« 儲かり偉人伝スティーヴ・ジョブズ | トップページ | カレーへのこだわり »

2009年2月12日 (木)

いらないモノを捨ててみた

今日時間があったので、家にあるいらないものを捨てたという日記。


いつかまた使うであろうというPC関連のパーツや周辺機器、そして特にオーディオビジュアル系商品やPC関係の箱とかは、処分する(中古で売る、オークションを使う)などで必ず必要になるな、と思ってとっておいてあるが、これが生活を圧迫するほど膨れ上がっていて、見るものからアホ呼ばわりされていたんですw

何しろデスクトップ2台にテレビ並みの大型液晶ディスプレイの箱をはじめ、AV機器にDVDレコーダー複数、その他PC周辺機器の箱多数。中のクッションをとっちゃうと元に戻せないからツブさずにそのままだから巨大な山になってました。

だけど、結局売ることも無く、捨てていることが多いことにようやく気づきw これはもう使いきって捨てるだろう、中古でも値段はつかないな、と判断したものから、付属品を整理して捨ててしまった。

中には「なんで捨ててなかったんだ?」という今では使えない機材もいっぱい・・・


ああ、快適w

我が家って意外に広いかもって(◎´∀`)ノ


捨てることの喜びを感じるw


それでもまだ踏ん切りがつかないのがレコードにVHS、LaserDisc。

これがなくなればさらにスッキリするし、再生機器も不要になる。

しかしまだDVDにもなってない放送したライブ、いつのまにか廃盤になってCDすら入手できないものなどもまだまだあります!

でも、これを聞く機会というのはこれからどんどん減るだろうし、実際に今押し入れから出してきて聴く、という行為がすでに面倒に思っちゃう自分がいます。PC環境で音楽を聴く、ビデオを見るということが如何に快適かということだ。しかも、ハードディスク(以下HDD)に入ってるから場所もとらない。


誰か、押し入れの中(からはみ出してるものもw)のこの古いお宝をPCに取り込んでくれませんか?


いつかはこのファイルを捨てるときがくるかもしれないが、とにかくHDDは大容量化と低価格化が急速に進んでいて、捨てるより、とりあえずとっておいてもまったく問題がない。1TBのHDDにならDVDをイメージ化させて200枚以上は入るんです。Macは(Windowsも)デスクトップ検索があるからすぐに目当てのファイルが見つかる。

それに、古いCD-RやDVD-Rは劣化していずれ見れなくなる日が近いうちにきますが、保存に不安なHDDでもより大容量のものに、次の世代へ「乗り換えて」バックアップしていくことが可能です。
事実、10年位前に焼いたオリジナルのCD-Rが先日読み込み不可になってるものがいくつかありました(´Д⊂グスン

サーバーさえあればもう積み上がったCDの山も要らないわけです。


ジャケットがないと寂しい。

レコードからCDに変わったときは思ったものです。

しかし、今やCDのケースすら要らない、そういう風にも思えてきました。

すでにオンラインでしか発売しない楽曲もあったりするんじゃないですか?

そういうものにはもうジャケットなんて無いんでしょう。


だけど・・・


ao akuaを手に取ってみてると・・・

写真集はやっぱ、JPGじゃだめだよね、大好きな映画のDVDにはケースとかブックレットとか必要だよね、とこうして手にする、所有するということの喜び、大切さも・・・

って思ってしまうのでした。

|
|

« 儲かり偉人伝スティーヴ・ジョブズ | トップページ | カレーへのこだわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/44034196

この記事へのトラックバック一覧です: いらないモノを捨ててみた:

« 儲かり偉人伝スティーヴ・ジョブズ | トップページ | カレーへのこだわり »