« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

のだめオーケストラコンサートで

今夜の「のだめオーケストラコンサート」に上野樹里さんと玉木宏さんがサプライズゲストで登場したそうです!

上野樹里と玉木宏、コンサートでクランクアップを報告

のだめに上野「新境地」玉木「体が反応」

上野樹里らがクランクアップ報告 映画「のだめカンタービレ 最終楽章・前編」

ちなみに昨日はターニャベッキーだったとか。

どちらも見に行けた方はよかったですね!


のだめ新境地とかどうなのか気になる(・ω・ )


しかし、ようやくクランクアップで12月公開とは映画にしては速いものですね。ドラマの映画化だとこうなんでしょうか。


とにかく。

月曜日の「めざましテレビ」は絶対録画です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月30日 (金)

ExpressCard/34のSSDを使ってみた

以前、ExpressCard/34のSSDについて書いたのですが、これにMac OSXをインストールしてここからMacBook Proを起動すれば、高速にOSが使えて、内蔵HDDをファイル置き場にできるのでは!? という期待をしていました。

ExpressCardのSSDって

自分が使っているMacBook Proはユニボディではない旧モデルで、ExpressCard/34の端子があります。内蔵HDDの交換は以前やってみましたが、この機種はものすごく面倒なのでもうやりたくないしw 使える容量の大きいSSDは値段が高い。 eSATAは使ってないし、モバイルもしないし、この端子が余っていたので何かに使いたかったというのもあります(・ω・ )


そこで、探してみたところ、通りすがりの河童さんという方にコメントで教えていただいたのと同じSSDを入手したのでさっそくやってみました。

Express card/34対応の高速タイプSSDがWintecから発売

上リンクの記事では48GBでしたが、これは売り切れていて、私が買ったのは24GB。価格も1万を切っていて手頃でしたし、OSだけにしか使わないので容量も問題なしです!

Solidgossd_2

続きを読む "ExpressCard/34のSSDを使ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

浅見光彦~最終章~

大好きなシリーズが「最終章」となって連ドラ化されたわけですが。

TBS「浅見光彦~最終章~」公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/asami09/

どうもしっくりきません。

出演者(家族)が変わったことは特に問題はないのですが、

やはり、第2話は「一時間のドラマ」として2時間のものに比べて、あまりにあっさりと解決してしまったような気がしてなりません。

原作を読んでるわけではありませんが、過去に何度か見た天城峠殺人事件のお話とは「下司の千社札」と「トンネル」のトリック以外は完全オリジナル?というくらいに話が違っており、アイドルも登場せず、犯人が登場してからは「え?もうかよ!」というくらいに解決、自白して終わりました。そこまでいろいろ試行錯誤して犯人をつきとめていく過程が少なすぎ。偶然にも犯人と出会ってお話をうかがうと関係者かよ!みたいなw


・・これでは物足りない orz


いや、これはさすがに。


次は期待しますよ、ほんとに!

やけに妹の話をひっぱっているので、おそらく最終回あたりは妹が事件に巻き込まれ事故で亡くなるお話をもってくるのだとは思いますが、こういう扱いとなると多少変えてくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月27日 (火)

マネレポが連続でキタ

上野樹里さんの公式サイトのマネージャーレポートが20日に続いて今日も更新( ̄▽ ̄)


公式サイトはこちら
http://www.ueno-juri.com/

弾いてるのはなんと清良のヴァイオリンだそうだが、うまく音はでなかったらしいw

手のブレ具合なんか、もう弾けてる感じなので言われないとわからないのにw


ということは当然清良を応援に行く話や、峰がパリにやってくるお話も期待していいのかな?


このペースで更新お願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月26日 (月)

新iMacの雑感の追記とVAIO X

書き忘れていたんですが。

やっぱりあのクリアワイドスクリーンはとてもキレイなんですが、映り込みが気になるのはどうしようもないです。

個人的には光沢液晶はノートなら許せるけど大画面ではナシですね。

暗い絵、映像とか、壁紙とかにすると、ブサメンの男が写るんですよ、大画面でクリアに orz


それはちょっと避けたいなw

実際に自分で使う分には照明などは映り込まないんだけど、人物や部屋の中とかわかるくらいに見えるんですよね(MacBookの液晶をデスクトップの液晶の位置までもってきてテストすると)。


ああ、映り込みが無くてもキレイな画像とかがクリアでキレイに見える液晶はできないんでしょうか!?




それと、気になるVAIO Xの店頭モデルも見てきました。

続きを読む "新iMacの雑感の追記とVAIO X"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラマ「JIN -仁-」 第3回

今回もちょっと泣けたぁぁぁ(;´Д⊂


あの子役の子、いいねぇ。

原作通りといってはアレだが、お母さんのタエの死も仁にショックを与えたわけだけど、辻斬りのシーンはなかったのね。あれがあったらもっと泣けたかも。


どうなんだろう、今後の話を原作から推測するとネタばらしにもなりかねないので微妙なんですが、龍馬と勝海舟、そして野風がこれから大きく関わってくるんだろう。個人的には外人さんの手術とか茜の手術も見たいんですが時間が許さない恐れあり。

こうなったら2クールはやっぱ必要だったんじゃね?とやっぱり思う^^;


それにしても主役の大沢たかおさん、咲役の綾瀬はるかさんが素晴らしいです。綾瀬はるかさんは見るたびによくなっていくような気がしますが、ああいう役が一番合ってますね。他にも咲の母栄役の麻生祐未さんの第1話の演技は凄かったし(トレンディードラマの頃からは想像もつかない迫力があった!)緒方洪庵、喜市にタエ、出演者全員が素晴らしいのだが・・・やっぱり龍馬役の内野聖陽さんのインパクトがスゴ過ぎ!

ああいう人だったのかどうかはともかくw そうだと思わせる鬼気迫る演技だ。

みてるこちらもつい「〜ぜよ」と真似したくなりますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日)

のだめ最終楽章後編は4月17日

映画「のだめカンタービレ最終楽章(前編)」公開まであと2ヶ月くらいあるのですが、なんだか情報も多くなってきましたね。

前編は12月19日ですが、春とアナウンスされていた後編が4月17日と決まったようです。
http://www.nodame-movie.jp/news.html


すでに特典付き前売りも販売しており、手に入れた方も多いのではないでしょうか。


試写会などの情報も出てきてますね。(◎´∀`)ノ

講談社連合試写会「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
http://www.joseishi.net/vivi/present/200912/movie/index.html


ところで、公式サイトがどうも異常に重いんですが、予告編2ではちょっと長い1分34秒のロングバージョンになっていてなんとなく様子がわかるようになってきました!

のだめカンタービレ 最終楽章 公式サイト
http://www.nodame-movie.jp/index.html




すっかり忘れていましたが^^;

アニメ版の「のだめカンタービレ フィナーレ」は1月14日だそうです。

http://www.nodame-anime.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月23日 (金)

新MacBookとiMac、Magic Mouse雑感

というわけで、ちょっとの時間触ってきました(・ω・ )


iMac

最初に24インチiMac(はんぺん)が出たときほどのインパクトはないですねぇ。あのときはほんとに「デカッ!」と思いましたから。自分は普段から27インチWUXGAを使用しているのでそれほど「デカイ!」とは思わないのかもしれませんが、さすがに最初にこれみたら驚くかもしれませんw

上背がないので、それほど24インチから大きくなった印象が薄いです。横に伸びた感じ。(並べておいてある訳ではないのであくまで印象) 

29インチの4:3テレビから横長ワイドの液晶に買い替えるときに32インチだとなんだか小さく感じちゃう。それと同じだと思う、たぶんw

気になった解像度の高さですが、まず最初に「システム環境設定」がやたら小さくて可笑しいのw

続きを読む "新MacBookとiMac、Magic Mouse雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月21日 (水)

新MacBookとiMac、Magic Mouseがキターーー!

噂通り、今夜発表されました。(・ω・ )



それにしてもiMacが27インチとは・・・想像してませんでした。

自分はずっと前から27インチ使ってますが、デカイですよ、マジでw

でもこれはアップル初の16:9らしいので、高さが無い分そんなに巨大には感じないかもしれません。店頭で27インチの16:9と25.5インチの16:10ってパッとみた感じで差がないら。

それよりも2,560×1,440ピクセルというのがスゴイ!!!

そして
「27インチモデルは外部DisplayPortソース(アダプタは別売り)の入力に対応。」

おおぉぉぉ!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)ナ、ナント!!!

これはそそられるw

できたらこれのCinema Displayが出たら欲しい!!!!


それでも24インチが消えたというのも思いきったなぁー。


続きを読む "新MacBookとiMac、Magic Mouseがキターーー!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月18日 (日)

ドラマ「JIN -仁-」 第2回

面白いねぇ、このドラマ。(・ω・ )

やはり、原作とは違うんですが、うまくまとまってる。

麻疹のエピソードとコレラとうまく合わせてあったり。


あの奇形腫瘍を持っていた謎の男は、原作ファンのあいだでは南方仁本人では?という予想が多いと思うのですが、ドラマでは坂本龍馬か?ということになっている(「・・ぜよ」という土佐弁から)。もっとこれから深く関わるんだろう。

それにしても坂本龍馬役の内野聖陽さんスゴイ。いやスゴイ役者さんだな。なんかイメージ通りの龍馬像なんですが、見事になりきってる! 共演してる龍馬ファンの武田鉄矢さんにもどうか意見をきいてみたいです。(その武田さんも緒方洪庵合ってると思う!)


個人的に好きなのがあのオープニング。(お茶の水橋とか、現在と過去の写真が入れ替わっていくんですが前回はエンディングでありましたね)幕末はそう遠くない、時代劇なんだけど、タイムスリップするSF的でありながらそこはリアルな世界だという印象を与えてくれる。だからそこに生きる人たちもリアルになる。


MISIAの主題歌もいい。

もうずるいくらいに王道。

あの歌だけでも素晴らしいドラマをみた気になっちゃうw 


日曜は「イッテQ」と黄金リレーですごくいい日だなぁヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月17日 (土)

あの素晴しい愛をもう一度

今日、加藤和彦さんが亡くなられました。

この「あの素晴しい愛をもう一度」をはじめ数多くの名曲を生み出し、サディスティクミカバンドで世界的にも成功を収めた方で、私の好きな「ドゥユーリメンバーミー」のプロデューサーでもありました。

ご冥福をお祈りいたします。


そしてこの曲。

日本のフォークソングといえばまずはこの「あの素晴しい愛をもう一度」が浮かびます。

美しいギターのアルペジオで始まるイントロ。

優しい声とメロディー。


すばらしい名曲をありがとうございました。

続きを読む "あの素晴しい愛をもう一度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野樹里と5つの鞄 #3「となりのとなりのあきら」

5つの鞄の3作目。

「となりのとなりのあきら」


個人的には山下監督ということで一番期待していたお話。


声優になるために上京した美鈴だったが、夢破れて今は中年男性と同棲生活。そして妊娠?

そこに幼なじみのあきらが約束の鞄をもらいに一人でやってくる・・・


いや、これは面白かったですね。


夢破れて...あたりはありがちですけど(タバコつながりとか)、美鈴はそれでも東京で自分の居場所を見つけたんだと思います。

そして、あきらも、また少し成長した。


30分だけど、十分楽しめる。

こういう企画って「こんなすごい映像がとれるんだぜ」的な感じをうけるときがあるんだけど、これはない。実にシンプルでよくできてたと思う。


樹里さんのおさえた演技がいいなぁ。やっぱりこの人は映像の中で「生きている」。

それと、沢木ルカさん、ビックリしたワ!

自分も男の子だとばっかり思って最初見てたw

「ワタシ」とか言うし女の子?とか思ったら過去の映像では髪長いし。

美少年っぽかったけど、髪長いとかわいい女の子に見える。

さらに、最後にセーラー服が似合ってたのもドラマ的にもよかった!
「いい女になってください」って。


調べてみたら樹里さんと同じ兵庫なんだね。


番組ホームページ
http://www.wowow.co.jp/drama/5kaban/index.html

となりのとなりのあきら
http://www.wowow.co.jp/drama/5kaban/epi03.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月16日 (金)

映画でも「ロケ地マップ」

発売決定!「最後は映画だ!ぎゃぼー!!のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ」 DVD

Nodame_last_map

2009年12月25日発売!


というわけで、発売は公開後かぁ。


ドラマ版のヨーロッパ編でも先に放送されたメイキングを再編集してDVD化されていましたが、これはやはり、映画公開に先駆けて今度もテレビでメイキング的なスペシャル番組があると思っていいのでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

相棒8がスタート

2時間スペシャルで始まった「相棒8」。

視聴率も絶好調の様子。


しかし・・・・


私的には物足りなかったぁ・・・・

面白くなかったというんではなくて、ちょっと物足りない。


右京の推理も簡単すぎたし(神戸だけじゃなく自分でさえわかるくらいだからw)、犯人も簡単に捕まってた。そこがテーマじゃないということなのか。


まあ、第一回は、まだまだ二人の中はしっくりいってませんよ、新相棒は「監視役でいろいろ裏があるんですよ」ということだろう。


水戸黄門なみに、毎年の恒例ドラマになった「相棒」。また半年楽しませてもらえると思うと嬉しいです。


番組公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

特にネタはないですが

9月とは一転して本当に樹里さんの話題がないですねぇ(・ω・ )


今唯一の話題といえばマキア新パンフの「ダイヤモンド樹里」なわけですが、昨日おとといと探したんですがみつからないんですよ。

といっても1日中探してる訳ではないので^^; ちょっと寄ってみた、程度ですけどねw


今樹里さんはのだめ最終楽章の後編のロケでしょうか。

12月まではこんなかんじかもしれません。


まだ見てない映像とかいっぱいあるんですが、樹里さんの場合は遡ってみるよりもリアルタイムでいっしょに進行したいんですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年10月12日 (月)

ドラマ「JIN -仁-」 第1回

というわけで「JIN -仁-」第1回を見ました。


これは面白い!


視聴率的には大苦戦した前の「官僚たちの夏」はかなりTBS的な見応えがあって私は好きだったんですが、これもなかなか気合いの入ったドラマでしたね。前に「2時間は・・・」なんて書きましたが、もう毎週2時間でいいですよw このくらいのボリューム感で。


原作とは確かに違ってるところも多いのですが(坂本龍馬の関わり方とか、友永未来の話とか)、それもまた原作とは違うので楽しみのひとつにもなりました。

次回予告を見た限りではコロリの話ようなのでどうやら麻疹についてはふれないで進行するみたいですね。おそらく11話前後で終了すると思いますので、あまりゆっくりでも話を消化できないのでしょう。

原作と違い、南方仁が内面の弱さから立ち上がるような場面などもあって雰囲気は違うのだが、ドラマ的盛り上がりがいいですね。


今後、激動の幕末で有名人さんがどんどん関わってきて南方仁が歴史の渦に巻き込まれていくのかというところも見所だと思うのですが、個人的には「未来の医療」が江戸の人や外国人を驚かせていくあたりも期待したいですね。


TBSドラマ「JIN 仁」
http://www.tbs.co.jp/jin2009/

原作はこちら
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラマ「JIN -仁-」に期待

村上もとか原作の「JIN -仁-」がドラマ化され、今日から放送開始。

TBSドラマ「JIN 仁」
http://www.tbs.co.jp/jin2009/

原作はこちら
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html


といっても、録画はしたものの今夜ももう遅いので見るのはまた今度にした orz


村上もとか先生は昔から好きな漫画家で、この原作漫画も私の大好きなタイムトラベルものでしかも医療もの、歴史物でもある。まさに3拍子そろってる訳ですw

読んでると幕末って遠いようで実は近いような気がするから不思議です。

かなり面白くておすすめなんですが、TBSさんでドラマ化ということでどうなることやらと期待と不安も少々。


しかし・・

最近は15分延長どころか1時間延長のスペシャルが好きですよね。

いち視聴者からの意見としては効果あったり逆効果だったりと思うこともあるんですが、今回はまだ見てないのでわかりません。期待しています。まあ、とりあえず局としてはがんばってるんですよ!イチオシなんですよ!というメッセージだけは伝わる^^;

願わくば、引き延ばしたあげく再放送でのカットだけはやめてほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年10月10日 (土)

ついに「のだめカンタービレ」最終回

今日発売のKISSで「のだめカンタービレ」も最終回(・ω・ )

まだ読んでない人、映画を待ってる人もいると思うのであらすじについてはふれませんが、なんだか、サラリとまとめた感じでちょっと物足りない^^;

実質的には先週の第135話がハイライトだったわけですね。

ヨーダのもとへ返って勉強も演奏も続けることにして一生ピアノに向かう決心をしたのだめ。マルレでがんばる千秋。ターニャに黒木君、ミルヒーに、中国へ帰ったユンロン、そしてアパートには新メンバー。

日本のことはもう生活の中に入ってないのでそれこそ1マスで終わりでしたが「音楽が国境もなにも関係なくみんなつながっている」ということ。


さて、こんな終わり方だと映画にはならないと思うので、もう号泣しまくりの感動的なクライマックスを映画の最終楽章には用意してほしいな。




----------(追記)----------

「KISS PLUSS」で、「のだカンBS 菊池カンタービレ」なる2ページ程度の番外編を発見。

最近音沙汰のなかった菊池くんの近況だったのですが、相変わらずの様子w


本編は終了したのですが、12/10発売のNo.24よりのだめカンタービレ番外編が始まるということを開き忘れていました。

あくまで番外編ですが、これも楽しみ。

日本の様子とか、のだめたち以外のアパートのメンバーのサイドストーリーに期待!




----------(追記2)----------
書き忘れていたんですが、カラーでのだめ映画情報もありました。

池(噴水?)に落ちるシーンでスタントウーマンさんに樹里ちゃんが「のだめが飛び込むならカエル足です」みたいなアドバイスをしていたとのことw

なるほどw

そういえば、「華麗なるスパイ」で見事な「ルパン飛び込み」を披露した長瀬さんを思い出しました。あんな感じだろう、きっと。アレはドラマ史に残る名場面だった!w

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

のだめ最終楽章の前売り

のだめカンタービレ最終楽章の前売券の情報が公開されてるんですが、なんか特典がつく模様。

公式サイト
http://www.nodame-movie.jp/index.html

前売り券特典情報
http://www.nodame-movie.jp/ticket.html

劇場はこちら
http://gekijyo.toho-movie.com/theater.php?no=75


個人的にはそんなに特典グッズ的なものにはそこまで興味はないんですけどね。


なんだか、公開が近づいてるのかなって実感。


あしたは原作の最終回ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 9日 (金)

「VAIO X」正式発表

Vaiox


ティーザー広告をうっていたあの「超」極薄軽量のノート「VAIO X」が正式発表に発表されました。

台風直撃の日に。

製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/X/


ソニー、13.9mm厚の超薄型モバイル「VAIO X」正式発表


私もそのカッコよさから以前とりあげていて、それからかなり注目はしていたんですが、予想通りのAtom採用。ただ10万でなんとかおさまるということで、10万台前半?という予想よりは安かったです。

気になるトラックパッドもジェスチャー対応ということで、MacBookとは異なる操作ですがこれはイイ。今後モバイル系は必須になることと思います。だって、細かい作業をしないのならホントにマウスいらないもの。


カーボンもかっこいいし意外とゴールドもいい。これは困ったw


私にとって一番の問題はMac OSXでないこと。Windows7は軽くなったとはいえ、操作性からなにからMacになじんでしまったので・・・ これでもうちょっと安かったらイッテたのにw


ソニーもデルもティザー広告好きだけど、これ効果あるのか疑問なところもあると思う。

その間に市場で話題になってほしいということだろうが、その間、盛り上がった気持ちが冷却されるんですよw 盛り上がりすぎて、噂が噂を呼び期待値が高まる。で、発表されたときには「ま、こんなものだろ」みたいなw


あと、MacBook(Proも?)にも近日新製品のがあるので、これを確認しておかないといけないというタイミングでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 4日 (日)

上野樹里と5つの鞄 #2「HOPE」その2

その表情にひきつけられるように何回かリピートで見ています。


頭の中はビリ子から美由紀へ。


樹里さんが、このあたりのシーンについて語ってる記事があります。

鞄テーマにドラマ5作


なるほどね。

エレベーター=「ストレスやフラストレーションの塊」=鞄

ということ。それを最後に全部捨てていったわけですか。


そのエレベーターの中での困惑、恐怖や怒り、最後に見つけた鉛筆(希望?)で涙しながら絵を描くシーンまで、この中の樹里さんの表情全部にひきつけられる。

第1話ではちょっと物足りない感がありましたが、これはいい。


私の作ったビリ子映像集とはまるで違う樹里さんだが、これもまた彼女も魅力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メイキング・オブ「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

日本映画専門チャンネルにて「メイキング・オブ・「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」」が放送されるそうです。

契約してる方、契約できる方はぜひ!


メイキング・オブ・「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(仮)
http://www.nihon-eiga.com/prog/002595_000.html

2009年11月27日(金) 24:05
2009年11月28日(土) 19:30
2009年11月30日(月) 11:15
(30分)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Macの最近のうわさ

10月あたりにiMac、Mac mini、MacBookの新製品がで出るのではないかという噂があがっています。

やはりiMac、Mac mini、MacBookのリフレッシュは近い?!
値下げ&デザイン変更された新iMacの登場は近い?!
iMacとMac miniが在庫切れ

噂では、iMacはさらに薄くなって、SDカードスロットがつくかもしれないとのこと。LED Cinema Displayのデザインが取り入れられる可能性もあるといわれますが、それは逆では?と思うこともありますw

しかし、iMacはもうこれ以上薄くしても仕方ないと思うんですがどうでしょう。ある程度薄くなったらそれ以上薄くしたところで廃熱の問題とか出るばかりではないのでしょうか? それだったらHDDを2.5インチにするとかしてでもあのアゴを無くすように考えた方がいいと思う。(LED Cinema Displayのデザインが取り入れられる可能性ということはそういうことかも)


Mac miniも薄くなってApple TVみたいになるかも、ということです。私はあまり興味がないのでどっちでもいいですが(スミマセン)、iMacとは逆に、中に3.5インチHDDを入れられるようにしてほしいと思う人は私の他にいないのだろうか?(デスクトップとして使う場合のHDDの速度や容量の面で)


MacBookも薄くなる、軽くなるという噂がありましたが、アルミを使うとProとの差別化ができないのでどうでしょう。ポリカのまま薄くできるのなら大歓迎。重さは今の13インチMBPくらいになれればいいのにね。そしたら初代MacBookは買い替えるかもしれません。理想としては、そろそろNotebookは光学ドライブを外付けにしてほしい(オプションでOK!)。私としてはOSにインストール以外ほとんど使うことがないので。そのスペースはバッテリーにするか、2代目のHDDスペースにするとかね。

まあ、ただの内部のアップデートだけで終わる気がしないでもないんですが、NVIDIAのグラフィックを積んだ「スペシャル」な黒の復活を望む!

・・で、噂のタブレット?はまだ先ですか。


同時に新マウスとキーボードが出るという情報もありますね。
FCCの資料から新しいキーボードとマウスが明らかに

ようやくマルチタッチのマウスが出るのでしょうか? 私は以前ターガスというメーカーのタッチ式のマウスで失敗したのです、アップルならやってくれるでしょう、と期待して待ってます。


・‥…━━━☆(追記10/5)・‥…━━━☆

こんな記事も追加されていました。

って、噂好きの人は先に見てるであろう定番サイト貼ってる訳ですが

Googleの広告に新製品のヒント

「よりスリム、より軽く、より速い新しい MacBook」

なんだかちょっとテンション上がってきました( ̄ー+ ̄)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


まあ、噂は「想像して楽しむ」として。

今日Snow LeopardをMacProにクリーンインストールし、これで我が家のすべてのMacに入れたことになります。

続きを読む "Macの最近のうわさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月 3日 (土)

実写版ヤマトがやっぱりキタ!

かねてよりの懸案事項だったわけですがw

前にも噂がありますとブログで書いた記憶がありますが、あのアニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画が実現するそうです。

キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!

なんか情報の出方が、例の事件だったり、今回の女優の事務所契約問題だったりと最初から散々な感じですが、今回のこの主要キャスト発表でネット上ではファンの賛否両論がきけると思う。


個人的には「こち亀」と同じ。期待しつつも不安要素が大きすぎ。

ほとんどがCGになると思いますが、スターウォーズくらいの映像をみせて欲しい。安い映像にならないように祈ります。


リンク先で気になる情報

続きを読む "実写版ヤマトがやっぱりキタ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年10月 2日 (金)

上野樹里と5つの鞄 #2「HOPE」

怒濤の樹里月間も終わり、12月までちょっと寂しい季節になりますね。

そんななか、私はマイペースでWOWOW「上野樹里と5つの鞄」の第2話「HOPE」の感想。


アニメ制作会社で動画マンとして働く美由紀(上野樹里)。明朝までに仕上げなければならない仕事を前に激しい睡魔と闘っている—。そんな中、唯一の心の支えだったボーイフレンド…と思っていたケンには「彼女づらすんな、超うざい」と罵られて放心状態に。それに追い討ちを掛けるように大事な原稿を破ってしまった…もう呆然自失。美由紀は気持ちを切り替えようと財布片手にオフィスを出てエレベーターに乗るのだが…。(WOWOWの紹介より)


なんだか難しい映像で、樹里ちゃんにみとれるばかりでよくわからなかったのですが、クビまで上司にちらつかされた美由紀は精神的に追いつめらてて、閉じ込められた空間で何かが起こった・・・んですか?^^;


どう解釈していいのかなぁーと思いながらもなぜか映像にひきつけられる。

「念」を送ると、ちょうどめざましが鳴り、先輩が気づいたところで奇跡でもおこるのかと思ったら、サキイカつまんで、終わり・・orz

ちょっとだけ笑っちゃたんですがw


追いつめられた美由紀が偶然見つけた鉛筆でエレベーターの壁に書いた扉の絵。

そしてその扉の向こうに見えたものが「HOPE」ってことでしょうか?


美由紀は鞄につめられていたものを全部捨て、それまで使い込んで短くなった鉛筆をいっぱい詰め込んで会社を後にしました。


番組ホームページ
http://www.wowow.co.jp/drama/5kaban/epi02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »