« ドラマ「JIN -仁-」 第5回 その2 | トップページ | ローリングストーンズ #7 »

2009年11月12日 (木)

デジタル専用録画機の補償金問題でSARVHが東芝を提訴

今、地デジ録画機の補償金の問題が起こってることはどのくらいの方が関心があるのかわかりませんが、知らずに払ってたりするかもですよ?

ITmedia News
「デジタル専用録画機は補償金の対象外」 東芝が支払い拒否

ITmedia 小寺信良の現象試考:
ついに「ガラスの城」が壊れ始めた録音録画補償金制度


ITmedia News
「補償金は消費者の問題、訴訟の前に議論の場を」——MIAUと主婦連

文化庁が出した施行通知では、地上デジタル放送専用録画機について、「関係者の意見対立があれば必要な措置を講ずる」と明記している。

AV WATCH
「デジタル専用録画機の補償金問題でSARVHが東芝を提訴」

AV WATCH
「東芝、私的録画補償金に関するSARVH提訴の対応を説明」

ようは、地デジ専用機については、今後また決めましょうということになったので東芝は(松下も)徴収してなかったのだが、権利者団体が「話が違う!」と訴えてるわけですね。その権利者がよりどころとしてるのが文化省の課長が「対象です」なんて勝手に答えちゃったことらしいのですw

AV WATCH 本田雅一のAVTrends
「施行通知に矛盾した“文化庁著作権課見解”から見える私的録画補償金問題に燻る火種」


もう、なんだかなぁ、って感じです。

PSEの二の舞ですか・・・?


ここからは素人鬼八郎の感想なのであしからず。


結局ですね、わけもわからず、地デジを録画することは権利者が損をするので補填しようというのですが、これが元々意味がわからないんです。

なぜ?

そういうと、あちらは、損をしないことを証明しろ!なんていうのですよw


CDのコピーとテレビの録画はそもそも別物だし。


日本だけらしいですよ、公共放送に録画の制御かけてるの(確かアメリカでは敗訴したと記憶してる)。

今は制作費が少ないから最初からDVD売り上げをあてにしてるようなのですが、DVDの売り上げが落ちたことを

録画→DVD買わない

→ネットにアップされる→だからDVD売れない
   ↓
→動画共有サイトとかは、いたちごっこでもう手がまわらない
   ↓
そうだ!録画されたら金をもらおう!

という理解でよろしいんでしょうか?


そもそも視聴率もあがらないのにDVDが売れるとは思えないのですが・・・

テレビがつまらない→視聴率があがらない→広告費が入らない→予算が足りない→テレビがつまらない

という悪循環・・・

いいドラマならDVD買う!って人はいっぱいいると思いますよー。


以前から何度も書いてると思いますが、個人的には補償金をとるならコピーフリー(コピーすればするほど儲かる)だろうと思う。いやならコピーフリーのテレビに出なくていいですと。有料放送や映画なりライブとかで表現してくださいと。


権利者団体の話では「コピーネバーにしてしまえば補償金が要らないが、今度はタイムシフトができなくなり、ユーザーの利便性が損なわれる。タイムシフトまでやめろというつもりはない。」ということらしい。つまり金さえ払えばHDDで録画してタイムシフトさせてやるよ、と読み取れるんですけど。そもそもVHS、ベータの時代からタイムシフトはあったはずなのに地デジのタイムシフトにどんな損失があるのかはっきりとした理由をきいたことがない。

まあ、放送局なら「CM飛ばすな!」と怒ると思うがw

ネットにアップする人がいることが問題じゃないんですかねぇ。

といっても止まらない国もあるし、「神」とか言っていけないことだと思ってる人があまりに少ないようでどうしようもないから気持ちはわからなくもないですけど。


phileweb
SARVH、「私的録画補償金」不払いで東芝を提訴 − Culture First 推進91団体が会見


録画人間の末路
「法治国家日本を破壊するのは、SARVH」

企業法務戦士の雑感
「[企業法務][知財]本当にやるらしい。」


とりあえず、文化庁の課長と経産省は早くでてきて何か言わなきゃいけないんじゃないんですか?

|
|

« ドラマ「JIN -仁-」 第5回 その2 | トップページ | ローリングストーンズ #7 »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

素人の私にはよくわかりませんが、記事を読むかぎり、東芝の言い分の方が筋が通っているような気がするんですが・・・。

投稿: Mr.S | 2009年11月12日 (木) 21時07分

私もそうだと思いますよ。ただ、基本的に自分は補償金というもの自体に反対したい人なので、そちら側の記事の紹介が多かったかもしれません。

権利者側は何か別の意図があるのか、違う落としどころをねらってるのかわかりません。いつも思うのですが、彼らの記者会見は毎度こういった感じで攻撃的に毒づくんですよね。どっちが子供なんだかというw 「金払え!」と言う側の人なのでそうでなくても庶民からは「何言ってるの?」と思われそうなものをなぜ悪役みたいに振る舞うのかわかりませんw 自分たちは間違ってないということなのでしょう。

それにしてもすごいですね。DVD(BD)レコーダーを買ってたら、実は知らない間に補償金支払ってた、なんて人はたくさんいるでしょうね。私もそうです。

投稿: 鬼八郎 | 2009年11月12日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「JIN -仁-」 第5回 その2 | トップページ | ローリングストーンズ #7 »