ出てきそうな雰囲気はある。

原作読んだ人には「何言ってんだ?」と思われてるかもしれませんねw

ここからはそんな一筋縄じゃない・・・ことを期待します!!


詐欺を働くのが軽すぎるのがチョットね、と前に書いたんですが、今回にいたっては、戸神の御曹司が変わってるけどかなりいいヤツなだけに、なぜターゲットになったのかがイマイチよくわからない。ただ気に入らないから? なんだか戸神一家と3人を無理矢理つなげてるように見えたけど・・・。

個人的には今のコメディありのライト路線との二重の演出はわりと好きですが、このお話は、とことん推理サスペンスで見たかったように思う。中島美嘉さん演じる変な女サギも好きだけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 9日 (日)

あおいモードから抜け出せず・・

頭の中からあおいが抜けなくて、ふとあるごとに思い出しちゃうことがあってそのたびに切なくなってくるんですよ。

それでも、そんなときは「あおい」ではなく「樹里さん」のことを思うようにすると気がまぎれますw

あおいは死んじゃっても、樹里さんは生きていますからね(?)


今更で申し訳ないですが、「虹の女神」を見て、樹里さんを見直したっていうか、惚れなおしたっていうか(* ̄ー ̄*) いや、凄いんですよ。


あおいを知ってのだめを見ると、またのだめが違ってみえてくるんですね。


いや、もう、ね。

なんでこんな人がいるんだろうって。

それで逆に思いが募ってまた苦しくなったりするんです・・ orz

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

樹里ちゃんとMac

いや、まあ、今好きなものを強引にくっつけた話題なんですが(;´Д`A ```

スウィングガールズの友子がおばあちゃんに買ってもらったけど全然使わず(!)質屋に持っていたのが初期のiMac G3。CRT管が懐かしい一世を風靡したモデルです。

Imacg3

ちなみにiMac自体はスタッフのもので、撮影中にあまりに重くて自転車から落っこちたとか。メイキングなどの特典映像でもiBookやPowerBookなどのMac系ノートが何度も登場しますね。


虹の女神であおいが自主制作映画の中で使用していたのは初期のクラムシェル型iBook。開いた貝殻みたいなデザインでかなりキテます。液晶の解像度は確か800x600じゃなかったかな?

Ibook_orange

時代的に合わないと思ったら、あおいが学生時代はまさにこの頃、ということのようです。2000年前後?


樹里さん自身はMacを使ってるかどうかわかりませんが、映画スタッフのなかで(映像を扱う人?)はやっぱMacなんかなぁ、と。

テレビだとそのデザイン性からけっこうiMacとか頻繁にでてきたりします(絶対彼氏とかも)。


瑠可は東芝かなんかでしたっけ?

千秋が使ってたノートはちょっとメーカー不明。(のだめが「好きデス・スクリーンセイバー?」を勝手にインストールしてたw)NECのLaVieっぽい。

玉木さんと樹里さんはNECのパソコンのCMで共演してたからきっとNECのヤツをもらってるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 8日 (土)

今夜はスウィングガールズ

8日夜9時より、フジテレビ系列にて映画「スウィングガールズ」放送です!

みなさんご存知のとおり、いろんな新人賞を獲得した上野樹里さんの出世作ですね。

見たことある人も見てない人もぜひ見ましょう!


私はひと足先にブルーレイを買ってしましましたが、一応録画予約しました。


ブルーレイ版はもうさすがの高画質!

樹里さんのソバカス(?)まで鮮明ですw

DVDにくらべ、ヴェールを5まいくらいとりさったかのようで、フィルムに近い質感です。

地デジでもその恩恵はあると思いますので、地デジのハイビジョン導入の方は特に必見ですよ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

佐藤あおい

虹の女神のDVD特典で、樹里さんがインタビューで「なるべく可愛くならないようにした」と言っていました。

智也は面食いで、可愛い子を見るとすぐに恋しちゃうタイプ。

だからあおいは守備範囲外でいなくちゃいけないということか。

そう、失って気づいた時、智也にとって女神はあおいだったのだと。


でも自分、もう最初からあおいしか見てなかったんで全然気づかなかったですよ。

ダメだなぁ。

あんな魅力的な人が側にいるんですからね。でもそれは映画だから、観客にはあおいの気持ちが伝わるせいかもしれません。スピード見合い?とかでも誰からも声のかからない女性だったし。


でも、智也は気づいていたはずです。

だけど口にはできなかった。

たぶんそうなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

虹の女神 PHOTOBOOK

パンフが無いので注文しておいた「虹の女神 Rainbow Song PHOTOBOOK」が届きました。

いやAmazonさん、早いですね。昨日の今日なのに。


最初から最後までのいろんな場面の写真がたくさん載っており、また、心に残る台詞が書かれていますので、いろんな思いがフラッシュバックしてきます。

不思議な感覚なのは、ここに写っているのは樹里さんなんだけど、また佐藤あおいでもあるんです。自分もどっちの目で見てるのかときどきわかりません。


そして思うのは・・・

やっぱ死んじゃったら終わりだよー。

夢も希望も恋もなにもかも。

残された人が大切なことに気づくって言われても・・・去っていった人には何も残らないんだよー

救いがない、こんな悲しいことなんて無い。

幸せになって欲しい人だと思ったのに。
幸せにしてあげたい人だったのに。


私にはあおいにかけてあげられる言葉がありません。

智也がひとこと「そばにいてくれ」とさえ言っていれば・・・


あの最後の虹の写真をあおいは見ることができたんでしょうか?


あおいのことを考えるとずっと胸が苦しくなってきてしまうのです。

智也には10年後がきっとある。いずれは34歳になるんです。

でもあおいはなれません。彼女にだけ地球最後の日が来てしまったから。


この映画は「死別の悲しみ」が前提の映画ではないんだけど、あおいのことを考えれば考えるほど悲しくてしかたがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里 CM ホンダ「SMILE! 登場」篇

もうご覧になりましたか!?ヽ(´▽`)/

上野樹里 CM ホンダ「SMILE! 登場」篇今日から放送開始です!


いっぱいスマイルがありましたね!

うわさのダンスシーンはチョコっとだけでしたがw

そしてあのゴリラはいったいなんですか・・・?
これだけで海外ロケ?って思いましたがま全部で4篇あるそうですから今後も期待しています。

しかし、15秒では物足りないですがさっそく録画しました!(* ̄ー ̄*)


これから番組の途中でこの笑顔がいっぱい出てくることがありますから嬉しいですね。私はCMを飛ばしちゃったりするクセがあるので気をつけなければw


一応ズームインSUPERとめざましテレビを録画しておいてそちらの取材の様子も確認しました。ドライブしたい所は?の質問に「お姉ちゃんと栗拾い」という相変わらずの樹里ちゃんでしたw
動画はこちらが詳しくておすすめです。
確かに正面から見ると「笑顔」みたいなデザインなんですね、この車。樹里さんは「黄色が好きだから」3台のなかからGタイプを選んでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 7日 (金)

樹里スマイルで「ライフ」に乗ろう

ジュリチャンファンさんからも情報いただいておりますが、樹里ちゃんがホンダのライフのイメージキャラとして7日CMが放送されることが火曜日くらいから話題となっておりましたが、ついに公式に発表されました。


とりあえず画像のあるページをいくつか集めときましたw
上野樹里、スマイルで「ライフ」に乗ろう
ダンスは一発OK!上野樹里、新型「ライフ」CM撮影の裏話を披露
上野樹里:ホンダライフのイメキャラに キーワードは「笑顔」
上野樹里、“ドラテク”に自信アリ

いや笑顔がまぶしすぎるー!ヽ(´▽`)/

だからキーワードの「笑顔」にピッタシ!(◎´∀`)ノ

公式サイトueno-juri.comのマネージャーレポートにもきました!

楽しみですね。まずは明日の「未来創造堂」あたりが狙い目らしいですw


それにしてもまぶしいくらいに綺麗な樹里ちゃんですが・・・・


「どん尻ビリ子の沼尻ひろ子」降臨中の樹里ちゃんとは別人だ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

この変わり用はいったい!?
沼尻ひろ子中

ドラマによって顔つきのかわることから「日本の女デニーロ」と(私から)呼ばれる樹里ちゃんですが、この変わりようはすごくない!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月 6日 (木)

虹の女神 Rainbow Song

上野樹里さんの代表作のひとつ、虹の女神 Rainbow Song を見てきました。

Rainbowsong

ずいぶんと前にDVDは買ってあったのですが、どうしてもこの公式HPに記載されたストーリーと向きあう勇気が持てず、ずっと仕舞っておいたのですが、渋谷シネマヴェーラ(映画作家岩井俊二の全貌という企画のひとつとして)で上映されると知り、スクリーンでなら!と佐藤あおいに会う決心をしてでかけました。


冒頭からいきなりあおいの死で始まるのですが、父親が空港で妹に向かって「家族3人でお姉ちゃんのところに行くか!?」と叱咤するところで、現実に起きた悲しい出来事に自分も直面していきました。

お互いにわかりあい、一番近くにいて、好きなのに言葉にはだせずただ智也を見守るあおいと、好きということを認めずどこかかわそうとしていた智也。その二人の微妙な関係が長く続くはずもなく、智也をあきらめて夢のためにアメリカへ旅立つあおい・・・そして待っていたものは・・・

お葬式の後にあおいが残した自主制作の8mm「The End Of The World」を見ることになるのですが、もうイントロの瞬間で私も号泣。それまでたまっていたものがいっきにきてしまいました。

誰もが共感できる部分を多く持つ映画だということでしたが、私はまさに智也の気持ちがわかりすぎるような気がしてならなかった。あの微妙な関係というのは「楽」なんですよね。でも女性からするとたぶんそうはいかないだろうと思う。


この映画に出てくる役者さんは、いまもいろんな映画やドラマにひっぱりだこのすばらしい役者さんばかりです。しかし! やっぱり樹里さんですよー。まるで樹里さんのために作った映画なんじゃ?とさえ思える。

樹里さんは決してなんでも演じる器用な女優さんでもルックスで売ってる人でもない(だから「ドン尻ビリ子」でもファンも受け入れられる)と思う。しかし、映画だろうがドラマだろうがその「世界」に確かに存在する人間を演じられる、ただの登場人物ではなく、そこに「命」を吹き込むことができる杞憂な女優だ。佐藤あおいはリアル過ぎて、その痛すぎるほどの切なさがなんとも愛おしくてたまらなくなる。そしてその死はあまりに悲しい。


これを書いててちょっと思い出すだけでも泣けてきそうなので、ストーリーとか細かい感想がもう書けないです。

佐藤あおいという一人の女性がこれからもずっと私の心に残っていくと思います。


とりあえず、すぐに「Rainbow Song—虹の女神PHOTO BOOK」をao akua(アオ アクア) といっしょに注文しました。たぶんこれからDVDを見たり、特典映像とかも見ると思いますが、しばらくの間はこの喪失感みたいなものからずっと抜けられなさそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年11月 5日 (水)

セレブと貧乏太郎 その4

まあ、内容的には「ちょっとどうなの?」という感じがしなくもなくなってきましたが(;´д`)

クールな男「後藤田 司」がアリズと別れた理由も少しずつわかってきましたね(あの継母か・・・orz)


ちょっと今回は(も?)クサすぎて、後藤田が「でも方針は変えない」と言ったときは「よくぞ言った!」とどこか嬉しかったところがあったのは私の性格が曲がってるせいか( ゚д゚)


それにしても・・・レッドカーペット芸人枠のゲストって必要か?フジテレビさん。


とりあえず、可愛い上戸アリスを見てるだけで楽しめる鬼八郎でしたw

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年11月 2日 (日)

アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」

第4話が終わりました。

のだめ巴里での最初の挫折も千秋が帰ることで少しずつ復活し、

そして千秋は「変態の森」の住人に(* ̄ー ̄*)


ここまでが原作ではLesson66(12巻途中)なんですが・・・・

なぜかホッペグルグルが無かった!!!!

なぜ!?

名シーンなのに!

ドラマとの差別化ですか?


また、「悲愴」を弾くシーンでは長田が出できていない。彼もまた千秋の父がらみもあって重要なキャラのはずなんですが、別のシーンで出るんでしょうか。あと、千秋の公演に夢クラの佐久間さんも居ないし(これも日本編とのつながりがあるのでちょっと淋しい)


次はいよいよクロキンの登場ですね!


さて、物語はおいておいて、このアニメにはどこかにこっそり話題のお笑い芸人が出ていて、それを見つけるのも楽しみのひとつになってるんです。

毎日JP
注目アニメ紹介:「のだめカンタービレ 巴里編」 舞台はパリへ 演奏シーンも楽しみ


ファンとして言わせてもらうと・・・

それに何の意味が!?

有名人が声優したり・・・もうそんな昭和みたいな宣伝活動いらないんでは? このアニメに効果がありますか? なんだか作品を自ら落としている感じがして・・・。髭男爵さんは大好きですが、それとこれは違うんです、私にとっては。注意してないとわからないレベルではあるんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 1日 (土)

流星の絆 その3

流れからすると、幻(?)のとがみ亭のハヤシライスの味が、アリアケのハヤシライスの味ということだったりするの? で、目撃どおりあの戸神社長が犯人? いやそんな簡単ではなさそうだが・・・

なぜあのパーティーに二人が泰輔と静奈がいたのかよくわからないが、今後のターゲット、ということだろう。


回想などで、昔の話を持ち上げ、兄妹の不幸な生い立ちを印象づけるのはとてもいいのだが、現在の3人があまりにライト感覚で罪の意識などまるでないままに詐欺をおかすその姿にはつながっておらず、だから罪を犯す3人にどこか共感できない。ちょっと軽すぎると思うのだがその辺の演出はどうなんだろう?これも原作の流れなんだろうか。どちらかというとポストイット高山のほうが可哀想に見えてしまった。

とりあえず戸田恵梨香さんのコスプレが足りないのが第3話での不満だ(◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »