« のだめカンタービレ武内監督がダウン | トップページ | 救命病棟24時 第2シリーズ 再放送 »

2009年9月23日 (水)

救命病棟24時 第4シリーズ 最終回

物足りなさはあったものの、最終回スペシャルは見応えがあって「救命病棟」らしかったと思います。

進藤と澤井がなんだかようやく見えたというかなんというか。


前回不満をかかせてもらいましたが、この第4シリーズから見始めた人にとっては、進藤という人物が見えないと思う。

言葉上では優秀すぎますとか、いろいろ言われていたが、そういったシーンが少なかった。特に中盤。

だから研修医工藤が心酔するほどの凄腕と医者としての信念、それゆえまわりがついていけない場面など、たくさん行動で見せる必要はあったと思うが、それは最初の1〜2話あたりにちょっとだけしかなく、口ばかりという印象だったのが残念。2〜3まであった無口でありながらスタッフや患者に対する細かいケアも逆に澤井が受け持ってたのでいいところがない。それどころか〜3までの進藤の歴史を知らんのか?と思わせる流れに引いた(映像で過去のものを流してるのに)。


これまでの全シリーズで感動のあまり泣きまくっていた私が、このシリーズではそんなに泣く事がなかったというのが今回の救命病棟への感想となると思う。


冬のスペシャルは、お得意の回想ではなくその後の救命センターを描いてほしい。

進藤が部下の小島医局長。やりづらそう^^;

医者が多すぎ、看護師少ない気がするのですがああいうものですか?


次回第5シリーズがあるならば、また別の病院で小島ではなく、1〜3で進藤に縁のある医者と看護婦を希望。


24日からは第2シリーズが再放送予定。
港北医大救命救急センターのあのメンバーと会えるのがまた楽しみです!

冬SPの時は、研修医小島+進藤ハードボイルド時代の第1シリーズを再放送でお願いします。

|
|

« のだめカンタービレ武内監督がダウン | トップページ | 救命病棟24時 第2シリーズ 再放送 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/46285256

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 第4シリーズ 最終回:

« のだめカンタービレ武内監督がダウン | トップページ | 救命病棟24時 第2シリーズ 再放送 »