« ダイヤモンド樹里キターーーー! | トップページ | 25日のめざましは要チェック! »

2009年11月23日 (月)

ドラマ「JIN -仁-」 第7回

今夜はもう緒方洪庵先生につきますね。


おもいっきり泣かされました つД`)


未来では労咳は治せる病になっていると知ってものすごく嬉しそうだったのがすごく心に残りました。


皮膚の移植手術がらみのところがかなりあさっりとしていたのは時間の都合なのか残念ではありましたが(看板娘の茜の設定が多少変わっていることと、あの花火の下で身も心も美しさの戻った茜が嬉しそうにお礼をいうシーンは見たかった)、洪庵の最後のシーンは脚本家が膨らましたのか、もしかしたら武田さんのアイデアなんですかね? 礼儀として服を着替えたり、医の道について語ったりかなり追加されていたのが、仁がこの世界で歴史が変わろうとも生きていく決心につながっていました。「仁友堂」の看板をあげる順番が変わっていたが、とても効果的につながっていたと思う。このドラマ、役者陣もスゴイが、原作の良さを生かしながらも、原作とはまたちょっと違う世界を(ここまでは)きちんと作り上げてるスタッフも素晴らしいと思う。


また、自分の道を見つけられずにいる恭太郎は、初音のなじみである澤村田之助とからんでいきそう。


そして、あの10円玉。

前回のラストで、まるで袖の中から出てきたような描写でしたが、あれは「拾った」んですね。

未来から別の誰かが来たのか、10円玉だけが来たのかわかりませんが、仁が未来から来たように、また別の道が開く、というか未来から幕末につながる何かが起こりえるということでしょう。


そして、龍馬も天命として自分の進むべき道を見い出したのですが、それは同時に暗殺が近づいているということでもあり、あの世界ではもしかしたらそれが史実よりも早まるのかもしれません。

そして10円玉が示すとおり、そのときまた幕末と現代がつながるのでしょうか・・・・

|
|

« ダイヤモンド樹里キターーーー! | トップページ | 25日のめざましは要チェック! »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイヤモンド樹里キターーーー! | トップページ | 25日のめざましは要チェック! »