« BSジャパン「虹の女神」 | トップページ | non・no 表紙 »

2009年2月 5日 (木)

サマー・タイムマシン・ブルース

映画「サマー・タイムマシン・ブルース」を見ました。
Summertimemachine

面白かった!!

これ、イイワ!


以下、古い作品なのでネタバレあり。

SF研究会、ちょっと悪ノリすぎで、途中もう見ててイライラしちゃったんですが、事情がわからずあんな凄いオモチャが目の前に出てきたらあんなものかも。

そして結局タイムマシンがなぜ、どこから出てきたのかはわからない。

とても相対性理論が専門とはいえSF研の顧問の保積(佐々木蔵之介さん)が将来において作ったとは思えないのだが、こっそり将来の「SF研」の部室においてくるあたりはそういうことかもw 自分の将来の発明にヒントを得る、というのは矛盾もあるけど。


とにかく時間軸上行ったり来たりばかりで、今どうなったえるのか一回見ただけではなかなかまとまらない(特に冒頭の前振りを覚えておかないと)のですが、最後は「ああ、ここでこうつながるのか!」と甲本拓馬(瑛太さん)といっしょに見てる私も納得。( ̄ー ̄)ニヤリ
うまくできてるなーと感心しちゃいました。

あの部室をみれば、だいたいああいうことを起こしそうな悪ノリ連中だとわかりますが、それにしても目の前に出てきたタイムマシンで「過去へ行って、壊れたリモコンを持ってくる」というのがw


未来人田村は、まあ、つぶれそうな映画館に行ったあたりから多分柴田春華(樹里ちゃん)の将来の息子なんだろうことは想像ついたけど、その相手は拓馬だとばかり思っていたが、そうか、名字が違うのか(◎´∀`)ノ

二人、映画見に行く約束とかしちゃって、未来は結ばれないのはわかってしまってるのに・・・というのはかなりねぇ。つらいなぁ。こちらも応援したくなってるのでかなり微妙な空気が。

同じ大学に通ってた母親のカメラが同じもの、というだけで、未来人田村が柴田春華の息子であると決まった訳ではない!と自分に言い聞かせていますw


それにしても主演二人若かったなーw 4年くらい前の撮影、かな?

樹里ちゃん可愛かった。「あおい」の面影もちょっとあったけど友子とちょうどその中間くらい?やっぱ今から見ると学生っぽいよね。

なんだか普通にヒロインというか普通のキャラで主人公に好かれる役って珍しいんじゃないかな?w


タイムトラベルって、計算上はありえるんでしたっけ?

個人的には、過去に行って起こしてしまった出来事はその未来である現在においては「歴史上あったこと」という考え方、最後に伊藤唯 (真木よう子さん)が行ってた「決まったこと」という考え方ならわかる。
過去の自分を自分で殺すということは矛盾がおこるのだから、消える、消滅するというのはありえなくて、可能性があるように見えて、実は「絶対無い」ということになるんじゃないでしょうか。つまり過去へ行って未来を変えるということは不可能、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の世界はありえないのかも、なんてこの手の「タイムトラベル」「タイムスリップ」「タイムパラドックス」のことを考えるといつも思う。

ただ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も、この「サマー・タイムマシン・ブルース」もそんな難しいことを前提としながらまったく無縁でできているから、面白い!

「タイムマシンムダ遣い」というコピーがまさにそのとおり。画期的なマシンなのに、ものすごく狭い範囲でムダ遣いされて終わってた。


では、これから特典ディスクを楽しむとします。(こちらのほうが長いw)

|
|

« BSジャパン「虹の女神」 | トップページ | non・no 表紙 »

上野樹里映画」カテゴリの記事

コメント

樹里ちゃんが今ひとつ存在感がない(でもかわいいのでよい。SFが何の略かも“知らないの?”のとこがよい)のはおいといても、これは本当におもしろい!! 何度も見たくなる!! 何度見てもおもしろい!! これは最初に劇場で見たらどうですかねー。絶対わかんないですよね。おもしろさが。あーここにいたのね的なとこ満載ですから。で、「UDON」 は今ひとつだったのですが、今年公開本広監督×ヨーロッパ企画の「曲がれ!スプーン」ちょっと楽しみです。あ、その前に「キラー・ヴァージンロード」ありましたね!

投稿: 小次郎 | 2009年3月 5日 (木) 02時14分

樹里ちゃんで特に印象に残ってるのはやっぱ甲本拓馬に彼女がいる?と心配そうに見つめるところかなぁ。あと伊藤唯が投げちゃったカメラを取ろうとして大口開けて変な顔してるところとかw あのシーン、手をあげるカットが前とつながってないのが気になります。

投稿: 鬼八郎 | 2009年3月 6日 (金) 00時59分

なんともいえないフクザツーな表情でよいですよね。たぶん本人はそんな意識しないでも、自然にでてくる表情だと思うんですよ! そこがすごいですよ! つながってないといえば沼から戻ったあとの曽我くんのTシャツにからまった藻ですよ。気になります。

投稿: 小次郎 | 2009年3月 6日 (金) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/43964744

この記事へのトラックバック一覧です: サマー・タイムマシン・ブルース:

« BSジャパン「虹の女神」 | トップページ | non・no 表紙 »