« のだめ最終楽章の前売り | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」に期待 »

2009年10月10日 (土)

ついに「のだめカンタービレ」最終回

今日発売のKISSで「のだめカンタービレ」も最終回(・ω・ )

まだ読んでない人、映画を待ってる人もいると思うのであらすじについてはふれませんが、なんだか、サラリとまとめた感じでちょっと物足りない^^;

実質的には先週の第135話がハイライトだったわけですね。

ヨーダのもとへ返って勉強も演奏も続けることにして一生ピアノに向かう決心をしたのだめ。マルレでがんばる千秋。ターニャに黒木君、ミルヒーに、中国へ帰ったユンロン、そしてアパートには新メンバー。

日本のことはもう生活の中に入ってないのでそれこそ1マスで終わりでしたが「音楽が国境もなにも関係なくみんなつながっている」ということ。


さて、こんな終わり方だと映画にはならないと思うので、もう号泣しまくりの感動的なクライマックスを映画の最終楽章には用意してほしいな。




----------(追記)----------

「KISS PLUSS」で、「のだカンBS 菊池カンタービレ」なる2ページ程度の番外編を発見。

最近音沙汰のなかった菊池くんの近況だったのですが、相変わらずの様子w


本編は終了したのですが、12/10発売のNo.24よりのだめカンタービレ番外編が始まるということを開き忘れていました。

あくまで番外編ですが、これも楽しみ。

日本の様子とか、のだめたち以外のアパートのメンバーのサイドストーリーに期待!




----------(追記2)----------
書き忘れていたんですが、カラーでのだめ映画情報もありました。

池(噴水?)に落ちるシーンでスタントウーマンさんに樹里ちゃんが「のだめが飛び込むならカエル足です」みたいなアドバイスをしていたとのことw

なるほどw

そういえば、「華麗なるスパイ」で見事な「ルパン飛び込み」を披露した長瀬さんを思い出しました。あんな感じだろう、きっと。アレはドラマ史に残る名場面だった!w

|
|

« のだめ最終楽章の前売り | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」に期待 »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

 毎日楽しく拝見しております。初コメントさせていただきます。
実は私も同じ思いです。みんな、未来へ!連載終了的にはOKなんですけど、映画のエンディングを考えてしまうと、やっぱりもっとフィナーレを!と思ってしまいました。
私的妄想なのですが、エリーゼの言葉にに「この小娘 とうとう仕事を受けたわよ!ロンドン響ともう一回!指揮者は別で!」とあります。これを千秋とのコンチェルトにもっていって(曲はラプソディインブルーですかね?)エンンドロール?だったりして~
樹里ちゃんのだめの真髄は後編にあると思っているので、こんな思いはどう思われますか?

投稿: kumiko | 2009年10月12日 (月) 08時26分

>kumikoさん
こんばんは!コメントありがとうございます。

私も「ロンドン響ともう一回!指揮者は別で!」のところは「お!千秋とか!?」とかすごく期待しちゃたんですが、考えてみたらまだ千秋はそこまで大物になってないですよね。原作はそんな感じだったんですが、映画ではココを使うかもしれませんよ! マルレがもっと一流になればいいのですが、今のマルレのままでのコンチェルトだとハイライトとしては弱いかもしれませんから千秋も早くもう少し格が上がるといいのにw

私も映画でも後編がのだめ中心なのでは?と勝手に予想してますが、ドラマ版ではかならず最後は千秋の涙の演奏でのだめは客席で終わりだったので、今度はいっしょに弾かせてあげたいなぁー。

投稿: 鬼八郎 | 2009年10月13日 (火) 00時18分

ドラマであそこまで感動的に作り上げてくださったみなさまですもの!ふたりの共演、ホントにホントに期待します!

投稿: kumiko | 2009年10月13日 (火) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160148/46448135

この記事へのトラックバック一覧です: ついに「のだめカンタービレ」最終回:

« のだめ最終楽章の前売り | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」に期待 »