« 252 生存者あり EPISODE ZERO | トップページ | 今年の漢字 »

2008年12月13日 (土)

流星の絆 その9

いよいよラスト前になった「流星の絆」

ハヤシ・ド・ライス面白かったw


いやぁーもうクライマックス! 時効当日ですからね。

戸神父は本当に犯人ではないのか。

そのまますんなり犯人じゃあ面白くないっしょ!と思ってたら、やっぱり否定してました。

証拠もないし。

ここまで来て、来週やっぱり自分です・・というのも無いんじゃないのかな?(^_^;


で、このドラマ、出演者が少なく、しかも事件のあった時代のアリアケに関わってる人となるとさらに少ない。

・・つまり、真犯人は・・・あの人!!!


ってことになる。

えええええ????

どうなのぉー?

ということはあの9話の盛り上がりは壮大な仕掛けだったってことか?


それまでの前振りが無さすぎて、戸神父以外の誰が犯人になってもイキナリすぎる気はするなぁ。もしかして、この人?いや、あの人?って思わせる部分がぜんぜん描かれてないんで(自分が気づいてないだけかも?)。しかも、容疑者の一人だったしーの実父(国広さん)は出番無いし人物相関図にさえ載ってない。

そんなことも思わせないくらいの展開から、最後に衝撃のラストが待っている・・・ということか。


番組終了後の兄妹3人+ジョージの最終回予告が生放送されましたが、こういうの珍しいですね。重苦しくなく、最後まで軽いノリを忘れないところも良かった。・・ってこれ、関東限定ってホント? もったいない!

|
|

« 252 生存者あり EPISODE ZERO | トップページ | 今年の漢字 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/43411570

この記事へのトラックバック一覧です: 流星の絆 その9:

« 252 生存者あり EPISODE ZERO | トップページ | 今年の漢字 »